プライドを捨てるとメリットがいっぱい

 

ホリエモン氏については、賛否両論有ると思いますが、下記のインタビューの内容については、とても素晴らしいと思いましたので、記事にしてみました。

<スポンサ-ドリンク>

 

僕は特に、3つめ、を捨てること については、非常にスゴイ分析だと思います。

世の中ほとんどの人は「自意識」と「プライド」が邪魔して人生を大損しているな~と感ずいて僕も大分前から取り入れてきたことでした。

 

本当に自分を捨てなければいけない感覚ですが、プライド?、いったい自分がどれだけ素晴らしいのでしょうか?

年を重ねるだけで勉強もしていないのに変な自信だけが付いたり、若い人に舐められたくないとか・・・それこそ全く自分の人生を台無しにしてしまうだけです。

裸の王様、みたいなものですね。

こういう人、ホント沢山います。

最近は、特にそう思います。

僕も気をつけていますが、やっぱり時々出ますね。あ~心が痛いです(笑)

笑ってないで、更に気をつけます。はい。

 

実は、健康管理も該当すると思って記載しました。

考え方を変えない限り健康不良も回復しませんね♪

 

ホリエモン氏の名言

 

以下抜粋

 

ホリエモン氏へのインタビューです。

その生き方について聞いた。

本音で生きるために必要なことは、3つあると思っている。

1つは、「言い訳」しないこと

2つめは、「バランス」をとろうとしないこと

3つめは、「自意識」と「プライド」を捨てること 

少し概要を述べてみたい。

 

「言い訳」をやめる

 

本音で生きるために、まずやるべきは、「言い訳をしない」ということである。

僕はメルマガを含め、 人から相談を受けることも多いが、せっかく答えても、「でも○○だから、それはできないんです」と言われることがかなりある。

その「でも」が、自分自身を不自由にしていることに気づかないのだろうか。

たとえば、「お金がないからできない」という言い訳。

いまや熱意とやる気があれば、お金や人を集めることは不可能ではない。

たとえば、クマムシ研究家の堀川大樹さんは、有料メルマガ、LINEスタンプなどをつくって、自分自身で研究資金を稼ぎ、自分のやりたい研究を自由にできる環境を作り上げている。
そもそも疑問に思うのだが、「お金がないからできない」と言っている人は 、いったいいくらのお金があればできるのだろうか。
お金が問題ではない人も多いように感じるのだが。

「時間がないからできない」という人もよくいるが、成功する人には時間があって、成功しない人には時間がない、なんてことは当然ながら、ない。

「時間がない」というのは、「それを始めると今やっている何かをやめなければならないが、それができない」ということなのだろう。
しかし、世の中はトレードオフだ。時間がないなら、どちらかに決めなければならない。

むしろ、「何かをはじめるなら、何かを捨てなければいけない」

ということは、当たり前のことだと知っておくことだ。

「自分には才能がないから」といって、行動しない人もいる。

しかし、どんな功績を挙げた人でも、その人の努力によるところが、ないはずがない。

僕だって、才能があるかどうかといったら、別にそこまですごい才能があるとは思わない。

結局「自分は凡人だから」と言ってしまった時点で、「自分は今のままでいい」「努力したくない」と言っているようなものなのだ。
そもそも、才能なんて、やってみないと、自分にあるかないかなんてわからないのではないだろうか。

それなのに、やってもいないのに 「才能がない」とうのはまったくの勘違いだと思う。

「でも」「でも」と言い訳を積み重ねてきた上に、今の自分がいる。

「でも」という縛りをとってあげるだけで、もっと自由に行動を起こしていけるのではないだろうか。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

バランスをとろうとしない

 

「やりがいのある仕事をバリバリやりたい」が、「家族サービスのためのゆったりした時間も欲しい」。

「趣味の時間は今より減らしたくない」が、「もっと収入は欲しい」。

多くの人は、「バランス」をとろうとしすぎる。

でも、それはちょっとずるいと思うのだ。

仕事も家庭も趣味も、なんでもかんでもいいとこどりで、バランスのとれた生活をしたいと言っておきながら、もっと時間を効率的に使いたいとか、チャレンジの多い人生を送りたいとか、人間関係で悩みたくないとか……。

