食材選びの盲点

 

現代の日本人の食生活が危険に瀕していることはもうご存知だと思いますが、どうやってこの死んだ食生活や食材から身を守るか考えてみます。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

私もブログを書き溜め食材の真相を調べて深く知るごとに、スーパーで食材購入する際、安心して買える食材がほとんど無いことに気付きました。

知ってしまったために、正直何も買うものが無いといってよいほど酷い食材品質になってると痛感しています。

そんな中でも、出来る限り良質なものを選ぶしかありません。

私自身もスーパーで買い物をよくするのですが、お客さんの奥様方の買い物籠の中身をチラチラ良く見ます(笑)

するとですね、その人の好きな食材を何気に選ばれているのが良く分かり、その上料理をきちんとされているか?、健康に少しでも気を使われているか?などが良~く分かります。

肝心の買われてる籠の中身といえば・・・直ぐに食べられる惣菜や加工品などが結構多いですね。

 

だからこんなコーナーがデ~ンと居座っているわけです。↓

法的には「対面販売なら添加物の表示の義務無し!」

使いたい放題なのです。

9815

 

gennda10

旬の野菜や魚などを買われる方は、勿論おられますが意外に少ない気がします。

現代は、一年中同じ野菜が売られており、旬すら分からないとんでもない時代で、冬でも夏野菜が売られていますが栄養価は最悪です。

また、今日は鮮度の良い鰯が格安で売られてるのに・・・という日でもあまり人気がありません。

ほとんどの奥様方は頻繁にお買い物にこられ、多少は買われる物が変わると思いますが基本的にはパターン化して、それぞれほとんど同じ食材を買われていると言って良いです。

好き嫌いは無い、偏食は慎んでいる」と自認する人でも、スーパーのように何でも売られている環境下では、自分の好きな食材ばかりを選んでいることに意外と気付きません

それがどなたもワンパターン化していて、つまり1年間何を食べたか?回想してみると、食べているものがほとんど同じなのです。

いえ、健康に良い食材ならワンパターンは全然結構ですが、酷いものばかり選ばれている人が多いのです。。。

若い奥様方(一概には言えませんが)は、概ねメニューのバリエーションが少なく、食卓は、ハンバーグ、カレーライス、などお子さんや旦那さんが喜ぶものばかりになり、現代は嫌いなものは、最初から食卓に上らないのです。最初からです。

昔は、嫌いなものもちゃんと食卓にのぼり、我慢して食べる風習がありましたが、現在は嫌いな食べ物は最初から奥様が買わないのです。

 

サラリーマンの昼食のおよそ6割は、外食だそうです。

外食となれば選べるメニューや食材がおのずと限られて、しかも油や調味料が最悪です。

home_sub1_img4

 

食品添加物が多く含まれている物を絶対食べない

しかもその偏った食材の中から、サラリーマンは自分の好きなものを選んで食べているのですが、無意識で継続します。

一人暮らしの若い人は、インスタント系、清涼飲料水、コンビ二食などが多いですね。

一般の多くのご家庭は大体このような食生活だと思いますが、そこへ予防接種、健康診断を受けるとなると、2人に1人がガンになっても全くおかしくありません。成るべくして成っているという感じです。

こうした飽食時代の偏食」こそ病気発生の根源ですが、いざ体調不良や病気に成ると自分の食習慣は省みず、何か一発で解消できる病院やサプリメントや薬を求められます。

そんな都合の良い話しはありません、治るはずがありません。

時々、「〇〇の症状があり、どうしたら治りますか?」という質問を頂きますが、根本は自分が食べた食べ物で不調になっていますので、自分自身の食を見直すことが第一ですが、それに気付くことすら難しいと思う今日この頃です。

「無くて七癖」といいますが、自分の癖を自分でピックアップするのは非常に難しいのと同じだからです。

しかも正しい知識があっての話に成りますから。

質問される方が毎日どのような食習慣を送られてるか詳細にはわかりませんし、このブログで紹介している有効な食べ物を少々摂取したところでは追いつかない習慣を送られてるかも知れませんし・・・、実に難題なんですね。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

現在は、ビタミン、ミネラル不足が引き起こす危険な状況

 

