子宮頸がんワクチンの真相

 

今日の医療の知られざる暴挙です~

この情報は、医療現場で働いていた当ブログ読者のチキンガイさんが、目の当たりにして気付かれた衝撃の事実です。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

子宮頸がんワクチンの接種が思うように普及しなかった医療界は、今度は、その検診を盛んに呼びかけています。

 

これも、全くの生贄同然、健康な若い女の子を、食い物、廃人にする悪魔のささやきです。

 

子宮頸がん検診細胞診により多くの女性ががんとされます。

 

しかしその半数近くはただの上皮内がんです。

別名0期です。

これは、全く何の問題もありません。

 

しかしこの0期をがんと定義しているのは日本だけでして、外国では、ただの良性腫瘍扱いなのです。

 

10年放置で1%だけが早期がんに変化します。

 

子宮頸がん検診細胞診はとにかく簡単にできます。

 

そして子宮頸部なんてものすごく狭い範囲じゃないですか、ほぼ全域にわたり細胞診できるのです。

 

上皮内がんなんて全身にできます、只単に子宮頸部の上皮内がんは見つけやすいだけです。

 

子宮頸がんが増加しているのではなく、意図的に増やされているのです。

 

つまり、医療は、何の問題も無い人に、こじつけでガンと診断し脅してがん治療を勧めます。

 

そのがん治療が、実は、本物のガンになる超発ガン物質をじゃんじゃん投与されたり、子宮撤去されたり、健康な女性が、餌食となるシナリオです。

普通に考えて子宮頸部なんて限局された部位にがんが多発するなんてありえません。

 

だからHPVのせいにしてしまえというわけです。

 

仮にHPVが本物だとしたらなんで子宮頸がんだけなのか?

子宮体がん、卵巣がん、膣がん、卵管がんなどの原因にはならないのか?

 

とにかく矛盾だらけなのです。

 

真実に近づくには1点だけを見つめてはいけないことがやっと解りました。

多くの点を見つめることで、点同士が複雑に結びつくのです。

 

がん保険、がん検診、がん手術、抗がん剤なども結びついています、癒着ですが。

仁科親子のCM、あいぶさきのCM、子宮頸がんワクチン問題、そして検診、すべてつながりました。

 

人を騙すテクニックのひとつに一人で騙すのではなく、関係の無いふりをした大勢で騙すことがあげられます。

 

そして次にパニックに落とし入れて冷静に考える間を与えないこと。

 

最も基本的な騙しのテクニックとしては、一番大事なことを伝えないこと、つまりウソをつくことなく騙すことです。

 

これら騙しのテクニックをまさしく日本医療界は駆使しております。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

まとめ

 

エボラ出血熱しかり、エイズしかり、インフルエンザしかり、みんなワクチンや検診を受けた方がその作用により発病しているのです!

 

こうしたことは、裏側の戦略なのです。

 

彼らは、こうして巨大なマーケットを世界に作っているだけなのです。

「早く発見すれば、助かるから検診は受ける・・・」な~んてお考えの方がいますが、それこそ洗脳なのです。

 

以上、医療の裏側を見た方の意見をお借りして、まとめてみました。。。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。