病気とはいったいどういう仕組みでどうしたら防げるのでしょうか?

未然に防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

 

<スポンサ-ドリンク>

 

なぜガンはブドウ糖が大好き?

 

これまで、ガンは、ブドウ糖を唯一の餌(エネルギー源)としている、と書いてきました。

断糖すれば、手っ取り早くガンが衰弱するという理論で「粉ミルク健康法」なども紹介してきました。

 

理論的に述べた文献など沢山ありますが、その理論一つ一ついくら説明されても理解とは別で、正しいかどうか私達には分かりません。

教科書に書いてあることが本当かどうか、ほとんどの人は検証できませんからたいての人は鵜呑みにしてしまいますので、いくらでもミスリードしようならできるのです。

私達が一番頼りになる判断基準は「結果」だと思いますが、その点、この粉ミルク断糖法でガンが大勢治っていた実績がありますので、やはり、ガンは糖質を餌に生き延びていることは間違いないと思います。

 

では、なぜガンは、ブドウ糖が大好きなのでしょうか?

細胞は、人体が実際に体内で使うエネルギー、つまりATPエネルギーを生産するわけですが、その作り方は、2通りあります。

 

●クエン酸回路

●解糖

です。

健康な細胞は、クエン酸回路を使って超高効率でエネルギーを生産しています。

クエン酸回路(サイクル)とは、クエン酸が、グルグル回ってコハク酸やリンゴ酸となり、最終的にオキサロ酢酸になり、また再生されてクエン酸になることをいいます。

この効率の良い過程で、1回36ATPエネルギーを生産、解糖エネルギー1回分も含みますので合計38ATPを生産します。

この輪のように回す役目をしているのがミトコンドリアです。

細胞内のミトコンドリアは酸化現象に異常に弱く、酸化に侵されると、ミトコンドリアは疲弊して働きが悪くなります。

酸化が進むとミトコンドリアが担っているクエン酸回路での生産が、出来なくなるのです。

すると仕方ないので、細胞は簡単にエネルギーを得られる他の方法として解糖、つまり糖を分解して得られるエネルギー生産方法に転換するのです。

解糖の方法は、クエン酸回路の方法より単純生産できる反面、エネルギーの生産量が僅かその18分の1しかありません。

また解糖でエネルギーを生産すると、その廃棄物として乳酸が大量に出来るのです。

解糖によるATPエネルギー生産では、効率が悪い上に乳酸を排出してしまいます。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

乳酸アシドーシス

 

肩こり、乳がんのシコリ、腫瘍などは実は乳酸の仕業で、乳酸が溜まることで筋肉が硬くなり、コリになり、シコリになり、腫瘍になるのです。

何か特別な出来物が出来たわけではではなく、乳酸が細胞を硬くした結果なのです。

 

例えば、魚釣りをされる方は経験があると思いますが、魚を釣ってクーラーに入れておくと、死んでその後死ぬ前の体勢のままカチンッ!と硬くなります。

死後硬直というやつですね。

あれは、心臓が止まっても細胞は直ぐにはしにません。

当然心臓が酸素を一切送りませんので細胞が酸欠で疲弊して、解糖エネルギーにより乳酸を大量に出したため、魚全体の細胞が硬くなったのです。

人間も動物も死後硬直しますが、クーラーの魚と同じ理屈です。

 

こういった現象を乳酸によるものですので「乳酸アシドーシス」といいます。

「アシドーシス」の画像検索結果

アシドーシスとは、酸性血症、動脈血がPH7,4以下の酸化された状態のことを言います。

 

酸化して弱り、解糖によるエネルギー生産しかできず、乳酸アシドーシスとなって本来の活動が出来なくなった細胞が、がん細胞です。

健康な細胞はPh7,4ほどの弱アルカリ性ですが、乳酸は酸ですから、ガンは細胞は非常に酸化状態になってしまいます。

病気は病種に関係なく全て乳酸アシドーシスで弱った細胞が原因であり、薬のように結果を叩くものではないのです。

 

解糖エネルギーで得られるエネルギーは、ブドウ糖1分子で2ATPの生産ですからブドウ糖が16分子も必要に成ります。

つまり要約しますと、ガン細胞は、ブドウ糖を大量に消費する非常に弱った細胞なのです。

ゾンビのように死なずに増殖し続ける強力な細胞では全くありません。

だから、冒頭の粉ミルクを使って断糖すれば、ガン細胞は衰弱していくといえます。

クエン酸や重曹も、酸化を急速に抑えるため治る可能性が高いのでしょう。

 

まとめ

 

しかしっ!!!

このブログの読者さんの遊覧さんが、「クエン酸を飲んでいたけど耐性が出来てあまり効かなくなった」とおっしゃっていました。

非常に有益な情報を頂いて感謝致します。

やはりこれは、あくまで緊急の方法で本来の健康法ではな無いと考えます。

 

つまりですね、ミトコンドリアがクエン酸回路を回せなくなった酸化現象こそが、一番の問題だと思うのです。

粉ミルク健康法でガンが治ったとして、また元の生活習慣をしてしまうとまたガンになる可能性が高いのです。

なぜ知らないうちに酸化してしまうのか?、どうしたら酸化しないのか?の根本を考え修正するべきです。

そうやってあーだこうだ考えると、地味に思えますが伝統が証明しているように、やはり自然のもの、旬のものを上手く取り入れ、自然が育んだビタミンやミネラル、伝統敵な発酵食品などの本当に適した食べ物をたべることが、健康な体作り(アルカリ体質)の本質だとつくづく感じます。

クエン酸にしても、梅干しなどの天然系とパウダーパック品のクエン酸は同じに思えますが、梅干しは自然が育んだものですのでやはり他の有効なミネラルなどと相まって計り知れない効果があるのです。

 

僕がお勧めしている立石野菜スープなどは、それに含むビタミンやミネラルなどが腸内細菌の優良な餌となって、その根本的な酸化現象から本来のアルカリ状態にする効果があるのだど思います。

下記の記事で、余命宣告を受けた方が、MMSや重曹、クエン酸などで、奇跡的な回復をされましたが、その後何故か襲う発熱の原因が分かりませんでした。

しかし、この野菜スープを飲んだだけで、完全に治ったのです。耐性もありません。

たかが野菜、悪くはないが速攻性は無い・・・でしょうか?

そんな次元ではない!驚きの作用を目の当たりにしたのです。

yjimageR6B361DS

味噌、糠漬け、醤油、黒にんにく、スギナや緑茶などお茶類などもそういう部類、他にも優秀な食べ物は沢山あると思います。

とはいうものの・・・そういうものですら現代は化学生産されて、気をつけて購入しないと本当の本来のものが相当手に入りにくくなりました。

こういったことも現在の病気増大の原因として強力に働いていると思います。

家庭で手間隙をかけた自給生活から、お金で済む便利さを得て、おみやげに寿命をさし出しているようなものです。

 

我が家では、もしもの時のために常備はしていますが、普段はMMSやクエン酸、重曹などはほとんど摂取しませんが、84歳の両親から家族全員何一つこれといった病気はありません。

ちょっと小さいですが、これも一つの証明だと思います。

食べてきたもので発病したことは間違い無いのに、病気になると何か特効的に効くものを探してしまうのが人情ですが、自分の食べているものをゼロから見直すことが、最も大事で近道なことかもしれません。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

108 件のコメント

  • 先日は色々お世話になりました。
    メルアド見ればお分かりかと思いますが、
    今度からこちらへコメントさせて頂くことにします。

    実は実家の母の事で、少々お尋ねしたい事があります。
    母は元々低体温で低血圧のようで、毎年風邪もひきますし熱も時々出します。
    その度に病院へ行ったり解熱剤を飲むので、今は止めるように言ってワクチンも受けないように勧めました。
    割と私の言う事は聞いてくれる方なので、裏付けのある情報を伝えるように心掛けてます。
    最近、肝臓に穴があいてると医者に言われたそうです。
    元々慢性的に膵臓も悪く、アミラーゼの数値が高いようです。
    そのせいか、いつもしんどそうです。
    老体に鞭打って畑仕事を自分の体力以上にやってしまうので、それもいけないのだと思いますが、、、。

    母のような症状には何を勧めればいいでしょうか?
    79歳と高齢ですので、無理なく納得して出来るものがいいと思います。
    よろしくお願い致します。

    ちなみに、お勧めのマルシマの醬油取りよせてみました。
    さっそく卵醬に使ってみますね。

    • クリステルさん、こちらこそありがとうございます。
      まずは、薬を気軽に飲むこと、ワクチンをやめる事です。
      何もかも悪のスパイラルにはまってしまいます。
      お勧めは、卵醤と立石野菜スープです。これは必須でお勧めです。
      卵醤は最初は、4日連続、後は、週2回でいいと思います。
      野菜スープは、1回300ccを朝夕の空腹時に最低飲まれてください。
      あと、可能でしたら、黒にんにく、梅干しか玄米の黒焼きなどがいいです。
      このぐらいなら出来ると思います。
      うちの母親も同世代ですが、それを飲んでから凄く元気で農作業に勤しんでいます。
      病院も一切無し、健康診断の豪華な案内書が家族分来ましたが、
      紙がもったいないですがゴミ箱行きです(笑)

  • 今梅干しを漬けるのに全力投球しております。
    クックパッド見たり人に聞いたり失敗して捨ててしまった梅も。。。ちょこちょこ漬けて順番に梅酢が上がってきてるので先ほど大きな瓶を買って来ました!ここに集めて紫蘇と一緒に土用の日を待ちます。全くの見よう見真似ですがいずれ梅干し名人と言われるようになりたいな^ – ^

    スギナ茶に始まり枇杷の葉エキス、味噌、かき餅、ぬか漬け、甘酒、それなりに出来るもんですね^ – ^
    で、こんな私を見て自分もやってみようという人は一割ぐらいですかね〜 大半は「良いのはわかるけど真似出来ない」
    梅干しが終わったら黒ニンニクに挑戦します。

    皇帝塩本舗で購入した味噌が出汁不要でとても美味しい。
    同じく購入の梅干しが小さくて美味しくて種ごと食べてます。毎日母に梅干しと味噌汁とぬか漬けと3分搗き米を用意しています。自然の味はホッとします。
    実は先月5日から母が我が家に引っ越して来まして私の人体実験の格好の餌食になっています(笑)1年後に母の認知度が改善してみんなのビックリした顔が見たい^ – ^

    • ねこまんまさん、いいですね~最も意識改革が出来ておられて健康に向かう行動だと思います。
      失敗しないと成功が分かりませんから勉強代としましょう。
      本当に自然の味は、心からホッと安らぎが湧いてきますね。
      認知症でしたら、オメガ3オイルを毎日スプーン1杯飲むと凄くいいです。
      アマニとか麻オイル、イワシなどいいですね。
      頑張って美味しい梅を作ってください。

  • マロンさんへ

    私の体験が記事になったのを見てびっくりしました。でも、ちょっとうれしいです。ありがとうございます。

    いろいろくふうしても、だいたい1ヶ月くらいでまた血糖が高くなるのはなぜと思いましたが、そうでしたか。根本が変わってないから、と考えると納得がいきます。根本は野菜スープだと、自覚していかないとアレコレ試すタイプの人は→私のことぶれてきますね。

    今日、マロンさんに教えていただきたいのは、ウンチさんのこと。いいウンチはなぜ水に浮くのかしら。水より軽いのでしょうか?空気を含んでいるから?

