最近、家の中に居るのに、家で寝ているのに、熱中症や脱水症を発症するという異様な事態が急増してますが、その驚愕の身の毛もよだつ原因と対策を紐解いてみます!

<スポンサ-ドリンク>

 

連日の集中豪雨で被害に合われた皆様、心よりお見舞い申し上げます。

今後も土砂崩れなど油断出来ない状況ですので十分に備えて下さいませ。

熱中症発症の年次推移と発生場所

勿論発症されるのは極少数ですので体力、免疫力的に弱っておられる方が発症されているのかもしれませんが、それでも私の子供の頃の昭和時代にはそんな話は一切ありませんでした。

近年は農作業中に急に熱中症で倒れる方も時おり耳にしますが、昔はそんなことは聞いたことがありません。

また、午前中は身体は快調だったのに午後から急に体調が悪くなったりされる方もおられます。

いったい何が近年起こっているのでしょうか?

下図は熱中症で死亡された死亡者数の1968年~2012年の年間推移グラフです。

注目すべきポイントは、1995年辺りから急激に死亡者数が増えているところです。

2割り増しでも驚くほどの増加なのに、1995年辺りを堺にとにかく激急増!、急激な発症数を記録しているのが一目瞭然です。

私の子供の頃の1970年代と現在は、驚くべき差がありますね。

自然現象データが、これほどの急激な変化は全く不可解、普通ではありえないです。

続いて下図は、「熱中症を発症された発生場所」に注目した円グラフですが、驚くことに日陰である住宅が最も多く、運動中や道路など炎天下にいるケースをゆうに上回っています。

家に居ながら熱中症を発症しているケースが圧倒的に最も多いのです、これもまた大いに不可解で不思議な現象です。

「外気温や湿度が高い」「給水頻度が少ない」「食べ物や生活習慣」「基礎体力」が大きく影響するのは正当なところかと思いますが・・

実はそれだけでは無かったのです!

ケムトレイル

さて、大きく話は変わりまして・・

以前記事にしまた「ケムトレイル」がもたらす影響をもう少し紐解いてみたいと思います。

ケムトレイルとは、晴れた日などに、こうして飛行機でブンブン撒かれる白い煙を指します。

ケムトレイル散布により、ある一族(支配層)がぼろ儲けしているともいわれています。

どなたも見かけられたことはありますよね?

一般の飛行機の煙は直ぐに消えますので白煙は残りません。

本来、飛行機雲というのは、高度1万m以上で航空機エンジンの排気が冷やされて氷結して発生するもので、発生後約30秒から長くても約2分程度で溶けて消滅します。

ケムトレイルタンクを積んだケムトレイル専用機で撒いています。↓

↓このように日本各地、いえ、世界各国で上空に同じように撒かれています。

ケムトレイルは高度1万m以下で散布されてもすぐには消滅せず、逆に拡散していきます。

近年の空は快晴でも昔と比べてどことなくどんよりグレーっぽく、モヤモヤしていて遠くをスカッと見渡せないのは、ケムトレイルが要因であることが濃厚なのです。

「雲」の原材料は、本来は空気中の水蒸気とチリや微細なホコリの集まりです。

ところが現在では、ケムトレイルをせっせと撒くことで、雲が出来るために必要なチリやホコリをケムトレイルの微粉体で置き換えることが出来ます。

つまりケムトレイルで人工的に雲を作ることが出来るようなり、そうなると更に気象もコントロール出来るのです。

そうそう、私、十数年前に子供が行きたがるので1度だけ某ねずみランドに連れて行ったのですが、何と気象操作をするアトラクションがあったのは非常に驚きました。

ケムトレイルの目的は、公的には成層圏に散布し人工的にエアロゾル層を形成し、地球温暖化を世界規模で劇的に緩和する特効薬として撒かれているそうです。

地球温暖化の軽減、紫外線対策、そして米国政府も正式に米軍が気象操作を行なっていることを認めています。

気象操作!?、自然を操作するなんて!それだけでも憤慨ですが、実はケムトレイルにはもっと恐ろしい裏機能があったのです。

過去10年間において日本に撒かれるケムトレイルの内容物には、極めて危険な有害物質が混入されていることが分かってきました。

複数の化学物質や金属などを合わせて散布されるのですが、バリウム、ナノアルミニウム被覆繊維ガラス、放射性トリウム、カドミウム、ニッケル、脱水血液(乾燥赤血球)、カビ胞子、かび毒、エチレン、ディプロマイド、ポリマー繊維などです。