それははっきりいって無理だ。

本当にやりたいことがあるのなら、バランスなんてとらないことをお勧めする。

むしろ、極端でいいのだ。

やりたいことをする一方で、世間的にやるべきと思われている義務を果たさなければと考えてしまう人も多いだろう。

しかし、「こうでなければならない」という思い込みから抜けられなくなってしまうと、「バランス」をとることに必死になり、やりたいことも中途半端になり、体も壊してしまったりする。

そんなことで中途半端な生き方をするなら、最初から「バランス」などとらないほうがいい。

 

「自意識」と「プライド」を捨てる

 

最後は、「プライド」と「自意識」だ。

みんな自意識過剰なのだ。

でも、他人のことなんて、実は誰も気にしてはいない 。

僕だって、「わー、ホリエモンだ」とか言われて写メをとられることもあるが、せいぜい、その人が友人と夕飯を食べながら「今日ホリエモンと写メとったんだ」「へえ」と話して終わり。

その場のニュースネタとして消費されるだけ。

アメリカの大統領にしても、どんな有名人にしても、世間の関心など、せいぜいこの程度のものなのだ。

だから、「どう見られているか」など、気にしていても仕方がない。

むしろ「プライド」をなくすほうが、みんなから愛される。

年をとってくると、プライドがものすごく高い人と、全然なくなる人と二極化してくるように思う。

プライドがものすごく高くなって、気難しいおじいさんや、おばあさんを想像してほしい。

こわばった表情のまま、ひとりでつまらなそうにしていて、誰も話しかけてこない。「あーあ、かわいそうだな」と思ってしまう。

「プライドをなくせば、もっと楽になれるのに」そんなこと気にしなきゃいいのに」と。

「世間体が悪いとみんながついてこない」「こんな年収じゃ格好がつかない」などと思っている人もいるかもしれない。
大丈夫。
プライドはなくなったほうが、みんなに愛される。

確実にとっつきやすくなって、人が寄ってくる。

逆に「すごい自分でいなければいけない」とか「相手に嫌われたらどうしよう」と思って、プライドが高くなると、結論として、相手が自分の側に来づらくなる。
あなたも、そう思わないだろうか?

 

プライドの低いバカがいちばん強い

 

結局、プライドの低いバカが、得をすることも多い。

プライドがないから、誰にでも声をかけられるし、なんにでも挑戦できる。

普通の人は「こんな有名人に声をかけたら、嫌がられるのではないか」「失敗したら、『できないやつ』だと思われるのではないか」と躊躇してしまう。
要は、自分のプライドが傷つくのを恐れているのだ。

一方、プライドのない人は、恐れるものはないから、どんどん他人に声をかけ、どんどん挑戦している。

挑戦してみてわからなければ、迷いなく誰かに尋ねる。

どちらが得をするのかは、明白だろう。

中途半端に小利口な人は、グダグダ、グダグダ考えているだけで、何もできない。

結局、「考える」ことができるほど利口じゃないけど、プライドはない人が、得をしているのだ。
「言い訳」しない。「バランス」をとろうとしない。

「自意識」と「プライド」を捨てる。

3つ挙げたが、まず始めるなら「言い訳しない」がいいだろう。

言い訳をやめると、本当にすっきりする。
すぐに動けるようになる。

これだけでも、今からやってみて欲しい。

堀江 貴文 出典元:東洋経済オンライン

 

 

<スポンサ-ドリンク>

 

コメント一覧

 

      • 1. μ坊
      • 2016年02月01日 21:19
      • 「妖精現実」「妖精の国からのお知らせ」で検索して見て下さい。
        なかなか深い内容でお薦めです。

