政府が、医療費の値上げをするようです

 

医療が病気を治すことは、99%出来ないのです。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

病気を発症するもしないも、治るも治らないも、全て自分自身。。。

 

振り込め詐欺師は、お金のみですが、命をも奪う凶悪な詐欺師が、政府なのです。

 

病気して 貧して鈍して 死ぬ日本

飯山一郎氏より

http://grnba.com/iiyama/index.html
<転載開始>

◆2015/03/05(木)  医療費がベラボーに高くなるぞ!
病気して 貧して鈍して 死ぬ日本医療費がベラボーに高くなる。

原因は、年間3000億円を超える赤字が続いている国民健康保険である。

この3000億円を理由にして、政府は、国保には関係ない大企業のサラリーマンの医療費なども上げる。
紹介状なしで大病院を受診する患者の自己負担は、「5000円から1万円」と倍増。
「ビンボ~人は大病院には来るな!」 というコトである。
イスラエルや中東など海外の戦争屋には何十兆円ものカネをポン!と、気前よく出し続けてきた安倍の政府も、国民の健康と医療には悲しいほどの出し渋り。
「病気は病院で治してもらう!」と思い込んでいる医療教の信者たちが、ほんと、可哀想です。

「病気になって貧乏になって早く死ね!」鼠~政策ですから…。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

恐ろしい医療改革

 

これは恐ろしい!という今回の医療改革は…、先ず…、健康保険が適用される診療と適用されない診療を合わせて行う「混合診療」の範囲を拡大、というヤツ。

 

これは、健康保険が認めてない「怪しい治療」が拡大することである。
次に…、(患者からの申し出を受けて)新しい治療や投薬を実施できるようにする制度を創設するという改革。

これで医療側は、患者を(好き放題)モルモットにできるワケ。そのモルモット化の「新しい治療」は、もちろん高額だし、患者負担なので…、「病気は病院で治してもらう!」と思い込んでいる金持ち信者がドンドン死んでゆく…。

相続税の増収、凄いことになるべな。一番可哀想なのは、「病気は病院で治してもらう!」と思い込んでいる貧乏な老人の信者(患者)だ。

こうだ↓

「75歳以上の低所得者ら向けに保険料を最大で9割軽減してきた特例を2017年度に原則廃止する。対象者は約865万人に達する。」牛~、貧乏な老人の信者(患者)は病院には行けない。
「病気は自力(じりき)で治す!」という知識、精神、気合、根性がない老人は、死ぬほかない。
今後、しぶとく生き残るのは、「病気は自力(じりき)で治す!」という知識、精神、気合、根性をもった人間だけだ。
そして、この国の将来の全体像は…、病気して 貧して鈍して 死ぬ日本鼠~イメージでE~鴨。

飯山一郎

抜粋以上

 

「病気は自力(じりき)で治す!」最初から当たり前ですね。

これで、目覚めましょう♪

 

 

<スポンサ-ドリンク>

 

コメント一覧

1. チキンガイ
2015年03月06日 19:53
どうもです
>病気を発症するもしないも、治るも治らないも、全て自分自身
ホントそうですね。それにいつまでたっても気がつかない人は財産どころか命までも奪われてしまいます。群馬大学の件についてもそうですが、多くの人が手術によって殺されている事実をなぜ理解できないのか?ただの良性腫瘍を切り取られて三日後に死亡してるんですよ、しかも遺族にはがんだと言い張ってます。ただ医療関係者は誰もこんなニュースびっくりしません、何処の大学病院を含めた大病院では同じことの繰り返しです。ただ調べるか、バレルか、ニュースになるかどうかの違いだけです。派閥間の争いなどで表沙汰になるのです。
いずみの会についてご存知ですか?名古屋に本部があるNPO法人です。余命6ヶ月などと医者に宣告された末期がん患者の会です。平気でみんな十年以上生存します。入会するにはとにかくマロンさんが仰るとおり、病気になったのは自己責任、病気を治すのも自分自身であることが理解できなければいけないそうです。とにかく極限まで栄養失調状態にして、わずかな食事は玄米と菜食、一口に百回以上噛んで食べるそうです。自然と食べ物や周囲に感謝の気持ちが湧いてくるそうです。横浜のいのちの田圃の会、伊豆の石原結實医師によるヒポクラティック・サナトリウムも食べるものが違えど基本同じ方法で多くの末期がん患者を救っています、というよりがん患者が自分でがんに向き合っています。
2. マロン
2015年03月07日 16:32
チキンガイさんありがとうございます。
いずみの会・・・素晴らしいですね。ほんとおっしゃるとおり、病気の自己責任は、簡単なようで実際は非常に難しいと実感します。これを理解しない限りとにかく医者に行ってしまいますからね。なかにし礼さんがガンを再発されましたが、3ヶ月に一度健康診断を受けておられたそうです。あれほどインテリな方でもトンチンカンな行動を取られることに絶句しました。
病巣を狙い打ちできるという陽子線治療(高額治療)を受けられてとありましたが、全く的はずれですね。長い間に植えつけられた洗脳とは、怖いものです。
3. 医療不審に思う人
2015年07月06日 06:52
僕が、足の捻挫から整形科へ、足の骨を削って手術しないといけない、杖つき状態なので仕方ないと諦めてました。一度だけタイのマッサージが良いと言われ、ワットポーマッサージで施術してもらいました。薬草で痛みを和らげ、足のマッサージをしてもらいました。三日目から杖無しで歩けました。1週間滞在で、帰国してからは普通に歩いています。このような結果がNHKの試してガッテンで、報告されていましたが同じです。今はハイキングできますよ!高い治療費が僕を救いました!
4. マロン
2015年07月06日 10:20
医療不審に思う人さんありがとうございます。
素晴らしいですね。怪我などは、強いマイナスイオンや薬草などのミネラルをあてがうと、患部の細胞内にあるミトコンドリアが活性化し、驚くほど回復するそうです。
削って手術なんて、全く理に適っていませんね。いやホンとおめでとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。