その他にはヒ素、クロム、セレニウム、カルシウム、臭化エチレン、放射性トリウム、各種細菌、インフルエンザなどのウィルス、カビ胞子、ファイバーグラス、ナノクラップ(超小型センサー)等が報告され、その他様々な物質がケムトレイルに混入され撒かれています。

アルミニウムが出てきましたが、アルミニウムはメジャーな有害金属としてメディアなどで取り上げられますが実際は、そこらに舞うチリなどにもアルミニウムは混在するとても身近な金属なのです。

アルミニウムは長石や粘土系の鉱物に多く含まれ、私達の住む地球上に存在する元素の割合は、酸素>珪素>アルミニウムと3番目に多く存在します。

ですので実は北海道から九州まで日本各地の温泉には、アルミニウムを含有する温泉が非情に多く存在しています。

大分県の塚原温泉は、アルミニウムイオンを大量に含む日本屈指の温泉ですが、日本3大薬湯として知られています。

鹿が怪我をしたときは傷を癒しにこの大量のアルミニウムイオンの天然温泉に傷を癒しに来たりアトピーの人が治しに遠方から訪れるそうです。

アルミニウムイオン100mg以上含有する温泉を「含アルミニウム泉」と命名されており、その健康効果が認められ慢性皮膚炎、多汗症、冷え性などに効果があるとされています。

つまりですね、自然界に存在するアルミニウムと、ケムトレイルに含まれるナノ化され化合されたアルミ系の化合物は、人体に影響を与える物質として全く相反するものではないかと思います。

アルミニウム、タバコ、花粉、PM2,5などは、ケムトレイルの濡れ衣とも考えられます。

<スポンサ-ドリンク>

ケムトレイルの散布目的

現在の雲は自然現象で発生するのもありますが、ケムトレイルで発生した雲が多く存在するのです。

散布したポリマーが大気中の水分を吸収することで人工の雲が発生します。

ケムトレイルには水分を吸収する機能があるのです

これにより人工的に雲を多く作り雨を降らせないため、意図的に特定地域の干ばつを作ることが出来、農作物の不作が引き起こされます。

また様々な有害物質、細菌、ウィルスを散布することにより人体に障害、疾病を発生させることが出来ます。

胃カメラ撮影時に造影剤としてバリウムを飲みますが、バリウムを散布することにより、地上をレーダーで捉えやすくして、住民の監視や軍事偵察に利用することも可能なのです。

私たちの体は約60%が水分で構成されており、血液では約90%、脳では約80%を水分が占めています。

日常生活で、入浴後、起床時、飲酒後などのどの渇きを感じるときは、体内の水分が1~2%程度減少している時で、つまり「喉が渇いたな~」なんて感じる時で自分で水分補給を行ういますよね。

ところが、ケムトレイルに混入されるポリマーなどの一部の化学物質は、地上でケムトレイルの微粒子を吸い込んだ人間の、体内の水分を奪うことが出来るようなのです。

身体の水分を奪うというこことは、脱水症、熱中症の強烈な原因となります。

もしかしたらそれは、身体の渇きの信号が感知しないのかもしれないのです。

喉の渇きが無いのに、つまり自覚が無いのに体内は脱水状態に陥るかどうかは今の所断定できません。

近年異常に増える熱中症の奥深い原因は、ケムトレイルの脱水症を引き起こす作用が原因であることが非常に濃厚なのです。

そうなると冒頭の、熱中症で死亡された年間推移グラフの異常な伸びも理解できます。

近年のほとんどの女性の悩み、「乾燥肌」もその原因である可能性は十分に考えらます。

恐ろしいですね~

ケムトレイルの対策

でも、全ての人が熱中症を発症するわけではありません。

やはり、体力が弱体している方、免疫力が低下している方などのほうが先に発症しやすく、発症率そのものはまあそれほどでもありません。

つまり、対策をきちんと行い、強靭な身体にしておけばそれほど怖くないとも考えられます。

ではどんな対策が良いのでしょうか?

まずは、水分や塩分補給はやはり大事ですのでこうした自作スポーツドリンクはお勧めです。

クエン酸は、ミネラルの吸収効果があり大変お勧めですが、精製クエン酸は化学精製ですので長期的にはあまりお勧めではありません。

お勧めは、自然醸造のビネガー類などの天然のクエン酸をお好みで塩水にプラスしますと熱中症予防効果が上がります。

 

「薬」、と言えばどういったものを連想されますでしょうか?

