余命1ヶ月の花嫁、長島千恵さん

 

二人に一人がガンに・・・、つまり家族の誰かが必ずガンになる時代がやってきました。

つまり、ガンとは、近い将来にどなたも経験することなのです。

貴方様やご家族様の尊い命をムダにされないようこの記事を書いてみました~

 

<スポンサ-ドリンク>

 

乳癌を、抗がん剤で対処して、亡くなられた有名な方がいます。

たぶん知っておられると思いますが、『イブニング・ファイブ』の『余命1ヶ月の花嫁』というドキュメンタリー番組の主人公の、24歳の女性「長島千恵」さんです。

映画にまでなったので、知っている方が多いと思います。

調べてみますと、こういう経緯があったようです~

2006年
1月に乳癌が発覚し、抗がん剤治療を開始する。
7月には抗がん剤治療の甲斐なく、胸のしこりが増大し、医師から乳房切除を勧めらる。
8月に手術をし、左乳房切除する。

2007年
3月に癌が再発し、余命宣告を受ける。その後、千恵さんの癌はどんどん進行していく。
4月に模擬結婚式を挙げ、その数日後、千恵さんを焼肉屋に連れ出して、
千恵さんの体調が途中で悪化する。
この日を境に、千恵さんの容態が更に悪化していく。
そして、千恵さんは眠っている状態が多くなり、5月に永眠する。
千恵さんの49日に、パーティーを開く。

 

長島千恵さんが可哀そうです、真相から目を逸らした映画だと思いました。

これは、正しい癌の処置をしていません。

抗がん剤を始めてすぐに癌が悪化する人が多いのです。

酷い場合には、抗がん剤を始めて苦しんで、数ヵ月でそのまま亡くなる人も多いです。

それは、知り合いの方などの経験から、どなたも納得されてるはずです。

 

では・・・なぜでしょう?

 

下記の抜粋分は、1990年にアメリカ政府が発表したものを要約したものです。

陰謀論でも何でもなく実際に公式に発表している内容ですが、私達日本人の耳に届いていないのです。

アメリカ政府は1990年、「代替療法に比べて、抗がん剤、放射線、手術のがんの〝3大療法〟は無効かつ危険」裁定を下した。だが、日本の医学界はこの裁定を無視し続けている。

90 年、米議会の調査専門部門「アメリカ議会技術評価局(OTA)」が「抗がん剤は、打てば打つほど患者を死亡させる」というレポートを出した。

この中で、がん研究所(NCI)のデビュタ所長が「抗がん剤を投与すると一部の患者に腫瘍縮小は見られる。

しかし、がん細胞は自らの遺伝子を変化させ、たちまち抗がん剤の毒性に耐性を獲得してしまう。

だから抗がん剤はがん細胞に対して、まったく効力を失う。患者はただ抗がん剤の毒性を被るのみだ。私は深く絶望している」と議会で証言している。

だが、これらの事実はあまり知られていない。

 

世界のメディアは黙殺、日本は一字も伝えず

「日本の真相」の著者でジャーナリストの船瀬俊介氏は、「これほどのビッグニュースはない。新聞の1面トップで報道するにふさわしい。

だが、やはり世界のメディアは黙殺した。日本のマスコミも一字すら伝えることはなかった。 現代は高度情報化社会 だというが、まったくの虚妄である。

巨大利権にかかわる情報はこのように完全に封殺されて、世界の市民に届くことは 絶対にない」と指摘する。現在、日米欧の抗がん剤市場は6兆円にも上っている。

 

◎欧米インテリ層は抗がん剤、放射線治療を拒否、伝統的療法へ

しかし、OTAレポートが発表されて以降、欧米のがん治療分野の流れには、変化が見られた。インテリ層を中心に、抗がん剤や放射線治療を拒否する患者が増え、食事療法や心理療法など、古来の伝統治療に向かっていったのである。

その結果、毎年がんの死亡者が、数千人単位で減り続けてきている。

 

日本では、いまだに3大療法(手術、抗がん剤、放射線) が主流であり、がんによる死者は増える一方、日本のがん治療は、欧米から20 年以上遅れているのです。

抗がん剤や化学療法を始めるに当たり、原材料が何であるか?調べる方はほとんどゼロです。

食べ物を買うとき、何で出来ているか原材料表示を見るのに、抗がん剤や、医薬品については、医師を100%信用し誰も調べません。

おかしくないですか???

 

では私が少し調べてみましょう。。。

 

抗がん剤は「マスタードガス」という物質を、主原材料にしています。
(抗がん剤については「抗がん剤・放射線 の真相」を参照してください)

臭いが、マスタードとそっくりの、つ~んとした臭いがしますので、そのような名前が付いています。。

マスタードガス(イペリット)とは、第一次世界大戦で初めて使われた化学兵器のようです。

イペリットの化学式のSをNに変えたナイトロジェン・マスタードが抗がん剤です。
これは主作用が毒性で、副作用が抗癌作用です

 

言い換えれば、癌を死滅させるかも知れませんが、、その前に身体が毒に耐え切れず死んでしまうということです。

 

だから長島千恵さんのように抗がん剤投与の後、亡くなる方が、ほとんどなのです。

このような猛毒を投与して「癌の進行を止めよう」としているのが、日本の標準的な癌医療なのです。

こんなことで、癌の進行が止まるはずが無く、とんでもないことをしています。

つまり、抗がん剤はかえって癌を悪化させ、癌がどんどん進行していくのです。

抗がん剤の説明書には、ちゃんと「ナイトロジェンマスタード」二次発癌と書いてあります。

抗癌剤副作用.jpg

 

つまり、これは「増癌させますよ(癌が増えますよ)」という意味です。

 

世界的権威であります森下敬一医学博士が森下・千島学説で説かれています~

癌は血液の浄化装置理論の理解者であれば、千恵さんの癌への処置は無謀にしか映りません。

「癌は血液の浄化装置」と言いますのは、癌は『浄血装置』であるということです。
そして、癌は毒素を溜め込んで排毒している排毒装置』でもあるのです。

つまり、癌が出来なければ即死状態の身体を、癌のおかげで、延命してくれているのです。

 

「癌患者に共通している特徴」については、医学的にも、

(1)癌患者は体内に多量の毒素を抱えている。(体内に多量の毒素が蓄積している)

(2)癌患者のインターフェロン(免疫の強さ)は1000単位ほどしかない。
(健康な人や、癌にならない人は、インターフェロンが5000~8000単位ある)

(3)癌患者の血液は『カビ』『細菌』『ウィルス』で汚染された血液である。
癌の本当の原因は、この『カビ』『細菌』『ウィルス』である、と言われています。

(※ インターフェロンは、生体内で産生されるサイトカインで、免疫系に働き、抗ウイルス作用と抗腫瘍作用を併せ持ちます。

体のインターフェロンの単位が高ければ高いほど、単純に「体の免疫能力が高い」と思われれば良いでしょう:参照

 

(1)(3)は「癌患者の血液は最悪に汚れている」ことを自供する内容であり、その血液の汚れのために、癌患者の免疫は共通して低下している状態が(2)として現われているのです。

この(1)~(3)の内容は医学的に言われていることであり、「癌は血液の浄化装置」と符合する内容です。

また、癌細胞には「毒素が溜まっている」という分析結果から、「癌細胞は体内の毒素を溜め込んで、体を毒から守っている」という見解があります。

現代の日本人は、日本社会に氾濫する様々な化学汚染によって、欧米食に傾いた飲食物によって、血液は汚される一方です。

人間の体内の血液が汚されてくると「肝臓が解毒できる範囲」を超えてしまい、敗血症になって死んでしまいます。

肝臓が受けきれない解毒作業を『支えて補う』役割として必要に迫られて「新たな器官」として体内に発生してくるのが『癌(浄血装置・排毒装置)』なのです。

つまり抗がん剤の原材料は「マスタードガス」という猛毒です。

 

千恵さんのような末期の乳癌患者に、このような猛毒の抗がん剤を投与したら、どうなるでしょう?

癌が治るとでも思いますか?いいえ、まったくその逆です。

かえって、さらに癌が増えます。増癌していくのです。

だからこそ、抗がん剤の説明書には「二次発癌」と明記されているのです。

そんなバカなことを医療がするわけが無いじゃないか!!!と誰もが猛反発します。

 

ガンの本当の仕組み

 

おそらく、現代医学しか知らない癌専門医には説明がつかないでしょう。

 

これは、森下・千島学説を見ればよく分かります。

4ea2351c56d3b

先に説明しましたように、癌は『血液の汚れや毒素を溜め込んで排毒する装置(浄血装置)』ですから、まさかですよ・・、そこへ「マスタードガス」という猛毒を原材料にしている抗がん剤を体内にぶち込んだら、一体どうなるでしょうか?

 

体の中に、癌という『排毒装置』がますます必要になってきます。

 

これは、抗がん剤という「猛毒」を投与したことによって体内に毒が増えたため、体はより大きな『排毒装置(癌)』を必要とするようになるからです。

だから、抗がん剤を投与すると、その後、癌が巨大化していって当然なのです。

これが「癌の巨大化現象」の真相です。

もし、手術で無闇に癌を切り取ってしまうと、体内に必要として発生した癌(浄血装置・排毒装置)を取り除いてしまったのですから、また必要として体内に他の癌(浄血装置・排毒装置)が発生します。

 

これが癌の再発です。

 

体内浄化・血液浄化を果たすまでは、体内に延々と癌(浄血装置・排毒装置)が発生して当然なのです。

何度手術して癌を切り取っても、癌の再発をたんたんと繰り返します。

そういう癌患者さんが多いはずです。これが「癌の転移」の真相です。

癌の真相を知っている人には、これはもはや、当たり前の癌理論です。

現代医学の言う癌理論なんかよりも、岐路整然として符合する内容ばかりです。

だからこそ、「癌は三大療法では治らない」「三大療法は、癌の根本治療にはならない」と言われているのです。

 

しかも、こんなことは、外国の先進国ではすでに常識です。

 

先進国の中で三大療法など当たり前顔してまだやっているのは、日本の癌医療くらいなものです。

この癌の視点から逆算して見えてくる「癌の根本治療」が、外国の先進国もたどり着いた『食事療法』なのです。

汚れた血を食べ物で綺麗にしてあげれば、ガンは、御役御免で勝手に消えます。

ボウフラが綺麗な清流で決して湧かないように、ガンは綺麗な血では生きていけないのです。

綺麗な血液にするのが、腸内細菌が喜ぶ食事なのです。

 

水に浮く、黄色くてバナナ状のウンチこそ、素晴らしい食事をして代謝がスムーズに行えている証明で、黒っぽく、沈んだりするウンチや便秘はダメな食事で、代謝不良、これを続けると腸が汚れ血液が汚れいずれ大病を患う可能性が大になります。

 

思いっきり血液を汚して、癌の大好きな環境にするのが、抗がん剤なのです。

 

ここまで見て、「癌に食事療法など無意味」と言われる医師がいたら、その医師はもはや狂っています。

そんな医師は、まずお狂いになられている・・・。

本当に「癌治療ガイドライン」しか知らないのでしょう。この癌理論の正しきは、誰がみても明らかに分かります。

今現在、世界中の権威ある医学博士、医学者、医師、栄養学者たちが、続々と『癌と食事』の関係を明らかにしているというのに、日本の癌医療界はまだ「癌に食事療法など無意味」とでも言うつもりなのでしょうか?

もし逆に、日本の癌医療界が「癌治療に食事療法は大切だ!」と理解しているのならば、なぜ癌治療ガイドラインに食事療法を組み込むことをせず、癌患者に食事の指導を一切しないのでしょうか?

日本の癌医療界はこんなレベルで癌患者の生命を与り、食事指導よりも真っ先に、癌を治す可能性のまったくない抗がん剤や放射線ばかり誘いをかけてくるのですから、食養者から見ば、これはまずお狂いになられているようにしか映りません。

 

本当に残念なことです・・・。

 

このような日本の癌医療界に「指導されている(頭の中を支配されている)」癌専門医が可哀そうになってきます。

癌専門医の中には、本当の癌の真相をいまだ知らず、日本の癌医療界が作成した「癌治療ガイドライン(三大療法のみ)」を鵜呑みにして信じ込み、そのガイドライン通りに必死に動いて、癌患者を助けてあげられないと嘆いている医師もたくさんおられることでしょう。

まず、事実として、実質的に抗がん剤で癌を克服している人は、ほとんどいません。

通常、抗がん剤の最後は、体中が癌だらけになって激痛の中で亡くなっていきます。

治ったぞという人は、食事改善などが奇跡的に当たり自力の免疫力が勝ったためで、抗がん剤が直接効果的に作用することはありえないです。

実際、医師自身が抗がん剤を自分に使うかというアンケート調査したところ、何と99,6%もの医師は、自分自身には使わないのです。↓

44d5879b

 

<スポンサ-ドリンク>

 

なぜ発がんするがん治療が、未だに絶対的に主流なのでしょうか?

