太陽の光と健康

 

日差しの厳しい季節になってきました。

世の淑女方は、日焼け対策、日焼け止めに気を使われていると思いますが、そもそも太陽の光は、人体の健康上においてどういうものなのでしょうか?

 

<スポンサ-ドリンク>

 

2種類の紫外線

 

地上に降り注ぐ紫外線には、紫外線A波と紫外線B波があります。

紫外線Aは、B波よりも波長の長い光で、B波が少なくなる冬に多くなり、ジワリジワリと日焼けの肌黒さを作り出したり、シミ、しわの原因になるのはこの紫外線です。紫外線A波はガラスを通過します。

紫外線Bは波長の短い光で、夏に多くなり、日焼けによる肌の赤みといった火傷のような即効性の症状を引き起こします。紫外線B波はガラスを通過しませんが、波長が短いために乱反射しますので日陰にいても、A波よりもB波が達することが比較的多くあります。

夏の強い日差しは赤くなったりヒリヒリする速攻性があるため「夏場=強い紫外線」とイメージしてしまいますが、冬場の紫外線A波の方が美肌への悪影響は、懸念されます。

 

ビタミンD

 

しかしながら、太陽光がもし無かったら、植物は育ちません。植物が育たなくなるだけで、全ての自然の連鎖はあっさり崩壊し、結局人類も生きていけません。人体も過去何万年と太陽の光を頂きながら生き延びてきました。

皮膚が紫外線B波にさらされると、ビタミンDが体内で生産され、大変貴重であることから「太陽ビタミン」と呼ばれています。

実は、淑女の過剰な紫外線対策がビタミンD不足に陥っている可能性があります。ビタミンDの血液の理想的な濃度は血液1mlあたり40~70ナノグラムですが、多くの女性は、10ナノグラムしかありません。

ビタミンDは、シラスやイワシの天日干しなどにも含まれますが、必須栄養量の80~90%が太陽を浴びることで体内で生成されます。つまりほとんど日光浴でしか得られない栄養素で、どんなに食が完全でもビタミンDは、紫外線を浴びなければ不足状態になります。

しかも、最近はシラスやイワシの干物なんて最近の淑女は食べませんから、多くの方がビタミンD不足に陥っている可能性は一段と高まります。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

ビタミンD不足の人と症状

 

骨や筋肉に軽い痛み、朝、起きたてに間接を動かし難い

更に進むと、骨軟化症(こつなんかしょう)小児では「くる病」になる可能性があります。骨の成長が止まる以前に発症したものを「くる病」、骨の成長が止まった後に発症したものを「骨軟化症」と呼びます。

この病気は骨を作る過程で障害が起こるもので、初期にはあまり症状がありませんが、進行とともに背中や腰、股関節、膝などの痛みが出てきます。

さらに骨が柔らかくなるため骨折や背骨が曲がってくる側弯症(そくわんしょう)などもみられてきます。また、骨密度が低下し、骨粗しょう症のリスクも高くなってきます。

これらの病気は特に高齢者では、その後寝たきりの生活になってしまうなど健康寿命にも大きく関わりますので注意が必要です。

気分、テンションが上がってこない

50歳以上の人 ビタミンDの生成能力や、腎機能が衰退し、ほとんどの方が不足気味

肥満の人 生成能力が劣るのではなく、単純に太っているため血液中のビタミンDの濃度が薄くなります。

肌が黒い人 肌の濃さで日焼け止め効果になり、ビタミンDの生成が弱まります。

頭に汗を多くかく人は、ビタミンD不足の症状の一つだそうです

消化器系疾患を患っている人は、腸でビタミンDを上手に吸収できないため、ビタミンD欠乏の可能性があります。

 

日常において、このようなビタミンD不足にならないために、一日15分の日光浴は必要です。

 

紫外線有害説は、現代では常識になって、ドラッグストアに行けば所狭しとUVケア商品が並んでいます。

メディアが、「紫外線は有害」と発信するだけで、上記のような近年増えている病気が発症し、UV対策のビジネスモデルがいとも簡単に出来るのです。

放射能は実測出ていないのに不安情報を流し、放射能除染ビジネスモデルで儲けまくるのと非常に似ています。

全く日焼け対策なしの場合は?

 

こんな意見がありました

紫外線対策が叫ばれている昨今。
日焼け止めをしっかり塗ってファンデーションも塗ることが本当に良いことなのか疑問に思ってきています。

私の友達に同じ東北生まれの女性がいます。
その方は大変色白できめ細やかな肌をしています。
なんと、今までお化粧をしたのは成人式の時だけで、普段は日焼け止めすら塗りません。化粧水すらもっていないそうです。
にもかかわらず、シミ、シワ、毛穴ひとつないお肌をしています。

そんな彼女、この前めでたいことに赤ちゃんが生まれました。
女性は妊娠、出産のホルモンバランスの変化により、シミが出てきやすいのですが、相変わらずのツルピカお肌をしていました。うらやましい!

また、私の母の姉の話なのですが、彼女はお洒落にうとく、まったく化粧をしません。なのにシワがまったくないのです!(シミはありますが。)
一方、化粧はマナーだという私の母は残念ながらシミ、シワが歳相応にあります。

なんなんでしょうね(>_<)紫外線がお肌に悪いというのは真実ですが、紫外線防止のための化粧品による悪影響も少なからずあると思えてなりません。

 

何もつけないほうが美肌というのは偶然かもしれませんが、もしかすると、上記の方がおっしゃるように、紫外線そのものより、実は紫外線防止クリームや化粧品で長期的な悪影響を生み出しているのかもしれません。

「減塩洗脳」、「医療治療の騙し」、「喫煙率と肺がん率が反比例している事実」が分かった今、本当にまゆに沢山の唾を塗って考えなければ成りません。世の中、本当にほとんど嘘ばかりです。

シミが既に出来て、お困り人はこちらをご覧下さい~

 

長くなりましたので今回はこの辺りで・・・、次回は、日焼け止めの実際について書いてみたいと思います♪

 

<スポンサ-ドリンク>

 

5 件のコメント

  • こんにちは。いつも楽しみにしています。毎回参考になることばかりで、できることは実践しています^0^
    さて、見出しとは関係ないのですが、「放射能は実測、出ていないのに放射能除染ビジネスモデルで儲けまくるのと非常に似ています。」とありましたが、こういうことがあるのですね。うーーーん 、、、

    • さくらさん、世の中こういうことばかりと言って良いです。全く不要なものを売りつける格好の手段ですね。資本主義社会の現実ですね。

  • 記事ありがとうございました。
    件の女性、うらやましい程の美肌の持ち主ですね。

    何もつけないのが良いし、ビタミンD大事ですよね。勉強になりました。
    子どもも日焼けしてもきれいだし、若い頃は日焼け止め塗らなくてもヘッチャラでした。最近は美白美白って、売るためでしょうね
    ただ、太陽フレアや黒点の影響か年々日射しが強烈になってきてサングラスも手放せなくなりました。

    • ラパンさん、確かに僕が子供の頃の40年ほど前の日差しとは違う気がしますね。少しの外出なら大丈夫だと思いますが、長時間の直射日光は、避けたほうが良いと思います。何もかもおかしいですね~

  • マロンさん、お返事有難うございました。
    資本主義社会の現実の中、いろんな情報に惑わされずしっかりと判断する力が必要なんですね。3.11以降、測定値を低く発表することはあっても、無い数字を高くして恐怖心理をつくなんて考えもしなかったです。人が人を騙すのですね、、、
    マロンさんは、実際、放射能汚染をどう思われていますか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。