重曹の素晴らしいアルカリ化の威力

 

激安で、神の粉が手に入ります!

 

<スポンサ-ドリンク>

 

それは重曹。

これ一つで、ガン治療から、野菜の洗浄、家のお掃除、入浴剤など、あらゆるのもに使えます。

 

ガンは、体内が必ず酸性状態で発症します。

早い話、スーパーの99%の食品は、添加物食品、(酸化防止剤、着色剤、農薬、保存料、合成甘味料などなど・・・)つまり酸性化しています。

 

そして医薬品なども酸性ですので、必然的に体内が酸性化します。

だから、医療は、根本的にガンが治らないのです。

 

だったら、アルカリで中和させたら?という単純な発想ですが、これが、実は、劇的に効果があります。

体内がアルカリ状態にあるとき、ガンは、生きられないそうです。

 

健体の絶体条件野一つには、理想のPH7,4の弱アルカリ体質にすることです。

なんだか、単純すぎて面食らいますね。

重曹を100%使いこなせば、怖いものなしかも!

 

重曹の活用術

以下抜粋

料理や、掃除、うがい、口臭対策、など何十通りと様々な用途で使える重曹ですが、なんと癌や放射能被曝に効くという話です

以下引用です

「ベーキングソータ(重曹)で癌と戦う」
知っていましたか?
重曹は癌と戦い、風邪やインフルエンザを食い止め、放射能中毒を治す。
それも1日たったの数セント(数十円)で。
出典
キャンサー・ギフト 重曹が癌に効く?
リンク

●重曹について:

口腔ガンや咽喉ガンと診断されて、危険な放射線治療を受けなければいけない場合、重曹を水に混ぜてうがいをすることで、放射線を中和することが可能です。

重曹は、放射能汚染除去に強い威力を発揮します。

アメリカのニューメキシコ州ロス・アラモス国立研究所のドン・ヨーク氏は、ウランに汚染された土壌の浄化に重曹を使用しました。

重炭酸ナトリウムは土中からウランを分離させて結合します。

現時点でヨーク氏は汚染された土壌サンプルから92%のウラン除去に成功しました。

出典さうさう: 重曹
リンク

お風呂や飲料水に重曹を

 

放射性毒を体内から排出するためには、お風呂のお湯に海塩と重曹を1/2カップずつ入れてください。

毎日20~30分間を約3週間、または、2日に1度、6週間、そのお湯に浸かります。

汚染除去にも強い威力 – リンク

古代エジプト人は、抗真菌物質の治療特性を知っていたし、千年前のインドの書物は、実際にガンの処置には「アルカリが有効」であると薦めている。

出典ガンの真の正体・ガンジダとその特効薬とは!リンク

★重要→ガンは酸性♪答えはアルカリ性の代表格の重曹つまり炭酸水素ナトリウム♪

米軍もオススメのウラン除去率93%♪放射能も酸性♪
『ガンの真の正体・ガンジダとその特効薬とは!』

 

<スポンサ-ドリンク>

 

重曹水を飲む

 

これもかなり効果がありました。重曹は身体をアルカリ性にするそうです。一日一回コップ一杯の重曹水を飲むのを一ヶ月つづけ、そして一ヶ月休み、また……のように飲みました。

いまは飲んでいませんが、いちばんひどいとき、重曹水で不快感がかなり取れ、楽になりました。

重曹は、一日一回小さじ一杯分を水に溶かして飲む程度ならば副作用はないそうです。(飲みすぎはだめだそうですが)

胃の調子を良くする効果もあるそうです。(胃薬などによく含まれています)

出典重曹の効用 その2  重曹は放射能汚染除にも威力 – ポッキーのブログ –
リンク

またこのYouTubeの男性は、毎日小さじ2杯の重曹とモラセス(糖蜜、檀蜜ではありませんよ^^)を水に溶いて飲んで、前立腺がんが治ったそう。

重曹はアルカリ性なので、酸性の体内環境を好む癌に効くのかしら?
出典キャンサー・ギフト 重曹が癌に効く?
リンク

抗がん剤の真実!?