カロリーが高いだけでミネラルやビタミン不足の食事を無意識のうちに続けていると、体はいつ壊れてもおかしくない状況に置かれています。

カロリー計算で一日の食べ物を決めるのもおかしな話しで、それだと偏食していても計算上健康が立派に成り立つのです。

アトピー性皮膚炎や喘息、花粉症などのアレルギー疾患は、そうした身体の危機に対し身体から発信される警告、悲鳴の典型です。

今や3歳児の3人に1人はアトピーに冒されているという酷い状況で、大人も増え続けています。

アレルギー疾患は、「人間が本来から遠くかけ離れた食生活によって引き起こす弊害」と言って間違いありません。

 

L-92-1z

偏った市販食品を多く食べているとまずビタミンB1が不足し、疲れやすい、手足がしびれるなど、脚気の前駆症状になります。

ビタミンA、Cが不足すると風邪に掛かりやすくなり、カルシウム不足では骨折しやすくなり、亜鉛が不足すると味覚障害に成ります。

こうした典型的なビタミンやミネラル不足による身体からのイエローサインは、病気としては認識されにくく軽く捉え、対症療法で軽くあしらわれる所に本当の恐ろしさが潜んでいるのです。

偏った食事の習慣は、体の抵抗力や免疫力を確実に低下させます。

ガンも同じ、ガン細胞はいつも体内で発生していますが、普通は抑制機能が働いておりガン細胞は成長せず発症には至りませんが、その抑制機能に大きな関わりを持って仕事をしているのがビタミンやミネラルなのです。

近年のビタミン、ミネラルが不足した食事を長く続けてきた結果、制御機能の低下、抵抗力、免疫力の低下で、今や日本人の体はあらゆる病気予備軍の渦中にあります。

過去記事で紹介しました・・例えば重曹は、素早くアルカリ体質に向けてくれるので胃潰瘍やガンなどに確かに有効で的確な治療法の一つではありますが、あくまで応急的、重曹にはビタミンやミネラルを含みませんので本当の改善ではありません。

重曹だけに長く頼っていると耐性が出来てしまうのは、その証拠です。

ビタミンやミネラルで細胞一つ一つを元気に正常にし、重曹がしてくれることを各器官の細胞がしてこそが本来で理想です。

細胞が弱って仕事をしていないのです。

 

「私は、食生活に気を配りバランスの良い食事をしているから大丈夫」と自信満々の方もおられますが、完全な自給自足で無い限り、つまりお店で普通に食材を買っている限り、食品添加物の摂取量は、国民一人当たり年間4kg以上も食べています。

tenkabutsu12

本来、あらゆる食べ物は、一つのバランスを持った宇宙のようなものですから、部分食より全てを食べる全体食が好ましいです。

魚は大きな魚の切り身より丸ごと食べる小魚類、野菜は根っこから葉先まで皮も灰汁も全部食べる方が基本的にはよいわけです。

ちょっと飛びぬけた話しですが、昆虫類を丸ごと食べることは実は完璧な栄養バランス、理想の食材だそうです。

確かに昆虫など食べる習慣のある民族は、健康そのものです。

しかしながら、丸ごと食べる習慣を実行したとしてもそれ自体が汚染にさらされ本来の食材、栄養価ではなくなっているのが現状で、不足しているミネラル群をどうやってもなかなか摂取出来ない恐ろしい実状なのです。

 

ちょっと長くなりましたので今回はここらで・・・次回は、その対策を考えてみたいと思います♪

 

 

<スポンサ-ドリンク>

11 件のコメント

  • いや~今までのマロンさんの書かれた記事の中でも、ひときわバランスが良く分かりやすい文章で感動しました!!!一般人にもスゥ~ッと受け入れられそうですね。なんかその内昆虫食の記事も出てきそうですが、、、食べられる野草や昆虫の知識があれば災害時には強いですね。

    • namさん、なかなか気付かないことですのでね~
      昆虫も野生の汚染の無いものなら素晴らしいと思いますが、食べるとなると・・・躊躇しますね(笑)
      野草は文句なしですね。

  • バカ医学界の最もレベルが低い分野が栄養学ですね。患者にブドウ糖液点滴、しかも生理食塩水は精製塩化ナトリウム、糖尿患者には三食しっかり食べるよう指導、などなど余りにもツッコミどころが多すぎますね。
    放射線技師の朝一業務の一つが、移動型装置による病室でのレントゲン撮影ですが重病患者はほとんど朝ご飯手付かずです、体が受け付けないのでしょうね。それを無理やり看護助手さんがスプーンで食べさせる(これ外国では虐待)のです。
    体にとって最も大事な栄養学を全く理解していないというか、正反対な事をして普通に治るものを、悪化させているのがバカ日本医学です。

