歯を磨いた後、物を食べると味が判らなくなりませんか?

 

市販の歯磨き粉の毒素によって舌の表面の細胞が、破壊されてしまうからのようです。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

細胞は再生するので 時間が経てば直りますが、過度にこの状況が続くと味覚異常の原因になり近年 極端に味が濃いものを好んだり基本的な 甘い 辛い 酸っぱいなどが正しく判断できない人が増えているようです。

 

ここで歯磨き粉に含まれる 代表的な化学物質の名前を挙げておきましょう。

 

ラウリル硝酸ナトリウム」(ラウリル硝酸塩・ラウリル硝酸Na)

 

合成界面活性剤で  発泡剤 洗浄剤として使われています。

原液が素肌に付いただけで人が死ぬくらいの猛毒物質で実際 某ライオンの工場で歯磨き粉の製造中に作業員が誤って足に垂らして数時間後に多臓器不全で亡くなるといった事故も起きたそうです。

ちなみに工場の作業員は地下鉄サリン事件で見たような防護服を着用して作業しているようです。

 

細胞膜を溶かす。 他の化学物質の吸収を増加させる。 赤血球を破壊する。

白内障やアレルギーなどの原因のひとつとも言われている。

分子量が小さく皮膚を通過して血管に進入し全身に行渡る。

特に舌下は角質が無く皮膚薄いので 口に入れてから数秒で心臓まで到達するという驚くべく速さで体に進入します。

なので歯磨き後に口をよくゆすぐからといっても すでに手遅れなのです。

もうひとつ代表的な物を上げておきましょう。

 

ポリピレングリコール」(PG)

 

湿潤剤 保湿剤として使われているがもともとは自動車の不凍液として使われいてる物

ラウリル硝酸ナトリウムと同じように皮膚からも体内に侵入アレルギーの原因。

心臓 腎臓 肺 に機能障害を起こす可能性あり。

溶血作用あり。染色体異常 赤血球の現象報告あり。

ラウリル硝酸ナトリウムと同じように皮膚からも体内に進入します。

何冊かの本を買って 調べてみたらものすごい数の有害とされている化学物質が日用品に
含まれている事を知りました。

しかもこれは特定の商品に入っていると言うわけではなく例えばラウリル硝酸ナトリウムの入ってない歯磨き粉を近所のドラッグストアーに探しに行き店に置いてある物すべて(30種類くらい)を見ましたがほとんどすべての物に入っていました。

大手メーカーの物はほとんど入っているようなので入ってない物を買うには 通販やネットで調べて買わないといけませんでした。

 

 

経皮毒

 

またラウリル硝酸ナトリウムのように 皮膚からも体内に侵入する化学物質により健康被害を受けることを 経皮毒 といって近年いろいろ研究され本なども沢山出ているようです。

口から入れた化学物質は消化器官を通り腎臓で90%解毒されると言われてますが経皮吸収は 皮下脂肪に蓄積されたり 血液中で体をめぐり尿 汗 便から排出されるため 長いあいだ体内に蓄積されたり排出されるのにも 長い時間がかかります。

このように何十年に渡り蓄積されて 突然限界を超えたときに発症するアレルギーやガン その他の病気の原因ではないかと言われています。

 

また近年日本における奇形児出産の割合がベトナムを抜いて 世界一になったとも言われています。

妊婦や胎児に与える影響は大きく先天性異常やアレルギーの子供が近年多いのもお母さんのお腹の中にいる時点で羊水や胎盤が化学物質に汚染されているという現状があるからではないでしょうか。

また母乳も汚染されやすいと言われていて母乳から有害化学物質が検出されることもあるようです。

有害化学物質で汚染された日本の川や海では 奇形魚が沢山獲れるようですし農作物のダイオキシンや農薬も問題になっていますよね。

 

シャンプー リンス ボディーソープ 洗顔石鹸 入浴剤 ハンドソープ食器洗い洗剤 ウエットティッシュ マウスウォッシュなど肌に触れる合成石鹸 洗剤からも経皮毒を受けることになります。

口には非常に吸収率が高いので 歯磨き粉 マウスウォッシュは要注意。

頭皮や顔は比較的吸収率が高いのでシャンプー、リンス、洗顔は要注意です。

性器は口と同じように吸収率が高く入浴剤やボディーソープは要注意です。

 

また赤ちゃんのおしりふきも要注意。

子供用の歯磨き粉 少しは安全かと思ったら基本的に大人の物と同じ化学物質が入っているし更に香料や着色料も入っているので 大人の物より危険と言ってもいいと思います。

子供は歯磨き粉を飲んでしまうこともありますし。

 

有害科学物質が入っていない物を大人が選んであげなければなりません。

簡単に見つからなければ 何もつけないで磨いたほうが良いです。

毒性があるほか 研磨剤で歯茎や歯のエナメル質も傷めてしまっています。

何のための歯磨きなのか分からなくなってしまいます。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

歯磨き粉に入っている危険な科学物質

 


塩化ベンゼトニウム セチルビリジニウムクロリド パレス(パレス-2Na)ポリオキシエチレン 
ポリオキシプロピレングリコール ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油60 カルボシキメタルイミダゾリチウムベタリン 水酸化アルミニウムグリセリン ポリエチレングリコール サリチル酸メチル チモールトリクロサン パラベン ラウロイルサルコシン 安息香酸塩 リン酸カルシウム 水酸化ナトリウム ベントナイト 無水ケイ酸 タール色素

など 化学記号や略称のような物で書かれている場合もあるので分かりにくい場合も有りました。

まずはあなたの家にある歯磨き粉の裏の表示を見てみましょう。たぶん入っているはずです。シャンプーや洗剤 化粧品も見てみましょう。

 

お勧め歯磨き粉

 

歯周病菌やガンは、酸性を好んで、成長していきます。

上記に書いています流行の市販ケミカル品は、ほとんどが酸性物質なのです。

歯周病菌やガンは、実は、アルカリ状態では生きられません。

身体をアルカリ状態にすれば、歯周病もガンも消えていきます。

重曹(じゅうそう)、セスキ炭酸ソーダなどはアルカリ性です。

歯ブラシにつけて磨くだけで、実は理想的なハミガキなのです。

 

ちなみに私は、「パックス・石けんハミガキ」を購入してます。

重曹と石けんで出来ています。

舌にヒリヒリした麻痺感が残らず、直ぐにコーヒーやお食事でも美味しく頂けます。
界面活性剤を使っておらず、安全性は高くCPに優れています。

 

市販品の究極を狙うならこれ!

40 種類を超える薬効成分が殺菌や皮膚再生をもたらすといわれているコパイバオイルの威力が素晴らしいです。
これは、スポンサーの影の力無しに、数十種類の中から安全性と効果の比較で、1位に選ばれたそうです。
とても爽やかな樹木コパイバのウッディーな香りがします↓

 

頑張って歯磨きをしている日本人ですが、パッケージのコピーに反して、そのほとんどが、歯周病です。。。

おかしいですよね。

毒物を体内にすり込んで、やがて発病するサイクルに気付きましょう。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。