◆◆◆誰も知らない健康アップブログ◆◆◆

コメント、お問合せのお返事が停滞して申し訳ございません

米国、自給自足、家庭菜園は違法

家庭菜園、自然農法は、ナンと!犯罪に!

 

アメリカはついに来るところまで来たのかもしれません。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

ドル破綻を目前にして、自給自足可能性を法的に封じてしまいました。

 

これでは、モンサントの遺伝子組み換え毒野菜や、人工物添加のジャンクフードを強制的に買うしか道がない状況で、アメリカじゃ、家庭菜園、自然農法などをやると、ナンと!犯罪になります。

種子を採って次の年に植えると、犯罪なのです。

モンサント社などが作ったF1種野菜の種を毎年買って、農薬を買わないといけないのです。

F1種野菜とは、「F1」とは「1世代」という意味で、1世代で終えるように改造された人工の野菜で、種が出来ても、繁殖出来ないのです。。

 

これだと当然、毎年、毎年種を買わなければなりません。

ようするに、彼らが儲けるために作った野菜なのです。

何はともあれ、子孫が出来ないという、非常に不気味~な野菜なのです。

 

本来は、代々、種を採ってまた次の年に植えてのくり返しをしますよね、それを「固定種」といって、昔からある本来の野菜です。

しかし、F1種の急激な普及により、固定種野菜は、既に絶滅状態にあります。

 

実は、日本も99%が、F1種野菜になっているのですよ~!

あなたが買う野菜は、間違いなくF1種野菜です。

 

「昔の野菜は、美味しかったが、今の野菜は、味がしないな・・・」なんてよくいわれますよね?

そう、それがF1種という恐ろしい野菜の特徴です。

 

不味いだけでなく、ヤバイ特徴として、食べ続けると生命力が衰退する。。。

日本の種会社の大手、タキイ、サカタのタネなど、バッチリ、傘下に入っております。

筆頭株主は、いつの間にやら、金融支配層になっているからです。

 

F1種野菜の種を作るタキイやサカタの社員は、ナンと、非常に数が少ない固定種野菜を作る特別な農家を探し出して、個人契約して、こっそり固定種野菜を買ってる人が多いらしいのです。

社員は、F1種野菜の恐ろしさを知っているからですヨ!

しかし、このような人を踏み台にするビジネスは、ドンだけ儲かろうと、したくないですね~

庶民は、支配層が支配する政府の政策により、F1種野菜を、毎回、毎年種を買わなければいけないのです。

もちろん、毎年種を売ることによって、支配層の持ち物、多国籍企業が利益を得るためです。

アメリカの庶民は、日本以上に奴隷化が進んでいます。

食の支配の一部ですね。。。

日本もTPPが決まれば、家庭菜園が犯罪になるでしょうねぇ。

そして、ドル破綻を迎えた瞬間から、食料を巡る暴動に発展する火種が整った様なものです。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

アメリカ自家菜園禁止法(510法案)

 

小規模・兼業農家経営や家庭菜園が違法となった。 
リンクより

アメリカは、911自作自演テロを契機に国民に対する締めつけを仕掛け、非常に暮らしにくい国にしてしまった。

国民は日々窮屈さを感じ、言論や行動の自由の制限を感じている。

もはや、過去の米国ではありません。

正義も自由もない。

 

少数の金融犯罪者に支配されいていることがわからない

無知無能な群集たちも、そろそろ目が覚める。

これ以上の締めつけが国民の覚醒を促す。

 

アメリカ人、一度火がつくと止められない人たちです。暴動です。

ヒスパニックも黒人も。そして、アングロサクソンも。

全米暴動で国際的信用丸つぶれ。こっちの選択肢かな?

 

日本もいつかは、こうなるのでしょうか・・・

・アメリカ自家菜園禁止法(510法案)

小規模・兼業農家経営や家庭菜園が違法となった。

・自給自足と種苗の保存・使用が“犯罪”として取り締まり対象となる。

・食糧生産者に農薬の使用が強制される。

 

もし、あなたがテラスで家庭菜園の鉢を所有していたら、恐らく隣人によって密告、通報されてしまうだろう。

米国は911直後に成立した愛国者法によって「隣人監視」と密告が奨励されている。

 

テロ防止の名目で、今や密告奨励社会に変容したアメリカ社会。

510法案により、自然の正常な食品は、犯罪になる。

すでに現在でも、自然食品の生産者や流通業者に食品の強制捜査が入っている。

まあ、今のままブラック国家が続けばいずれはこうなってしまいますよね。

トホホです・・・トホホギスでも取り付いたかな?

 

<スポンサ-ドリンク>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。