 

重曹で癌が治る可能性

 

先日、心斎橋の歯医者に行ってきました。

全く保険の効かない歯医者ですが、歯のことならブラック・ジャック並に何でもその日に治してしまうので20年来の行き付けの歯医者さんです。

ここの歯医者、博士号を持っており、癌の研究も熱心です。

最近はある患者さんの舌癌の治療を治し、肝臓がんの治療も取り組んで治されました。

NHKやラジオ番組にたびたび登場する有名な歯医者さんです。

勿論、自分の悪性リンパ腫の事を言うと、びっくりされていたようで、もっと早くここに来ていれば私が治してあげたのに~と、おっしゃってくれました。

癌は、自宅で簡単に予防することが出来、しかも重曹で治ると聞きました。

その先生の話では殆どの癌は重曹で治るそうです。

余命数ヶ月といわれていた肺がんの患者さんは、この重曹で救われ既に15年生きているとおっしゃってました。

自分は話半分で聞いておりましたが、敢えて抗癌剤は必要ないということでした。

何故抗癌剤が使われているのかというと、医薬品が世界中で儲かるらしいからです。

現にその証拠資料や海外の資料まで沢山見せてくれました。

実際に全ての癌が重曹で治るというのを証明したイタリアの学者が発見し発表したところ、暗殺され現在は軍に保護されているみたいです。

出典重曹で癌が治る可能性 : 病気がちな自分とちっぽけな自分
リンク

これだけでは信用できない、とお感じのあなたに:

では、もうひとつお知らせ。

アリカ合衆国陸軍は、腎臓への放射線障害防止に重曹を推奨しています。

放射能は非常に有毒です。

放射能暴露は、たとえ微量であっても、有害です。

X線による被爆(病院と空港検査)または「放射線治療」と呼ばれる全ての治療は、最も危険な放射能中毒の原因です。

X線と放射線ガン治療は、集中的で頻繁な被ばくとなるため、放射性降下物よりも遥かに壊滅的です。

出典

 

重曹は放射能汚染除去にも強い威力

 

- リンク

アルミニウムと健康

さてベーキングパウダーの種類の中には、『アルミニウムフリー』と書いてあるものがあります。

普通のベーキングパウダーにはアルミニウムが入っているのね。

アルミニウムは、人間に必要な物質ではないので、健康であれば体の外に排出されますし、アルツハイマー症(ぼけ)との関連性も今では完全に否定されています。

毎日、全部の料理にアルミ鍋を使っても、一日のアルミ規定量の1/10に満たないとされています。

しかし、腎臓に障害のある病気の人、腎臓が未成熟の乳児には、神経障害の症状が出ることもあります。

ただ、それは他の成分も一緒。まあ、必要ないものだから、『入ってない』に越したことはない・・と思います。

僕がよく使う重曹とベーキングパウダー。

ベーキングパウダーは、アメリカ『RUMFORD社』製のアルミニウムフリーのもの。比較的、手に入りやすい商品です。

出典
マクロビパパの奮闘記:重曹とベーキングパウダー –

 

<スポンサ-ドリンク>

 

 