    • チキンガイさん、食欲不振は、理想的な自己治療ですので、知っていてあえて食べさせている可能性が高いですね。
      以前、医師から頂いたコメントで、「食事療法では治らない、だから抗がん剤が必要だ!素人が偉そうに・・・」とかなんとか書き込みがありました。
      日本医学の象徴ですね。

      • その医師のコメントがレベルの低さそのものですね。
        素人以下の知識しかないバカ医師が偉そうにコメントするのは情けない限りですね。

        • チキンガイさん、しかもキチンと抗がん剤がなぜダメか理由を書いているのに、全く素通りで考え直そうとする意志すらありません。
          肩書きに溺れている証拠ですね。
          だから医学には最高のステータスが与えられているのでしょうね。

  • マロン様

    はじめまして(^^)
    今月の初旬、facebookのシェアのご縁で参りました。
    ご挨拶が遅くなりました。着付師をしております小春と申します。

    マロンさんのサイト内の素晴らしい情報を拝読させて頂き、今まで疑問に感じていたことがひとつずつ解決していきました。感謝の気持ちでいっぱいです。
    更に、健康体に変化させられる方法の数々に、なんとお礼を申し上げて良いのか・・・。
    いろいろと取り入れさせて頂いております。
    本当にありがとうございます。

    ■マーガリンやショートニング
    20年程前、マーガリンやショートニングの恐ろしさを知って、我が家では出来る限り摂取しない様にしてきました。(今はそれ程気にする必要はないのかもしれませんが)
    当時、国内の販売を禁止とする国がありましたが何故日本では販売し続けるの?と不思議に思っていました。
    マロンさんの情報を読ませて頂き、理解できました。
    悲しいですが、利益を優先させるのであれば致し方ないことなのですね。

    ■重曹やクエン酸
    今まで口にすることはなかったのですが、化粧品を2009年より手作りするようになり常に身近なものとなっています。重曹とクエン酸は拭き取り用として使用しております。
    マロンさんお勧めの重曹やクエン酸の使用法を日常的に取り入れさせて頂きまして、いろいろと変化があり感謝しています。ありがとうございます。

    手作りコスメを始めてからお肌の調子はもの凄く良く、身近な方の分もお作りし喜ばれています(薬事法があるので内々に(笑))
    約一ヶ月以内に使用しきらないと腐りますので、少量をこまめに作る為面倒ではありますが、肌はプリプリですので止められません♪

    レビュー依頼などで時々市販品を使用すると、肌が腫れあがったりして大変なことになります。もう手作りでないと私の肌は受け付けなくなってしまったようです。
    アトピー肌用の製品でさえ使えなくなりました(笑)

    ■塩分
    私はしょっぱさが苦手でした。
    少しでも塩辛さがあるものを口にすにと、しばらくの間舌が痛くて大変つらい思いをします。時には腹痛を起します。
    我が家では塩と砂糖はなかなか減らない調味料です。ステンレスの無水鍋調理がメインのため、少量の調味料で調理しています。

    マロンさんが教えてくださっています皇帝塩を毎日美味しく頂いております。一般的なお塩との違いを実感し感動しています。

    塩分を苦手としていました私ですので皇帝塩には驚きました。皇帝塩を沢山(ご紹介の量まではまだなのですが)摂るようになり、身体がエネルギーに満ち溢れていくのが分かります!喉の渇きなど一切ありません。驚きと喜びで、口にする度マロンさんに感謝していますm(__)m

    私の周囲にもマロンさんのサイトをご紹介させて頂いております。
    ブログでもご紹介させて頂く予定でおります。(勝手に申し訳ありません)
    どうぞよろしくお願いいたします。

    ■天然石ヘマタイト
    ムチ打ちで自律神経まで影響してしまった際、ヘマタイトを教えてくれた妹のお蔭で、興味の無かった天然石ですがヘマタイトを身に着け身体の変化に驚きました。

    自律神経まで影響してしまったことでムチ打ちの治療が出来ず、救急車で運ばれること数回。首を曲げることが出来なかったのですが、ヘマタイトのお蔭でムチ打ちの後遺症もなく生活出来ております。

    2004年よりサイト・ブログ運営を開始しておりますので、ユーザーさんのリクエストなどもありネットショップに並べましたところ人気商品となり、体調の変化を皆様感じ取られていまして今も口コミで広がり続けております。当時の辛かった様子やヘマタイトとの出合いなどはブログに綴っています。

