子供の遊びについて

 

子供を賢く育てたい、高学歴、エリート街道に乗せて将来は安泰な人生にしてやりたい、などお子さんに熱い想いを抱かれる親御さんは多いと思いますが、実は、英才教育を受けたお子さんは、のちに犯す、犯罪率が異常に高いのです!

 

<スポンサ-ドリンク>

 

アトピーだの、喘息だの幼少期から体の健康不良が少なくない時代ですが、勉学、心の育て方、子供の遊び、心の健康までもなんだか非常に脱線している世の中のように思えて成りません。

そんな思いもありまして、プロフィールに書いておりますように、私は地元の緑の少年団で、近年見かけなくなった「みんなで外遊び!」をボランティアでしております。

なんだかカタそうですが、実際はユルユルで「楽しく遊ぶ!」だけが目的のようなもので適当に外遊びしているだけです(笑)

川やため池に入って生き物をつかんだり、山歩きをして生えてる草花を見て、草を採って食べたり、キャンプしたり・・・、昔、私らが遊んでたようなこと、近頃見かけなくなった泥臭い遊びをしています。

今時の子供たちはこんな泥臭い地味な遊びをして、喜ぶのかなあ?なんて最初は思ってましたが、実際やってみると想像以上に興奮して夢中になるんですねぇ~、これがまた^^

女の子も、男の子以上にもうびっくりするほど活発です。

下の写真は、私達の緑の少年団のワンシーンです。

凄いでしょう?女の子も夢中に、お構い無しに泥だらけになって、ガンガンお魚を掴みます。

普段はワイワイガヤガヤですが、料理だってご覧の通り雑談もせず自ら真剣にします。

本能が目覚めるのでしょうか?(笑)

IMG_8811

 

P1050807

近頃は、少年野球や、サッカーなどほとんどの子が小さい頃から所属する状況で、まあそれはそれでいいのですが、あまり好きじゃないけどみんながサッカーするから仕方なしにサッカーしている子も少なくないようです。

近年は政府も子供たちのスポーツはかなり推薦していますので、政府もミスリードを意図して狙っている感じがします。

 

子供たちと接して思うことは、最近の子は、前後関係を考えたら自然と答えが出そうなことなど、何かちょっと分からないことがあれば考えずに直ぐに質問してきます。

自分で、あーだこーだ考えて試行錯誤しながら答えを見出していくことを、あんまりしないんですね~

ちょっと考えすぎかもしれませんが、なんとなくそんな気がします。

P1090014

 

<スポンサ-ドリンク>

 

英才教育を受けた子は犯罪者になる確率が3倍に!

 

1967年ミシガン州の貧困地域でデビッド・ウエイカート氏らによって行われた実験があります。

遊び中心の保育、大人も介入して遊ぶ保育、読み書き・算数など知識中心の保育の3つの教育について調査した結果があります。

知識中心保育の子供は最初は、勉学は他の保育の子に比べて明らかに勝っていましたが、暫くすると差がなくなったそうです。

追跡調査で15~23歳ぐらいまでの子供を見ると学的には何ら差はありませんでしたが、知識中心保育の子供は23歳では、犯罪者になる確率がそうでない教育に比べ3倍も多く発生していたのです。

知識中心の英才教育を受けた子供は、犯罪者にならなくても、何らかのストレスが相当溜まっていることが考えられます。

 

「生きる力」の強い子を育てる 人生を切り拓く「たくましさ」を伸ばすために

 

という本がありますが、非常に素晴らしい本ですのでぜひ一度手にとってみてください。

「子供を抑圧することがどういうことか?」、書かれています。

現代社会の当然とされる教育が、いかに子供達に多大なストレスを与え、やり場の無いところへ追い込んでいるか分かると思います。

そういう私達もそんな教育下で育ってきています。

教育バリバリのお母さんを持つ子供は、どこか人間的に異常であることが少なくありませんが、この本を読むと納得できると思います。

子供には、高学歴で賢く育てエリート街道を歩んでほしいと思っているお母さんやお父さんに読んでもらいたいですし、子育てが終わった方でも、有益な内容だと思います。

現代は、スマホで調べれば何でもポンポン答えが出てきます、例えば、英語訳だって通訳や翻訳の仕事なら別ですが、普通の人はスマホがあれば事足ります。

あれこれ詰め込んだところで、コンピューターの情報量には全く叶いません。

コンピューターに出来ない人間形成の方が大事じゃないでしょうか。

どんなに学業優秀でも社会に出れば誰でも様々な壁にぶち当たりますが、そういった答えの無い答えを見出す力が無いがために、犯罪率が3倍になっているのかもしれません。

人間力という学力では見えない力こそ、社会に出るに当たって必要では無いでしょうか。

 

 

 