    私のウンチさんは、滅多に水に浮いてないから、腸内がよくないんですよね。沈むウンチがいいと言う人もいたりして、?と思いますが(・・;)?

    野菜スープを飲みながら観察力研きます!

    他にもいろいろお話ししたいです(^_^)またよろしくお願いいたします❗

    • 遊覧さん、拝借させていただきました。ありがとうございます。
      ユーザーさんの生の声は、大きなヒントに成りますので有り難いです。

      そうですね、空気を含んだような感じですね。
      微生物が豊かな土地はフカフカ軟らかいのと似ているかも知れませんね。
      沈むウンチは、決して良いものではありません、誤解されないようにお願いします。
      野菜スープや黒焼き、黒にんにくなどは、良いウンチにしてくれると思います。
      合うもの、量など、ご自分に合うところを探してみてください。
      こちらこそ、よろしくどうぞ♪

  • がんの最高の餌はブドウ糖!
    これは医療界も認める紛れもない事実です!
    PET検査では放射性ブドウ糖を空腹の被験者に注射すると、一気にがん細胞に集まります。
    それなのにバカ日本医療はがん患者に平気でブドウ糖点滴をします。治癒させる気がないばかりか、あからさまに悪化させようとするのは明らかです。基本的にバカ医療に関ってはいけません、特にがん治療は絶対にです。
    放射線技師は国が推奨する、胃バリウム、マンモグラフィーは絶対受けません!
    早期発見早期死亡です。
    当たり前の経済学ですが、国は不景気になるととにかく税収を増やし無駄な事業で国民総生産を上乗せし、数字上だけの景気を作り出します。
    バカ厚労省は医療費削減どころか、さらに病人を作り出すことしか考えていないのは僕見たいなアホでも分かります。パチンコと同じですね。
    この国は、病人と貧困層と社蓄の大量生産で成り立っています。国民が苦しむことで権力者がさらに権力を得ます。
    かわいそうなのはどっぷり洗脳されたまま生き続けそして死んでいくバカな大人たちではなく、こんな国で生まれてしまった子供達ではないでしょうか?

    • チキンガイさん、まさにその通りの現実ですね。
      その子供たちでさえ、生まれて間無しから予防接種をガンガン打ち込まれ、能力を剥ぎ取られ洗脳され安い人間にされています。
      健康診断の豪華な書類、しつこいぐらいの受けろコール、まさに病人を作り出す入り口です。
      大人(親)が間違ってるので、子供は当然染まってしまいます。
      本当に見事な権力の社会構成になっています。そろそろいい加減気付かないといけませんね~

  • 以前からコメントで相談している身内のことですが、体調がすぐれない日が続き新たな転移が疑われています。
    少量ですが、腹水も溜まっているみたいです。
    野菜スープなどこちらのサイトの健康法は実践しているみたいですが、腹水となると塩分は控えるべきでしょうか?
    自然塩は意識的に多目にとるようにしてるみたいですが、何か対策があるでしょうか?
    アドバイスいただければ幸いです。

    • チャオさん、状況情報が少なすぎてちょっとなんとも言い難いのですが・・
      基本的には、腹水でも、塩分は人体には必要だと思います。
      対策があるとか僕にはなかなか決定できませんが、あるとしたらこの記事にそうように、
      徹底的に断糖、アルカリ化の徹底をされるしかないと思います。
      現在食べておられる食の内容も多分中途半端だと思います、とはいっても自己責任で行なうものですので、
      理解と、理解からくる大きな可能性を当の本人が感じて、やる気を出さないといけないと思います。
      僕でしたら、断糖と、煮干や卵醤、野菜スープなど、このブログで紹介してきた食べ物だけにして、暫く様子を見ると思います。
      でもそれが、正しいかどうか分かりませんので難しいところです。

  • マロンさん、さっそく母にも勧めてみますね。
    我が家は兼業農家でしたので、有難いことに田畑がたっぷりあります。
    母も毎日農作業で自家菜園をしてます。
    そのせいか、身体つきは53歳の私よりはるかに若々しいです。^-^;
    脂肪も筋肉もきちんと付いていて、さすが20代から畑仕事をしてきただけあるなぁと思います。
    ただ、見た目に反して内臓系があまりよろしくないので、野菜スープ、卵醬は是非やってほしいと思いました。
    黒焼きにんにくは何度か食べたことがあります。
    ほんとにドライフルーツみたいで美味しかったです。

    これを機会に、黒焼きにんにくやアマニオイルなども復活させたいと思います。
    あまりあれこれ手をつけるのもストレスになるので、自分の出来る範囲で様子を見がならやってみたいと思います。
    それからちょっと心配な事があります。
    卵醬に使う生卵は、私の様な胃腸のあまり強くない人間にとっては消化についてはどうでしょうか?
    以前、お世話になっていた気功養生食の方から、卵は一日1個までと言われました。
    というのも、卵を消化するときに一日の胆汁の量を使いきってしまうからなんだそうです。
    あれダメこれダメと思うと、頭の中でそれがストレッサーになって、
    食べる楽しみというものがそがれてしまい、ただの餌になってしまう気がします。
    それと、朝食だけでも抜くのがいいと書かれていましたが、農作業やハードな活動をする時でも抜く方がいいのでしょうか?

    かなり以前に、朝食は食べない方がいい事を母に伝えた時、「肉体労働者の人はどうするの?炎天下で作業してる人は?倒れてしまうやろ」と言われた事があります。
    私も全く何も食べずに作業するのはちょっと無理があるのでは?と今でも思っています。
    そのあたりの事もお聞かせ下さい。

    • クリステルさん、卵醤を実際チャレンジされましたでしょうか?
      消化できるかもしれませんので、飲んで消化できなければ、味噌汁などを先仁飲んでからにするといいかもです。
      卵は、1日1個・・・そんなことは無いと思います。
      この記事でも、卵を毎日数個食べて超元気なイタリアのおばあちゃんを紹介しています。
      しかも卵醤は、週2回ほどですので全然問題ないです。
      ちょっと神経質に考えすぎかもです。
      死ぬことは無いと思いますので、体と対話しながら時には大胆に挑戦するのも大事です。
      昔の人は、あまり食べてませんでしたが炎天下でも物凄く働いていたのですよ。
      しかし、塩分だけは凄く摂っていたそうです。
      お腹が腹ペコでも塩分が満たされていると、不思議と倒れず動けるのです。
      朝食を抜いただけで、肉体労働といえど、倒れることは無いと思います。
      生まれて何十年もそのスタンスできたから、どなたもそのように考えられます。
      逆にお腹が満たされていても塩分不足や、栄養の悪さで倒れる人は倒れると思います。

  • そうなんですね。
    塩分ってやっぱり相当大事ってことですね。
    ほんとに美味しいお塩は、口に含んでも甘みがあっていつまでも舐めていたい気持ちになります。

    卵醬は週2回で始め、3回ほど飲みました。
    さすがに最初はうえっ!と思いましたが、意外と飲めました。
    ご飯を食べながら交互に飲む感じです。
    消化については、卵醬を飲んで下痢をしたとかはないです。
    卵は黄身だけを使うんですね、全卵飲んでました。^-^;

    野菜スープを飲むとすぐに出る!とか、便秘が治ったとかみなさん書かれていますが、私はそれほど劇的な効果はまだ感じていません。
    以前はほぼ毎日出ていたのですが、ここ1ヶ月ほどは3日目にやっと出る感じです。
    ただ、結構スッキリ出てくれて浮いてるのでいいのかな?とも思いますが、、、。
    恥ずかしい話なんですが、2ヶ月ほど前からガスが多発するようになり、臭いもかなりきついです。
    腸内環境が悪い証拠ですよね。
    でも、食生活にはかなり気を使っているし、甘い物もほとんど食べませんし、アルコール飲みません。
    1年ほど前からおへその穴がなくなってきてるのも気になります。

    • クリステルさん、卵醤は全卵でお願いします。
      下痢しなかったら大丈夫ですね。週2回ほどのペースで飲んでみてください。
      ご飯と交互で結構、飲みやすい方法でいいですね。

      排便ペースはさほど気にされなくてもいいですが、臭いと質には気をつけていてください。
      その、「食生活にはかなり気を使ってる・・・」というのが曲者なんです。
      そういう人に食べているものをこと細かく聞いていくと、良いと思って食べておられるものがとても悪かったりするケースが非常に多いのです。
      世間一般で言われる「良い食生活」は間違いやズレが多いのです。
      健康管理において本当の「良い食生活にする」というのは、現代社会では特に難しいと僕は思います。
      それを追求しているのがこのブログで、まだまだ僕も未熟ですし、奥は深いと思ます。
      良い食べ物、食べてはいけな物、永遠のテーマかもしれません。

      おへその穴がなくなるとはどういう意味でしょうかね?