    片頭痛・腱鞘炎・腰痛などの改善は当り前で、とても不思議です。血液の流れの滞りが病を引き起こすことにつながるのでは?と思っています。ですから血液の流れをスムーズにさせられれば身体は元気になるということに♪
    専門家ではないので分かりませんが、下半身の麻痺のため(難病と診断)車椅子の生活と諦めていた生徒さんがヘマタイトを身に着け、ご自身のご努力もあり今ではウォーキングや舞踊まで楽しまれるほど快復され周囲を驚かせています。

    天然石パワーストーンに全く興味のなかった私ですので、ヘマタイトのパワーを信じられないながらも嬉しく思っています。

    天然石屋さんに並んでいるシンプルな丸玉のヘマタイトでも充分に変化を感じ取れますので、ご興味のある方はお試しになられてみてはいかがでしょうか?と思っています(余計なことを申し訳ありません)

    首、両手首、両足首の合計5個所にヘマタイトを着けることで、身体全身の血流が良くなり、体調不良が無くなるようです。
    手首と足首は、肌に触れるピッタリサイズ(窮屈ではないくらい)がお勧めです。

    ヘマタイトを身につけるようになってから、ハードワークなのに元気ね!と言われる程変わりました。
    ですから、オルゴナイトのお話も素直に信じられましたので、すぐに材料を集め始めました。間もなく揃いますので楽しみながら作りたいと思います。

    マロンさんには感謝の気持ちでいっぱいです。
    心よりお礼申し上げます。
    情報量が多く、更に皆様のコメント内容も素晴らしい情報が多いため、まだ全てのページを熟読出来ておりませんので、必死に拝読させて頂きます。

    まだまだお伝えしたいことはあるのですが、また改めさせて頂きます。
    どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
    長文失礼いたしましたm(__)m

    • 小春さんにコメントさせてください。マロンさんのブログのファンのつりがね草と申します。
      私もマロンさんお勧めの塩、醤油、味噌、卵醤、野菜スープなどを取り入れて、お肌が前よりずっと調子がよいのを実感しています。
      小春さんの手作りコスメにとても興味があるのですが、宜しければ、作り方を教えて頂けないでしょうか。よろしくお願い致します。

    • 小春さん、初めまして、丁寧にコメントありがとうございます。
      素直に実行され、結果を感じていただいて、とても嬉しいです♪
      これがブログの醍醐味だと思いますので、こちらこそ拡散よろしくお願いします。
      ヘマタイトですか、テラヘルツ鉱石と似て想像以上にパワーがあるようですね、また色々調査してみます。貴重な情報ありがとうございます。
      このブログの読者さんは、非常に情報通な方ばかりで僕もアップアップです(笑)
      こちらこそ今後共よろしくお願いします。

  • はなです。
    先日は、妹の件でお世話になりました。
    とりあえず、経過観察とのことで、手術は避けられそうなので、塩と野菜スープを進めました。
    妹に話したところ、母も興味を持ち、塩を変え、野菜スープと黒にんにくを摂取し始めました。
    (母も高血圧の薬を飲んでいます、また、糖尿の疑いがあるそうです)
    健康な時に言っても、なかなか理解してくれないのですが、
    今回、「癌かも」という疑いから、私の話に耳を傾けてくれました。
    医療は対症療法であり、治してくれるものではない、ということを理解してくれました。
    正しいことが理解されないのは、なかなか大変です。

    そういえば、先日、5年振りくらいに、コンビニのプリン(かぼちゃの滑らかプリン)を食べてみました。
    甘さにビックリして、2口しか食べることができず。食べた瞬間に、頭がキーンとしました。
    こんな物が売ってるのか、みんなはこれを食べてるのか?と思って、ビックリしています。
    いつ、娘(2歳)がこういったものを食べたいと言い出すか、ヒヤヒヤしています。
    今のところ、甘い物はフルーツと煮豆(甘麹と黒糖で煮たもの)でごまかしています。

    • はなさん、そうですね理解が無いと始まりませんしね。
      下記のページの最初のほうをお見せされてはいかがでしょうか?
      内海先生の動画なんかいいと思います。
      http://maron49.com/page-2202

      そうですね、コンビ二のものは豪快な甘味料です。すぐさま危険を感じますね。
      いえ、食べさせなければ、いつまでも食べたいといいませんよ。一度口にしたら終わりです。
      祖父母さんには、くれぐれもお気をつけください。
      小さい頃の食は生涯続きますので本物をあげてくださいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。