    • 2. マロン
    • 2016年02月01日 22:52
    • μ坊さん、凄いですね、さらに深く心の核心に迫ってますね。
      単純なことですが、気付いていてもなかなか出来ないことです。
      もっと精進したいと思います。
    • 3. 運時
    • 2016年02月02日 06:49
    • まさに僕の事ですm(__)m
      マロンさんをはじめ、かみふたまたブログファンの皆様には本当におせわになりました。
      ありがとうございました。
      合わせて、多大な迷惑をお掛けした事を深く御詫び申し上げます。すべて自己責任。
      何が正しいかなんて死んでも誰もわからない。
      せっかく今は生きさせてもらってるから、少しでも地球に優しい生き方をしたいです。
      それが今は楽しいから。
      呼吸が出来るって幸せですね。
      深呼吸って全ての基本な感じがします。
      今日僕は休日なので心が踊ります。
      今は朝日が顔をだすのを待ってます(笑)
    • 4. よっしー
    • 2016年02月02日 07:06
    • マロンさん、皆さん初めまして。
      昨年よりお邪魔させて頂いております。私は、元柔道整復師の言い訳ばかりでバランスタイプのプライドの塊、ザ・バツイチ中年男子です。変な自己紹介ですみません。
      いつも為になる情報ばかりを無料で発信して頂きありがとうございます。早くお礼を伝えたかったのですが、上記なタイプの為に躊躇しておりました。申し訳ございません。
      今後も生きる為の参考書にさせてください。
      よろしくお願いいたします。ちなみに私は健康体なので、まだ卵醤しか試せてませんが、益々元気になりました!
    • 5. マロン
    • 2016年02月02日 10:08
    • 運時さん、いえいえ何をおっしゃいますやら。
      そうなんですよ!鋭いですね!、深呼吸、長息呼吸は、ミトコンドリアが、絶大に活性します。普段の呼吸では、ミトコンドリアに十分に酸素が行き渡っていませんので、あんまり働いていないのです。長息呼吸だけでガンをも治した事例が沢山あります。無料で絶大な効果があるにも関わらず、その効果はみんな知らないのですね。知らされていないというのが正しいかもです。
      毎日、深呼吸しましょう!
    • 6. マロン
    • 2016年02月02日 10:17
    • よっしーさん、初めましてコメントありがとうございます。
      いえいえ、自分の事をそのように分析される方は、全然素晴らしいです。本当に痛い人は、自分自身はバッチリと思っています(笑)
      卵醤は本当に素晴らしいので是非継続されてください。
    • 7. ナル
    • 2016年02月02日 17:42
    • うーん、確かに正論ですが現在の私の立場では極端になれませんね。二兎追う者は一兎も得ず、でしょうが、仕事、祖母のお手伝い、ミライの世話、格闘技、音楽。やることがたくさんあります。どれも妥協はできません。重点を置くのは音楽ですが。そのために大阪に里帰りしました。言い訳なんざしませんが、時間が足りないものは足りないんです。まあ、ホリエモンの格言には添って行きていけないので、フーディーニのように器用に成し遂げる生き様に挑戦しますよ。成功したら私が格言を述べてみせます。
    • 8. マロン
    • 2016年02月02日 18:36
    • ナルさん、僕からしたらナルさん自体もう既にバッチリ出来ていると思います。彼女さんを助けようとした行動もまさに当てはまってます。
      ナルさんは、向上心が高くストイックですから。自信満々の人ほどトンチンカンですね。
    • 9. ナル
    • 2016年02月02日 19:59
    • >マロンさん ありがとうございます。でも、私ってそんなにいいもんなんでしょうかねえ? なんだか照れちゃいます。ストイックなのは認めますが、向上心があり過ぎて無謀な感もします(笑)。いやしかし、お褒めいただき非常に嬉しいのでお会いできた際はぜひ一杯お酒奢らせてください!
    • 10. マロン
    • 2016年02月02日 20:54
    • ナルさん、もう凄すぎます!ナルさんだったから彼女さんは助かったのです。なりふり構わず行動されたことは、実際にはなかなか出来ません。他の行動もしかり。僕も見習っています。褒めているというより、事実ですよ。
      これはこれは!どうも、美味いお酒に成りそうです(笑)
    • 11. あき
    • 2016年02月04日 16:17
    • マロンさんいつもありがとうございますホリエもん
      好感持っていますバランスとろうと
      絶対に、しますねそれは
      見栄から
      来るものなのか
      わかりませんが言い訳もしてないようで
      していますね