 

それはほとんどの方が気付かない社会の2重構造にあります。

 

この世界は何百年も前から、多国籍巨大企業群(支配層)が独占状態で莫大な利益を得られるよに、政府を闇(金)で動かしまんまと庶民を騙し、お金と命を奪っているからなのです。

ていうか、政府そのものも、そういう支配層の持ち物なのです。

一番儲かるビジネスは、「戦争」ではないでしょうか。

戦争を起せば、大量の武器弾薬をはじめ、戦後は何もかも壊れてしまいますから復興に莫大なお金が飛び交います。

そのお金の動きこそが、支配層(巨大企業を束ねる一握りの人)にとって最高の旨みなのです。

戦争、人工地震、テロ、オリンピック、薬など・・・、彼らのツールだけを認め売りまくる医療システム、原発エネルギー、遺伝子組み換えやF1種野菜、TPPなどは、それはそれは美味しい彼らの戦略ビジネスなのです。

格差社会になってきたのは、彼らが都合よく政府を動かし支配層だけにお金が集まる社会の仕組みを更に絞めてきましたので、そうなるのは当たり前です。

 

つまり経済も意図的操作なのです。

 

そして、政府は勿論、メディアも、み~んなお金で動いているだけ、この極悪巨大権力の支配下にあるのです。

逆らう者は、全て封印です。

テレビでたまに、政治家、教授や警察官など、不祥事、自殺などのニュースがありますが、よく調べるとその方々は、そんなタブーにメスを入ようとしていた人がほとんどで、こうして逆らうものは地獄へ追いやるのです。

ですので、先ほどの森下・千島学説など真実を突いたものは、巨大権力の薬剤ビジネスの邪魔になるため弾圧されており、いつまでたってもメジャーにならないのです。

 

この世の中は、巨悪金融資本(多国籍巨大企業群の大元) → 政府 → メディアが、庶民を洗脳し、システム化された巨大凶悪ビジネスが、多分野事業において行なわれています。

食、エネルギー、医療などは代表的な支配分野です。

小学校~大学の学問、医学、物理、化学、政治・経済、歴史なども、彼らの都合の良いように恐ろしく詳細に操作されています。

一生懸命に教科書通り勉強する人ほど洗脳の罠にドップリ浸ってしまいます。

つまり彼らのこしらえた学、常識という洗脳が、大卒時に完成するのです。

だから、医者は最高の治療していると思っているかもしれませんが、この長島さんのように、結果は100%亡くなられるのです。

医学そのものが製薬企業バンザイだけの、ウソだからです。

技術を盗んだとか、食べ物に異物が入ってたとか甚大な不祥事を起され、企業イメージが激ダウン、裁判官が仲間ですのでお決まりで敗北、そうして株価が底に成り激安になったところで、しれ~っと筆頭株主がすり変わり、労せずして企業買収です。

こうしてまじめに努力して育った優秀な企業を、まんまと乗っ取るわけです。

はい、技術も努力も要りません。

この世の中は、巨大企業の大元である金融資本が、食い尽くしているのです。

何億円もするスーパーカーや、超豪邸などは彼らが買ってるのです。

 

特に日本は、本質は奴隷国家そのもの。

 

3S政策」というのをご存知でしょうか?

3つのS(頭文字)を庶民に植え付けて、こうした騙し政治に気が付かないように目を逸らすために作られた愚民化政策です。

3S政策

Screen(映画・テレビ)

Sex(性産業)

Sports(スポーツ全般の盛り上げ)

子供に小さいころから彼らが作ったアニメやテレビを見させ、野球やサッカーなど盛り上げてスポーツをさせ、学校卒業と共に洗脳完了です。

野生の動物は、自分の子供には真っ先に食べ物の得方を教え込みます、生きていくうえで最も大事なことですが、現代の人間の子供は四六時中スポーツや塾です。

生きるためのノウハウ、知恵を知らないまま大人に成るのです。

頭脳が白紙の「子供」に真っ先に洗脳することを支配層は重視しています。

なぜなら一度染まった洗脳は、大人になっても生涯解けないからです

 

戦後、表面上は独立した民主国家という肩書きだけもらって、裏は、まだまだ奴隷国家そのものであることに気付くことです。

政府にメディアが、その手先であるため、「余命1ヶ月の花嫁」のような、チャンチャラ焦点がずれまくった番組ばかりが、世に出てくるわけです。

逆に先ほどの「千島学説」のような真実の学説は、世に出てもらっては、巨大企業の利益を邪魔するから、隠蔽、抹殺されるため、自分でとことん調べ上げない限り、私達が、知ることは無いのです。

彼らが築いた石油利権や原発利権で、我々は、超高額のエネルギーを買わされています。

ガソリンや電気代、携帯電話も現在の半分でも十分に利益が出ます。

いえ、もうフリーエネルギーがありますが、世に出られないのです。

原発に頼らなくても代替エネルギーとして、海水(水)で発電し、一切環境を汚さない素晴らしい装置が、既に開発されていますが、隠蔽、抹殺状態、いつまでたっても世に出させません。

電気を買うのが当たり前に思っていますが、既に電気を無料で無尽蔵に入手できる技術は、そのほかにもたくさんあるのです。とにかく世にでないよう消されています。

大惨事の「東北3.11地震」があったあとの衆議院選挙で、その東北の原発断固反対の地で、なぜか・・・原発反対の党がことごとく落選し、原発推進党ばかりの輩が当選していることにお気づきでしょうか?

 

「不正選挙」とうい誰もが想像すらしないことを全国規模で行なっているようで、メデイアは完全に無視して話しをそらしています。

想像を絶する嘘は、成功しやすいのです。


こうして庶民は黒いシステムに、
知らずして要らぬお金を献上していることが、見えない奴隷なのです。

 

奴隷化をもっと加速させるののが、巨大企業、つまり支配層だけが儲かるシステム「TPP」です。

TPPは、国同士のやりとりではなく、支配層へさらにお金が流れるシステムといってよいと思います。

 

つまり、ガンや重い病気にならないためには、または発病しても完治するためには、本当の社会構造を知ることは何より大事なのです。

癌や生活習慣病なんて原点に帰れば、野生の動物みたいに自分自身で簡単に解決できるのです。

そう、野生の動物は、素晴らしいお手本なんです。

健康の核心は、、、日々の生活で、「血を綺麗にする」だけです。

 

つまりミトコンドリアを元気にすることが健康の根底に成るのですが、抗がん剤の作用はミトコンドリアを激しく破壊しているのです。

当ブログで、ミトコンドリアを元気にさせる方法を色々と探したのが下のページになります。

 

野生動物は、何と自分で血を綺麗しています!

だから野生動物にはガンはありませんが、ワクチンを受け薬を使う動物病院に通いまくるペットや動物園の動物は、ガンがあります。

良く調べていくと、お金を掛けずに血を綺麗にする方法はあります。

適切な処置をとれば癌は縮小していくのですが、現代ではそのような手段があると医師会や製薬会社がつぎつぎと封印してきました。

このブログは、そんな葬り去られた情報を掘り返して具体的に何をすればよいか模索しているブログでもあります。

 

医者は、ガンがすいすい治る方法を民間人が提唱すると、権力で話題が大きくなる前にもみ消しているのです。

その手段がナンと!「薬事法」。

薬事法とは、素晴らしい民間療法を処分するための法律だったのです。

法律まで操作して、恐ろしいカラクリが出来上がっているのです。

素晴らしい民間療法が世に出れば、医者に医薬品が不要になるからです。

 

貴方の周りのお年寄りを見てください、お腹が膨れるほどの薬を飲まれているはずです。

簡単に治れば、医療利権が壊れますから叩きます。

「〇〇大学がガンを抑える実験を成功させた!期待が寄せられる」など時々ニュースでありますが、何ひとつ実現されません。

これが、現代医学の真実なのです。。。

 

現代医学のシステムは、支配層が作ったものです。

 

自分で、考える、調べる」今は、それが簡単に出来る時代でもあるのです。

しかし、教育やテレビは、先ほど書きましたが、それをさせないマインドになるよう恐ろしく巧妙に出来ています。

 

巨大利権が検閲した教科書をひたすら覚えさせるだけの学校教育システム、学校教育だけが正しい知識とし、本当に考える隙を与えないのが現代教育です。

洗脳と、支配層のシステムに感付かれないためでもあるのです。

 

最近、メディアでよく聞きませんか?

「定期的に健康診断をしましょう」

「ワクチン・予防接種を打ち予防しましょう」

バリウム、CT、ワクチン、予防接種?

逆に、混入された毒物で病気になるようプログラムされています。

それは、全く健康な人を医療地獄に陥れる入り口なのです。

子宮頸がんワクチン摂取後、直ぐに異変が起こり甚大な被害を被られた方かおられますが、支配層にとっては真綿で絞める様な効き目で何が原因か分からないようにしたかったのでしょうが、あれは強すぎたための失敗でしょう。

最近は、健康診断において通称「がんもどき」と言って、ガンでもないのにガンと診断して何かしらの治療を行なうようです。

政府やメディアが持ちかける話は、餌食となる悪魔のささやきなのです。

本当の意味で私達の益になることは、まず言いません。

 

病気を治すものは、自分自身の治癒力しかありません。

「99%の病気は、医者では治せない」と良心のある医者が言っています。

私達庶民には、徹底的に本当のことは知らされないのです。
癌や、病気の克服は、このような裏事情に気付くか!ですね。

 

このブログでは、抹殺された素晴らしい浄血法や、健康法を発見しては記事にしています。

実際、余命宣告日を迎えた瀕死の超難病の方が、「塩分を驚くほど摂取」など医療が禁止している絶対にありえない当ブログのアドバイスで劇的に治られました!

しきりに医療が指導する「減塩」でどれだけ多くの方が命を落とされたか・・・これだけでも良くわかります。

 

それでも、「医学、科学は絶対的存在だ!素人が何を言っている!」とお医者様などからお叱りのコメントを頂きます。

この動画を一度ご覧ください。内海先生もお医者様です。

 

 

<スポンサ-ドリンク>

 

