◆◆◆誰も知らない健康アップブログ◆◆◆

ワクチンの罠、0歳児から打つ本当の理由とは?

 

「ワクチン」って本当はどんな作用をするかご存知でしょうか?

キチンと考えたことは、ございますか?

 

内海医師の講演

 

下記は、子供へのワクチン接種のスケジュールです。凄まじい接種回数です。

このワクチンの中身はいったい何が入っているのかご存知でしょうか?

この大量のワクチンを打つ本当の目的をご存知でしょうか?

 

e0171614_2126153

 

<スポンサ-ドリンク>

 

 

「なぜこんなに子供にワクチンを打つのか?」その驚愕の真相を10分の動画で非常にわかりやすく説明されています。

 

船瀬氏の「ワクチンの罠」

出典

以下抜粋

これ、「ワクチンの罠」。これはさらにショッキングだと思いますが、
私もこのワクチンの事を調べて唖然としました。

それはなぜ唖然としたかと言うと、ほんとに驚いた。

書いた本人が驚いたから読んでみた人も驚く。どういうことか。

ワクチンは、いいですか?

1972年に、WHOの極秘文書はパトリック・ジョーダン
という勇気あるジャーナリストによって暴露された
んです。

それは何と書いてあるかと言うと、
WHOは、ワクチンの形態をした生物兵器を開発すると。

極秘文書ですね。

ワクチンは生物兵器であると認めている
んです。

それもスリーステップでこの生物兵器を
人類の身体に時限爆弾として埋め込むとそこまで書いています。

まず、0歳児に打つ。

なぜか。まず、0歳児で免疫が弱い時に、ワクチンの種を植え込むと。

だから0歳児に20回、30回打つの。

だからその、「何で0歳児にワクチン打つんですか?」ってよく聞かれる。

その子を将来、殺すためですよ。」

今度、子宮頸癌ワクチン。

10代になったら打つ。それはどうしてか。

今度この生物兵器がスタンバイモードになるんです。

そして今度、パンデミック
で、インフルエンザが流行った。

その時は国家で強制的に法律を作って
おくわけ。

誰も逃れられない。


その時に最後の仕上げでトリガー、引き金のワクチンを打つ。

そうするとそのアジュバントというトリガーになる薬が引き金を引くんです。

すると何が起こるかと言うと、サイトカイン・ストームという免疫の嵐の爆発が起こる
んです。

確実に死にます。原因不明で。

ワン・ツゥ・スリー、これで逝くわけですよ。

 

 
<スポンサ-ドリンク>

何でこんな事をするの?



その謎も解けた。

これは、92年にブラジルサミット、アジェンダ21という行動計画。

最大の環境問題は、人口問題である。

よってその人口は今、70億の人口は、いいですか?

ここが凄いんです。適正人口は10億人だと言うんです。

だから85%の60億人は処分するべきだとはっきり言っています。

結局人口を10億人にすると。人口削減だとはっきり言っていますね。

だからそのためにワクチンを打つんだと。

生物兵器で。

じゃあワクチンは何?

人口を減らすための殺戮の生物兵器ですよ。

はっきり言いますよ。嘘だと思ったら、いいですか?こう書いてある。

ジョン・P・ホルドレン(出典)

ジョン・P・ホルドレン(出典)

ジョン・P・ホルドレンという科学者がいる。

彼は何と言っているのか。

次のように言っていますよ。いいですか?

彼もはっきり適正人口は10億人で60億を減らすべきだとはっきり言っているんですよ。

ホルドレンは何と言っているかと言うと、食糧、飲料水に不妊剤を混入する。

投薬によって大規模な不妊が起こる。強制的な妊娠中絶を行う。

政府によって新生児を没収する。

妊娠を防ぐ体内インプラントを埋め込む

体内インプラントと言ったらマイクロチップの事ですよ。

彼らは要するに、我々を家畜として扱っているわけですよ。

いいですか?ジフテリアの患者って年に何人いると思う?