  • 私は今年の秋に 眼科に行きますctを受けて 目薬をもらうでしょうね 塩水で目が良くなるようにしますが どうなるでしょうね また 家族に心配されて病院にしっかりいけ 普通になってと 言われるでしょうね 近場の病院を探していますが いい病院ないですね 漢方医を探していますが 普通の薬と漢方薬を一緒に処方する医者が多いです この前病院に行って数値よかったです ほらやっぱりメルカゾール飲まないとだめなんだよと医者に言われました 看護師には必ず薬飲んでいるか聞かれたりしました 仕事も探さなければ 早く自立して無添加の食品で体を治さないといけない・・。 病院が怖いです 私は変な患者だと医者や看護師は思っているみたいです メルカゾールのんでいるというと家族は喜びます 医者も看護師も飲めという圧力を感じます 奇形児を生む薬を飲んでほしいみたいです 許せないという気持ちが湧いてしまいますいけないと思ってもそういう気持ちを持ってはいけないと思っても 許せなくて 体力のない私も許せないくて 憎くい。 マロンさんすみませんが 薬が石油ででき毒であるとわかるサイトを知りませんか 証拠をしっかり論理的に話せるようになりたいです。本当は健康にたずさわる仕事がしたいです  

    • まるさん、本気で健康に関わる仕事がしたいのでしたら、ご家族様や医師の言うことにいちいち相手になっていてはダメです。
      木々が生い茂るジャングルから自分だけで方向を決めて道を作っていく覚悟が必要です。
      ネットのサイトを見せたところで「ネットはウソ」というレッッテルをテレビが上手に流していますので無駄だと思います。
      一応参考に・・・http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42507
      本気でしたいのでしたら、親の援助と薬の援助は、離脱することが先決です。
      それにはどうしたらいいか、自分で細かく計画を練って一つ一つ実行していくしか道はありません。それが道なきところに道を作る意味です。
      他人や周り、自分をを憎むのはやめましょう、何も生まれません、自分が本気で変わるのみです。

  • 私も未熟ですので、自分で「気を使っている」と思いこんでるのかもしれません。
    でも、こうやって食の事をあれこれ考えられる事は幸せだと思います。
    途上国では、毎日生きるか死ぬかで生活している人たちが沢山いるのですから、、、。

    おへその穴がなくなるというのは、以前はもっと穴が深くて窪みが合ったという事です。
    気功の先生によると、おへその穴が浅くなっているのは、腸内環境があまりよろしくなくて、宿便などの老廃物が内側からお腹を押し上げてるのだそうです。
    自分の腸内を輪切りにして見てみたい。笑

    ところで話は変わるのですが、いくつか疑問なことがあるのでマロンさんの意見をお聞かせ下さい。

    シャンプーについてはどう思われますか?
    私はもう長い事シャンプージプシーでして、いいと言われる物をあれこれ試しましたが中々満足いくものに出会えず、今は石鹸シャンプーと湯シャンを交互にしてる感じです。
    でも、石鹸シャンプーは地肌にはいいけど髪には悪いと聞いたことがあります。
    美容師の方に聞いてもやはり賛否あって、結局の所アミノ酸シャンプーがいいと言われます。

    それから、爪の縦筋が若いころからずっと治りません。
    乾燥や加齢も原因の一つだとは思いますが、年齢のいってる方でも綺麗な方は沢山おれれますし、2歳年上の夫にはありません。
    やはり珪素不足でしょうか?
    毎日爪にオイルは塗ってますし、洗い物をする時はゴム手袋着用で洗剤もきつい物は使っていません。
    野菜スープと卵醬で改善してくれるといいのですが、、、。

    あと、内臓下垂(胃下垂)はどうやったら治るでしょうか?
    ご存知でしたら教えてください。
    ヘソ灸やストレッチなどは定期的にやっています。
    よろしくお願い致します。

    最後に、私のようにあれこれ気を使っても中々症状が改善されないのに、
    何にも考えず好きな物を食べて何にも気にしていないのに健康な人がいます。何が違うのでしょう。
    うちの夫に聞くと、「余計な事は考えず、好き嫌いなく食べてしっかり寝て、よく歩く。これで俺はいたって健康よ」と言ってます。
    そう言えば、夫は病院には行きませんし虫歯も1本もありません。
    きっと思考が私とは違うのでしょうね。
    良い所は真似してみようと思いました。

    • クリステルさん、おへその穴にそんな裏があるのですか、また調べてみたいと思います。
      シャンプーは、アミノ酸系などどんなに高価なものでもあまりよいことは無いと思います。
      米の研ぎ汁をシャンプーにしてはいかがでしょうか?騙されたと思ってやってみてください。
      リンスは、クエン酸をかなり薄めたものでいいと思います。
      爪は、ケイ素不足かもしれませんので、スギナ茶も飲まれてはいかがでしょうか?
      外から補うものは、基本的には何でも補助に過ぎないと思います。
      胃下垂は、筋力不足や、骨盤のゆがみ、咀嚼不足、姿勢の悪さなど言われやはり成りやすい独特の生活習慣を送ってきたことが原因だと思いますので、根源を辿っていくと病気改善法と同じになってしまいますね。
      もともと持っている、生まれた時に母親から授かった腸内細菌の違いかもしれません。それをいかに健康にするかがこのブログのテーマでもありますが、それぞれ持っている菌の種類が違いますのでそういうことが起こるのかもしれません。
      でも油断は禁物ですよ、そういう自信満々のひとは、急にコロッと成るタイプの方もいますので健康の正論に基づいて生活するのはゼッタイだと思います。

  • いつもアドバイスありがとうございます。
    私も色んなブログや情報サイトを見ますが、「うん?ちょっと違うなぁ」と直感で感じるものはその後見ていません。
    マロンさんのブログは本物だと思います。直感です。笑
    こちらのブログにたどり着いたのは、私にとって必然だったのかもしれません。
    これからも色々教えてくださいね。

    スギナ茶は気になってたので、試してみようと思います。
    コメのとぎ汁ですか、考えもしませんでした。
    そう言えば昔、祖母はぬか袋をお風呂に持ち込んで顔を洗ってましたね。
    そのせいかつやつやの肌をしてました。
    実家の母も、最近コメのとぎ汁で顔を洗ってるそうです。
    私は還元生成器の酸性水で洗うようにしてます。

    シャンプー挑戦してみますね。

    • クリステルさん、気に入って頂いてありがとうございます。
      スギナ茶は是非お試しください。
      米の研ぎ汁は、洗浄能力か非常にありますし、昔はお祖母さんのように洗剤代わりに使われていましたしね。
      しかも自然のものですし。
      酸性水は、殺菌力、引き締め作用の水ですので、洗浄力は全然ありませんよ、洗った後のリンスの水です。
      強還元水が、洗浄の水です。
      お間違えの無いように♪

  • コメのとぎ汁でのシャンプーについて、もう少し詳しく教えてください。
    洗い方とか、使う量とか。

    ちょっと恥ずかしい話ですが、スギナ茶は尿漏れなどにも効果ありますかね。
    尿漏れ防止の体操もやってはいるのですが、中々追いつかずです。
    「50を過ぎると坂道をころげおち転げ落ちるように色々くるよ~」って若いころに叔母さんに言われたことがありますが、最近身をもって感じてます。 苦笑

    • クリステルさん、尿漏れには卵醤が効果があります。
      週2回ぐらい飲んでみてください。
      スギナ茶は、普通にお茶代わりに飲まれてください。

      研ぎ汁を洗髪で使う場合は、髪の汚れをあらかじめお湯で流してから水気を軽く絞り、米のとぎ汁の中に髪の毛を浸し優しく汚れを洗います。その後お湯ですすぎます。

      色々くるのは、何も考えずに生活しているとそうなりますので、酸化するものは避けてアルカリ化に勤め日頃からアンチエイジングしましょう。

      • 卵醬尿漏れにもいいなんて、最強ですね。
        週2回は守って飲んでいますよ。
        私、何でも試してみるのが好きなんですよ~、生まれ、星座が水と風なもんで。
        自称健康オタク、アンチエイジングの鬼です。

        私の場合、色んな症状に悩まされているのはストレスと思考のクセだと思います。
        色々考えすぎる傾向ありです。苦笑

        とぎ汁シャンプーありがとうござました。
        早速今夜試してみますね。
        スポーツドリンクは毎年私も自作してます♪
        安心安全でいいですよね。

        • クリステルさん、週2回飲まれても尿漏れが起こりますか・・・
          なかなか手強いですね、何か気付かないマイナス要因があるかもしれませんね。
          研ぎ汁は、ペットボトルに入れてふたをしてあらかじめ湯船の中に暫く漬けておけば温かくなって尚良いと思います。
          流石ですね、既に自作されてましたか♪

  • 先日はコメントありがとうございました。
    身内ですが、リンパ節への転移の数が増え、かなり大きくなってきていて、突然体の不調が出始めたみたいです。
    腹水は大丈夫だったみたいです。
    突然のことに私もあわててコメントをしてしまい申し訳ございませんでしたm(_ _)m
    野菜スープや卵醤は続けています。今年に入ってからはじめ随分体調がよかったのに、突然不調に襲われ始めたと言っていました。
    朝、昼に野菜スープを食事としてとっているみたいですが、できてない日もあるみたいです。
    もっと徹底的にやらないと厳しいかもしれないです。
    断糖に粉ミルクなども紹介されていましたがこちらも癌患者さんだと三食粉ミルクにして長期行うのでしょうか?
    またまたたくさんの質問で申し訳ないです。
    あと、最近野菜スー プを作るのに大根葉が手に入りにくいので、乾燥葉を購入しようと思うのですが、乾燥葉だと他の野菜との比率がわかりにくくて、大体の入れる目安がありますか。
    また教えていただけれは幸いです。