<スポンサ-ドリンク>

25 件のコメント

  • マロンさん、今まさに私に必要な情報でした。いつも有益な情報を本当に有難うございます。子供には自然に触れながら沢山遊んで欲しいと思う反面、学習面で遅れをとってはいけないのでは、と習い事をさせてしまい遊ぶ時間を奪っていました。外で泥遊び等をして帰って来た時はとても満足そうです。土に触れることにより腸内細菌の状態も良くなっているのではと思います。本を注文したので届いたらすぐに読んでみます。

    • nekonekoさん、それは良かったです。
      みんな漠然と気が付いていることなんですが、どうしてよいのか分からないのだと思います。
      参考になれば幸いです。

  • 思い出した事

    次男がこちらでは1番の進学校に通っていたのですが
    本当に悪い噂が絶えませんでした それは自殺は公けになりますが未遂になると噂になるわけです。

    ある日息子が
    「障害のある子は一生働かないで、僕たちが働いたお金で生きていくんだよね? バカらしいってみんな言ってる」と言うのです。 高校生達そんな事言ってるのかと愕然としましたが今思うとそれだけ学校生活が精神をおかしくしていたのですね。。。大人になっていい人間関係が結べない子が増えているのは教育の影響が大きいと思います。
    私達は傍観者でいてはいけないですね。マロンさんのボランティア行動、尊敬します。何かしなきゃですね。

    • ねこまんまさん、寂しい発言ですね。
      真っ白で生まれてくる子供のせいではなく、そういう気持ちにさせる周りの教育や環境がそうさせるのだと思います。
      どうせ遊ぶならゴルフなんかするより、世間に少しは役立つかなと思って一石二鳥で僕も楽しく遊んでいます(笑)

  • 自分で言うのもなんですが、僕はそれなりの進学校、そして大学卒ですが、この国の教育のレベルの低さは実感しています。詰め込み教育(しかも根本的に間違っている)でしかなく、まったく想像力を育てる気はなくむしろ押さえつけます。
    お金を稼がないと生活できないような人間を意図的に増やす、つまり社会の奴隷を作り出す教育ですね。
    ちなみに僕の知る限り、医者には性格異常者があまりにも多すぎます。なんでそんなのに大事な自分の体を診てもらおうとするのかさっぱり理解できません。

    • チキンガイさん、まさにその通りですね。
      とにかく創造力を押さえつけた教育で、洗脳プログラムといってもいいですね。
      医師の性格ですよね~僕も実感しています。
      プライベートでは遠慮したいですね。

  • 今ニュースで刃物男が障害者施設で・・ と知りました
    私のコメントと交差してて怖くなりました。。。

  • とても興味深く読ませて頂きました。きちんと子供と向き合っていきます!自然に触れ合わせて、自分で考える力をつけてもらえるよう接していきたいです。
    話は変わりますが、最近親戚で健康診断を受けたら肺に穴があいていて手術を受けた人がいます。必要な手術だったのか疑問です。マロンさん達の言うように医療の罠にハマったのではないか。親戚中に健診の大事さを言いふらしていて、私の母も受けようかななんて言っています、、。

    • なのかさん、肺に穴ですか、物凄く何らかの症状が出ると思うのですが・・・
      症状はなさそうな感じで、診断そのものが怪しいですね。
      どだい、手術は応急処置であって、治ってるわけではありません。
      なんだか商売上手な感じがしますね~

      • マロンさん、ありがとうございます。そうですよね、自覚症状はまったくなかったとのことです。なかったから見つかって良かった、健診って大事だねってみんなに話しています。言葉巧みに操られている感じですね。手術の傷口は痛むけれど、本人達は本当に喜んでいます。私たちにも健診を強制してきて困っています。。

        • なのかさん、世の中キチガイみたいに嘘だらけで庶民を洗脳しています。
          これは初歩的な洗脳ですね、上手いこと誤魔化してし逃げてください。

  • 東大出身の超エリートが官僚で仕切ってるこの国は今どうでしょう?答えがありますね。
    支配側に都合のいい人材育成システムですからね。

    自然から学べる事は沢山ありますよね。
    机上だけでなく実際経験しなければ分からない事も。

    子ども時代は遊びが必要ですから、マロンさん地方の子ども達は幸せですね♪

    ポケGOやフランスのトラックテロといい、偽旗と洗脳のてんこ盛りですね。
    相模原の事件は、MKウルトラなども絡んでいそうです。

    • ラパンさん、エリートはあちら側にスカウトされますからね。
      そうですね、実体験のスキルは、一生ものです。
      ポケモンをプロモーションする巧みな工作など、ホント馬鹿馬鹿しいですね。
      事件事故も、メディアに乗っかるものは胡散臭さてんこ盛りですね。

  • 良い写真ですね。私は東京生まれ東京育ちです。もし小学生からやり直せるなら農業を学び、自分の食事は作物から自分で作る人間になりたいです。
    皆がそれに適した土地に住み、東京の一極集中がなくなり、心身共に健康でいられたらいいのになと思います。
    ただ消費させられ続ける世の中にはうんざりですね。
    少し食べ、少し飲み、早く寝て早く起きる。
    それがきっと1番の幸せなんでしょうね。