コメント一覧

    • 1. チキンガイ
    • 2014年11月21日 14:34
    • たびたび失礼します。
      日本人てこういうのを美談化してしまうのが大好きですね。本来このような話からこの国のがん治療のあり方を論議すべきなのに全く現実が見えていません。
      「根拠に基づいた現実論」をすべきなのに
      「ありも得ない理想論」と「安っぽい感情論」にしか目が行かないのです。
      だからこれだけ多くががんで殺されていることから目を背けます。
      中村勘三郎さんの時もそうです。健康診断で早期食道がんが見つかりましたがわずか4ヶ月たらずで、抗がん剤による肺炎で殺されました。当時少しは日本のがん医療が問題になるかと期待しましたが、マスコミは厳しい闘病生活もやむなくお亡くなりになりましたと感動秘話にするばかり。そして何故か感動する国民たち・・・。
      キチガイ医・・・
      僕のチキンガイというのは活動したくてもいつも準備中という言い訳でなにもできない
      内海氏にあこがれているただのチキンガイ(小心者)という意味です。
      ただ日本人というのは非常に肩書きに弱いので、今はいろんな資格をとるための勉強しています。
    • 2. マロン
    • 2014年11月21日 18:34
    • チキンガイさんいつもありがとうございます。そうなんです、さすがですね、これぞ、権力が作るミスリードです。変な方向に向け感動を誘う手法です。核心には、全く触れません。アメリカンホームダイレクトのマエムキ駅伝も真っ赤なミスリードで、意味の無い感動を誘っているだけですね。
      チキンガイさんの思いと、私も全く同じです!内海氏や船瀬氏にあこがれますが、自分には、そこまでできないので、こんなへなちょこブログを書いています(笑)
      出しゃばって恐縮ですが・・・
      自分に出来そうで、人に喜んでもらえる何かを一つ見つけ、それに必要な資格があれば、その資格を取られていく方が良いかと思います。勿論、肩書きは世間的には大変重要ですが、目標を先に決めるほうが良いと思います。どの分野でも有資格者はごまんといますので、自分らしさを磨いていくということです。出しゃばってすみません。
    • 3. 流浪人
    • 2015年07月05日 14:53
    • 初めて投稿します。流浪人です。私は福祉の仕事に長年携わっています。特に認知症高齢者の方々と一緒に毎日を過ごしています。最近RK氏やBF氏やこの方々と関係のある様々なジャンルの専門家の意見のブログ等に遭遇することで「かみふたまた」氏の情報は 将に 虚構で作られた現代のシステムに気付かされます。沢山の高齢者のケアをしながら沢山の服薬を医師の指示に従って行いながら、なんら改善せず沢山の高齢者の「死」を見送りました。今、素晴らしい民間療法を求めています。世界中が愛と平和の中で誰もが健康で経済的に潤い安心して過ごせることが大切だと思います。1%のマイノリティーに支配されない 狂ったマスコミに洗脳されないように「かみふたまた」さん、これからも多くの人たちに発信して下さい。
    • 4. マロン
    • 2015年07月05日 18:29
    • 流浪人さんありがとうございます。微力ですが頑張ります。
      RK氏やBF氏の情報は、私も随分長い間信頼して情報を得ていましたが、実は彼らもエージェントだったのです。その実態は、RAPTさんのブログで見事に解析されていますので興味があれば読んでください。ちょっと簡単に言いますと・・・1%マイノリティーには、2つの勢力(ロックフェラーと天皇)があります。RK氏やBF氏は、天皇派のエージェントで、天皇の悪事をロックフェラーがやっているように仕向けるのが任務だったのです。首謀者が天皇であることを隠すのが彼らの仕事です。
      私のブログ内には、素晴らしい民間療法、MMS、卵醤、粉ミルク健康法、野菜スープなどを書いてますのでよかったらどうぞ。
    • 5. ねこまんま
    • 2015年07月11日 16:17
    • 今日偶然ここに導かれて来ました。内海さんの事で次男夫婦と険悪な状態になりました。
      でもいつかはこんな日が来るのはわかっていたことです。
      何故なら次男は大学卒業後(看護大)ずっと精神科に勤務、もう12年目です。
      そして嫁は助産師で内海さんの医学不要論と相入れる訳がないのです。
      でも孫が二人いて本当のことに目を背けたまま子育てをしているのを見るのが辛いです。今本音で話せない関係で息子からは顔も見たくないとまで言われてしまいました。時が経てば真実は公になるでしょうか。。。
      小さな腕に天然痘のハンコがあって悲しくて泣いてしまいそうでした。もちろん親として子供の事を思うからこその行為なので尚更悲しくてどうすれば洗脳に気づいてくれるのだろうかと。。。話変わりますが
      先日テレビで減塩バンザイをやっててますます認知症のお年寄りが増えていくのだと絶望的な気持ちになりました。
      メディアの罪は計り知れないですね。。。。。
    • 6. マロン
    • 2015年07月11日 17:29
    • ねこまんまさんありがとうございます。
      貴方の心境か痛いほど良くわかります。私も経験上、身近な人への覚醒は、特に難しいと思います。そんな思いがあって、とりあえず一人でも多くの方が覚醒して頂けたらと願い、こうしてブログを書いています。世間一般の方の2~3割の方が気付けば、他人からちょくちょく聞く機会が増え、一気に覚醒するでしょうけど、まだまだ気が遠い話しですね。
      メディアとは、利権輩がその巨額運営費を出資しているのであたりまえですね。夏バテや、日射病もほとんど塩不足が原因ですので、自然塩をしっかり摂ってください。
      日本の、いや世界の一人でも多くの方が気付くことが、地味ですが一番の解決策でしょうかね~
    • 7. ナル
    • 2015年10月03日 23:53
    • このサイトに辿り着いたのは乳ガンを再発症して肝臓、骨にも転移している友人のためだったのですが、記事を読んでいると「諦めていた彼女も、もしかしたら!」と思い、書き込みさせていただいた次第です。彼女の方はマロンさんがわざわざ記事にしてくださり、みなさんからの温かいご支援で快方にに向かっておりますが、友人は現在も抗がん剤、ブドウ糖点滴など、最悪の治療法をされています。スカイプで何度も警鐘を鳴らしたのですが、本人、旦那さんも疲れているのか、ほぼ反応がありません。早く俺の話聞いて! ガン治るから! お願いだよう!
    • 8. マロン
    • 2015年10月04日 05:26
    • ナルさん、ありがとうございます。
      大多数の人は、こんな話をしても反応がありません。逆にこちらが軽がるしい話とみなされ非難されます。世の中、そういう仕組み(洗脳)で出来ていますので、僕もどうやったら理解されるのか全くわかりません。本当に変な社会です。
    • 9. ナル
    • 2015年10月04日 13:37
    • >マロンさん ガンを患っている友人も、その旦那さんもかなり柔軟な思考の持ち主です。でも、二人とも疲れています。友人は抗がん剤で弱っておりますし、旦那さんの弟さんもグリオーマを患っております。旦那さん、仕事もしながらよく倒れないな、と感心しております。同時に心配ですが。ただ、いまの状態で私が提出した資料を読み漁るのはかなりキツいかもしれません。何度も呼びかけているんですけどね。なんとかならないかなあ…。
    • 10. マロン
    • 2015年10月04日 18:13
    • ナルさん。
      そうですね、抗がん剤、病院の治療で、身も心もズタズタになります。
      簡単なことからでも、きっかけが掴めればいいのですけどね。やはり、確固たる理解は、第一に必要です。
    • 11. ナル
    • 2015年10月06日 00:29
    • >マロンさん 昨日友人と話せましたよ。もうボロボロでした。カメラもつけましたが、抗がん剤の副作用で、髪も抜け落ち、尼さんの様でした。どうやらもう末期らしいです。旦那さんが疲れているとはいえ、もうモラトリアムは残されていません。私が悪者になって嫌われてでも、なんとかしようと思います。とはいえ、決断するのは旦那さんなのですが。
    • 12. マロン
    • 2015年10月06日 03:01
    • ナルさん、そうでしたか・・・
      髪が急に抜けるとか、しんどいとか、そもそもそこからして、とんでもない酸化現象なのに。
      ナルさんは、まっすぐでほんと優しいですね。今時大変貴重なキャラで、感動します。
    • 13. ナル
    • 2015年10月06日 15:55
    • >マロンさん レベル4でもまだ望みはあるんですけどね。ても私は責任を取れないので、全ては旦那さん次第ですね。しかし、私のことを買い被り過ぎですよう。そんなにいいものではないですってば。まっすぐといえば右でも左でもないのでその点は間違いではないと思いますが、人生右往左往してますよ。一見優しいのも実は弱さの裏返しかもしれません。まあ、大切な人を助けたい一心です。なにはともあれ、お褒めいただき、本当にありがとうございます。
    • 14. マロン
    • 2015年10月06日 16:48
    • ナルさん、「右でも左でも・・・」、言葉使いも抜群のセンスで凄く面白いですね!参りました(笑)。それが人間らしくて魅力的と思いますよ!
    • 15. ナル
    • 2015年10月06日 19:23
    • >マロンさん あはは。私は歌詞を書く人間なので、そう褒めていただけるととても光栄です(笑)。ありがとうございます。
    • 16. マロン
    • 2015年10月06日 20:05
    • ナルさん。
      歌詞を書かれるのですね、、さすが表現力が豊かだと思いました。
    • 17. ナル
    • 2015年10月27日 23:45
    • 末期ガンの友人、どうやらまだ生きているようです。スカイプのホットメッセージの変化で気付きました。ガンとは関係ないメッセージも何度も送りましたが、これで完全にシカトされていることが判明しました。もう友人とは呼べないかもしれません。なにからなにまで悲しくて残念です。
    • 18. マロン
    • 2015年10月28日 08:48
    • ナルさん、凄く気持ちは分かります。治すことより難しいところです。しかしそれが彼の選択したことなので仕方ないですね。僕もそれに近い経験がありますし。
    • 19. ナル
    • 2015年10月28日 22:26
    • >マロンさん そうですか。似たような経験をお持ちでしたか。まだ生きてはいるようですが、末期で抗ガン剤を投与されているので、悪いですがもう時間の問題でしょうね。
    • 20. マロン
    • 2015年10月28日 23:11
    • ナルさん、そうですね~思考転換出来ないのが一番のガンですね。こちら側もそれ以上は出来ませんからね。仕方ないです。
    • 21. ナル
    • 2015年11月02日 00:07
    • 末期ガンの私の友人なのですが、私以外の友人は末期ガンを治せる方法なんか知らないため、そっと見守っているだけなのですが、ガンを患っている友人はそういう人の方が安心するらしく、末期ガンでしかも抗ガン剤の副作用でおかしくなった頭でみんなに迷惑を掛けているみたいです。友人がどう対処していいのか困ってました。しかも私のことを自分の考えを押し付ける傲慢な悪者扱いして悪口を言いたい放題みたいです。少しチャットで話せましたがもう無茶苦茶で「人の命を軽んじないでください」「邪魔しないでください」だとか、開いた口が塞がりませんでした。友人の命が重いのを知っているからこそ、私は必死になって末期でも治ることを説得したのですが、スゴい被害妄想を起こして「怖い」という先入観で結局旦那さんにも私が貼ったURLは見せていないみたいです。おまけにそれが迷惑らしいです。末期ガンで正常な思考のできない脳だからといって、なにをやっても許される免罪符なんか存在するんですかね? 正論が通じないので私は友人をやめてSNS関係も全て切りましたが、正直私が費やした時間を返して欲しいです。私はずっと動物を飼っていて、幾度となく死と立ち会いましたが、動物でも自分の命より私を心配して必死に生きようとして苦しみながら死んでいきました。こういった正念場になるほど人間は本性を表すものなのですね。自分だけが大切みたいです。西洋医学よりタチが悪い。余生を楽しむことだけ考えて、私の彼女のように生きる意志がないのであれば、さっさと死ねばいいと思います。愚痴になりましたね。失礼しました。
    • 22. マロン
    • 2015年11月02日 09:45
    • ナルさん、実際のところ、どんなにすばらしい民間療法を教えてあげたとしても、ほとんどの方はそのような態度を取られるようです。こちらの気持ちがまるっきり仇になるわけですから悲しい限りです。そこを少しでも酌んで欲しいですが、言うほどダメなのでやはり、仕方ないですね。それがその方々の人生でしょう。お疲れ様でした。

148 件のコメント

  • 100%お話を信じる訳ではありませんが、心に感じることがありましたので、今後も拝読させて頂きたく思います。

    • うちの息子は抗ガン治療を受けましたが、水素錠を併用したおかげで副作用がまったくなく、QOLを過ごし家族もQOLを送れました。

    • 倉持さん、はじめまして、コメントありがとうございます。
      信じてはいけません、疑わず、信じず、自身で調べて、終的にご自身でご判断されて下さいね♪

  • 抗がん剤は、ガンを直すのではなく

    延命の一手段として使われています。

    がんが抗がん剤に対して耐性を持つまで使い続ける。
    その効果は人によりことなる。

    血液の末期がんで、抗がん剤で、8年いきられた方を知っています。

    癌が、体の毒素を取り込む環境で発症するなら、培養地は毒素が入っているんでしょうね?

    • きたさん、ガンになったとしても全くの治療なし、放置で平均8年は生きられるそうです。
      そうですね、粗悪な食べ物や抗がん剤、医薬品は体を酸化させます。これ以上酸化すると死ぬと体が判断したとき、ガンができます。
      体をアルカリにすればいいだけですね。

  • マロン様
    返信有難う御座いました。
    私も癌と診断されて6年余り経ちますが、処方薬を調べましたが、其れらしき薬は有りませんでした。主に鎮痛、消化系のものだけ?主治医の考えがよく分かりません。医食同源にそった形で生活し、天命に逆らわないが今の思いです。

  • 抗がん剤治療での致死率が99.99%の中、抗がん剤治療を半年も行い今も元気で生きてる母は国の研究機関が研究材料にするぐらいまれなんですね。

  • 家の母は亡くなってなく今も元気なのですが、これは奇跡なので国の研究機関がこぞってその生態を調べたくなるくらい奇跡なんですよね?

    それならその奇跡的人間が周りに何人もいる私は凄いですよね。

    • となりさん、抗がん剤投与で亡くなる期間は、抗がん剤の種類や病状によって様々です。
      半年ぐらいでポンポン亡くなれば流石にみんな気付くでしょうから、そこまで酷くはやらないでしょう。
      1~5年後に元気に回復されているかが目安かと思います。

  • 母は治療から10年経ちますが元気ですよ。

    周りの友達も同じく。

    でもあなたは抗がん剤の致死率は99.99%と言ってますよね?