ジフテリアの患者って年に2人しか出てない。

日本脳炎の患者って年に3人ですよ。

それどころかね、ポリオ、小児マヒ。1981年以降、32年間、
完全に1人も出てないんだよ。

32年間も。患者0なのに、1千億単位の予算で打ちまくっている。

だからワクチンは
何のことはない、
単なる予防なんて嘘八百で、実は身体の中に80種類もの毒薬を埋め込んで、
将来、殺すための時限爆弾なんです
よ。

そこに行列を作っとるのよ。それを政府が推奨しとるのよ。

それを打たんと、あんた、保育園に入れんと言いよるとよ。

これはもうはっきりと言って悪魔の殺戮計画に国家も政府も行政も全て荷担して、
製薬メーカーは銭を儲けとるわけです。

許されます?

それでさらに驚くのは、私、来る時にこれを準備して調べてきたんだよ。

そしたら身体に埋め込むのはこれ、マイクロチップだよ、これ。

マイクロチップってわかる?

スクリーンショット 2014-05-25 13.12.56

これ、人差し指やで。人差し指のここにちょこんちょこんとあるやん、これ。

これ、あんたダニやないよ。これを身体に埋め込むちゅうんだよ。

スクリーンショット 2014-05-25 13.16.01

次にこれ、驚くなかれ、です。

いいですか?これ、ちょっと細長いマイクロチップやろ?

これがマイクロチップ。これを身体に埋め込むちゅうんだよ。

このチップの中に、青酸カリを埋め込んでいるんですよ。

なぜ青酸カリを埋め込むかと言うと、GPSというのは位置を確認する。

どこに行ってもわかる。逃亡したり言うことを聞かない人間には、
これは遠隔操作でスイッチが入るわけです。

すると、ううっと死ぬわけです。

これ、特許まで出している。こんなもんが発明されているんだよ。

これがマイクロチップですよ。

これを今度、ケムトレイルで空から撒いているとも言われている。

これマイクロチップはまだかわいいんだ。目に見える。

しかし、パウダーチップというのはほとんど目に見えない。

それでも同じ効力持っている。

このように、おそろしか事が起こっとるとです。

殺されるか、殺されまいかの瀬戸際でしょ?

この事実を広めて下さい。

「ワクチンの罠」、広めて下さい。

以上抜粋

 

まとめ

 

人工削減計画は、新世界秩序、NWO(ニューワールドオーダー)計画の一部NWOは、巨大多国籍企業、つまり支配層の目標です。

地産地消型の中小企業や農業の商品は儲ける隙が無いので、ぶっっつぶし、巨大企業の商品のみが流通する社会に移行させています。

巨大企業の商品がメインになれば、例えば食材、事実上消費者は食を支配されたことになります。

本来、動物は自給自足で食糧を調達するのが本質、動物である人間も過去はしっかり自給自足でしたが現代は自給自足はほぼ崩壊し、ほとんどの方はお金を介して食料を調達します。
お金が無ければ食料が得られないのです、これって非常に怖いのです。

食材の採り方、育て方、育てる環境など、食に関する、つまり生きる絶体的基本的な知恵が現代の人間にはないのです。

お金で食材を得ているのと、自分自身で得るのとは全く違います。

これは家畜と同じで、引いて考えると国民は国畜です。

健康もしかり、病気は自分で治すのが動物の基本中の基本、野生の動物は自分で治します。

人間は、自身の健康管理は医療に丸投げしてしまったため、いえ、「健康は医療に任せろ」という洗脳が完成したため、このようにワクチンの罠などやりたい放題にされ、何時までも気付かないのです。

 

こういったことがNWO(ニューワールドオーダー)の一環ですが、全てのジャンルでそうなります。

世界畜を狙っているようです。

罠に気付いた人だけ何とかなるかもしれませんがそれでは根本的には改善されません、そろそろ全員が気付かないといけません。

.

<スポンサ-ドリンク>

13 件のコメント

  • こんにちは
    船瀬さんは娘さんを医療機関でなく去られた
    すさまじい経歴があり・・・
    それまで消費生活商品のジャーナリストだったのが
    ブランクのあと  凄っぃことになってますね^^
      大応援 します !!!!!!!!