    • ACEさん生粋の東京人の方でもそのように感じられるのですね、本当にそれが人間らしい生き方だと思います。
      生まれ変わったら・・・なんておっしゃらずに今からでも遅くは無いですよ。

  • 私が子どもの頃は空き地や駐車場で野球をしたり、田んぼに入ってカブトエビを捕まえてよく遊んだものですが、いまはそうやって子どもたちが自主的に遊べる場所がなくなりましたね。牛乳を飲んで育った子が子を産むので、体型も明らかに私の世代と違います。服の上からでも「お前は宇宙人か?」って思ってしまいます。私の母の世代はせいぜい脱脂粉乳でしたからね。なんだか、いろいろ変わっちゃいました。便利な時代になった代償に失ったものも多過ぎると思います。

    • Naruさん、確かにそうですね、田舎ではそういう場所はまだありますが、子供が外で遊ばなく成りましたね。
      何をしてるのでしょうかね~
      ほんと、便利を追いかけ、時代の流れで大事なものを置き去りにして、その世代交代が今後重なるとなると怖いです。

        • Naruさん、そうですね、僕らの時代にはありませんでした~
          そういえばテレビゲームの最初が出た頃で、バーが動くだけのピンポンゲームでした(笑)
          時代は変わりましたね・・・

  • 初めまして!アレルギーの息子の治療法を検索していて、こちらの興味深い内容に出会いました。
    本当に今の子供達はどこかおかしいと思います。けれど今の子供達はかわいそうでもあるのです。
    私達の時代は学校が開放されていましたが、今は学校は授業後遊ぶことは許されていません。公園でも滑り台を始め、様々な遊具が撤去されて行き、遊びにも何かと制約があります。
    我が子についてだけ申し上げますならば、私の独断で予防接種を一度もうけず、幼稚園に上がるまでお菓子やジャンクフードを食べさせてもいませんでした。
    長く母乳を与え、外遊びも沢山させてきたつもりです。
    赤ちゃんの時から柔軟剤、殺菌剤、石鹸、シャンプーの類いは使用せず、勿論歯磨き粉もフッ素塗布もしていません。
    それなのに、7歳でアレルギー性鼻炎、8歳で喘息、9歳でアトピー性皮膚炎とアレルギーマーチです。親等誰もアレルギーはいません。
    給食、お付き合いでの外食、気をつけているつもりでもスーパーでの買い物、いろいろ自分なりに原因は考えてみましたがどう改善したら良いのか難しく、アレルギーは悪化するばかりでした。
    今の子供達は本当に厳しい環境の中生きているように思います。親もこれでも頑張っているつもりなのですが、良い環境を与えてあげることができていないのだと思います。
    それでも希望は捨てずにいましたら、こちらでいろいろな情報を得ることが出来ました。
    直ぐに卵醤、クエン酸、重曹を始めました。
    お風呂は温めの塩湯にしています。
    MMSは以前から知っていまして試したのですが、どうしても飲めないと申しますし、私自身たった3滴を2回で吐き気と酷い腹痛で動けなくなり、半日寝込むということを懲りずに3回繰り返し、やむなく断念致しました。
    スープは20年くらい前に一生懸命作って飲んでいたのですが、効果がわからず止めてしまいました。作り方が正しくなかったのかもしれませんので、また作ってみるつもりです。
    牛乳も賛否両論で良くわからなかったのですが、学校に牛乳アレルギーになったと連絡を入れ、やめさせました。今週私は学校に呼ばれて指導を受け、書類にサインをするのだそうです。
    うちの子供は過敏なのかもしれませんが、いろいろ気を遣って育ててきたつもりでも、それでもアレルギーを起こしてしまっています。
    私が思いますことは、きっとスーパーで売られているものはそれを上回る毒性を持ち、幼稚園から食べている給食は、相当粗悪なものなのではと、そこに大きな原因があるのではと・・・
    学級でアレルギーの全く無い子を探す方が難しいという現状を、恐ろしく思うばかりです。
    しかしながら、このような素晴らしい情報を与えて頂けましたことを、とても幸運と思ってもおります。
    心より感謝申し上げます。長々と失礼致しました。

    • チーさん、初めまして、長文ありがとうございます。
      子これを呼んでくださいリンク先もお勧めです)
      http://maron49.com/778
      http://maron49.com/2115
      そうなんですね、子供を毒まみれにするのが実は政府(支配層)の目的なのです。
      MMSが飲めないのでしたらMMS2を2~5粒飲むのもいいです、といいますかMMS1より良いかもしれません。
      MMS2で1ヶ月で自閉症が治られた方がおられます。
      これも多く飲むと吐き気がおそいますので、少量で回数を増やすのがいです。
      別の解毒としてオルゴンザッパーでも可能かと思います。
      アレルギーになるのは、間違いなく食べ物と環境の悪化ですが、生活習慣がそれぞれ皆さん違います。
      良い習慣と思っていても実は悪かったということも多々ありますので、とにかく正確な情報と対処が大事時ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。