    中には小学生の時に抗がん剤治療されてて今60になる友人もいます。

    致死率99.99%なのになんで死んで無いんですか?

    それなら青酸カリも致死率99.99なのに青酸カリだと死んでますよね。

  • お邪魔します、元医療従事者です。
    となりさんのお母様、ご友人がお元気なことは素晴らしいことです、感激しました。
    僕個人の体験としましては、抗がん剤治療全過程終えて元気に退院した人はたった一人も見たことがありません。最も多いパターンはがんが一時的に小さくなる、抗がん剤治療続行、肺炎などで死亡、です。次は抗がん剤治療途中で拒否、なんとか生き延びる、です。
    検診で早期がん発見したために、早期死亡、あるいは寝たきりになった人を数多く見てきました。
    ちなみに僕は退職後、多くの人々と出会いました。余命三ヶ月の末期がん、白血病、クローン病などの難病患者です。かれらは皆、医療から離れ、病気に感謝するという考え方により自然治癒しています。病気に感謝、この意味が分からない人は絶対に克服できません。
    致死率については統計をとったわけではないのでわかりませんが、抗がん剤治療するもしないも人間の致死率は間違いなく100%です。
    僕は今現在生きているという奇跡に感謝しながら毎日細々と生きています、どうも失礼しました。

  • 私の知り合いで癌を切除&抗がん剤で治療した人の殆どが数年後に肺癌になってます。この記事を読んで納得ですね。綾小路きみまろの(あれから40年)ぢゃないけど、普通に考えて未だに癌や糖尿病が完治出来ないって事自体がオカシイ気もする。不治の病と思わせて金儲け。コレが正しいのかな??って思えてしまいますよね??

    • ひまわりさん、ほんとそうですよね、治らないのにお金だけは取られるだけですし、自分の身体ですから、医療任せにしないで、考えないといけません。
      ほんと、ヘンテコな時代ですね。

  • 癌は血液の浄化装置

    浄化装置ならなぜ死ぬんでしょうか?

    浄化装置なら人体には影響無いはずですよね。

    言い換えるならエアコンや空気清浄機からヒ素が出ているというような物。

    浄化装置で体を綺麗にしてくれるなら病院に行く必要も無く薬も必要無いんですよね。

    進行というのも病気に対して言うのだがガンは病気ではなく浄化装置なんだから進行というのも当てはまらないんですよね。

    小林麻央さんが抗がん剤治療してますが、それは身体中が痛みにまみれて死にたいから抗がん剤をしてるんですよね?

    浄化装置なのに死ぬという事はカートリッジ式の浄水器で言うと、カートリッジの中身が猛毒で浄水器を通ると正常な水が有害物質になって出て来るという事ですよね。

    逃げてないで答えてくれませんか?自分が不利になると逃げるんですか?

    小林麻央さんは病気ではないのに医者に抗がん剤を投与され殺されるという事ですよね?

    »結果は、100%亡くなられるのです。

    という事は小林麻央さんも100%亡くなるんですよね。

    結局は口から出任せ言うしか能のない腰抜けなんですか?

    • サアナさん、「蛇口に流れてくる水道水」がトンでもなく汚染されているのですよ。
      すると浄水器のカートリッジは直ぐに汚れてしまいますからまたドンドン浄水器が必要に成ります。
      そうしてドンドン浄水器を置いていったら邪魔でキッチンで調理出来なくなりますよね、機能停止、つまり死んでしまうのです。
      綺麗な水道水が流れてきたら、浄水器は要りませんよね?
      汚染された水道水、つまり汚い血液というのは、抗がん剤でとんでもなく汚れるのです。

      小林さんが血液を綺麗にする処置をされれば生き延びられると思いますし、更に汚してしまう処置を選択されれば、残念ですが亡くなられると思います。
      小林さんが、医学、民間療法、何を選択されるか僕には分かりません。

      貴方が西洋医学がお好きならそれはそれでいいじゃないですか。
      この情報がウソだと思えばそれでいいじゃないですか、読んだ人が判断されればいいじゃないですか?

  • なんだかとても悲しいコメントがあり、心が痛いです。
    マロンさんやその他たくさんの方達は、どうしたら皆が健康に幸せに生きていけるか、ただそれだけの思いでおられるのに。人生のあらゆる選択は自分で決めます。自分が幸せか否か、それも自分で決めます。他の誰でもありません。
    自分の信じた道を進めばいいだけだと思います。とっても簡単。良いことを探すのは心がハッピーになりますが、嫌なことを探すのは、心がどんよりになります。私はいつもハッピーでいたいです。l

    • マダリンヌさん、ありがとうございます。
      マダリンヌさんのように人間性が豊かでチキンとご理解頂ける方・・・
      一方で、あちら側の仕事で高い報酬を得ている方も沢山おられますので、心無い人も沢山おられます(笑)

  • はじめて読みました。納得です。
    私も食事はいい加減だから、気をつけたいと思いました。
    家族がもし癌になったら、そんな治療はさせたくないです
    マロンさんに会ってお話しがしたいと思いました。

    • ねこさん、初めまして、コメントありがとうございます。
      他にも色々書いてますので良かったら読んでください。
      また皆さんでオフ会しましょうか(笑)

      • オフ会 大賛成〜〜〜〜!!!(笑)

        マロンさん、みなさま、暑中お見舞い申し上げます。
        。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
        。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
        。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
        これ、豆絞りのてぬぐいのつもりです(笑)お贈りいたしますね。

        • こひつじさん、涼しげなお洒落なデザインの手ぬぐいありがとうございます、汗が拭えました♪
          ホンマですか!?(笑)

  • 高1で骨肉腫を発病し、手術と抗癌剤。
    高3で再発、手術と放射線。
    22歳で再発、手術のみ。
    抗癌剤、放射線治療しましたが生きています。
    ですが2回目の再発の時、どちらの治療もして再発したので、医療は信じないと思い手術だけを選択しました。
    それから今年で10年、生きています。
    次再発しても抗癌剤や放射線をするつもりはありません。
    けっきょくは生きる気力だと思います。
    私は負けません。

      • いいみずを飲みましょう。http://crystal-gaia.jp/
        日本の水は汚れきっています。そんな水で健康にはなれないと思います。
        きれいな水=いい水とは限りません。日本の都会のみずはきれいかもしれませんが、死んだ水だそうです。

        • ゆうきさん、確かにそうですね、最低でも浄水器にかけて、残留塩素やトリハロメタンを取り除いたほうがいいですね。
          田舎住まいのよいところは、水が良いことも大きく影響していますね。

      • ゆりさん、2回目時に手術だけにとどめられたのが良かったのかもしれませんね。
        気力も本当に大事だと思います。
        そこに正しいロジックで生活すれば大丈夫だと思います。
        応援してますよ。

  • ありがとうございます。
    自然治癒力や免疫力を高めるトレーニングをするようになって色々な病気が治り、体が良くなってきたら、体に悪い食べ物を食べたくなくなってきました。
    今なら、なぜ病気になったのか、自然にわかります。ガンのことも、体の作り方、使い方が間違っていると教えてくれるものだから、変えれば治る。と言っていましたが、ここを見て腑に落ちました。

    こういう事は、自分の体の感覚を鍛えていくと自然にただわかるものだと実感しています。
    私もよく私の言葉を信じずに自分の感覚を探して下さいと伝えます。

    今の世の中、薬や食べ物や、洗剤、添加物や香料、色々な科学的なもので、感覚を麻痺させられて、毒を取っていることに気付けなくさせられていると感じています。

    よくわからない。という方は、2-3ヶ月だけでも、身の回りから人工的なものをできるだけ排除して生活してみたら、感覚が戻るかもしれませんね。

    一番いいのは、自分の体と感覚を鍛えて、自分にいいものを取り、悪いものが入れば、除去する力を育てることだと思いますが。
    この世の中、人工的なものを取らずに生活するのは困難ですし、不便でもあるので…。

    長々とすみません、ありがとうございます。

    • かこさん、そうですね、本当は昔の先人達が生み出したことを守っているだけで良かったのですが、あまりにも世の中激変、狂ってしまって、狂ったことが常識になってしまいました。
      本当は健康について勉強なんてしなくてよいのだと思いますが、このブログは破棄された伝統を掘り返してるようなものです。
      わからなくなれば過去を振り返ればたいてい真相が発見できます。
      健康だけでなく、社会全部がおかしいですね。

      • 返信ありがとうございます。

        真実を知れば知るほど、昔の日本の生活が素晴らしいものだったとわかります。完全に情報操作されている事がわかります。
        私の叔母も祖母も抗がん剤治療を経て亡くなりました。
        あの頃知っていれば…。という思いが、伝える原動力になっています。
        当たり前のことを言うと、おかしいとか宗教とか言われるこの日本。
        マロンさんのように、真実を伝えてくださる方が、1人でも多く増えて、洗脳が解けてくれればと思います。これからもよろしくお願いします。

        • かこさん、そうですね、ガン治療で結局多くの方が亡くなられているのになぜ疑問を持たないのか?
          普通の人は、根本的なことを全く無視して、何人亡くなられようと医療を信頼しています。
          そちらの方がおかしいですよね。
          こちらこそよろしくお願いします♪

  • 皆さんへ
    私のしゅうとめもしゅうともガンで、しゅうとめは4日後に大学病院から退院予定です。なおらないと言われ、今回も手術できなくて帰ります。昨年は年に3回抗がん剤治療をし、3回目は辛いからもういいとおかあさん自身がお医者さんに断って帰ってきたのですが、勧められ始めたけれど体力が持たず中断。二度目の時に、すごく辛いのを我慢して受けていたのに、お医者さんが結果を見て、強すぎたかなの一言。もう嫌だと思ったそうです。

    こちらの家は、風邪を引いたら医者へ、薬を欠かさずという感じである冬、子供の風邪で病院へ行ったら玄関に靴が脱げないほど混んでいて、家へ帰ってきたことがありました。子供がかわいくないのかと怒られました改めて通院。

    実家は風邪は寝てれば治るといって、薬を飲ませているのを見ると、そんなもん飲ませんでいい、といわれ、母にそっと台所で飲ませられと言われた。

    実家の父は、昔ながらの生活で、たぶんよそから見たら変わり者。外出したら(絵が趣味なので野山)水筒とおにぎり、外食は一切しない。私が子供の頃から知っているのは、美術館に併設していたお店でのおにぎり定食と、うどん屋だけ。母は外食が好きでコーヒーを飲んでも、目の前でなにも注文せずに早く飲めって感じなので母も諦めてどこにも食べに行かない。天ぷらは家で母が揚げた熱々のものしか食べない。職場の旅行は若い頃は行っていたけど、その後は全て欠席。職場の健康診断は大きな工場だったけれど、毎年断り続け、初めは大変だったらしいけれど、来年必ず受けるからと担当者に言って、そのまま定年まで通した。退職前は、あの人は受けないから、と見逃される状態になっていたみたい。

    おとつい、父の姉に会ってきた。伯母さん。若い人のものを頑張って食べてみようとするんだけどね、気持ちはあるんだけど、どうしても今の食べ物は食べれないんだよ。

    大きな薬袋ともう日常のようになった入退院
    おしゅうとめさんに、代替医療の情報を渡すと、
    おかあさんに変なものを渡すなとおとうさんにたしなめられた。
    海外では、抗がん剤治療はもうしていないということも。旦那も誰も聞く耳持たない。

    一方、実家の父は例え病気でも、こんなに病院嫌いだし、見つかったときに手遅れでも本人の選択だから、いざというときはしっかり受け止めよう、父を病院に連れていくのは無理、と思って70代になった頃におもったときがあったが、天皇陛下と同じ年齢だがピンピンしてる。伯母も、どこも悪くない。

    ガンが血液の浄化というおはなしは、はじめて伺ったけれども、いまの食生活がまちがいだらけということは、最近周りの知り合いからたくさん入ってくる。

    イギリス人の知り合いに聞かれた。日本人はどうしてこんなに医者へ行くのか?風邪なら、いえでねていたら治るだろう。おかしいよ、とマジな顔で言われた。

    自分が処方されていた婦人科の薬、イトレリン、海外では使用されていないことを知って驚いた。医療関係者の論文を日本語でも見つけた、自殺未遂をして精神科に入れられた患者が、投薬を止めて退院。一週間後、再検索したら見つからなかった。