    • そあんさん、ホント僕も船瀬氏の情報には驚きました、凄いですね。
      ほとんど正論だと思いますが、ただ有名になるとどこかでスカウトされますので手放しで信頼するのは控えたほうがよいかもですね。

  • 一歳の娘にはワクチンは一切打っておりません。まわりの子達は食物アレルギーだアトピーだなどと騒いでおります、、しかしうちの子はいたって健康。なにもなく元気一杯。どうやら脳の発達も良いほうらしく、もうこれはワクチン打ってないからじゃないかと思わずにはいられません。ワクチンの恐ろしさを、打たない我が子が教えてくれました。あとは、おむつなしを目指すのみです、、

    • ふじさん、その通りです、ワクチンを打たない子は元気元気!
      すくすく育ちます。
      脳が発達すれば、おむつは直ぐに離れますよ。

  • 赤ちゃんの健康診断で何度も何度も打つように言われました。
    風で受診の時もこの子には最大の問題点がありますと。予防接種を受けるようにと。別の病気で入院した時も自動相談所へ通報しますと。
    自由接種なはずなのにかなりおかしいことになっていると思います。
    まるでいじめみたいです。

    • ワクチンについて

      小さい子を育てていると予防接種は避けて通れない問題ですね
      私の時もありましたが種類も数もバッシングも多いですね
      その中での心細さは計り知れませんが大事な子供を守る為に有用な、信頼出来る情報が味方してくれると思います

      「自然派医師のブログ」本間真二郎
      良かったのでお薦めします

      • ねこまんまさん、遅くなってすみません。
        良い本の紹介ありがとうございます。
        医師も様々な方がおられますね。

  • お久しぶりですマロンさん、お元気で何よりです。のりピーです、娘も無事出産し、私もばあちゃんです。赤ちゃんが産まれるとワクチンの問題が発生します。自宅出産を選び助産院の先生に関わっているのですが、ワクチンに関してどちらかといえば接種を勧められるようです。ワクチンを受けない選択肢を選ぶと色々なパッシングが押し寄せ、その波を乗り越えていくことができるのか?と案じています。ワクチンのデトックスができるのならば良いのにと思います。先ずすぐにポリオが待ってます

    • のりピーさん、ありがとうございます。
      助産院の先生も一応政府の傘下ですので、ワクチン摂取の肯定は仕方ないですね。
      デトックスより、受けない方が当たり前ですが良いです。
      ワクチンを受け続けた上の子と全く受けなかった下の子の兄弟では、元気度、健康度が全く違うそうです。
      接種を促してくる人に、「もし受けて健康被害が出た場合、補償していただけますか?」と切実に問いかけてみるといいみたいです。

  • お忙しいのにお返事をいただきありがとうございますマロンさん
    又明日から娘の所で孫と娘のしもべとなるのですが、マロンさんに教えて頂いたことを話しみます。娘もワクチンを受けたくない気持ちはあるので、婿君も含め自分たちの宝物を守る事を考えたいです。

    • のりピーさん、そうですね、小さなお子さんは何の罪も断る術もありませんので保護者の方々がきちんと調べて理解されることが大切だと思います。
      生半可ではうまく誘導されますのでね。

  • マロンさん今日は、お元気でなによりです。孫ちゃんも3カ月に入って少し大きくなりました。表情も豊かになりました 可愛いです。この頃になるとポリオワクチンが始まる時期になりました。娘も婿君も自分達の宝物に注射を打つことに恐怖を覚えています。娘が言うには、生後2ヶ月は母親は産後、まだまだ体調が戻っていないし 慣れない育児など不安な時期に、役所からのお知らせが来るとワクチンを受けに行ってしまう。無料の期間に済ませましょうとか言われる。同意書にサインするのも赤ちゃんが泣けば良く読まずにサインする。娘の友達もこんな感じでワクチンを受けたそうです。私はマロンさんのブログのお陰で、娘にワクチンは危ない事を伝えていたので考えることが出来ました。ありがとうございます。 もうひとつワクチンを受けていない家族がいます。ワンコもワクチンを受けて居ません。
    どうぞ、マロンさんお身体に気をつけてください。

    • のりピーさん、お久しぶりです。ありがとうございます。
      お孫さん、それは良かったですね。自然にすくすく成長されることを願ってます。
      本当に上手くといいますか、巧妙にワクチン接種のシステムが出来ていますね。
      先読みして本当の対応していかないとホント何が起こるか分からない時代です。
      お気遣いありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。