コメント一覧

    • 1. チキンガイ
    • 2015年03月08日 19:46
    • 奇跡の粉、魔法の粉、神の粉、万能の粉、そしてなんといっても激安で手に入りやすい庶民の味方、正義の粉、それが重曹ですね。
      僕は重曹うがいでそのパワーに心酔してから、とにかく掃除、洗濯、入浴、調理にと、もうお世話になりっぱなしの重曹信者です。足の裏のにおいが臭くて悩んでいたのに、重曹足湯で一発で改善しました。当たり前ですよね、虫歯菌や、イソ吉草酸菌は酸性なのでアルカリ性で中和すればいいだけですもんね。
      僕が好きなのは重曹湯豆腐鍋です。鍋に重曹水と豆腐を入れて湯豆腐にすると豆腐の角が取れて安い豆腐でももちもちとろとろ高級温泉豆腐に変化します。さらに刻み油揚げを投入し、きゃべつや白菜を煮込み豚ばら肉をしゃぶしゃぶ風にして食べます。しめにはラーメンをいれて自家風とんこつラーメンの出来上がりです。
    • 2. マロン
    • 2015年03月09日 18:25
    • チキンガイさん、ありがとうございます。
      美味しそうですね。
      しかし、重曹のオールラウンダー能力には、脱帽ですね。重曹水に野菜を浸すと農薬がかなり取れるそうです。強還元水と同じような能力を発揮します。豆腐も何故か中まで甘くなって不思議ですね。私も美味しそうな重曹鍋をやってみます!
    • 3. ぱんだ
    • 2015年03月13日 21:18
    • はじめまして重曹は、本当に万能ですね、、、一部使い方を間違えると危険らしいですが、、、。記事、転載させてください
      http://ameblo.jp/1509panda
    • 4. マロン
    • 2015年03月14日 09:21
    • パンダさんありがとうございます。
      何でも過剰はいけませんね、どうぞ使ってください♪
    • 5. めろんぱん
    • 2015年06月12日 06:26
    • はじめまして。
      偶然こちらのブログを拝読して大変興味をもっております。
      私も昨年、病気で大変な思いをしてからいろいろな意味で考え方も変わりましたので、とても参考になります。
      この記事での大阪の歯科医さんは、どちらでしょうか?
      病で苦しむ知り合いに紹介したいのです。
      ヒントだけでも教えていただけたらと思います。
      よろしくお願いいたします。
    • 6. マロン
    • 2015年06月12日 12:26
    • めろんぱんさん、ありがとうございます。
      大阪の歯科医院さんって記載してました?ちょっと見当たらないのですが・・・
      誰かに頼るより、まずは、病気のメカニズムをキチンと理解されてから行動されたほうが良いと思います。でないといわれるがまま信用してしまうし、一つやるだけで治ると思いがちになります。。病気は、決して難しいものではありません。難しくさせられているだけです。このブログを全部読んで頂いたら大体の指標が解ると思います。
      重曹も素晴らしいですがこのブログにも書いています、MMS、卵醤、野菜スープ、粉ミルクなどは、おすすめです。良かったら読んでみてください。何か質問がありましたら遠慮なく♪
    • 7. めろんぱん
    • 2015年06月15日 05:43
    • お返事ありがとうございます。
      このページにリンクされていた記事でした。
      こちらの勘違いで申し訳ありません!
      大戦前までの結核と梅毒同様、未来はがんも完全に治療可能な病気になっていると信じたいです。
      これからもブログを拝読させてくださいね。
    • 8. マロン
    • 2015年06月15日 16:45
    • めろんぱんさんありがとうございます。
      そうなんです、実は、80年ほど前に、ライフ博士が末期がんほぼ完璧に治る治療法を開発しましたが、製薬利権輩に抹殺さてしまった事実があります。他にもたくさんあ消されています。
      どうぞよろしく。。
    • 9. のりピー
    • 2015年12月15日 12:04
    • マロンさん、重曹の歯磨き作りました。早速使ってみました、塩あじが立ってます。我が家の犬には嗽ができないので、重曹を水に入れて飲ませてみます。口臭が無くなることを期待して🎶
    • 10. マロン
    • 2015年12月15日 12:23
    • のりピーさん、素早いですね~
      手作り重曹歯磨きは、アルカリ性ですので歯周病菌など生存できなくなります。お料理にも重曹を使われると尚いいですよ。
      動物にもいいと思います。
    • 11. のりピー
    • 2015年12月16日 19:29
    • マロンさん、今晩は私は秋になると今年は止めようと思っても、ウズウズして辛抱出来ずに栗の渋皮煮を何キロも作ってしまいます^ ^
      重曹でアク抜きして何十回も水を替えてアク抜きします。
      重曹使っても良いのですね〜
      でも、砂糖をいっぱい使うから来年はど〜しましょ〜〜
    • 12. マロン
    • 2015年12月16日 20:26
    • のりピーさん、重曹は、いいですよ、重曹料理レシピがネットに沢山上がってますので、作ってみてください。
      砂糖は、精製上白糖は避けて、沖縄の伝統製法の黒糖などでしたら癖があるかもしれませんがそれほど問題ないと思います。
      爆食いはいけませんが、あまり良くないものでも、好物は、たまには全然いいと思いますよ。手作りですしね。しかしその渋皮煮、たまらなく美味しそうですね。僕も食べたいです(笑)
    • 13. のりピー
    • 2015年12月16日 20:41
    • マロンさん、いつも返信ありがとうございす。
      砂糖は、キビ砂糖です。私の手元に残る渋皮煮は多くありません、今年も秋がやって来ましたと私の知人に送ります。
      近くにお住まいなら、是非食べて頂きたいですね^o^
    • 14. マロン
    • 2015年12月16日 21:02
    • のりピーさん、きび砂糖ならいいですね。
      おすそわけが多いのですね。秋の味覚ですね~たまりませんね~
    • 15. ゴン
    • 2015年12月18日 13:35
    • アルミは、ミネラル(カルシウムとマグネシウム)の摂取量が少ないと、脳に蓄積するみたいです。
    • 16. マロン
    • 2015年12月18日 18:01
    • ゴンさん、ありがとうございます。そういう連鎖反応も起こるのでしょうね♪