    みんな、抗がん剤が海外の先進国ではもう使われていないこと、知らないのかな。

    子宮頸がんワクチンも、オバマさんが自分の娘に打たないと言ったら、アメリカで皆が打たないと言い、それを日本に持ってきたとか。昔は、七万とかとか、婦人科にポスターが貼ってあって、ただで子供たちにワクチン打つ時代になったんだって思ってたら、すぐ中止。高校で、教えているから、部活の女の子が、注射の翌日体調がおかしいと言って、無理をしないでと言ったけどインターハイにでる強い部、前日の接種の日と二日も休めないと思ったのか大丈夫と続けた。彼女が体調不良でそんなことをいったことが珍しかったので、余程のこととだろうと思ったのを覚えている。

    目の前で、分かっていながら違う処方をされる。皆が赤信号を渡っているので、青信号を渡ろうとしたら、みんなと一緒に渡らないで一人でなんか渡ったらと危ないよと言われる。

    自分が正しいからと強く言わずに、相手の気持ちを傷つけずに、流れに竿さすのは難しい。夏目漱石

    とかくこの世は住みにくい。流れに竿をさすのは大変だし、かと言って、大衆が間違った方向へ流されているのに、それをわかってしまった自分が一緒に流されるのも嫌だ。石で漱ぐ、とわざわざひねくれた名前をつけた漱石。時代の流れの先端で苦しんだ天才

    ネットでいろんなことを知って、いろいろ矛盾を感じると、なにも知らずに生きていた時が、のんきで楽に思える。でも、知らない人は分からなくて好意を誤解しているだけだから、自分も相手も良くなりたい、より良い治療を受けたい、相手の命が大切❗とおもうからのぎくしゃくやら誤解で、そこをまだ何が正しいかが、世の中でシェアされていなくて、それを個人の判断に任されているから辛いところなので、感情的にならずに(真剣に思うからこそですが)、少しでもよい情報を、しっかりとしたデータと納得できる説明を積み上げて広めていくことが大切なのでしょう。私は、素人なので分かりませんが、自分の周りの状況と、聞いた内容から思いついたことを書かせてもらいました。

      • ゆうきさん、そうですね、土地の質もありますし、昔の野菜は固定種でした、現在はF1種でそこが大きいですね。
        http://maron49.com/679
        水道水の残留塩素などは、有機物に吸着しますしね。

    • 昔の食事は良かったみたいさん、長文のコメントありがとうございます。
      そうですね、やはり、肩書きや出何処で情報を判断するのではなく極普通に自然にモノを見つめていれば世の中のおかしさに少なからず気付くと思います。
      洗脳とは気付かないから洗脳ですので、気付くきっかけが本当に難しいですね。
      素敵な素晴らしいお父様ですね、本来人間はそういう本能的な自己判断を持ち合わせているのだと思いますが、近年は空っぽの思考になってしまいました。
      僕は素人でも物事の良し悪しの判断は十分出来ると思います、専門家に翻弄されているだけで素になって考えないだけだと思います。
      命を左右することですので、知らぬが仏ではいけませんしね。

  • 「名医とは新患者が群がり、通院患者、入院患者がいない医者」…と感じます。
    しかし、一見さんを常連さんにせえへんと儲かりません。

    「真実の情報」流れてるのに、待合室で何時間も待ち、治りもしない妙薬に金を払い「先生、ありがとうございます」と崇拝…

    いい加減気づかなあかん

    しかし、受付窓口の行列に並ぶのが安心するんだろな…

    • Radiant ♪さん、初めまして、コメントありがとうございます。
      ホントその通りですよね、薬を飲み続けているということは、治っていないのですから誰も治っていないようなものです。
      大多数とは、思考が停止するのでしょうね。

  • マロンさん、貴方の理路整然とした説がわからない人は、気の毒としか言えません。私はハワイに住んでおりますが、今アメリカでは多くの人達がオーガニック、ヴィーガンの食生活を選ぶようになりました。またDr.Axe という若くエネルギッシュな母親が抗癌剤治療で心身ともに崩壊寸前だった姿を見て何とか母親を代替治療で健康にしたいと、栄養学を学び、Holistic Doctor
    になられ、Facebook を使ってたくさんのアメリカ人たちに、食生活の改善、予防医学を啓蒙しています。それとともに、現今の癌治療の悪、巨大製薬会社の恐るべき姿が暴露され大きな批判にさらされてきました。皆フェイスブックを通して世界中に発信されています。
    私も、医者から嫌味を言われるくらい、様々な検査という検査、予防接種を拒否してきました。自分の健康は、自分のインテリジェンスを駆使し、納得行く素晴らしい情報と正しい食生活で守り、維持してゆくときめています。良いと言われる事は、できる限り取り入れ他の人達にも伝え、健康に対する多くの人達の意識を改善し、高めて行きたいと思っています。なぜかというと、ここハワイにはマロンさんが驚くほどの肥満体の方、そして、多分肥満から来た糖尿病の結果足を切断された方、が大変多く、何故こんなになっても肥満を何とかしないのかと本当に思うは情けない状態を毎日のように見ているからです。医者は何故この人達に正しい食生活を指導しないのか、それは、医者地も生活がかかっているから、患者に健康になってもらうと困るからです。幸いなことに、私が直接一緒に働く女性6人中4人は、私と同じく”食べ物こそが薬である”という考え、5人目の
    人はそれは解っているけれど医者と投薬を頼りにする事を辞めない人、6人目
    は、全く関心がなく、未だに甘いものとアルコールを辞めない人です。
    私は現在74歳、一度リタイアしましたが専門職なので働ける間はまだ働きたいと思っています。
    マロンさんのこの記事はイギリス在住のフェイスブックフレンドから送られてきました。こうして、益々多くの人達に伝わってゆく事を願っています。
    最後に、正しい食生活、健康な食品に対する意識がアメリカ大きなウネリとなり6っのスーパマーケットとコスコという大量購入用スーパーがオーガニック食品スーパーになることが決定したという時にアメリカ国内では、約。60人の代替医療推進医師、栄養学専門医、栄養アドバイザーたちが行方不明、謎の死、突然死を遂げています。製薬業界のマフィアによる暗殺だという事は、誰もが思っていることですがいまだにFBI は真相究明に着手する様子はありません。またデンマークは国内で販売される全ての食品がオーガニックになった世界初の国となりました。つい一週間前の事です。以上です。

    • 貞子さん、ハワイからはるばるありがとうございます。
      Dr.Axe氏は、僕も記事に取り上げたことがありました。素晴らしい方ですね。
      時々テレビで海外の肥満の方が映りますが日本のそれとは桁が違いますね、本となぜここまで放置するのか意味不明です。
      肥満の増大と医療の放置治療は、まさに歪んだ社会構造、狙い通りの結果だと思います。
      庶民自身が根本的に気付いてよい方向へ動かないと先はありませんが、洗脳が成功しているといえますね。
      しかし、理解者も多いのですね、社会全体が良い方向へ向かうことを切に願います
      本質を追求するひとは、行方不明ですか・・・これとおなじですね。
      http://maron49.com/4800
      何処の国も侵されてますが、デンマークはそうなんですか、また調べてみたいと思います。

  • 自分で興味を持って
    自分で調べる

    自分の体に入るものですから

    良い情報ばかり
    ありがとうございます。

    周りに抗がん剤を使ってもそのあと健康な方もいらっしゃるでしょう。
    ガンが増えつづけるのは何故?
    それも思うでしょう。
    そう思えば自分で調べれば良いのですよね。
    きっかけをいただいてるんですから。

    ガンが出来なければ即死だった・・
    ガンは浄化装置

    そこからどうしていくか?ですね

    それも調べて見ましょう。
    自分で


    読みました。

    うちの母も乳癌でした。
    痛み止めだけ貰い
    後は自然食に

    三ヶ月の余命を
    二年に伸ばし
    穏やかに召されました。

    綺麗な寝顔でした

    私もそこから数年たち
    今は
    自分の体をケアすることを知りました。

    血液を変えるのは自分
    生き方を見つめ変えるのも自分

    偉そうな事を書いて居るかも知れません。
    これからも読ませて下さいね。

    • まるやまさん、コメントありがとうございます。
      その通りですね、疑問を持って調べることが最も大事だと思います。
      疑問を持って調べることとは、実は自分の持つ一般的な知識を自分で否定することに成ります。
      ほとんどの人は成人して年を重ねるごとに何の根拠も無いのに自信満々になり、自分の知識をリセットしなくなります。
      そこに気をつけていれば大丈夫だと思います。

    • るちあさん、これは、僕も十分ありうることと思います。
      お笑いの宮迫氏はガンの手術のあと、がん保険のCMに出ていました。
      たまには、こういうこともしているのかもしれませんね。

      • 十二分にあり得ますね。

        なにしろ派手に結婚報道したとある芸能人カップルが、実は大嘘……なんですから。
        マスメディアを使って発表すれば、人を騙すのなんて簡単なことです。
        バレそうになってもTwitterで偽情報を拡散させて煙に巻きますしね。

        お金を出せば偽Tweetする人は山ほどいますし、芸能リポーターも、さも自分たちが調べてきたように言いますが、黒幕の指示通りのことを言ってるだけの嘘つきたちです。

        信じると馬鹿を見ますね。

        • るちあさん、ほんとその通りですね。
          洗脳そのものです。
          メディアで似非情報を一気に流せば国民を瞬く間に騙せます、だからあれだけの高額報酬が出せるわけですね。
          手口も進化しているようですね。

  • やっぱりです。
    私は聞いた時から感じてました。
    その後17億もの借金があるという事を知り、確信しました。

    アフラック、ブラック過ぎです。
    NHKと同じ、契約している方は早速解約してくれたらいいなと個人的に強く思っています。

    • ねこまんまさん、そうですか17億も。
      以前から怪しい広告を出していましたし、コマーシャルも出すぎな感があります。
      上は同じですね。

  • 抗がん剤治療で死ぬなら抗がん剤治療を進める医者は殺人鬼と等しい存在?

    抗がん剤の致死率が100%なら国立ガンセンターはまさに、殺人鬼の集まる悪魔の城という事ですよね。

    そんな殺人鬼がのうのうと生きてるなんて恐ろしいです。

    今すぐ全員処刑する必要がありますね。

    • クレイマーさん、そうですね、ガン死は年間37万人も亡くなられていますが医療側は誰一人責任はありません、法で上手く守られています。

  • 手術・抗ガン剤・放射線という「治療」をしないと「指導」みたいなのが入るみたいですね。点数貰えないとか・・

    孫が3歳検診で血尿が出ててIgh腎?という疑いが指摘されたそうで「生検」を受けるという連絡が来ました。
    5日間かかるという事でした。

    私としては腎臓に関して「電解質」を正常にすれば治ると言いたいのですが以前「医療」に関して絶交状態になった事があるので慎重に行動したいと思います。

    • 失礼します。
      血液検査以上にあいまいでいい加減なのが尿検査です。血液の色はあまり変わりませんが、尿の色なんて状況によって全然違います。普通朝一の尿は濃いですよね、でもスギナ茶飲んだ後や、ビール飲んだ後にシャーって出るおしっこは透明です。尿検査なんて濃度測ってるだけですよ、そもそも尿に血液が混じっているのは当然です、だって尿は腎臓が血液中の尿素を濾し摂ったものです。
      小さな子供は代謝が良いので、特に夏場の朝一の尿は濃くなります。朝一番の尿の強烈なのは僕も飲尿により体感しています。とにかく、腎臓生検は避けたいですね、3歳の子にしては負担が大きすぎます。なんとか尿検査再検できませんか?一番尿ではなく、良質な水分、出来れはスギナ茶を飲んだ後の尿にしてください。
      ちなみに僕は受けたくもない職場の健診で尿検査なんか引っかかりまくりでした。尿蛋白3+なんていうのもありましたが、数日後の再検査では通常でした。
      なんらかの自覚症状がある肉眼的血尿ならともかく、自覚症状のない顕微鏡的血尿なんてなんの問題もありません。
      この国の泌尿器科、腎臓内科は本気でヤバイですよ。
      失礼しました。

      • チキンガイさん コメント下さりとても嬉しいです。
        本当にありがとうございます。
        私に何が出来る、どうすればチキンガイさんの言葉を伝えられるだろうか・・ずっと考えていますが頭の中をグルグル回ってるだけで・・・ここにきてまるさんの気持ちがわかるような気がしています。
        確かに私達の認識の方が正しいという確信があるのにいちばんわかって欲しい人に受け入れてもらえないのは辛いです。
        次男夫婦はふたりともに病院勤務で自分の仕事を誇りに思っています。「ワクチン大事」と言ってます。「顔も見たくない」とまで言われた事があって正直な話ビビってます。
        険悪にならずに医療の話をするのにはテクニックも必要と思いますがどう進めればいいのか・・

