黒焼きとは?

 

穀類、動物、植物などを、空気を遮断して加熱し真っ黒になるまで加熱することを「黒焼き」といいます。

大正時代から昭和の頃、田中吉左衛門医学博士が「黒焼き療法五百種」という書物に、黒焼きの薬用効果を書いたそうです。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

黒焼きとは、昔から伝わる素晴らしい民間療法だったのです。

黒焼きの素晴らしいところは、効果効能は勿論ですが、保存性に富んでいるため一度大量に作れば後は手間要らず、毎日飲むだけ、また急な発病時でもいつでもさっと飲むことが出来る強力な常備薬となる点だと思います。

なれたら何でも作っちゃいましょう!

もう何でも黒焼きで対処できそうです↓

原料 役立つ働き 原料 役立つ働き
 干し柿  歯痛・血尿・痔  ヒネショウガ  胃の痛み
 アカザ  口内炎・のどの痛み  ジャガイモ  胃潰瘍・十二指腸潰瘍
 柿の種  夜尿症  イチョウの葉  ウオの目
 ミカンの皮  風邪のせき・たん・頑固な便秘  ナスのへた  口内炎・歯槽膿漏・気管支炎
 玄米  血液の浄化・食欲増進  ナス  利尿・せき止め
 キンカン  風邪・せき止め  ノビル  扁桃腺炎
 スズナ  下痢  ウナギ  肺結核
 ヘチマの種  のどの痛み  スギの花  花粉症
 レンゲ草  やけど  栗イガ  円形脱毛症
 クチナシ  めまい・ふらつき  カマキリ  切り傷・利尿・ゼンソク・いぼ
 シジミの殻  百日咳  カタツムリ  いぼ・腎臓炎・神経痛・糖尿病
 梅干し  風邪・頭痛・冷え性・下痢止め  にんにく  高度障害
 梅の核  腫れ物  鯛の骨  胆石
 昆布  せき・ゼンソク  鮭  風邪の予防

参考記事

 

黒焼きは、体をとにかく非常に温めてくれます。

冷え性の方には最高ですし、どなたも体温が上がるということは、免疫力が大きく増大します。

特に梅干しの黒焼きの効果は素晴らしく、その効果は未知数、無限大と言ってよいと思います。

花粉症には、杉の花が良いでしょう。

黒焼きの素晴らしい効果効能は、豊富なミネラルにより腸内細菌を圧倒的に整える能力があるのだと思います。

 

黒焼きは、現存する食べ物の中で、陰性(酸化)体質を、陽性(アルカリ)体質に強力に運ぶ威力が最も高い食材の一つといえます。

ガン、ウイルス、放射能は、強烈な陰性、うつも陰性、とにかく体内を陽性にすれば良いのです。

つまり、黒焼きとは、瀕死状態のミトコンドリアを元気に活性させる最高のアイテムなのです。

最近は、そういうミトコンドリアが飛躍的に活性する素材探しに明け暮れていますが、「また発見!」という感じです。

 

基本的な「炭」の効果について

 

炭の排毒性

新陳代謝を促進

安眠効果・自律神経を安定

腸の働きを活性化

体を温める、水毒を除去

電磁波をカット

 

<スポンサ-ドリンク>

 

黒焼きを作る注意点

 

黒焼き」と「黒こげ」は、全く違います。とにかく空気が入ったり、焼きすぎて焦がした場合は、ただの「こげ」で、これはもう使い物になりません。

梅干し1個などでしたら、アルミホイルで3重ぐらいに頑丈に密閉してコンロなどで焼きます。

 

大量に黒焼きを作るときは、密閉性の高い土鍋でも良いですが、僕は鉄鍋をおすすめします。

特にこのステンレスダッチオーブン(SOTO)は、全てが分厚く頑丈に出来ていまして、このようにピッタリと蓋がしまり、重い蓋のおかげで若干加圧されます。

ステンレスをプレスで形成していますので、落としても割れません。

蓄熱、遠赤効果で、煮物、カレー、シチュー、揚げ物など圧倒的に美味しく仕上がります。

蓋の上に炭を置いて上下から加熱する気密オーブンにも成り、その味わいは別格です。

これなら生涯使えますが、ちなみに、おしゃれなルクルーゼは、鋳造鉄ですので、ご覧のように使い込むとホーローが剥がれ錆びが発生しますし、落とすと割れます。

P1090511 P1090515 P1090517

高純度の黒焼を作るためには、加熱温度、時間、空気の遮断方法等々、とても微妙な調整が必要です。 触るとすぐに崩れてしまうものは、加熱しすぎてダメです。

また加熱不足でスギ花粉(雄花)そのものの、 香りや風味が残っていると、期待する働きが望めません。

素材をアルミホイルで密封して、炊飯器の保温機能で作るのも良いかもしれませんね。

 