    • チャオさん、徹底的に断糖しながら野菜スープ、卵醤、黒焼き、ビワ種、煮干、味噌、などだけを食べる食生活習慣にされてはいかがでしょうか?
      粉ミルク法は、詳細は、バイエム酵素なども併用しますので本を読まないとちょっと理解できないかもです。
      大根葉は、煮出して水分を含んだときに生葉の時と同じくらいの量になればいいかと思います。
      ガン治療を目的でしたら、全ての分量を規定の2~3倍にして濃度を上げてみてください。

  • 濃度をあげて作るのでもよいのですか?
    身内にも教えてみますm(_ _)m
    私も作っていますが、野菜の量も水の量もだいたいなので、これで大丈夫かなと考えながら作ってます(^_^;
    買った野菜の大きさにもよりますもんね(>o<)
    だいたい一回で一リットルから1・5ぐらいできます。
    粉ミルクは本がないと難しそうですね。
    いつもアドバイスありがとうございます。

    • チャオさん、大体の分量でOKです。
      甚大な病気の人は、濃度を上げると効果的です。
      粉ミルク法は、そうですね、酵素も使いますし、本を読まれたほうが断然いいですね。

  • こんにちは。はなです。以前から、マロンさんのブログを見て勉強してましたので、大体は理解できていますが、少し困ったことが起きました。私の妹が、子宮筋腫または、子宮癌かもしれないのです。とにかく、手術を進められています。私としては、手術も避けたいのですが、妹は妊婦、そして悪阻と切迫流産のため、完全に医者の支配にいて、どうにもできません。悪阻で、水も飲めないので、24時間点滴、絶対安静です。そもそも、体が酸性化してるから、こうゆうことが起こってるのだと思います。とりあえず、塩は舐められたので塩を取るように進めました。何か、手術を避けられる方法があればいいのですが。

    • はなさん、切迫流産などは羊水の塩分・ミネラル不足が考えられるかと思います。
      水も飲めない状態で難しいかもしれませんが、皇帝塩をたっぷり摂られて、味噌汁もたっぷり飲まれてください。
      卵醤は、飲むのに厳しいでしょうか?
      あと立石野菜スープで子宮筋腫やガンがが小さくなった方がおられました。
      手術は避けるべきだと思いますが妹さん自身の理解が必要だと思いますので下記のページを良かったら勧めてください。
      http://maron49.com/page-2202

  • マロンさんへ

    今日母が病院のドッグへ行ってきたらしいです。わたしはここの話を読ませてもらっているので、ドキッとしました(苦笑)
    結果は大丈夫だったようです。前回はちょっとだけ異常値に傾いて、糖は出てたりしてたものが、よくなっていた、らしいのです。
    これは、がんの父と一緒に、ビワの種、ゴーヤの種を飲んだり、黒ニンニクを食べたりしているからなのかな?などど私は思ったり。
    父はがん治療のホルモン剤をしているため、これまで、検査の度に結果はよくなっているのですが、それが、ホルモン剤によるものなのか、食によるものなのかは、定かではないという状況でしたので、まさかの母で結果がわかるとは?という心境に私だけなっていますが(笑)
    マロンさんは、アルカリにもっていくとよいと、常々お話しされていると思うのですが、ひとつ気に引っかかったのが、血液検査のPhがアルカリではあるそうですが、7.5と、多少高すぎ傾向だったと話していました。(つまり正常値以上にアルカリ性だったとのこと)これはきっと問題ない範囲なのでしょうかね?

    • あっこさん、食べるものが良くなって代謝が良くなったのだと思います。
      PHが7,4以上になるアルカローシスは体内の酸を失いすぎてしまうか、体内で得るアルカリ量が過剰になってしまうことで引き起こされます。
      例えば利尿薬などによって体内のカリウムが大量に喪失し、腎機能に支障をきたすことが原因となります。
      またある種の物質からアルカリを過剰に取り入れたケースでも見られます。
      更に持続した嘔吐を繰り返した場合や胃酸を吸引しなければならない疾患の治療を行った際にも見られます。
      呼吸性アルカローシスは過剰な二酸化炭素が過呼吸に起因して血中より追い出されることで発生します。
      不安を起因にするものが多いとされますが、血中の酸素量低下や過剰なアスピリンの利用、肝硬変、熱の上昇、痛みなどによっても引き起こされます。
      本当にアルカローシスになれば筋肉痙攣や過敏、筋肉における引きつりなどを生じます。
      水分補給と共にカリウム及びナトリウムの摂取、つまり皇帝塩の水を飲んでいれば改善させると思います。
      また、消化活動中にも若干アルカリに傾きますので一時的なものかもしれません。

      • マロンさんへ

        お返事ありがとうございます。
        母は、薬を内服しているわけではないですし、比較的元気な感じに見えますので、きっと一時的なものかもしれないですね☆
        気にする程度ではないのかもしれません・・

        • あっこさん、だと思います。
          木の育ちは、土、根、木、枝、葉へと流れます。
          葉の不具合は、土の不具合によるところが大きい原因です。
          医療は、葉しか見ていません。
          数値を気にするより土である食べ物を気にしましょう。

          • マロンさんへ

            数値を気にするより・・・ですね☆
            きのう、やっと図書館で予約していたマロンさんおすすめの「GO WILD」が他の図書館から届き、読み始めています。
            現代人は野生を取り戻す、ということがキーポイントなのでしょうね。今は大多数が野生の勘は眠ったままですね( ;∀;)

          • あっこさん、眠ったままではなく、社会がそうさせたのですね。
            全く不要なものを売りたいがために、必要だと思い込まされてきたのです。
            ホリエモンの本で、世の中の99%の会社(企業)いらない、日本人の99%が洗脳されている、といっています。
            その通りだと思います。

  • 初めまして。
    最近、額からの多量の汗の症状に悩まされていまして、検索していましたら、こちらに辿り着きました。
    霊的なお導きなのか、よくわかりませんが、兎に角、感動しています。
    これから、色んな事、教えて下さいますように、よろしくお願いします。

    • うさこさん、初めまして、コメントありがとうございます。
      喜んでいただいて嬉しいです。
      分からないことがあれば気軽にコメント下さいね♪

      • お返事ありがとうございます。
        早速ですが、長年過敏性腸炎を患っていました。・・体が怠くて、自宅の階段途中で息切れしますが・・今年は下痢よりも、額からの多量の汗の症状が酷くて、今は保冷剤を額に当てていますが、昼間外出中だと、それも出来ません。
        病院で診察してもらった方が、よろしいでしょうか?
        病院で薬処方よりも、やはり食事、食品、食材かな?と思いますので・・何か良さそうなレシピがあれば、詳しく教えて下さい。
        よろしくお願いします。

        • うさこさん、
          http://maron49.com/7764
          http://maron49.com/7907
          これを参考にしてください。
          そして発酵発芽玄米だけを10日間だけ食べると凄く効果的な腸内改善、解毒リセット食に成ります。
          水分は摂って下さい。
          病院にいって適切な処置をしてくれるかどうかお考えください。

          • マロンさんへ
            アドバイス通りに、食生活を見直してみます。
            良い報告が出来れば、嬉しいです。
            親身なアドバイス、頂戴して、ありがとうございます。

  • マロン様、先日は適切なアドバイス有難うございました❣️
    早速、皇帝塩届きました❣️
    発芽玄米も炊いて、3日間保温で発酵させて、頂いております。
    マロン様が癌の人は1日1食って言われたのですが、今の所、朝食抜きです(笑)

    献立はマロン様のアドバイス通りに〜(笑)

    名古屋なので、人はデパートの自然食品で、醤油、味噌、調達しました❣️

    癌はこれから手術ですが、大好きな乳製品が摂れないのが、ちょっと淋しいですが〜気のせいか、最近、身体が軽くなったような気がします❣️
    あと、パウダルコのカプセルと、びわ茶も飲んでいますが、いいのでしようか❓

    立石スープは、退院後落ち着いてから作ります(笑)

    色々、有難うございました❣️

    • カノンさん、遅くなってすみません。
      まあ、朝だけは最低でも抜いていればKOです。
      最新の記事の方法もお試しください。凄くいいと思います。
      この期間中は、他のものは避けてください。
      14日が過ぎれば、パウダルコなど良いと思います。

  • マロンさんへ
    以前から、玄米は白米と一緒に普通に炊いていました。
    マロンさんの記事を読み、その玄米の詳しい事を教わりました。
    食生活を見直し、少しずつ、改善していく積もりです。
    ありがとうございます。
    額の汗ダラダラの酷い状態が続き、熱を測定するも、平熱で、このままもし倒れたら、救急車で病院かな?と、弱気になっていました。
    私も人生で様々な事を体験してきましたので、
    パニック障害者さんの辛いお気持ちも、理解できます。
    きっとコメント欄でお話しされたかった。苦しい胸の内を聞いてほしかったのではありませんか?
    マロンさんの記事では、マロンさん達が温かいアドバイスをなさっていて、私は感動して、癒されていました。
    パニック障害者さん、よろしかったら、一緒に食生活を見直し、改善してみませんか?
    『病は気から』と申します通りなのですよ。

    • 今夜、立石野菜スープ、作りました。
      家族から『野菜本来の味がしていて、美味しい!』と好評でした。
      身体中から元気が湧いてきて、不思議なパワーを感じています。
      『明日も作ってほしい!』との要望なので、頑張ります。
      マロン様、ありがとうございました。

      • うさこさん、ほんと僕も最初そう感じました。
        続けることが大事ですね。
        2~3日に1回分をまとめ作りするとちょっと楽チンです。

    • うさこさん、温かいお言葉ありがとうございます。
      人間様々な方がおられますし、裏情報ですからそういう方がこられるのも仕方ないですね。
      よかったら、最新記事の7号食をされてみてください。
      腸~、いえ、超おすすめです♪

      • マロン様へ
        工作員さんのお仕事との事、
        それに対するマロン様の優しい前向きな対処にも、驚きました。
        マロン様の記事は興味深い内容で、とても勉強になっています。
        私達現代人は、食べ過ぎなのだと、感じています。
        運動不足なのも、かなり気になりました。
        マロン様の記事でもっと学んで、健康的な体質改善をしていきたいと思います。
        私より、もっと重い症状の方々が居られると思いますが、お独りで悩み孤独になりませんように、病に負けないでほしいと、祈らずにはいられません。