        • ねこまんまさん、
          先程の自分の、2016年9月27日 1:47 PMと、
          2016年9月27日 4:23 PMのコメントは、
          元々1つで、1度に投稿できないので、2つに分割しました。
          連続投稿しようとしたのですが、
          1つめを投稿した後、あなたのコメントは承認待ちです。
          の表記と投稿コメントが表示されなかったので、
          投稿されていないと思い、
          マロンさんにコメント投稿代行をお願いした後に、
          この記事を閲覧したら、自分の1つめのコメントが反映されていたので、
          自分の1つめのコメントへの、ねこまんまさんの返信を、
          読んだ後に、2つめのコメントを書いて投稿した訳ではないと、
          説明するためにこのコメントを書き込みました。

        • 続きです。
          ここまで書いておいてなんですが、
          息子さんに実行しない方が良いと思います。
          余計に関係が悪化すると予想します。

          洗脳を解くのは難しいです。
          教祖様にツッコミを入れるページ
          http://tukkomi.takara-bune.net/index.html
          上記のサイトは精神世界の洗脳に関するサイトですが、
          世の中の常識と呼ばれる物も同じですね。

          River Of Life~人生とは川のようなモノ
          :(思考停止)B層はあなたの近くにいる(依存)
          http://blog.livedoor.jp/adam_2021/archives/1855048.html

          B層が行列をつくる店 氾濫するB層鮨屋日本をダメにしたB層の研究
          【第1回】() | 現代ビジネス | 講談社(1/3)
          http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34702

          バカの壁
          http://www.suzuya-k.co.jp/bakanokabe.html

          ベストセラー「バカの壁」が現代に教えてくれること
          http://rbs.ta36.com/?p=26409

          教育現場の闇を写し出したアニメ|世界の裏側ニュース
          http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12080999547.html

          ダニング=クルーガー効果
          で、グーグル検索

          目明き 電通
          で、グーグル検索

          どう伝えるか、聞く耳を持つか、は、すごく大事だと思いますが、
          現実はなかなか上手くいかないケースが多いのではないでしょうか。
          自分も家族に理解されません。
          自分はもう理解されるのを諦めています。
          簡単に諦めないのも大事ですが、
          諦めも肝心だと経験から痛感します。

          他人へ耳に痛い話をするときは | Books&Apps
          http://blog.tinect.jp/?p=4898

          嫌われたくないから誰も本当のことを言わない : 好きを仕事にする大人塾
          「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ
          http://kasakoblog.exblog.jp/13993289/

          耳の痛い話は宝:スピーキングエッセイ
          http://www.speaking-essay.com/jingu/000105.php

          As I Am. | 成長したいヤツは、耳のイタイ話をする人を見つけろ!
          http://value-design.net/wordpress/?p=5619

          聞く耳を持たない人の態度は自信がないことの裏返し、対応法
          http://communication-relationship-skill.com/post-4902

          知的であるかどうかは、五つの態度でわかる。 | Books&Apps
          http://blog.tinect.jp/?p=16095

          暗い話になってしまいましたが、良い方向に行くことを願っています。

        • ねこまんまさん、
          息子夫婦さんを説得するのは難しいかもしれないですね。
          息子さんのお嫁さんは、可能性があるかもですが。
          女性は、良くも悪くも影響を受けやすいのと、
          食事や、美容に関心がありますが、
          男性は、プライドと頑固が邪魔をして真実の情報を受け取りにくい
          傾向があるように思います。

          息子夫婦さんは医療関係者との事ですが、
          確か、息子さんは精神科にお勤めと記憶していますが、
          精神医学の闇、真実を知ったら、とても仕事に誇りを持てませんよ。
          何年も通院しても治らない患者さん、
          家族に見捨てられ何十年も病院に入院している患者さんが、
          ほとんどではないでしょうか?
          完治した患者さんはほとんどいないはずです。
          いても、軽度から中程度のうつ病の人で、
          薬で治ったのでは無く、十分な休養と栄養、運動による、
          脳機能の再生によるものが治った原因のはずです。
          薬が効いたのではなく、思い込みによるプラシーボ効果です。
          抗癌剤と精神科の薬は、製薬会社のドル箱商品です。
          原料は石油で原価は格安で、
          ボッタクリ価格で販売して巨額の利益を上げています。
          だから、医療関係者の給料は高給なんですよ。

          抗うつ剤の功罪、と言うみすず書房から出版されている本と、

          抗うつ剤の功罪
          で、グーグル検索

          抗うつ薬の功罪―SSRI論争と訴訟
          : デイヴィッド ヒーリー, 田島 治, David Healy, 谷垣 暁美 : 本 : Amazon
          https://www.amazon.co.jp/抗うつ薬の功罪―SSRI論争と訴訟-デイヴィッド-ヒーリー/dp/4622071495

          抗うつ薬の功罪:みすず書房
          http://www.msz.co.jp/book/detail/07149.html

          精神医学、一刀両断!!!
          http://blog.livedoor.jp/psyichbuster/
          上記のサイトのURLと、

          YouTubeで、

          PSTYPE

          horae123

          太郎医学

          hibinogenjitsu

          のキーワードで、検索して出てきた複数のチャンネルを、
          4K Video Downloader
          | PС、 Mac、Linux用無料動画ダウンローダー | 4K Download
          https://www.4kdownload.com/ja/products/product-videodownloader
          で、ダウンロードしてUSBメモリにコピーして、
          息子さんに渡してみてはいかがでしょうか?

          息子さんの仕事への誇りを木っ端微塵に吹き飛ばす威力がありますが、
          息子さんは怒って否定して受け入れないと思います。
          何故なら、受け入れたら、今までの自分を否定することになるからです。

          • コロイドさんありがとうございます。

            でもさすがにそれは出来ないです( ; ; )
            そのうち気づいてくれる時が来る・・・

            見たくないうちは目の前にあっても見えない
            見たくないけど見えたしまった! という事がそのうち訪れると思うんです。普通に生活してたら気づくはず・・・だと

            何とか生検は見送る事になりました
            それだけで今回は感謝・感謝です

            ここに来てて本当に良かった
            ありがとうございます

        • ねこまんまさん、身内が理想してくれない苦しいお気持ち痛いほどわかります。僕も今現在苦しんでいますが、これはまるさんや他の仲間たちも同じかと思います。
          息子夫婦さまを頭ごなしに否定するのは逆効果です、ヒステリックに反論されるだけです、カルト教祖を否定された信者と同じですね。カルト信者は少数派ですが医療信者は多数派なのでさらにタチが悪いです。
          言葉よりも身を持って証明するしかありません。例えは僕は実家に帰った場合朝ご飯、昼ご飯は出されても絶対食べません。10km以上離れていますが、基本歩いて行きます。そしてなんといっても自分自身の健康ですね。とにかく地道に時間をかけるしかありまさん。
          ただ今回の場合可哀想なのはなんの罪もない小さなお孫さんなのが・・・生検は避けられないみたいなので、なんとか良い結果が出ることを祈っています。
          息子夫婦さんは医療関係者ですか、もう完全にバイアスに陥った状態ですね。しかし医者や放射線技師は胃バリウムやマンモグラフィ検査を受けない事実はご存知のはずですけど、そこらあたりから切り込んで行ければとも思いますが・・・逆効果かもです。
          Bさんの説得については僕も力不足で申し訳ありません。ただ苦しんでいるのはねこまんまさん一人ではありません、あなたの苦しみはここに集まる仲間達みんなの苦しみです、これからもよろしくです。

          • 先ほど次男嫁から電話があり、「心配なので血清検査してもらった結果クレアチン・アルプミン共に大丈夫だった」と。
            勢いづいた私は「小さい子は代謝が激しいからそういう事もある、小さいからもう少し様子を見てからでもいいと思う、朝イチのおしっこは何でも出やすいから10時頃に行く、風邪気味とか疲れている時に行かない」とまくし立ててしまいました。そしたら「今まで何回か検査してて、この前風邪気味の時血液反応が出たけどその前の元気な時は出てない」「でも朝イチに来てくださいとか言いますよね」と・・・本当にチキンガイさんのおっしゃるとおり『腐って』ます。
            病人を作るのに余念がない態度まる分かり
            で、電話の本当の目的は減塩の料理を教えて欲しいという事でした。なので「減塩するよりこの前送った皇帝塩を摂るといいよ、結果出てるし」と 言うと「わかりました」と言ってくれました。お惣菜とかマメに送って信頼関係を作っていこうと思います。小さい子ふたり抱えての共働きは本当に大変だし手作りの料理は思ってても出来なかったりでしょう(まんまこれこそが敵の狙いですね)

          • ねこまんまさん、減塩を崇拝していた人に全く反対の増塩を勧めて素直に納得されてますでしょうか?
            特に息子さんのお嫁さんですので遠慮してねこまんまさんには、本心を言っていないかもしれません。
            ホント、何でもお話しできる環境作りが大事ですし、ねこまんまさんの態度で大きく変わると思います。
            是非良い信頼関係を築いて息子さん家庭へも上手く健康生活へ導いてください。

    • ねこまんまさん、尿路感染かもしれませんが、塩分ミネラルが不足している可能性が高いです。
      最新の記事の食事についても参考になると思います。
      医療で何をされるか分かりませんので、慎重に見守ってあげてください。

      • マロンさん温かいお言葉ありがとうございます。
        チキンガイさんから頂いたコメントと鈴木さんのブログ(腎臓病が塩の摂取で改善した)をコピーしてラインで送りました。息子とはまだ話してないのでわかりませんが嫁は大丈夫な気がします。たまたま朝イチにお赤飯送ったので機嫌が良かったかもです(笑)「お母さんのお赤飯、あんなに美味しいお赤飯は初めて食べた」とこれは本心のようで孫がお赤飯大好きなので余計嬉しいみたいです。私の煮物も孫達が喜んで完食するのでこの線で攻めていこうと思います。焦らずゆっくり誠実に。。です^ – ^

  • 抗がん剤を使えば自然療法するより早く死ぬんでしょ?

    抗がん剤で生きながらえてる人もいるし、もし自然療法で一週間もしないで亡くなったらその責任あなた取れるんですか?

    • ヤマトさん、年間37万人ほどの方がガンで亡くなられてます。
      その中でほとんどの方は抗がん剤をされてると思いますが、その圧倒的な責任は医師が取っているのでしょうか?
      病気治療は最終的には自分で選択します、悔いの無い選択をされて下さいと申し上げてるのです。
      貴殿が抗がん剤がお好きなら、そちらを選択されれば良いと思います。

      • 何言ってんの?

        抗がん剤は使うな・100%抗がん剤で死ぬって、これ明らかに洗脳や誘導でしょ。

        抗がん剤のデメリットばかりを連ねてメリットの事は一切書かないし、そもそも抗がん剤で100%死ぬだ一ヶ月もあれば自然療法でなんとかなるとか客観的なデータも示さない。

        それが真実ならそのデータを書いたらどうですか?

        客観的なデータも無いのに言ってるなら基地外と変わらないよ。

        それこそどこかの企業やら団体やら宗教じみた業者によるヤラセと取られても文句言えない。

        • ヤマトさん、世の中に沢山あるヤラセと取って貴方がそう思えばそれでいいじゃないですか?
          くだらないブログだと思ったら即閉じればよいだけです。
          記事は、皆さん、自己判断されてます。

          • いい加減認めなよ。

            データも根拠なく口からデマカセの嘘を言いまくった詐欺師ですって。

          • 嘘だから答えられなくて逃げるのですか?
            データも無いから口からデマカセ言ってるから逃げるのですか?

            いるよね~こういう人。正義感面して批判ばっかするのに証拠や客観的データを出せと言うと反論出来なくなって逃げる奴。反論出来ないならデマカセ言わなきゃ良いのに。

          • ヤマトさん、ですからデータの無いデマカセと思えばそれでいいじゃないですか?