梅干の黒焼きのつくり方

 

どなたも、健康維持に、毎日耳かき1杯飲みましょう。

【材料・用意するもの】

●3年以上天然塩で漬けた無農薬・無化学肥料の梅干(土鍋の底に一列に並ぶ程度)
●土鍋
●練炭
●七輪(ガスでも可能ですが、土鍋を空焼きしますので非常に高温になります。卓上コンロ・システムキッチンのコンロは使わないでください。シンプルなガスコンロが最適です。)

【作り方】

1) 土鍋をコンロにかけて熱し、梅干はシソを取り除いて汁気を切っておき、温まった土鍋に一列にきれいに並べる。土鍋の蓋をして小麦粉を粘土くらいの固さに練り、蓋を密閉する。

2) 火加減を調整して20~24時間程度(火力による)焼く。火加減は少し遠火で弱めの中火が良い。炎が鍋に直に当たると鍋が割れやすいので気をつける。

3) 1時間ほどたったら一度鍋の蓋を開けて焼け具合を見る。このとき焼け方によっては梅干の位置を変えたりひっくり返したりする。全体に均一に焼けていればそのままで良い。

4) 梅干が全部炭状態になったら焼き上がり。

5) すり鉢に冷ました梅干の黒焼きを入れてすりつぶす。種はとる。

【用法】

梅干の黒焼きの民間療法では……

★生理痛・冷え症・風邪の引きかけ・疲労回復・車酔い・など軽い症状には耳掻き山盛り1杯。

★免疫力回復には毎日少量を続ける摂取をお勧めします。

★食中毒・毒虫に刺されたとき・癌・風邪・インフルエンザなど強い症状のときは茶さじ1杯を症状が治まるまで1日3回くらい。

……以上が一般的な基準ですが、実際には体調を見ながら自分で感じて行くのがいいと思います。何でもかんでもこれがいいと妄信する使い方は良いとはいえません。

民間療法とはいえ、癌が治ったり、原爆症から救われたりする事例はありますが、体を立て直すには一つのものだけでなく総合的にきちんとした知識で行うことが必要です。

お医者様の中にも食事やこういったものを使って治療しているところもあり、ちょっと試してみようと言うレベルで治まらない方はこうした病院で治療を受けることをお勧めします。

【注意】

■39度以上の高熱があるとき・血圧の高いときの服用は逆効果になるので使用を控える。

■猛暑で熱中症になったときは使用してはいけない。(ただし、熱中症は低体温の人や免疫力の弱い人がなりやすく、そういった方は普段黒焼きで体質改善すると熱中症にかかりにくい体をつくることができます。)

 

玄米の黒焼きのつくり方

 

無農薬の品質のよい梅干しはなかなか手に入り難い方はこちらがおすすめです。

「もみつき」はちょっと手に入り難いですね(汗)、なければ玄米でもOKです。

【材料・用意するもの】

●もみ付き玄米1合
●土鍋(できればセラミック)か鉄鍋
●木ベラ

【作り方】

1) 鍋を暖め、もみ付玄米(無農薬のものであればもみ付でなくても良い)を入れて火加減はうっすら煙が出るほどに調整し、木ベラで右回転(右回転は陽性なエネルギーでエネルギーが集まり・左回転は陰性なエネルギーでエネルギーが抜ける)でじっくり煎る。

2) 約2時間ほどへらで回転させながらじっくり煎り、一粒噛んで見て米の芯まで真っ黒に炭になっていたら出来上がり。

【用法】

★ 煎じて飲む・・・土鍋に水1ℓに玄米の黒焼き1合を入れて沸騰したら弱火で水が2割ほど減るまで煎じ、一度漉して鍋にもう1リットル水を入れ同様に煎じて再び漉し、1度目に漉したものと混ぜる。

これを癌などの症状の強い人は1日に1ℓ患者が飲みたいだけ飲む。日常的な体質改善であれば1日湯のみ一杯で十分。

★ 粉末で飲む

【注意】

■ 39度以上の高熱があるとき・血圧の高いときの服用は逆効果になるので使用を控える。

■ 猛暑で熱中症になったときは使用してはいけない。(ただし、熱中症は低体温の人や免疫力の弱い人がなりやすく、そういった方は普段黒焼きで体質改善すると熱中症にかかりにくい体をつくることができます。)