        • うさこさん、ありがとうございます。
          そうですね、人類は飢えの歴史ですから現在は食べすぎ、しかも良からぬものを食べすぎで動かないですね。
          病院にかかるとほぼ一択の治療に成りますが、難しいところですがもっと広い視野で考えて頂きたいですね。

          • マロン様へ
            先週は立石流野菜スープ、初日と二日目に野菜本来の味を、三日目には拘りの八丁味噌を求めて、味噌汁にして、堪能しました。
            今週は前半は無理なのですが、後半に続ける予定です。
            卵醤は、卵かけ御飯ですが、始めました。
            周囲は減塩に洗脳されている人達だらけで、堪りませんが、無理の無い範囲で、続けようと思います。
            拘りの海の塩と拘りの醤油を長い間使用していたのですが、塩分量が全く足りていなかったのだと感じています。
            額と目の下、汗ダラダラが少し治まってきたような気がします。
            自分の身体の事なので、周囲に逆らってでも、勇気を出して、自分に必要な海の塩の塩分量を、把握したいと思います。
            マロン様には、正しくお導き下さいまして、感謝の気持ちでいっぱいです。
            ありがとうございます。

          • うさこさん、汗が必要以上にでるのは自律神経が上手く作動していないかもです。
            http://maron49.com/5609
            結局何が原因かといえば食べ物、ミネラルや塩分などが不足している可能性が高いです。
            周囲に逆らうとかそいういう意識ではなく、「こちらが正しい」とある程度予測がつけば、どんなことでもその方向へとりあえず素直に行動して見ましょう。
            一番いけないのは、行動せずに勝手に答えを想定して判断してしまうことです。

  • マロン様へ
    マロン様の仰る通りだと思います。
    私も以前から自分で調べて、自律神経系なのかな?と感じていました。
    周囲に医療従事者が居るのですが『減塩はしないといけない。それ以外の話はしない。喧嘩になるから。』と言われています。
    私としては、自分の身体の事なので、良質な食材、食品、醤油、味噌、海のお塩等で、体質改善して、食事を楽しみ、嬉しい報告をしていきたいと思います。
    マロン様、ありがとうございます。

    • うさこさん、そうですね、出来たら4号食を中心とした食が良いと思います。
      調味料を揃えたらあとは野菜料理がちょっとづつ変わるだけで、慣れれば簡単で食費も余りかからないと思います。
      糠漬けがあれば最高ですけどね。

      • マロン様へ
        あれから・・卵かけ御飯を続けています。
        醤油の量も味覚的に、とても美味しい!と感じるようになりました。
        食事の量、食べ過ぎないように、気をつけています。

        糠漬けの件ですが、
        昔の母の手作りの味が懐かしくて、母に聞きましたが、材料の分量を忘れたらしく・・既に本屋さんで本を求めていたので(9/29)・・その材料、野菜も求め、自宅で待機していました。

        そうしましたら・・マロン様から(10/4)に糠漬けのコメントを頂戴して、驚きました。
        もしかして、マロン様、不思議なパワー?をお持ちなのでしょうか?
        こちらで、勉強させていただいて、幸せです。
        ありがとうございます。

        • うさこさん、いえ、よい物は引き寄せら得るのでしょうか(笑)
          糠漬け、味噌、梅干しは、もう是非おうちで仕込んでください。
          最初は上手くいかないかもしれませんがめげずに頑張ってください。
          本物のこれらを食べてもらうと政府がホント青ざめて、酒のように一般家庭では作れなくなるかもしれません。
          それほど凄いのです。

          • ・・そんな、ご謙遜を?
            「能ある鷹は爪を隠す」でしょうか?
            「引き寄せの法則」も気になりますね?
            返信のコメント時々途切れますが・・お許し下さい。

            季節は秋なのに、上半身が夏のように暑くて、体温測定では、36.6?36.4で、相変わらずです。
            以前は悲しみでしたが、マロン様にアドバイスを頂戴してからは、前向きに捉えて、努力していこうと決意しました。

            マロン様の仰る通りですね。
            昔から母は、梅干し、梅酒、八丁味噌の味噌汁、らっきょう、糠漬け等、お手製でした。
            梅干し、八丁味噌の味噌汁、糠漬けと、塩分を結構摂っていたと思いますが、健康家族で謎でした。
            マロン様が謎解きして下さいましたね。
            ありがとうございます。

            それから、マロン様の記事で「乳ガン」が載っていたと思いますが・・まだ全て読めていないのですが、「乳ガン検診」のマンモグラフィーやエコーも、身体にはよくないのでしょうか?
            石灰化が良性か悪性か調べるマンモトーム生検とはどのようなものなのでしょうか?
            それも、身体にはよくないのでしょうか?
            もし、悪性なら、抗ガン剤治療は拒否して、自宅で食事療法するべき。そのように理解していて、よろしいでしょうか?
            「乳ガン検診」は女性なら早期発見?他人事ではありませんので、詳しく教えて下さいませんでしょうか?
            よろしくお願いします。

          • うさこさん、勿論乳がん検診もよくないです。
            このブログに良くコメントをくださいますチキンガイさん(元放射線技師の検査の専門家の方)が、その危険すぎる実態を何処かのコメント欄に詳しく述べてくださいました。
            乳がんのしこり、肩こりは同じもの、乳酸です。
            乳酸による細胞・血液の酸化が諸悪の根源で、肩こりなどから始まり最も酷くなるとガンになります。
            乳酸による酸化が、人体から電子を奪い、ミトコンドリアを弱らせ体中に不具合をもたらすのです。
            抗がん剤は、体を強く酸化させるものです。
            アルカリ化に徹し、ミトコンドリアを元気にさせれば治ります。
            膨大な情報ですが丁寧に読んでみてください↓
            http://maron49.com/page-2202

  • うさこさん、マロンさん、チキンガイさん、そのコメントとはこれでしょうか?大切な内容だったのでいつかコピーしてとっておいたものです。どの記事だったか検索してもわからなかったので、貼っちゃいますね。以下です↓
    乳がんについての僕の見 解です。若い女性の胸のシコリのほ とんどが乳腺症による良性腫瘍で す。仮にがんだとしても非浸潤性乳 管がんでしょう。いわゆる0期のが ん、上皮内がんともいいます。ここ に日本医療のトリックが仕掛けられ てます。上皮内がん、0期がんとい う言葉があるのは日本だけです。欧 米では0期=上皮内新生物、ただの 良性腫瘍扱いです。経過観察するこ とはあっても手術することはありま せん。ほとんどの上皮内新生物は悪 性化することはなく自然消滅しま す。ニュージーランドの文献(信憑性 は確かでない)によると、上皮内新 生物が20年後に悪性新生物化するの は1%ほどだそうです。つまり日本 の若い女性の乳がんはほとんどが無 駄な手術なのです。ただ手術件数が ハンパないのでもしかしたら、手術 を受けた恩恵を受けた方もいるかも しれません。これをふまえて後は事 故責任で選択すべきです。もし身内 でしたら僕は医療に関ることを全力 で阻止します。日本のがん手術件数 は一般的な医療先進国の17倍とい われています。医療先進国ががん死 亡者が減少していく中で、日本だけ は増加する一方です。 長くなるので続きます。

    2015年10月11日 18:31

    32. チキンガイ 病院内ではがん保険をめぐるトラブ ルが続出しています。早期がんとい われ手術たはいいが、保険屋があな たのがんは上皮内がんであり本当の がんでないので保険金は出せません というのです、特に外資系保険に多 いですね、当たり前です、日本以外 の国では上皮内がんはただの良性腫 瘍ですから。乳がん以上にトラブル がとてつもなく多いのが子宮頸がん です。この子宮頸部上皮内がんとい うのが現代クソ日本医療の闇(ワクチ ンも)です。臓器の上皮内がん状態 はなかなか早期発見(意味ない)でき ませんが、子宮頸部は別です。他の 臓器は検査機器を通じて見ますよ ね、CTやMRI、超音波、内視鏡 などです。子宮頸部は肉眼でみま す、さらに一時検診から細胞診です ね、組織をガバっと採ってきます。 検診を受けた多くの若い女性が早期 がんとなるわけです上皮内がん(ただ の良性腫瘍)なんてものは体中何処 でもできて、ほとんどが自然治癒し ます。なぜ若い女性の子宮頸がんが 増えているのか、簡単ですね。クソ 日本医療界により意図的に増やされ ているのです。皆さんにも是非、 サーバリックス、ガーダシルといっ たワクチン、子宮頸がん検診促進の 本当の意味について考えていただき たいです。

    2015年10月11日 18:49

    33. チキンガイ 上皮内がん(ただの良性腫瘍)につい て簡単にわかりやすくいうと、僕の 体にもたくさんあるいわゆるホク ロ、これも上皮内がんです。僕はた くさんのがん所有者なのです、全く 無視していますけど。ホクロも真皮 内まで浸潤すれば立派な悪性黒色 腫、メラノーマですね。ですから日 本クソ医療のやっていることはホク ロは将来メラノーマになる可能性が ある(可能性は限りなく低いが真実) から全て除去しましょうね、という 考えです。この国の人たちはただの ホクロを見つけられ、臓器を切り取 られ、抗がん剤、放射線治療で苦し めらているのです。がん検診により そのがん患者は急増し、そのがん死 亡者も増加する、これはもはや常識 です。医療側にとって本来必要のな い手術によって、全体としてがんの 5年生存率は当然アップしますので やつらにはうれしい限りですよね。 僕は元診療放射線技師ですが、放射 線技師は誰一人として胃のバリウム 検査は受けません。皆そのリスクと 意味の無さを知っているからです。 日本医療界は腐っています、とにか くかかわりを出来るだけ避けましょ う。