  • 明らかにパニックに陥った典型の方が出現してますね。心の底から可哀想だと思います。
    今までの自分の常識を覆す情報はむしろ有益、それをどう考えるかは自己責任なのが当たり前ですか、B層はパニックになります。情報処理能力が著しく欠落しているのでしょうね。ですので自分を責める前に提供者に対して攻撃的になります。それは僕も何回も経験しています。まあ普通に考えたら、興味がなければコメントしなければいいだけですけど、コメントするということは、何らかの興味があるのでしょうね。例えると恋愛経験がない変態がストーカー化するのと似ていますね。
    このコメントを公開するかどうかは全てマロンさんにお任せします、なんせ僕は勝手に居心地がよくて貼り付いているだけです。もしも居心地が悪くなったら勝手に出て行きます、まあそんなことないでしょうけど、失礼しました。

    • データも持ってなく因果関係も証明出来ない詐欺師の年寄り老害の歯科技工士を盲目的に崇拝してるおまえみたいな信者のがよっぽど可哀想だよw

      • わざわざ返信どうもです。
        興味持っていただけましたか。
        お気持ちよくわかります、僕も脱却する時はかなり攻撃的になりましたから、今では恥ずかしいばかりですが。
        不思議ですよね〜、嫌なら関わり持たななきゃいいだけなのに、何故かBから脱却する時って本物の詐欺師に自らかかわろうとするのです、僕がそうでしたから、データも何もないですね。
        あなたの攻撃的な恥ずかしい文書は過去の無知の自分を見ているようで懐かしくある意味微笑ましいですね。

  • いい加減認めなよ。

    データも根拠なく口からデマカセの嘘を言いまくった詐欺師ですって。

    なぜ自分が詐欺師だって認められないのかな?

    • 「ヤマト」さん、「数字」さん、「医者は殺人鬼」さん、同じIPアドレスですね。
      何でそんなことをするのでしょうか?
      チキンガイさんが冷静に代弁してくださいました。(ありがとうございます)
      詐欺師は金品を奪いますが、私は金品は一切奪わない詐欺師です。
      気が済みましたでしょうか?

  • 私の家族ゎ抗がん剤を使用した為に新たな病名を頂きました。病院の先生が抗がん剤の副作用で新たな病名が加えられました。とハッキリ言われました。病院の治療ゎリピート治療だと私ゎ確信してますょ(^.^)  そう言えば…。[詐欺師]←この言葉を好んで使う人ってアッチ系の人達に多いですね(笑) 

  • やめてください
    いやなら
    来ないでください

    あなた方の恐怖は
    自分で克服するしかないでしょう・・・・^^

  • マロンさん♪時間の無駄なので相手にされない方が良いですょ(“⌒∇⌒”) 証拠を出せだのデータを見せろ、挙げ句の果てに[年寄りの老害]とか[逃げるのか??]コレを繰り返しインコみたいに言う人達って放射能が大好きで頭が放射脳化してる方々が多いらしい(^.^)
    あ。コメントの削除ゎマロンさん♪にお任せします(*^^*)失礼しました♪

    • その情報が真に正しい物か知りたいと思うのは悪いことなんですか?

      間違った情報で取り返しのつかない事になっても遅いんですよ?

      命は失ったら戻って来ません。

      自分と同じ意見じゃないと放射能が好きだの頭がイかれてるだのまるで中国や北朝鮮と同じ人種ですね。

  • マロンさん、初めまして。
    私は、40過ぎから20年来の不整脈の持病があり、発作のひどい時など目まいや吐き気も伴い4~5日寝込んだこともよくありました。病院嫌いなので、不整脈で一度、MRIの検査をしただけです。結果は腎臓結石が見つかりましたが痛みもないので放置しています。昨年11月にすぎな茶から、このブログに出会いました。今まで漠然とした健康に関する知識が、マロンさんのブログで学び、目から鱗でスッキリ整理できました。
    昨年12月から麦飯石の水、今年6月からは、MMS2と卵醤を始めました。すぎな茶を飲みだしてから、いつのまにか不整脈のバクバクが出なくなりました。たま~に不整脈が出そうで出ない程度です。そして、肩と肩甲骨の凝り、歯茎の腫れ、抜け毛、踵のひび割れ、尿漏れ失禁、腰痛、膝痛、手足の関節痛など効果覿面です。痰は毎日出るようになり、目まいや吐き気はいつのまにか消えていました。先日、10か月ぶりに不整脈の強い発作が起こりました。とっさにマロンさんの「卵醤は不整脈に即効」の言葉を思い出し、ただちに卵醤を飲んで時計の時間を見て横になりました。
    なんと、10分も経たずにバクバクが治まりました。これにはびっくり、
    まるできつねにつままれたようで非常に興奮しました。小躍りしたくなるような気分でした。マロンさんのブログのおかげです。感謝します。
    発作の原因は3~4日前から無理をしており睡眠不足も重なったためだと思います。

    • マギーさん、ありがとうございます。

      数字さん、データなんてありませんよ、マギーさんのコメントなどのように生きた体験談が主体で方向性を決めています。
      データ重視されるなら、こちらの負けですね。医療を受けてください。
      チキンガイさんのコメントも大変冷静に貴方を見ておられます。

      • それなら断定的に書かれてる部分は危険ではありませんか?

        必ずしもそうなる訳じゃない人だっているわけですよね。

        抗がん剤で助かっている人もいるのにそれを洗脳と書かれてますが、もしこれを読んで抗がん剤治療を止めて亡くなってしまった人がいたら間接的にその人の死を早めたという事にもなると思います。

        自分で判断と言ってますが、明らかにこの情報自体が断定的で全て悪い・死にたければ抗がん剤治療すれば?と促してるようにも見え、抗がん剤治療を選んだ人や進めた人は洗脳されてると言ってるのと同じに感じます。

        私の言ってることは間違ってますでしょうか?

  • あの、低レベルなコメントは無視で、いいかと思います。
    20歳を過ぎたら、責任は全て自分がとります。
    簡単なことですがね…。

  • 知恵袋や色々な質問サイトで聞いても詳細なデータが出て来ないんで、教えていただきたいのですが。

    抗がん剤治療は100%亡くなるというその根拠の具体的数字を示してください。

    【余命1ヶ月もあれば、十分に血液を綺麗にする時間があり、癌は、みるみる縮小していく】

    とあります。

    これも余命一ヶ月を宣告された人で抗がん剤治療を行って食事療法などを行わなかった人と、抗がん剤治療を行わず食事療法を行った人との死亡率を具体的数字にして示してください。

    • ヤマトさんが
      いつのまにか
      数字さんになって
      教えて下さいって
      自然の流れですね
      当たり前ですね
      抗がん剤には
      はっきりと
      毒薬
      って標記している
      事実を
      認めればいいだけなのに

  • というかガンになったら抗がん剤なんてやらないで自殺すりゃあ済む話だろ。

    ビルの上でも地下鉄でも飛び込みゃいいよ。

  • ごめんなさい

    見てられれません

    数字 って なんですか?!!
    10進法 60進法 いろいろ ありますねぇ

    人間が決めたって思ってますか 大間違い!!
    「下手人」が我々に 押し付けたんですよ!!
    下手人=宇宙人 ですねぇ・・・ ^^

    たぶん アンタがたは く●ん式で やってきた人間で
    収まり所が決まらにと 気が済まないのでしょう

    これ以上絡むと 止め サシます

  • 横から失礼します。
    抗ガン剤の『事実』を知りたいのなら、広島県大久野島(別名 毒ガス島)で毒ガス製造に従事していた人達(健康な人)の生体に、どういう病気・症状が発生したのか?
    について調べては如何でしょう?
    抗ガン剤が、マスタードガス(イペリット)から派生している事は知ってますよね?

    抗ガン剤は、○○剤○○薬など 表面のハリボテだけ変えて、あたかも新たに誕生したかの様に錯覚させてますが根底・根本は全て同じです。
    ※生体への、猛烈な発ガン性・軽症~重症(致命的な)様々な病気・症状の発生・細胞毒性等、どの抗ガン剤も結局同じですよ。

    それでも信じられないのなら、抗ガン剤の臨床試験の根幹・大前提を知れば良いでしょう。
    ※抗ガン剤の臨床試験に使われる『ガン患者』は、病院のガン治療法で生体が ボロボロになり手の施し様がない『ガン患者』が使われます。
    ※その生体には、それまで病院のガン治療法で受けた累積毒性・累積後遺症が蓄積されているのです。生体内の状態は最悪です!

    さて、その抗ガン剤の臨床試験に参加する『病院のガン治療法で生体がボロボロのガン患者』と、ガン患者になってから病院のガン治療法は一切せず、マロンさんブログの内容を実践する『ガン患者さん』どちらが長生きすると思いますか?
    ※抗ガン剤の臨床試験において、今まで一度たりとも『病院のガン治療法で生体がボロボロのガン患者』と『病院には診断だけしてもらいに行って後は自分で治すガン患者』の比較試験など一切、行われていません!

    ※抗ガン剤の猛烈な害は『健康な人間の生体』にも『ガン患者の生体』にも同じ様に発生します。
    長文失礼しました。

  • 重要! 重要! 重要 !
    ひょっとして
    今回の炎上 なんか 怪しい・・・
    失言を 取り立てて なんか
    やられそう・・・・
    ここだけの 話・・・
    下手人 らは 頭 いいから・・・・
    私の さきの コメントは 削除していいので
    この レベルで 警戒して 下さい!!!!!!

  • 皆さん、ありがとうございます。助かります。

    数字さん、そもそも余命〇ヶ月なんて本来はわからないのです。
    でも抗がん剤の投与をしていくと大体の余命日の見当がつくのです。

    この動画を見てください。
    >抗がん剤治療を選んだ人や進めた人は洗脳されてると言ってるのと同じに感じます。
    この答えがわかると思います。こういった医師もおられるのですよ。
    http://maron49.com/459

  • あのう、もうやめませんか?
    ポジティブにいきましょうよ。
    そのネガティヴな言葉が、病気をもたらすんじゃないでしょうかね。なんか、やだやだ。やめましょ。こういうの。

  • マロンさん今日は。発酵大好きなのりピーです。不愉快なコメントでお疲れ様です。
    抗がん剤の点滴が血管外に漏れると、腫れがひどく迅速な処置が行われないと壊死することもあると聞いています。なんと、オソロシイその薬が身体を巡るんですよね。そんなことを考えるとガン保険やめました。手術も怖すぎる。私、若い頃OP室看護師をしてました^o^ 自分の生き方や死に方自己責任で、他人の意見を聞いても自分で決めましょうね〜

  • 他の質問サイトによる回答一覧

    ・抗がん剤治療で助かった人はいないんですか?
    聞いたこともありませんか?
    治療の苦痛にも耐えて生き延びた人のドキュメンタリー等を何度も見たことがありますが、それも全て嘘ということでしょうか?
    そのブログの執筆者は、嘘だと断言しているようなものです。
    私はそういう番組を泣きながら見ました。
    私も負けちゃダメだと思いながら。
    そんな私も、テレビ制作者から騙されている・洗脳されているということでしょうか?
    そんな非道な人間たちがこの世の中の大半を占めているということでしょうか?
    本当にそうなら、私はそんな世の中では生きていたくありません。
    パニック障害なんて癌に比べれば大したことのない症状でしょうが、生きていたいから発作が起きても通勤し続けたし、ガードレールにしがみついて近くの自販機まで栄養補助ドリンクを買いに行きました。
    大型トレーラーに轢かれて生死の境をさまよった父がこの世に踏みとどまってくれることを願い、父の笑顔を見ることが出来た時には心の底から喜び、医師を筆頭にした病院スタッフに感謝しました。
    鬱病で介護状態になった母が自殺の疑いのある死に方をした事実を引きずりながらも、私は自殺だけはすまいと固く決めました。
    それらも全て、無駄骨だと言われているようにしか思えません。

    医療行為が自由に行える国では、抗がん剤治療は当たり前です。
    将来的には別の治療方法が確立されるでしょうが、私たちはこの時代に生きているんです。
    それも何十年と続けられてきた治療法です。
    それを否定するということは、他の医療行為も全て否定されるべきでしょう。

    別の視点から言えば、抗がん剤治療が100%ではないことは私も「そうだろうな」と思っています。
    患者の負担を少なくするための内視鏡手術なども、全てがその通りになったりはしません。
    私の母の胆のう結石も、内視鏡では取り出せず、結局は開腹手術となり、6時間に及ぶ手術となりました。
    もっと上手な医師なら内視鏡で何とか出来たのでは?と思ったのも事実です。

    でも、医療行為も人間のすることです。
    美しい音楽も、眺めるだけで涙が出るような絵画も、人間が作り上げたものです。
    医者は暴利を貪っていると言われますが、全ての医師が高給取りではありませんよ。
    眠る時間も家庭を顧みる時間も無く、薄給で働いている医師もいるのは確かです。
    そんな人たちが、そのブログ執筆者が言う無駄な抗がん剤治療に尽力しますか?
    それも洗脳だとあなたも思うのでしょうか。