作る事が出来ない人は市販品もあります

ステンレスダッチオーブン 4~5人なら10インチがおすすめ

ステンレスダッチオーブン ハーフタイプ

<スポンサ-ドリンク>

25 件のコメント

  • マロンさん、いつも有益な情報をありがとうございます。
    黒炒り玄米、とっても良さそうですね。
    毎日会社で飲むお茶、これにしようかな、って注文してみました。
    子供達も玄米茶なら飲めそうだし、
    学校には水筒持参なんで、これを入れて持って行かせようかと。
    みんなで極陽性の黒炒り玄米茶を飲んでみようと思います。

    前の記事の黒にんにくも注文して今日届くはず。
    あれもこれも、はいけないのかもしれないけど、
    楽しみながらあれもこれも出来ることはやっていこうと思ってます。

    MMS2も4粒から中々増やせないんですが、
    3粒にして、朝、晩と飲むことにしてみました。
    そしたら1日にすれば4粒よりは飲めてるし。
    体の変化を楽しみたいです。

    • ことさん、そうですね、変な緑茶よりずっといいですね。うちに古い梅干しがあったので、近々黒焼きを作ってみます。
      出来る範囲で結構ですので、ミトコンドリアが喜ぶ良いものは取り入れるほうが良いと思います。
      MMS2はおっしゃるとおり、数を増やすより回数を増やすほうが無理がなくいいと思いますよ♪

  • こんにちは。

    我が家ではお腹を壊した時用に、iHerbで買っておいた炭カプセル常備してます。
    http://jp.iherb.com/Nature-s-Way-Charcoal-Activated-280-mg-100-Capsules/1846

    胃腸のお掃除になるかな?くらいに思っていたら、宿便らしきヤバそうなブツが出たので、黒焼きも同様にデトックスに効き目があると思います。

    自家製でいろんなのを作ると、楽しそうですね。

    • るちあさん、いいですね、炭カプセル。デトックス効果も凄く有ると思います。黒焼きは、腸内環境に相当な良品だと思います。毎日安定して摂取出来るのもいいですね。この記事の表にあるように目的別に作成しておくのもいいですね。

  • 2回目のメールでの相談です。腸の具合が悪いので検査を受けて安心したいと考え、胃腸科での診察のあと、大腸CT検査を勧められていますが、こちらのコメント等で早期発見、早期治療は意味がなく、ましてや色々な検査は体にかえって悪いだけとの記事を見まして混乱してしまいました。自分自身のなかに病院や検査を信じきれていないところがありますので強健ラボに書かれていることを信じていわゆる民間療法で治したいと思いつつも不安にとらわれてしまいます。どのようにお考えでしょうか? よろしくお願いします。

    • お邪魔します。大腸CTですか、僕なら絶対に受けませんし、身内がもし受けるとしたら全力で阻止しますね。
      失礼ながらアップルさん、考え方を根本的に変えなければ一生涯、クソ医療界から脱却することはできませんね。
      混乱する、不安になる、そして他人に思想を委ねる・・・典型的なBですね。
      どうして情報を有益な財産だと思えないのか?
      なぜ自分自身の体なのに全て他人に丸投げするのか?
      普通に考えましょう、仮に大腸がんだとすると西洋医学では、単に臓器やリンパ節を切り取るだけ、あるいは放射線や抗がん剤でがん細胞や正常細胞を痛めつけるだけです。日本医学会では外科手術したうえで放射線、抗がん剤というもはや狂気の沙汰です。これで治療といえるのでしょうか。
      民間療法で治す、というのも厳密にいえば間違いです。このブログで紹介されている情報は体を正常な状態にすることで自然治癒力を高めること、つまり病気は自分自身で治すのです。
      病気とはすべて体の正常な反応です。病気になるのはすべて自分自身の問題であり、何が原因なのか自分で見つけ、自分で治す。がん細胞に心からありがとうといえるかどうか。この意味を理解できなければBからの脱却は到底むりです。
      気分を悪くされたのなら謝罪はしますが撤回はしません、失礼しました。