    2015年10月11日 19:13

      • チキンガイさん 知り合いや身内にもぼちぼち乳癌になる(診断される)人が出てきているので、よい情報は教えてあげようと、日々情報を眺めたり、ブックマークしたりしてます。たまたまこのコメントがとってあったのでコピペさせて頂きました。ありがとうございます!うさこさんが読んでくれてたら良いのですが。
        今後ともよろしくどうぞお願いいたします◎

    • namさん、タイムリーです、ありがとうございます!
      検査の中身を知れば恐ろし過ぎますね。
      要するに、医療は体の構造上において、理に適ったことを全くしていないことが伺えます。
      専門家任せの社会を作って自分の健康管理すら自分で出来ないことをマインドセットしていますから「早期発見、早期治療」の言葉にノックアウトされるのですね。
      新たにチキンガイさんがコメントをくださいました。

  • うさこさん、お邪魔します。
    マンモグラフィは被曝が多いですが、早期発見(これ自体意味がない)には全く向きません。良性、悪性疾患の見極めができないので、エコーやMRIなどへの2次検査となります、それらの検査をもってしても確定診断に至らず、最終診断として生検(組織をちぎり取り病理)になります。マンモトームとは、通常のマンモ生検はエコー下で行いますがさらにマンモグラフィで確認しながら生検することです。当然被曝量はとんでもないです、通常の生検のように何回も刺される事はありません。
    まあそもそも、早期発見自体に全く意味が無いですね。だって早期発見早期治療したらもう安心ですか?再発、転移、そしてガンはどこの部位でも発生します。毎年全身を検査するのですか?体にはとんでもない負担です、経済的にもです。これから早期発見出来ない部位なんてたくさんありますし、毎年検診受けていても進行がんが見つかる事も珍しくないです。
    検診なんて受けずに、このブログを熟読してがんにならない体を作り出して下さい。
    ちなみに女性の放射線技師や女医はマンモグラフィなんて絶対に受けません。
    僕はマンモ生検に関わる事は少なかったですが、大切な乳房を刺されて泣き叫ぶ女性の悲鳴は嫌というほど聞かされました、失礼しました。

    • マロン様、nam様、チキンガイ様へ。

      最近、お塩を摂る大切さの本を読み、懐かしい糠漬けの準備も整えて、イソイソとマロン様のブログへ、出掛けました。

      でも、その内容に驚愕しました。
      アッと驚き、言葉になりませんでした。
      打ちのめされ、意気消沈しました。
      ショックで、涙ぐみそうでした。
      頭の中が整理されず、質問事項も纏められません。
      落ち着いて、質問出来る迄、暫くお待ち下さいね。

      貴重なお時間を割いて、私のような者にコメントを下さいまして、申し訳なく、本当にありがとうございました。

      きっと何か不思議な御導きなのだと思います。

      マロン様ブログファンの皆様方の健康を心からお祈りしています。

      • うさこさん、大丈夫ですよ、今生きておられるのなら全然何とかなります♪
        健康は集った素晴らしい皆さんと楽しみながらやっていきましょう。

        • うさこさん、重い情報が続いてショックでしたね、ごめんなさい。どんな情報も自分が知らなかっただけで、ずっと世界は変わってませんが、その情報を生かすことで、まず自分が一歩進歩し、良くなる事ができます。自分もこのブログの健康情報を実行して少しづつ元気になってますし、その事が嬉しいんですね。ああ、この世界もまだ捨てたもじゃないなあ、って。うさこさんも更にお元気でありますように!♪

          • マロン様、nam様、チキンガイ様 へ。
            マロン様、nam様、励ましのコメント、ありがとうございました。
            乳ガン検診を受けた方々、これから受ける予定の方々に対して、被曝の耐久性?の人体実験のようで、憤りを覚えます。
            検査に関わる職業の方々の御身も案じられます。その方々は大丈夫なのでしょうか?
            本当に恐ろしい!
            うさこは気持ちが撃沈寸前でしたが、マロン様ブログの助け船に救われました。
            これからも健康な体を目標に、一生懸命勉強しますので、よろしくお願いします。

          • うさこさん、僕も最初は痛く驚きました。
            でも怯んでいてはいけません、その憤りを形にせねば!とこのブログを運営しています。
            今気付いたのでしたらこれから上手く対処していけば全然問題ないと思います。
            まだまだのブログですが、読者さんの体験談や知識などもヒントにして本当の情報に向かって皆さんと楽しく作りこんでいます。
            いつでもお立ち寄りください♪

  • うさこさん、検査する側は鉛エプロン等で放射線防護しています。
    心の整理がついたようで安心しました。頑張る必要なんてないと思います。当たり前におかしい事はおかしい、素晴らしい事は素晴らしい、分からない事はわからない、ただそれだけです。
    東京都議は都民のために働いているのか、富山市議は市民のために働いているのか、ただ自分の感覚で普通に感じればいいだけです。
    おかしなことがおかしいと気づきだすと、今まで見えなかった素晴らしい事がたくさん見えてきてますよ、namさんの言うとおりです。
    あと僕達は仲間です、できたら僕や仲間たちを様で呼ぶのは・・・、失礼しました。

    • チキンガイさんへ。
      私は様々な分野の本を読んできましたが、医療に関しては、無知で、恥ずかしく思います。
      仲間とは、こちらに集う仲間?と言う意味でしょうか?
      私の場合は、まず今の症状、自律神経を整えて、心身共に健康な体づくりをしていこうと思います。
      チキンガイさんのコメント、一読すると厳しいながらも、思い遣りに溢れたお人柄なのでしょうね。
      ありがとうございました。

        • チキンガイさん マロンさん namさん へ。
          お仲間に加えていただけて、嬉しいです。
          其々に使命がお有りなのですね?
          私もお仲間の皆さんのお役に立ちたいと思います。
          お仲間さんからのコメントを大切にします。
          孤独で辛い時には、読み返して、元気パワーにしたいと思います。
          ありがとうございます。

          • うさこさん、親しき仲にも礼儀ありで、
            たとえ家族でも相手を傷付ける失礼な言動をする人は問題ですよ。
            よそのご家庭の事情に口を出すのは憚られますが、
            人格に問題のある人が近い人間関係にいて逃げられない状況だと、
            身体的疾患、精神的疾患を発症する原因になるので厄介ですよ。
            相手の立場に関係なく嫌だと拒絶して周囲に助けを求めないと、
            うさこさんが潰れますよ。
            ストレスや負の感情の心と体を破壊する威力は凄いですよ。
            必要以上の我慢は心と体を破壊する毒です。
            人間関係は選別しないと人生を破壊します。

            世の中、仲が良い家族ばかりではありませんから。

            モラハラ資料
            http://mora110.blog.fc2.com

            モラハラ親 | 膝と相談させてください
            http://shimesaba.dyndns.org/?tag=モラハラ親

            yuhka-unoの日記
            http://d.hatena.ne.jp/yuhka-uno/

            ●日本人だけど、日本のここが嫌い●まとめwiki – トップページ
            https://www4.atwiki.jp/nihonjindakedo/pages/1.html

            機能不全家族

            アダルトチルドレン

            毒親

            モラルハラスメント

            で、グーグル検索

            この10項目を持った男とは付き合うな。不幸になるか、殺される
            http://www.bllackz.net/blackasia/content/20120618T0223000900.html

            絶対に付き合ってはいけない性格・気質を持った人間20項目
            http://www.bllackz.com/?m=c&c=20130802T1507000900

            個人的には、日本は昔はともかく今は、
            女性が結婚相手を選べる時代なので、
            相手の男性の収入よりも、男性の人柄、
            男性の両親、兄弟姉妹、親戚の人柄や、家族仲が良いのかどうか、
            家族、親戚に身体的疾患、精神的疾患、の人がいないか、
            を重視した方が良いと思います。
            病気の有無は、
            遺伝病と家族仲の良し悪しの判断材料として非常に有効です。
            子供や孫にまで大きな影響を及ぼすので、
            人柄、家族仲が良いかは、非常に大切です。
            家族仲が悪いと将来血が絶えて絶家になりますよ。
            高度経済成長期、バブル期で、就職先も収入も困らず、
            お見合い制度で、皆婚していたツケが今の若者を苦しめていると思います。
            人格に問題のある人も結婚できたので、機能不全家族も淘汰されずに残って、
            結婚を嫌がる若者を生み出している側面もあると思います。

            女性が社会を変える方法は働いて社会で活躍することよりも、
            女性と子供を大切にする男性と結婚して、
            良き家庭を築く事が効果的だと思います。
            女性が収入の多寡に関係無く人格に問題のある男性を選ばず、
            良き家庭人となる男性だけを選んで、良き家庭を築いて、
            健全な愛情を十分に注がれた子供だけが、
            大人になり社会を構成していくようになれば、
            時間は掛かりますが社会全体が良い方向に変わります。
            家族は最小単位の社会ですから、
            全ての家族が健全な愛情に満ちた家族ばかりになれば、
            社会全体が幸福な社会に変化します。
            世界平和は全ての家族の幸福によって達成されます。
            女性が自由に男性を選べる社会に限りますが、
            女性による社会変革は男性選びで実行可能です。
            女性による人格と遺伝子の淘汰とも言えますが、
            より良き社会の実現には必要ではないでしょうか。

          • マロンさん、ごめんなさい。
            身近に厄介な人が居て、2日目には味噌汁にしないと、食べてくれなかったのです。
            これからは、気をつけます。
            最近『夫源病』を検索したら、私の症状と少し似ている気がしたので、精神的なストレスも重なっているのかな?と思って、お尋ねしました。
            私の話には否定的で、文句や小言ばかり言います。
            百均の買い物にも、食材の買い出しにも、ついて来て、文句・小言、言いたい放題で、恥ずかしい思いをしています。
            車の運転中にも、助手席の私に、他のドライバーの運転を詰ったり、怒鳴るので、私は気分が悪くなります。
            私は自律神経失調症?の症状で、倒れそうになるので・・文句・小言は右から左へ、聞き流さないと・・私の体が保ちません。
            趣味の教室に通って、その資格を取得する為に、宿題を仕上げるのが、私の唯一の楽しみな時間です。

