◆◆◆誰も知らない健康アップブログ◆◆◆

荘司さんとモリンガを予約された方へ

乳幼児突然死症候群の本当の原因

タバコは濡れ衣?

 

乳幼児突然死症候群

 

<スポンサ-ドリンク>

 

発信源は政府だし、原因がタバコなら納得???しかしっ!これは、立派なミスリードが濃厚です。

 

原因をすり替えている気がします。

タバコなんて大昔からあり、家の中でも赤ん坊の前でも吸われていました。

 

本当の原因を隠すために、悪者の代名詞であるタバコが用いられた可能性大です。

本当の原因を隠すため、濡れ衣作戦はよく使われます。

 

例えばアルミ鍋は、フッ素コートの濡れ衣で、フッ素製品こそ、甚大な毒物です。

アルミを袋たたきにしていますが、世界で2番目に多く存在する金属、そこらのチリ誇り、お米、野菜などの食べ物にも含まれています。

健康に良くて一生物の、おすすめフライパン♪

 

<スポンサ-ドリンク>

 

本当の原因

 

ワクチンではないでしょうか。

 

生まれて直ぐに赤ちゃんから、強制でブチュブチュ幾度と無く打ち込むワクチンです。

 

この中身は、重金属や化学物質などとんでもない毒物が、てんこ盛りで入っています。

 

意図的にプログラミングされていて、ゼロ歳児から指導通り段階的に打てば、引き付け、多動症、うつ、そして突然死などに成りやすいのです。

 

こうして、大企業製薬会社は、政府とタイアップし、自動的に、ボロ儲け出来る仕組みになっているのです。

 

ワクチンなんて全てほぼ有効効果も無く、逆に、病気や、死に至るものなのです。

 

病気にならない強い身体になるには、自身の免疫力や、自己治癒力のみです。

世の中は、巨大企業がこうして判らないように謀略支配しています。

 

しかも、彼らの奥にある目的「人工削減」に、うってつけなのがワクチンです。

 

お父さん、お母さん、常識に流されず、正しい知識、行動こそ、最大の防御です。

 

常識をリセットして、納得いくまで調べましょう。

 

 

<スポンサ-ドリンク>

コメント一覧

チキンガイさんは、元医療技師です~

    • 1. チキンガイ
    • 2014年10月31日 08:34
    • 病院では職員は半強制的にインフルエンザワクチンを接種されます。しかし上層部はワクチンを打ちません。インフルエンザワクチンが無効で危険なのを知っているからです。だって毎年多くのワクチン接種した職員がインフルエンザにかかるからです。ワクチン接種すると軽症ですむなんて全くのウソです。みんなつらそうにしてるし・・・。そもそも軽症ですむのならそれはとんでもないことですよね。感染した人が自宅待機せずに撒き散らすことになるのだから。
      インフルエンザワクチンは毎年形を変えるから予想してワクチンを作りますので、シーズンごとに当たり外れがあるというのが医療側のいいわけですが、バレバレのウソです。
      だってインフルエンザのシーズンて長いですよね。11月後半ごろから5月前半まで半年以上あります。だったらシーズン始めに出現したウイルスを調べてそれに適応したワクチンを作ればインフルエンザが大流行する1~3月には充分間に合うはずです。それをしないということは、単に効果的なワクチンをつくる技術がないのです。
    • 2. マロン
    • 2014年10月31日 12:34
    • チキンガイさん、いつもありがとうございます。
      職員には強制で、上層部は、ワクチンを打たないのですか!悪魔ですね。
      ちなみに、大学生になれば強制的にワクチンを打たされ、打たないと入学できません。おかしいと思います。
      ワクチンビジネス、まるでPCのOSやオフィスソフトのように新型投入しているようにも思えます。 間に合わないのは、故意蚊の知れませんね。ほんと無茶苦茶な構造です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。