      • チキンガイさん、マロンさん、メールの返信が遅くなり申し訳ありません。今日までこのメールを読んでいませんでした。お二人のご意見はただただありがたく、やはり自分自身の考え方に問題があるのだと改めて気がつきました。頭ではわかっているつもりでも母をがんで亡くし、その苦しむ姿が私の心にこびりついてしまった事や親しい友人が完璧なオーガニックな食生活をしていたにも関わらず、見つかった時は末期で(彼女は一度も検診を受けていなかった)早期発見が出来ていれば助かったように思った事などがあり、元来、胃腸の弱い私は自分の健康に自信が持てず、ビクビクと暮らしていますので、検査で安心をしたいと思ってしまいます。今の私の思考回路から抜け出すには自分で考えを改める以外に道はないのでしょうか。またも丸投げな姿勢だと思われるでしょうが、お願いします。野菜スープ、スギナ茶、卵醤は2か月前からしっかりと続けています。今の自分の考え方から抜け出、自信を持って生きたいのです。

        • アップルさん、自分で考えてみても井の中の考えしか浮かびませんので、様々な本当の情報を知ることが大事だと思います。
          検査を受けることになぜ安心されるのでしょうか?、何回受けても健康になることは一切ありませんし、逆にリスクが増えるだけです。医療で検診を受けて早期発見したとして、その後のミトコンドリアを元気にさせることは一切しない医療治療により、急いで死に向かうだけです。
          完璧なオーガニックとは何でしょう?勝手にそう思っておられるだけだと思います。このブログに書いているようなロジックで進めておられなかったはずです。そんな方のために向けたブログですので、全体を読み直してみて下さい。

      • チキンガイさん、ありがとうございます。
        アップルさん、元放射線技師のこの道のエキスパート、チキンガイさんのご意見です。このような悪魔の医療体系に気付かれて辞められたのです。
        みんな騙されて泥舟に乗り込んで、尊い命とお金を奪われているのです。

    • アップルさん、検査は体に返って悪い・・・、その通りです。元検査技師のチキンガイさんが、検査の本当の実態を暴露してくださってる通りです。あちこちの記事やコメントを読んでいただければ、良く分かっていただけると思います。
      良く考えてください、あれこれ検査をしたら腸の状態が良くなりますでしょうか?病院の治療や手術で腸の状態が良くなるでしょうか?。このブログを信じるとかではなく本質を理解するようにお考え下さい。自分の身体は自分が選択する行動や食べ物で自己治癒力を向上させて治すしか方法は無いのです。病院の治療は、対処しているだけで本当に治すことはしておりません。
      ですから、当ブログでは、健康のキモである腸内細菌叢を整えるもの、つまり自己治癒力を向上させるアイテムを探しては記事にしている次第です。

  • はい、考え方を変えなければいつまでも奴隷と同じです。
    アップルさんのお母様やご友人は本当にがんでなくなったのかどうか真剣に考えましょう。
    がん治療で苦しみながらなくなった(殺された)のでは?
    末期がんでも考え方さえ変わればいくらでもチャンスはあります。
    胃腸が弱いのはあなたの生活習慣が原因です。
    とにかくこの強健ラボを熟読することをお勧めします。

  • こんばんは。
    子ども達の風邪が移り、久しぶりに9度台の熱が出ました。

    できることなら自然治癒力に任せたいところでしたが、熱を下げなければ車の運転もままならない状態。
    致し方なく解熱剤を飲みました。

    が、そこまで顕著に下がるわけでもなく(笑)あれ?子供の頃の解熱剤ってもっとぐぐっと下がった気がしてたのに…。
    と不思議に思いながら仕事に向かいました。
    ですが、この温かい今日、長袖のニットを着て、背中と腰にカイロを張っても尚も続く悪寒。
    見かねた上司がジャンパーを貸してくれたのですが、スーツの上に着たジャンパーかサウナのような効果を発揮して、午後は全身汗だくになりました。
    その汗がひいたころ、熱もスッと過ぎ去って、午前中とはうってかわって元気になりました。

    そこで、質問です!
    私の世代くらいまででしょうか、熱を出したらとにかく温かくして汗を出してそのたびに着替える。それを繰り返して風邪を治していた気がするのですが、最近は、絶対に厚着をしない薄手のパジャマとタオルケットだけ、とか。
    脱水症状になるので汗をかかせない。