6 件のコメント

  • マロンさん、こんにちは。重曹、我が家でも、大活躍!子供の服の、浸けおきなどにも、使います。あとは、セスキも使います!
    ところで、マロンさんは、様々な洗剤類はどうされてますか?いろいろ、探してるのですが、匂いがキツかったりと、なかなか、良いものに出会えません。洗濯、食器洗いなど、どうされてますか?

    • はなさん、良質な洗剤としては、酵素で生分解する洗剤が各社売られています。
      普通に洗って排水した水が、しばらくすると分解されて自然に戻るため非常に人体にも環境にも良いです。
      洗濯用、食器用があります。
      沢山ありますので、どれが良いのかイマイチよく分かりませんが、合成品より総じて良い事は間違いないと思います。

  • うちのウサギさんが一週間前の今日、急に様子がおかしくなって、病院やらプロポリスやら一応試しましたが、何となく食欲も元気もないし、時々ふらついたりしてるので、もしやと思っていつものお水に微量の重曹水を混ぜて飲ませたら、みるみる元気を取り戻し始めました。

    飲ませて1時間しないうちに自分からフードを食べ始め、ふらつきも日に日に軽く、回数も格段に少なくなってきています。まだ激しくジャンプしたりすると時々よろっとしますが、数日前の状態と比べて俄然体がしっかりしてきてると思います。

    個体が小さいので、薄い重曹水をごくごく微量混ぜただけで様子見することにしたのですが、この回復効果はやはり重曹の効能じゃないでしょうか。一週間ほど続けて、状態の変化を注視してみるつもりです。

    いつものプロポリスは状態を食い止める働きはしてくれたと思うのですが、やはり一気に回復させる、というのは難しい気がしました。

    重曹水で体を拭いてあげた猫が死んじゃった、というブログを見かけましたが、濃度や使い方をちゃんと心得ていれば動物にも有効なのではないでしょうか。

    一時は万一もあるかも、と覚悟を決めたくらいだったので、
    とにかく元気を取り戻してくれて、ほっとしています。

    ついしん:
    獣医は(2軒連れて行きました)以前より痩せてるのでラビットフードと牧草、野菜などをまんべんなく出来るだけ食べさせるようにと言ってましたが、症状が徐々に悪くなってる間、食欲が落ちても枇杷の葉だけは最後までやたらと積極的に食べていて、あるタイミングからそれが止まり快方に向かい始めました。きっと葉に含まれる成分で体に今必要なものと量を本能的に知ってたんでしょうね。

    • 花うさぎさん、それは良かったですね!
      本とそのとおりです。
      病院では誤魔化し治療でしかありませんが的確な処置をすれば速やかに回復するという典型ですね。
      ペットは、自身で治療を選択できず飼い主任せですから、ほとんどのペットは飼い主の行動に掛かってます。
      怖いですね~

  • とりあえずは胸を撫で下ろす気持ちです。
    まあ、動物なので少々早かれ遅かれ、基本的にはいつかは自分の前にお空へ逝ってしまうものという覚悟はいつでもあるのですが、
    無責任なケアや治療で予定より寿命を早めてしまうことだけはしたくないと思ってます。

    枇杷の葉と重曹のパワーに脱帽です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。