ほとんどの方は下の画像のような化学物質が原料の医薬類を思い浮かべられると思います。

ドイツに住んでおられた方から以下のメールを頂きました~有難うございます。

マロンさんのブログを読んで、すごく納得することが多く、これは本物の情報だと分かりました。
というのも、私自身、先月までドイツに3年ほど住んでいたのですが、ドイツの病院はよっぽどのことがない限り抗生物質は出さないこと、そして、普段からハーブティーを飲んだり、自然のものを大切にしていました。
寝たきり老人もほとんどいない
うえ、一般庶民は日本より労働時間も少ないのに(ドイツ人は5時になれば皆、猛ダッシュで家に帰り、休みは完全OFFです。
年に2か月休みをとって世界一周旅行をされる方もおられました。)給料は高いという状況をみて、日本の異常さに気づきました。
ドイツが完璧というわけではないとは思いますが、明らかに日本はおかしい状況です。
私自身、こういった情報は日本で住んでいる限りは知らなかったと思いますので、本物の情報を広めているマロンさんは素晴らしいと思います!
追記
ドイツは以前、民衆が自然回帰運動を起こし、今のようになったとのことです。
私、個人的には上の者に従わなければいけないという子供の頃から教育され、個性を失わせる義務教育を受けてしまっている日本人にはかなり厳しいものだなと思っています。
私も微力ながら、これから見てきた世界をマロンさんのように発信していきたいと思っています。マロンさんより刺激を受け感謝しています。

さすがドイツですね、民衆は本質を見抜いて現代医療にNOを押し付けたのです。
日本は情けないですがまだまだですね~

医薬品もケムトレイルの材料も、化学物質が主原料で同類になります。

「薬」と言う文字は、「草」冠に「楽」と書きます。

漢字にはどれも深い意味があります。

つまり本当の「薬」とは漢字の由来から、自然の「草」(ハーブ)を「楽しむ」ように食生活習慣に取り入れることで本来の薬と成り、健康を維持することなのです。

それが漢字が出来た古墳時代からの先人の教えであると思います。

ですので、結局今まで申してきましたように、基本は自然の野草の素晴らしいミネラル群で身体を形成していくのが地味にみえますが実際は近道で理想だと思います。

様々な食事法がありますが献立の前に・・
1つ1つの食材や調味料は、化学/人工工程を経ているものや化学添加されたものは排除し、伝統的な自然製法のものを選ぶことは非常に大事だと思います。

また、戦後までの日本人の食事は、味噌汁、梅干、糠漬け、自家野菜・・などがほとんどで非常に粗食でした。

日本人は、GHQが驚くほどの強靭な体力を持っていましたし、現在のような病気はほとんどありませんでした。

普段の食事は、先人に習って下記記事の4号食程度で素材を吟味して本当に粗食でよいと思います。

食事を変えるのが難しい方は、モリンガ、立石野菜スープ、スギナなど、極めて素晴らしい自然のミネラル群アイテムを1つ加えて日常飲まれると良います。

これらは、サプリメントなどのような化学製法ではない自然のミネラル群を含有するのがポイントで、細胞内の水分を保持する「カリウム」が豊富に含まれています。

つまりカリウムは熱中症対策に大変良いです。

カリウムは、いわゆる「足をつる」など筋肉の異常収縮をし難くさせる働きがあり、熱中症予防から熱中症を発症した時の回復効果も上がります。

スポーツや作業で足をつり易い方は、カリウム不足、ミネラル不足が考えられます。

熱中症、脱水症対策には、自然のミネラル群はホント一押しです。

人工的にピックアップしたミネラルサプリメントより、自然のままのミネラル群を摂取することが大事で、味噌汁、梅干、糠漬けなど日本の伝統食も実は、自然のミネラル群の塊なのですね。

 

あとですね、オーストラリアの読者様からはるばるメールを頂いたのですが興味深い事例を書いて下さいました。

ある高齢の方が癲癇(てんかん)、軽い痴呆症のような症状があったのですが、窓を開けずに空気清浄機を付けてケムトレイルが家の中に出来るだけ進入しないようにされたのです。

暫くしたらそういった症状が驚くほど改善されたそうです。

窓を開けて空気の入れ替えを!というのは本来は素晴らしいことですが、現代は家の周りにもケムトレイルが押し寄せていますので直ぐに舞い込んできます。

汚れた空気を吸わないことはなかなか難しいことですが、そういったことも一つ頭に入れて置いて下さい。

つまり、ケムトレイル対策も結局今までの病気対策と同じで、主に身体を解毒、自然ミネラル群の摂取、アルカリ化が鍵だと思います。
以下を参考に出来ることをされてみて下さい。

ホント難しい社会ですが、健康は化学物質との戦いだと思います、出来ることから対策されて下さい。

暑い夏ですが、乗り切りましょう♪

<スポンサ-ドリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。