体治し
心治しに
最適な、アドバイスです

マロンさんの、お陰で

打破できそうです

心治し

土踏んで

触れて

お天道様浴びて

この状態かなり
はまっています

mms2も
明日届くのではじまめます
野菜スープは毎日
頂いています
玄米水素水も

玄米茶は
たまにですが

マロンさんが近所に、いたら

と最近思います

また

宜しくお願い致します

体温保持の、入浴方法なども

これはーと、言うのが
あれば

また
教えて下さいませ

ココナッツオイルホワイトニングも
試してみたいです

    • 12. マロン
    • 2016年02月04日 16:32
    • あきさん、いいですね!良い事は心地よいと自然に思えてきますよね。
      また入浴法もキチンと書いてみますね。
      なにか疑問があれば、僕なりの考えですが、お返事しますよ~近所にいるみたいなものです(笑)
    • 13. ほの
    • 2016年02月05日 20:32
    • 3つのうちで言うと、バランスをとらないに当てはまるかもしれませんが、完璧主義なところがあります。
      ストイックになりすぎる?部屋は汚いのですが(笑)
      バランス感覚がのある人が理想な人なんだと思っていましたが、見方を変えると違うものなんですね。
    • 14. マロン
    • 2016年02月05日 23:06
    • ほのさん、バランス感覚がのある人って、常識に忠実な人とも取れるので、そういう意味で取らないほうがいいかもしれませんね。常識とは、支配層の洗脳ですからね。
    • 15. ほの
    • 2016年02月06日 09:05
    • バランス感覚のある人は常識に忠実ということは、自分はバランス感覚がないのかもしれません(笑)
      でも、他人の前では至って常識人を演じています。ある意味変人だと思われたら聞く耳を持ってくれないので…
      親しい人の前では、変人だけど健康そうだからと、説得力があるみたいでよく話を聞いてくれます。
      本当に伝えたいことは、権威のある何かで言ってたよ、書いてたよと教えてあげて、敢えて権威主義を利用することもあります。
      そうなると人は聞くのですね。
      マロンさんみたいな人だったら、変人でも?笑、人は聞いてくれると思います。
      そうなったらこっちのものですね。
    • 16. マロン
    • 2016年02月06日 13:38
    • ほのさん、いえいえ、僕が話しても、みんなドン引きしますよ。常識に忠実な方は特に(笑)
      ですので、最近はかなり慎重に人を選んでます。
      調べもせず常識だけで即、答えを出す人が多すぎることに、むしろ驚きます。僕もバランス感覚がおかしいのでしょうか(笑)
    • 17. ほの
    • 2016年02月07日 00:06
    • 世の中のマスコミだけを信じて調べない、実行しない人の多いこと…
      常識から外れたことを言う時には、人を選び、言葉を選ばないといけませんよね。
      現に陰謀論語る人は「陰謀論者」などとレッテル張りをして常識人から疎外されるように仕掛けられていますから。
      いかに常識人を振舞っておいて、時折権威を借りながら話に真実味を帯びさせるのに苦労しています(笑)
    • 18. マロン
    • 2016年02月07日 15:39
    • ほのさん、まあこればっかりは、難しいですね。やっぱりマジョリティーパワーは、強大です。アンテナの感度の良い人ならだんだん気が付くのですがアンテナの無い人は、もうどうしようもないですね。
    • 19. 散歩龍
    • 2016年02月08日 12:39
    • 5 お初です!ブログをみて、凄い深いことを書いてますね!本当に勉強になります。
      俺は、まず、言い訳をしないことから始めたいと思います!
    • 20. マロン
    • 2016年02月08日 16:23
    • 散歩龍さん、初めまして、コメントありがとうございます。
      勉強熱心ですね、社会人の勉強って、ある意味こういうことが最初の心構えとして大事かもしれませんね♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。