          • うさこさん、病名はホント意味を成しません、腸を綺麗にアルカリ化を心がければどんな病気も改善に向かいます。
            しかし、その小言はちょっと健康的にも悪いですね。
            誰でも気分が悪くなりますよ。
            ホント上手く聞き流してください、そしてどんなことでもいいので自分が人生を楽しむことを見つけてください。
            人生はそのヤリクリかもしれませんね。

          • マロンさんへ。
            立石流野菜スープ、初日はそのままで、2日目には八丁味噌汁にして、いただきました。
            糠漬けは茄子を美味しくいただきました。
            まだ母の懐かしい味ではありませんが、続けていこうと思います。
            それから、『夫源病』について、何か御存知でしたら、教えて下さいませんか?
            よろしくお願いします。

          • うさこさん、野菜スープに味噌を入れられたのでしょうか?
            毒ではありませんが効果を最大に生かすため野菜スープは単独で飲まれてください。
            夫源病もガンも膠原病も全てミトコンドリアの弱体でたまたまそのような症状になっただけです。
            食の改善、善玉菌を増やしアルカリ化に向けていけば改善すると思います。
            植物の葉や実に病気が出るのはその部分が悪いのではなく、栄養分を吸収する根っこの「土」が悪いからです。
            土とは、人間で言えば食べ物です。
            参考に~
            http://maron49.com/page-2202

          • うさこさん、大歓迎です、敷居とか全くありませんし。
            が、そんな役に立ちたいとか自分にプレッシャーをかけなくていいですよ。
            健康ブログとはいえ「楽しく集う」が一番です。
            いつでもお気軽にどうぞ♪

  • またちょっとスレチかもしれませんが、おもしろい動画を見つけました。この方は本当に何者なのでしょうね。なんにせよ、抗ガン剤投与が中止される日がくればこんなに素晴らしいことはありません。https://www.youtube.com/watch?v=GCCvTw7TQ0w

    • ナルさん♪何ぢゃコリャーーーーッ(|| ゜Д゜) これが現実になる事を祈る(^^)他の皆さんも一緒に祈って下さい。沢山の祈りで奇跡を起こしますょ(“⌒∇⌒”)

    • ナルさん、ベン氏は、以前からロックのビジネスを叩いていますので、ロス=天側の陰謀論者だと思います。
      ロックが弱ってきた証拠だと思います。
      ただ、私達の味方ではありません、アベノミクスで大企業の内部留保をシレッと拡大させ庶民を貧乏にしてガンガン儲けているのはロス=天と思います。
      これから次世代の支配構造がやって来るかもしれませんね。

  • いつも、返信ありがとうございます。
    マロンさんの投稿記事 めっけ~です♪
    お気に入りに入れている一つなんですが。
    お題の中の 裸での就寝は以前より気になっていたのですが、健康的にどうなんでしょう?
    これから寒くなるので体調悪くするでしょうか?

    • みきはしさん、締め付けないので良いよいかもしれませんね。
      ふんどしがよいらしいですよ。
      乾布摩擦で自律神経を今から整えておけば、寒い季節でも大丈夫ではないでしょうか。

      • ふ、ふんどしですか!?
        勇気いりますね~(汗)
        か・い・ほ・う・か・ん あるでしょうね~♪
        ただ、年が年だけに、もし何かあって、救急車を呼ばないといけない時、びっくりされますね(笑)
        乾布摩擦、喘息にも効くそうなんで、していた時があったのですが、続かなかったので、意識して続けようと思います。
        いつも、ありがとうございます。

        • みきはしさん、いえ、驚くほどお洒落なのが売られてますよ。
          現在のふんどしは、昔のふんどしとは違いますよ。
          あと、丹田呼吸、毛管運動も異常に効果がありますよ。

  • マロンさんへ。
    コメント欄の自分と自分の間に、新しいコメントを入れてしまいました。
    分かりづらくて、ごめんなさい。
    私、梅干しも糠漬けも味噌汁も、貪るようにいただいてしまいました。
    懐かしい母の味に飢えていたようです。
    私の症状、精神的なストレス?かもしれません。
    お返事はユックリで結構ですので・・
    私より重い症状の方優先で、お返事をしてあげて下さいね。

    • うさこさん、いえいえ大丈夫ですよ。
      梅干しや糠漬けを貪るように食べるのは、それらに含む無素晴らしい栄養分が足りていなかったからだと思います。
      これからはしっかり食べてください。
      精神的ですよね、誰でも怒鳴られると参りますものね。
      確かに怒鳴られるとミトコンドリアは、働きが悪くなります。
      良い音楽を聴かせるだけで植物が凄く育つのは、褒めているのと同じですからね。

  • マロンさんへ。
    厄介な人ですが、医療を信じていて、昔の医療のまま、随分と時が経ってしまっているのに・・現在の栄養学、食品、食材も調べようとしないんです。
    テレビのニュース、食品・薬品の広告宣伝、番組、新聞、映画、スポーツ、アニメ等に洗脳されています。
    私はテレビは観ないし、新聞も読みません。
    映画も銃で人殺し、戦争は嫌いです。
    アニメも観ません。
    そのような娯楽にも、気をつけないといけません。
    子供の成績が悪い時は、私のせいにされた事があります。
    長年のストレスの結果、私が『夫源病』になったのなら、子供は『父源病』になっていたのだと思います。
    私のような症状の方、おられますか?
    対策は口喧嘩をする事、らしいのですが・・
    こちらで学び、食生活を充実させて、心身共に健康になりたいと思います。

    • うさこさん、その通りです、アニメも、メディアも、学校教育も、アニメも、映画も、みんな洗脳ツールです。
      そういうものに一生懸命になると支配層の誘導にまんまとはまってしまうのです。
      良く考えれば、おかしなことばかりをやってますから感性の鋭い人は異質さに気付かれると思います。
      勿論、口げんかをして立場を対等に持っていかないといけませんね。難しいかもしれませんが。
      いつでも結構ですので覗きに来てください♪

  • コロイドさん マロンさんへ。
    コロイドさん、沢山の記事ありがとうございました。時間のある時に読んでいきたいと思います。
    それから、お二人の仰る通りだと思いました。
    過敏性大腸炎の発病の切っ掛けは職場でのイジメでした。
    持病として長年付き合ってきましたが・・
    その間に、家庭内ではイジメのような夫源病で、自律神経失調症になったようです。
    (主人の両親との同居で、お世話した時期もありました。)
    でも、マロンさんの仰る野菜スープ、卵醤、糠漬けで、少し元気が出てきたように思います。
    うさこ、最強の人参(食品・食材・栄養)を得たり。ですね?・・とても嬉しいです。
    マロンさんとコロイドさん、お仲間さん達の、優しいコメントに感謝、大切にして・・完治させたいと思います。
    これからもこちらで、奥深く学んでいきますので、質問もさせて下さいね。
    よろしくお願いします。

    • うさこさん、そうでしたか、いじめは昔も今も一定の範囲で存在すると思います。
      動物をよく観察していると動物界でもちゃんといじめは存在します。人間も動物ですから。
      いじめている人はその行為の甚大さを解っていませんので、いじめられている人は何らかの形でアピールすることが大事かとおもいます。
      非常に難しいのは重々承知ですが出来るだけ対等の立場になるように頑張ってください。
      せっかく生まれてきたのですから何でも楽しくやっていきましょう。
      いつでもどうぞ。

  • マロンさん コロイドさん お仲間の皆さんへ。
    結婚前に職場イジメが切っ掛けで、過敏性大腸炎になり、職場を辞めました。
    結婚して、夫婦仲が悪くなるような事が起こりましたが、離婚には至りませんでした。
    子育て中には、お舅さん、お姑さんとの同居が始まり・・
    実家では父が病に倒れ、私は母との仲がうまくいかなくなりました。
    インナーマザーを体験して、過敏性大腸炎が悪化しました。
    (インナーマザーと毒親の本を求めて、思い悩んだ時期もありました。)
    母は昔の20年以上も前の私の言動を思い出して、会った時に喫茶店で何時間も私を責めるのでした。
    逆らうな。とか、人のせいにするな。とか言い出すので、黙って聞いているしかなく、
    人目もあるので、恥ずかしくて堪りませんでした。
    私は帰りの電車で、涙が溢れ・・最寄り駅に着く迄に何度も駅のトイレに駆け込み、家に帰れない状態でした。
    会う度にそうなので・・私は兄に訴えましたが、あまり間に入ってもらえない忙しい人でした。
    夫源病で自律神経失調症になりましたが・・
    一年前から趣味の教室に通い、資格取得を目指すようになってからは、下痢は治りつつあります。
    先月は、汗ダラダラの症状で、熱っぽいのに、熱は無く、フラフラで、倒れそうになって・・初コメントを入れた次第です。
    こちらでは昔ながらの母の食の大切さを再認識しました。
    心身は、繋がっているのですね。
    そして、過去にも不思議な出来事が次々起こり・・何かに導かれるようでした。
    母からは私が調子が悪い時には、メールや電話が届くようになりました。
    「虫の知らせ」「病は気から」「信じる者は救われる」「祈り」は真実でしょう。
    この世とあの世も、繋がっていますね。
    趣味の教室では、御幸せそうに見える女性達ですが、何かしらのお悩みを抱えておられます。
    私が無事に完治しましたら、私のような者の症状、改善法を、お役立て下さい。
    父が亡くなってから・・庭に自然と白百合が咲くようになりました。
    不思議に思いましたが・・あらゆる分野の書物を読み、感性を研ぎ澄まし、気付きや感謝の気持ちのお恵みをいただき、大切にしています。
    白百合は植木屋さんが間違ってカットしてしまいましたのに、一輪だけではなく、増えてきています。
    その生命力には驚きますが・・まるで私を励ましているかのような、父の愛に包まれ、満たされているのです。

    • うさこさん、
      ご家族と分かり合える日が来るとは考えない方が良いですよ。
      人は変わらないです。
      人格に問題のある人と仲良く出来ますか?
      仲良く出来る人とは最初から仲良く出来ます。
      お互いに尊重して大切にするからです。
      そういう性格の男女が結婚するのが望ましいです。