    というのが治療の基本らしいのです。

    でも、久しぶりの熱はやはり汗をかいたら治った感がある私にはどーにもこーにも信じられません。

    どっちが正しいのでしょうか。

    • 大場さん。免疫システムは外敵をやっつけるために、白血球を使用して攻撃を始めるのですが、その時に白血球から発熱物質が大量に放出されます。
      そして発熱物質が脳に届くことにより、体温が上昇していたのです。つまり、体内に入り込んだ外敵を攻撃する白血球が、体温を上昇させる原因だったのですね。
      細菌やウイルスは熱に弱い性質を持っており、高温状態で瀕死するからです。また、白血球も体温が低い状態よりも高い状態の方が活発に活動し、免疫力も向上します。
      人間の身体は体温が低いよりも高い方が、外敵と戦う力が強いのです。インフルエンザで高熱が出る理由として、ウイルスを弱らせるためであり、解熱剤を利用することでウイルスを助けることになるのです。異物の進入による発熱は、免疫システムが戦っている証拠であることを理解しましょう。
      実は寒気を感じているのは脳だけであり、外気温に関係なく脳が寒いと体に指令しているだけです。脳が外的駆除(ウイルスなど)に39度が必要と判断したら体温を3度上げなければ成りません。ですので脳は体に寒がるようにさせて急性的に体温を上げさそうとしているのです。つまり体温を上げて自分の免疫力を上げているのです。ですので、現代のやり方は、間違っていると思います。変な世の中になってますね。

  • やはり、そうですよね!
    汗がひいてスッキリしたところを見ると、とりあえずの風邪ウイルスはやっつけたっていうことですものね!
    今までとおりでやはり良いですよね。

    熱がひいたとたんにムクムクと食欲もわいてきました。

    • 大場さん、そうですね、ただ悪寒がするときに解熱剤は体の自然反応を疎外していることになりますので、出来る限り飲まない選択をされて下さいね。

  • 黒焼き玄米の粉末が手に入ったので、毎日ちょこちょこ飲んでいます。飲むとからだがぽかぽか温かくなりますね。こちら、赤ちゃん、幼児にも飲ませてよいか迷っています。マロンさん、ご存じでしょうか?

    • なのかさん、幼児は体が犯されていない(陽性)なので、毒ではありませんが飲む必要は無いと思います。大人で耳かき1杯ほどですので飲ませるとしても体重比で換算するとその5分の1ぐらいで十分だと思います。

      • マロンさん、ありがとうございます。そうですか、子供は素晴らしいですね。あえて飲ませることはやめておきます。
        話は変わりますが…帰省の時期が近づきました。じつは私、洗剤や芳香剤の匂いが苦手で困っています。タオルや布団など、あらゆるところから香りが漂い…長期間ではないので耐えているのですが、憂鬱になってしまいます。。とはいえ、使わなかったり毎回マスクするのも角が立つ気もして。。Bさん時代のときはなんとも感じなかったのですが、いまはお店に入るのもきついときもあり困ったものです。匂いに敏感すぎるのか、鈍感になっている人が多いんですかねぇ。。

        • なのかさん、僕もあの化学臭が最近は、非常に気持ち悪く感じます。えぐい臭いですね。体が浄化されていくと、化学物質が受け付けなくなるのでしょうね。食材の香料も酷いものがしばしばあります。この世の中ホント普通なものがなくなりました。これからどうなるのでしょうね・・・

          • そうですか、マロンさんもですね。ほんと、どうなってしまうんでしょうね。食べ物も、添加物なのか、違和感を感じるときもでてきました。浄化されているのは嬉しいですね。なかなか生きずらくなりますが、、もっと研いていきたいです。帰省中、過ごしやすくなる方法を考えているのですがなにも思いつきません、、う〜ん。。

          • なのかさん、おっしゃるとおりですね、化学調味料味付けは、ホント人工的で気持ち悪いですね。世の中テレビも食べ物もエセモノばかりでこれからどうなるのでしょうね。
            一言でで変えられることではありませんからね~、確かに難しいですね。

          • そうですねぇ、ニセモノに気づいて動いている人がいるのがわずかな希望ですかね。。マロンさんとか!
            なかなか難しいですね。洗剤使ってないって言うだけで、おかしな目で見られますからね(笑)おかげさまで我が家は変人一家です(^_^;おかしな世のなかです。

          • なのかさん、まあ世の中化学毒だらけでニセモノも何も興味すらありませんね。ほんの100年前まで、なかったものばかりです。違和感があるはずですがね。ホント麻痺してますね。

          • そうですね。自分よりずっと年上の方でも麻痺してる方多いですし。しっかりしてくれ〜っと思います。洗脳、こわいですね。
            マロンさんのご近所に移住できたら、話がとまらなくなりそうです(笑)

          • なのかさん、逆にテレビオンリーの年配の方々の考え方は、凝り固まっていますよね。まさに支配層にしてみれば、してやったりです。
            いいですね~「洗脳」を肴に宴会が出来そうですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。