    万が一、私が生きてきたこの50年弱の世界が洗脳による妄想世界だというのが真実だとするのなら、私は洗脳されたままでいいです。
    私のこれまでの人生における経験…様々な感情を伴ったものであり、人から裏切られた事実も含めて、捨てようとは思いませんから。
    自分が実はロボットだったとしても、宇宙人に支配されていたのだとしても、私は私であったと信じられる人生を送ってきたので、それだけでいいと納得できる確信があります。

    もちろん、あなたが何を信じるかはあなたの自由です。
    後悔のない選択をなさることを願っております

    ・もし本当ならノーベル賞受賞です。
    医学会が驚愕 画期的方法だと絶賛するでしょう。

    しかしながら評価を受けてないということは眉唾 残念ながら ありえないということです。

    ・>癌は毒素を溜め込んで排毒している『排毒装置』でもあるのです。

    体内の外に毒素を排出しているのなら、汗や尿や便検査でも癌があるかどうかわかるはずです。
    同一体内の別の臓器等に『転移』させていることを排毒とは呼べないでしょう。

    お辛いのはお察ししますが、こういう詐欺や病的な妄言に引っかかって、効果が出ないことに気付いた時には全財産を失っていたというケースは、過去にもいくつもあったはずです。

    ・血液をきれいにしたら、癌細胞はさらに元気を出して活発に分裂して死期を早めるんじゃ?
    癌細胞は正常細胞を駆逐して増加することをお忘れなく。
    癌細胞の増殖を抑え、正常細胞を助けることを医学会は考えているんです。
    民間療法は新興宗教とならび、利益を上げることが目的では?
    (医学的・科学的に無意味、と断定できないものは何でも”効く”と勧める)
    そんな簡単なことで癌が制圧できるのなら、重粒子線など複雑で高価な装置をわざわざ考えませんよ。
    あと、血液の癌であれば自分の造血細胞を放射線で殺し、他人の骨髄を移植することはしていますよね。
    造血細胞が原因で無いのに、どこの病院で無意味な「血液全取っ替え」をしますか?
    意味が無ければ保険の適用にもならないだろうし。
    (美容整形外科みたいなもの)

    • 数字さん

      一体何が言いたいのでしょうか?
      信じるも信じないも自分しだいと、皆さんがおっしゃっている意味を理解できないのでしょうか?

      どんな治療法を選択するのかは自己責任です。
      医者が決めるのでもなく、もちろんマロンさんが決めるのでもありません。
      いろんな情報の中から、自分の目で見て、自分の頭で考えて、決めることです。

      私の母は大腸の内視鏡検査で腸に穴を開けられて人工肛門になりました。
      検査を受ける前に、事故は年に1件あるかないかと説明されて安心して、検査の同意書にサインしました。
      まさかその1件に自分がなるとは誰が思うでしょう?
      データなんて何の役にも立ちません。
      99%成功だとしても、失敗の1%に自分がならない保証なんてないんですよ。
      データなんて無意味です。

  • この世の中が私達が思ってきた(教えられて来た)認識とまるで正反対だったという事を認められない(認めたくない)と頑なになるのは何故なのかな
    私は毒物である塩化ナトリウムを「食塩」という名称をつけている時点でこの世のカラクリを見破りましたよ(( _ _ ))..zzz

  • アタスゎ家族が抗がん剤で病気が回復する事すら無く別の病名が増えただけなんで、抗がん剤ゎ使うべきでないと確信してますけどね♪
    抗がん剤を使いたい方ゎ使えば良いだけの事。全て自己責任です。民間療法で亡くなられたのを誰かに責任取れとかの話ぢゃないですよね??そんな事を言い出せば病院なんて抗がん剤で沢山の方々の命を奪ってます。病院や抗がん剤のメーカーが責任を問われたなんて話聞いた事無いですけど??

  • 最近ゎバラエティー番組に医者が出て来て色んな質問に答えてますけど…。自分がガンになったら抗がん剤を使いますか??との質問にNO!と言った方が沢山居たのにビックリしましたけどね??医者が自分で抗がん剤を使いたくないんですから(笑)

  • 皆さん、そしてマロンさん、お疲れです。でもこれって避けて通れない道だと思います。
    それにしてもまさかのヤフー知恵袋・・・誹謗中傷する気はありませんが・・・やはりBさん特有の自分自身で考える能力が・・・あ!これ言っちゃダメなのわかってます、むしろ逆効果ですからね、本人様の考えが変わらない限りどうしようもないですね。
    常識とは偏見のコレクション、これが受け入れられるかですね。
    どーでもいい事ですが、tarzan最新号のGACKTさんのインタビューはなかなかでした。

    • お疲れの皆さんへbyチキさん、ありがとうございます。
      そうですね、逆にキチンと考えられる人にとって、知らなかった情報を知る大きなチャンスだと思います。
      そうですか、機会があればまた拝見します。

      • ついコメントしてしまいましたが、無視すればよかったですね。すみませんm(__)m
        どんな考えにも賛成と反対があるのは当たり前のこと。
        そんなに自分のほうが正しいと誇示したいなら、自分でブログを立ち上げて、自分の意見に賛同してくれる人を集めればいいのに。
        なぜここのブログに粘着するんでしょう。
        ヤフー知恵袋でいくら叩かれようが、痛くも痒くもないのにね。┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

        • ぱーるさん、遅くなってすみません。いえ、ありがとうございます。
          社会の裏情報には、工作員さんが必ずいらっしゃいます。
          これからも表裏関係なく新しく発見した臭う情報は書いていきますね♪

  • 楽しみに毎日見ていたブログなのに…この頃楽しくないです。ヤマトさんか数字さんか、他へお引越し下さい。
    お願いします。

  • あの・・・・
    ノーベル賞って 前にも書きましたが
    大金と 脅し で・・・
    研究を阻止する システムですよ
    アインシュタインだって インサイダー みたいです

    そもそも 
    火薬と ダイナマイトの 違いを 説明できる人は 
         いません
    立ちあがり そのものが 大詐欺師 だったって
    ショック でしょうね   ^^

    • そあんさん、その通りですね。
      肩書きにとらわれず全てを客観視することが第一ですね。
      彼には、そうなってもらいたいですね。

  • 名前を変えてコメントしてる事を考えてると…。私達みたいに解毒や良質な食料を探し求めてココに来てるって感じぢゃなかったのかも??最初から[彼]ゎココに来る目的が別の事だったように思えますね。

    • ひまわりさん、そうですね、全く別ルートの方のようですね。
      余命1ヶ月の花嫁と検索するとこのブログが1番に表示されるみたいです。

  • 今知恵袋見ました
    悪いけど笑っちゃいました
    知恵袋が向こう側の人だって「常識」
    常識に疎い私でも知ってます
    とんだ茶番劇でしたね^ – ^
    こんなレベルで工作員???

    • ねこまんまさん、その通りですね、直ぐに暴言が入りますし、知恵袋・2ちゃん、ハンドルネーム多用、おして話しが全く一方的です。
      ワンパターンですね。

  • マロンさん、この余命一か月の花嫁の記事が何故荒らされるかわかりました。
    ネットで余命一か月の花嫁と検索すると一番初めに強健ラボの記事が出ます。
    それが多分原因で荒らされているのかと・・。

    • まるさん、そうでしたか、ありがとうございます。
      でも1位表示とは驚きです。
      様々な方がこられるわけですね。

  • コメント承認制なわけですから、明らかに荒らしだと思われるコメントは削除で良いのでは。

    読者のみなさん不快に感じてるようですし。

    • 匿名さん、そうですね、ただその方から大量に来たのでちょっと認証してみました。
      以後気をつけます。

  • マロンさん♪ソフトバンクで日本ユニセフの募金が詐欺っぽい感じで被害者出てますね。募金した覚えが無いのに5000円×2 で1万円がソフトバンクの携帯料金に上乗せされて請求来てる人が居るらしいです。皆さん気をつけて下さいね。引っ掛かると勝手に毎月1万円募金するシステムらしいので請求金額を毎月チェックして下さいね♪

    • ひまわりさん、それは酷いですね!貴重な情報ありがとうございます。
      そんな事をしなくても最初からそういう団体ですしね、油断も空きもありませんね。

  • あああ・・・
    あれって
    現地の関係重役者の
     外車
    になってる気がしますけど・・・・

    あとマロンさん
    私のレビュー・・ ブッシュありがとうございました
    おそらく あと お一方 いらっしゃったかと思います
    ありがとうございました

  • あの金で
    現地の関係機関の有力者が
    新車買って 乗り回してるかな・・?
    って感じです  ^^

  • 問題1)アメリカ政府は1990年、「代替療法に比べて、抗がん剤、放射線、手術のがんの〝3大療法〟は無効かつ危険」と裁定を下した。だが、日本の医学界はこの裁定を無視し続けている。米議会の調査専門部門「アメリカ議会技術評価局(OTA)」が「抗がん剤は、打てば打つほど患者を死亡させる」というレポートを出した。

    アメリカ政府は3大療法を無効かつ危険と裁定を下して「いません」。元ネタは1990年だけで45個もあるOTAレポートのうちの1つであるマクガバン・レポートですが、その中身も「みんな薬や手術に頼りすぎだぜ、栄養の観点から健康を考えよう!」というもので3大療法を否定する話は一切ありません。

    問題2)世界のメディアは黙殺、日本は一字も伝えず

    そりゃあ言ってない事は伝わりません。

    問題3)欧米インテリ層は抗がん剤、放射線治療を拒否、伝統的療法へ。しかし、OTAレポートが発表されて以降、欧米のがん治療分野の流れには、変化が見られた。インテリ層を中心に、抗がん剤や放射線治療を拒否する患者が増え、食事療法や心理療法など、古来の伝統治療に向かっていったのである。その結果、毎年がんの死亡者が、数千人単位で減り続けてきている。

    レポート後数十年にわたり食事指導、禁煙キャンペーン、定期健診の推奨など行った結果です。癌罹患率が下がれば癌死亡率も下がり、早期発見ができればマイルドな治療で済むのは当然の話。

    問題4)がん研究所(NCI)のデビュタ所長が「抗がん剤を投与すると一部の患者に腫瘍縮小は見られる。しかし、がん細胞は自らの遺伝子を変化させ、たちまち抗がん剤の毒性に耐性を獲得してしまう。だから抗がん剤はがん細胞に対して、まったく効力を失う。患者はただ抗がん剤の毒性を被るのみだ。私は深く絶望している」と議会で証言している。

    証言してません。ちなみにデビュタ所長は抗がん剤の多種類併用療法を考案した人物で、2008年には「癌患者の死亡率減小の要因の半分は予防と早期発見、半分は抗がん剤などの進歩」と述べています。
    ttp://cancerres.aacrjournals.org/content/68/21/8643.full

    ちなみにマクガバン・レポートを誤訳した今村光一(故人)ですが、薬事法違反で逮捕暦があります。ついでにいうと大学は文系で、健康食品輸入会社の社長さんでした。

  • ・・・せっかく脱却するどころか暴力的な性格も直せるチャンスだったのに、自滅しちゃいましたね。
    でも僕なんとなくわかります、この国では子供の頃から数字が全てです。くだらない授業、しかもペーパーテストの点数が全て、成人したら今度は一円でも多くの稼ぎを求める、ふざけた健診の数値に一喜一憂、数字さんって典型的な日本社会が生み出した(意図的に生み出された)弊害かと、ある意味被害者ですね。
    出入り禁止は残念ですが妥当ですね、他人に迷惑をかけてはいけない、当たり前のルールすら学んでないのですからね。

    • チキンガイさん、全くその通り、流石ですね。
      支配層が社会に仕込んで目指した「人物象」そのものです。
      今後は・・、数字や法律に決して現れないルールを尊重、つまり「人間」として成長していただきたいですね。

  • 余命1ヶ月の花嫁に感動して、それから疑問が湧き、現在の夫を検索したらこちらに着きました。
    どうしてガンが再発して亡くなる方が多いのだろうと。
    からだは食べた物からできている。 本当に何を食べるかと、排泄の事は
    健康で生きて行くために、とても大切な事だとつくずく思いました。

    • ふくみさん、初めまして、コメントありがとうございます。
      そうなんですね、表社会は、本当に大事なことを隠しますので庶民は本当に考えないと餌食になります。
      まずは気付いて、本当に大切なことをしていくのみですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。