      日本の熟年離婚に女性が多いのは、
      夫や夫の両親の妻への態度が酷くても、
      離婚して経済的に自立するのが難しいので、
      子供が自立するまで待って、夫の退職金と財産分与、
      年金と、経済的に目処が立つまで我慢して、
      夫の退職後に離婚するしか無いからです。

      既婚女性の若い世代は、昔に比べると、
      高収入の女性も多くなったので、我慢せずに、
      離婚する女性が増えて離婚率が増加しているのではないでしょうか。

      うさこさんは、
      モラハラする旦那さんに都合が良いので結婚相手に選ばれたのでは?
      機能不全家族でアダルトチルドレンになると、
      結婚相手も機能不全家族の両親のような人を
      相手に選ぶ傾向があるので、
      恋愛、結婚する前に機能不全家族を自覚して、
      回復していないと負の連鎖を繰り返す事になります。

      女性は男性に比べて経済的に自立するのが難しいですし、
      恋愛、結婚する男性で人生が大きく左右されるので、
      心と股を開く男性はよく見極めないと大変です。

      モラハラとは 職場の無視・イジメ [ モラハラ資料 ]
      http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

      モラハラ・自己愛性人格障害チェックシート [ モラハラ資料 ]
      http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

      モラハラ被害者の自覚と回復を促す資料 [ モラハラ資料 ]
      http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-192.html

      モラハラ対策、対処法 [ モラハラ資料 ]
      http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-8.html

      2.逃げるしかない 自己愛性人格障害対策 [ モラハラ資料 ]
      http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-184.html#comment1567

      女性の結婚後の経済的自立は非常に大事だと思います。
      就職に限らず何らかの形で十分な収入源を確保しないと、
      家族関係に問題が出た時、人間関係を解消するのが難しくなるので、
      お金は大事です。

      子どもが育つ、魔法の言葉
      http://homepage2.nifty.com/hoikuen-debut/sub5kodomogasodatsumaho.htm#%82%90

      子育て 育児 才能 センス|チャネリング このはなさくや姫の本音
      http://ameblo.jp/uemiyatomoki/themeentrylist-10097033359.html

      桜通信 このはなさくや姫との対話
      https://regimag.jp/blog/konohanasakuyahime/
      有料ですが、第3号と第31号がお勧めです。

      最も身近でどんな時もそばにいる自分自身を一番大切にして愛するのが良いですよ。
      うさこさん自身を大切にして下さい。

    • うさこさん、人間は、本当に色々な方がおられますよね。
      うさこさんは、優しい方ですので他人のストレスも何でもご自分で吸収されますので、身体へのしかかるストレスは正直に反応しているのだと思います。
      おっしゃるとおり良くも悪くも何でも繋がっていると思います。
      喧嘩を持ちかけるとかではなく、うさこさんの心の内をある程度言葉にしていかないと身がもたないと思いますし、これからの人生楽しくないです。
      それで話しが余計によじれることもありますし、他の立場もございますし非常に難しいところではありますが、僕は1歩をふみ出して欲しいと思います。
      もしかしたらそれが大きな解決策になるかもしれませんしね。

  • マロンさん チキンガイさん namさん コロイドさん へ。
    お仲間の皆さんの仰る通りだと思います。
    今更、過去の出来事を振り返ってみても、全てが致し方なく・・
    私は子育て中に、お舅さん、お姑さんと同居で、その一部始終は、長くなるので、ここでは回想して語りませんが・・
    想像していた幸せな同居生活とは程遠く、言葉を失いました。
    私はお世話する間に何度か、倒れましたし・・私の身には夫の両親の老化現象・お世話が次々に襲い掛かっていたのでした。
    幸か不幸か、私には夫の人格云々を感じて、論じている時間はありませんでした。
    体は正直なもので、長年のストレスで病にもなるのでしょう。
    変えないといけないのは、自分自身の生き方であると自覚しています。
    一年前から始めた趣味から資格取得への道も、体が悲鳴をあげていて、その病が教えてくれた気付きなのでしょう。
    お仲間の皆さん、親身なアドバイスをありがとうございました。
    これからもお世話になりますが、どうぞよろしくお願いします。

    • うさこさん、よくご理解されてたのでね。
      でも今までにない勇気や行動が必要になってきますので大変なのは間違いないです。
      でも一度きりの人生ですから、悔いのない選択をされて下さい。
      いつでも応援しています。

  • マロンさんへ。
    「人としてどうするべきか?」自分に問いながら、お世話するのは嫁として当然の行ないで、後悔したくない、と思いました。
    自分の食事は後まわしで、私が倒れる迄、お世話するのは、続きました。
    私達もいずれは老いる身です。
    食生活はとても大事だと思います。
    医療を信じている夫、それに少し感化されている子供、の食事を用意する事が、私の一番のストレスになっています。
    どうしたら、マロンさんとお仲間さんのブログの事を、信じてもらえるのか、頭を悩ましています。
    マロンさん推薦の食事で、私自身が心身共に健康を取り戻す事、はまだ少し時間を要しますので・・それ以外に何か良策がありましたら、教えて下さい。
    よろしくお願いします。

    • うさこさん、そうですか、でもそういう方は沢山おられますよ。
      出来るだけ原形の形をした無加工のものを食材に選ばれると良いと思います。
      普段野食生活はそのままでも、卵醤や野菜スープを付け足すだけで全然違います、よかったらお試しください。
      黒焼きも一度入手すれば毎日少し食べるだけですし簡単でとても良いですよ。
      http://maron49.com/3897

      • マロンさん お仲間の皆さん へ。
        私が初コメントを入れた頃は、汗ダラダラで、真夏のように暑いのに、体温計では熱は無く?倒れる寸前でした。
        あのままでしたら、間違いなく、救急車で、搬送されていたと思います。
        慣れている筈の料理の作り方が、わからなくなって、次に何をしたらよいのか?全くわからなくなってしまったのでした。
        焦りました。私、あの時、泣いて、料理作れないと、家族に言えば良かった?
        でも、言っていれば、きっと救急車で搬送されていましたね。
        症状から、検索して、マロンさんブログに辿り着いて、本当に良かったです。
        マロンさん、お仲間の皆さん、本当にありがとうございました。
        心から、感謝しています。
        今は、昔ながらの母の味を思い出して、マロンさんの仰るレシピ、手作りしています。
        資格取得の宿題も、頑張っています。
        ストレスって、本当にコワイですね?
        自律神経が、おかしくなってしまうのですね?
        私のコメント文もどこか変だったかもしれませんね?
        失礼ではなかったでしょうか?
        私事の症状で、皆さん、お騒がせしまして、申し訳ありませんでした。
        これからは、楽しい報告が出来ましたら、嬉しいです。
        深夜に失礼しました。お休みなさい。

        • うさこさん、文章が以前とは全く違い、穏やかで落ち着いた感じが存分に伺えますよ。
          良くなられて良かったです。
          精神のストレスは、怖いですよ、脳から毒素を出しますからね。
          失礼なことは一切ありませんよ、人生楽しく素直に生きましょう♪

  • お久しぶりです。
    マロンさん、ありがとうございます。
    資格取得の宿題、頑張っています。
    イジメられないように、気をつけています。
    宿題は大変ですが、大きな夢を思い描いていて、とても楽しいです。
    マロンさん、お仲間さん達、毎日寒いですが、お元気ですか?
    深夜にごめんなさい。
    お休みなさい。

    • うさこさん、お久しぶりです。
      頑張っていらっしゃいますね!♪
      楽しいことは続けられますので大きな強みですよ。
      イジメがきたらさらっと跳ね返してくださいね♪

    • うさこさん、おはようございます。namです。お元気そうで何よりです!そういえば最近コメントを見ないなあ、と思ってましたので。こちらも元気です。今年も冬季鬱にならず、風邪も冷えも大丈夫で嬉しいものです。前にコメントさせて頂いた御縁でまた書いてみました♪♪お返事なくて大丈夫です◎

  • マロンさん namさん お仲間さん へ。
    その節はお世話になり、お蔭さまで元気になりました。
    イジメに遭わないように、思った事を口にしたり、笑顔で対処出来るようになりました。
    ありがとうございました。
    ところで最近、洗剤、石鹸、シャンプー・リンス、化粧品等、動物実験の事を知り、涙目になってしまいました。
    私に出来る事は何か?考えさせられました。
    動物実験をしていない商品を購入するしか思い浮かばないのですが、何か他に良い方法がありましたら、教えて下さい。
    お休みなさい。

    • うさこさん、いいですね!口に出したり、笑顔に成られたり、できるようになられたのですね♪
      いい感じです!
      動物実験ですよね、心が折れますよね、ホント涙が出ます。
      こういうのはいかがでしょうか。
      http://maron49.com/9239
      ご自身の健康維持にも最良です。
      まあ、国民全員が買わないことでしかあの実験はとめられないでしょうね。

  • マロンさん お仲間さん へ。
    新年おめでとうございます。
    私事ですが、昨年の体調不良ではお世話になりました。
    今年もどうかよろしくお願いします。
    昨年の年末には動物実験の件を知り、少々落ち込みましたが・・
    お米のとぎ汁は使用した事がありますが、第一とぎ汁、第二、第三と、作ると良いのですね?
    とても、勉強になりました。
    私一人の小さい事でも、一年分としたら?大きな事に、なりますものね?
    毛皮も、もう何年も求めなくなりました。
    昨年迄、動物のカレンダーを飾っていました。
    もし、霊的なもの?だと捉えるのなら、不思議な力を感じてしまいました。
    ありがとうございました。

    • うさこさん、新年明けましておめでとうございます。
      こちらこそよろしくお願いします。
      動物実験はホント悲惨ですが、人間と動物の関係ですから基本的には悪気無く行われています。
      でも支配層は我々庶民をそんな実験動物のように必要なら悪気無く命を奪います。
      情が無くなれば人間おしまいです。
      恐ろしい社会です。
      何かそういう霊的なものがあったのかもしれませんね。
      とぎ汁ですね、はい、3種類は適材適所に使ってくださいね♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。