◆◆◆誰も知らない健康アップブログ◆◆◆

消毒液はそれ自体が毒物なので治りが遅い

消毒液自体、副作用があります

 

病院や公的な場で、「消毒してから、入室してください。」と、消毒液を入り口に置いていたりします。

一見正しい手段に見えますが、これこそ大きな間違いなんです~

 

<スポンサ-ドリンク>

 

実は、消毒液自体、かなりの副作用があります。

傷口に消毒液を振り掛けても、消毒は出来ていますが、液が持つ毒性で、治りが非常に悪いのです。

比べることが出来ないので、誰も気づきませんが・・・

実は、発がん性の高い消毒液があるんですね~これが。

消毒で、ガンになったなんてことも。

消毒したから大丈夫・・・では無いのです。

そこで最強の殺菌力を持ちながら、無害の消毒水の登場です!

それは、強酸性水。

塩を介在させ、水の電気分解で得られる水の一種です。

特徴として、有機物(人体)に触れると、殺菌効果が無くなって行き、普通の水になります。

ディズニーランドや最新の映画館や病院などは、強酸性水を霧状に噴霧して感染予防、衛生管理しているそうです。

強酸性水は、凄いパワーです↓

B型肝炎、エイズ、水虫、Oー157が、たったの30秒で殺菌!

試験菌種 菌による作用 強酸性電解水pH2.61,100mv 酸性水HCLpH2.6 次亜塩素酸ソーダ100ppm 塩化ベンザルコニウム100ppm
Escherichia coil
大腸菌
食中毒 30秒以内 24時間 30秒以内 30秒以内
Salmonella typhimurium
サルモネラ菌
食中毒 30秒以内 24時間 30秒以内 30秒以内
Pseudomonas aeruginosa
緑膿菌
院内感染

眼疾患 下痢
30秒以内 24時間 30秒以内 殺菌されず
Bacillus cereus
セレウス菌
食中毒 2分 殺菌されず 殺菌されず 30秒以内
Staphylococcus aureus
黄色ブドウ球菌
食中毒 30秒以内 24時間 30秒以内 30秒以内
Staphylococcus aureus
(MRSA)
院内感染 30秒以内 24時間 30秒以内 30秒以内
Vibrio parahaemolitica
腸炎ビブリオ菌
食中毒 30秒以内 30秒以内 30秒以内 30秒以内
Rhodotorula sp.
赤色酵母
水まわりの

赤色着色菌
30秒以内 殺菌されず 2分
Candida albicans
カンジダ菌
カンジダ症

粘膜に炎症
30秒以内 殺菌されず 5分 10分
Cladosporium
黒カビ菌
風呂場の黒カビ

アレルギー性
30秒以内 殺菌されず 5分
Trichophy mentagrophytes
水虫菌の一種
水虫 30秒以内 殺菌されず 5分
Mycobacterium tuberculosis
結核菌
院内感染 2分 殺菌されず 30秒以内 殺菌されず
hepatitis B virus
B型肝炎ウイルス
院内感染 30秒以内 殺菌されず 30秒以内 殺菌されず
human immunodeficiency v.
エイズウイルス
院内感染 30秒以内
Escherichia coil(O-157)
大腸菌O-157
食中毒 30秒以内
* 引用
日本大学歯学部保存学教室歯周学講座 / 東北大学歯学部口腔細菌学講座 清水義信 / 東北大学歯学部歯科保存学第二講座 奥田禮一神戸大学歯学部付属病院中央検査部 中央手術部 / 衛生試験報告書98.62()吉川 弓 / 大阪医科大学衛生物学教室
<スポンサ-ドリンク>

 

 強酸性水で、驚きの回復を体感

わたくし・・・先日、猫に足を思いっきり噛まれまして・・・

 

猫の歯や爪は、強い雑菌があるので、通常の怪我より治りが非常に遅いです。
気合で治そうと、何もしないで放っておいたら、やはり、膿んできて、、、ヤバイ状態に・・・(笑)
そこで、強酸性水を作って洗面器に汲み、足を5分ほど浸していました・・・
ナンと、1日で膿は引き、劇的に改善されていました!
やはり、凄いです。床ずれ、怪我、虫刺され、水虫、口臭、食べ物、まな板などキッチン周辺・・・
何でもドボンッと浸したり、スプレーしたり、超安全に完璧に殺菌できます。

強酸性水が手に入り難いようでしたら、
MMS2を少量水に溶かしてスプレーするのも良いでしょう。
MMS2とは、次亜塩素酸カルシウムです。

スプレー容器に入れて消毒や肌へのスプレー、バスタブに入れてMMS風呂等、いろいろ体の改善に使うことが出来ます。

MMS2はスプレーにして、風呂場のカビ落としにも使えて便利です。

市販のカビキラーはもう必要ありません。

次亜塩素酸カルシウム(有効塩素70%濃度)です。

http://koukin.com/index.php?main_page=product_info&products_id=32

この粒を数粒と水をペットボトルに水を入れて、溶かしてスプレーします。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

 

コメント一覧

    • 1. チキンガイ
    • 2014年12月18日 12:20
    • 良い情報ですね。
      強酸性水については全く知りませんでした。
      これなら農薬などにも使用できるはずですね。
      マロンさんにお聞きしたいのですが、どうやって強酸性水を作成されたのですか?
      家庭用の機器をお持ちなのでしょうか、あるいは歯科関係ですと手に入れやすいのでしょうか?
      僕自身も是非これから強酸性水について勉強するつもりです。ホントに感謝しております。
      副作用がなく効果が高い、しかも費用が安い、まさしくこれが僕が近い将来活動するための原動力です。強酸性水についてチラッと調べたところ1990年代に医療界でも話題になったそうですね(恥ずかしながら僕は全く知りませんでした)、しかしその後、無効説が飛び出しすたれています。医療界では安全、安価、効果的なものは廃れるという不文律があるのはマロンさんもご存知ですよね。背景には何か怪しい感じがします。
      僕は重曹うがいや重曹足湯(弱アルカリ水)、お酢洗顔やお酢足湯(弱酸性水)を定期的に行いその効果を実感しています。
    • 2. マロン
    • 2014年12月18日 13:37
    • チキンガイさんありがとうございます。
      これに反応するところがさすがチキンガイさんです。勿論菌や病気系の農薬になります。虫は、ちょっと無理かも?
      勿論、無効説は、抹殺するための権力側の説です。重曹も化学の本には危険と書いてありますが、全然大丈夫です。おっしゃる通りです。
      強酸性水は、電解水生成器が既に我が家のキッチンに取り付けてありまして、それで作りました。歯科関係とは、全く関係ないです。只の健康オタクです(笑)。5種類の水が出ます。酸性水は、ほぼどの機器も出ますが、強酸性水を出す機器は、あまり無いです。もう一つ、強還元水という凄い水が出ます。一言で言うと、超界面活性水で農薬まみれの野菜を浸すだけで、農薬がジワジワ水に溶け出し、ピュアな野菜になり、しかもとても美味しくなります。http://lifeline-kyoto.com/kangensui.html
      レベラックDX TYH-91N  ←例えばこれです。私のと似たタイプです。普段は、還元水が出まして、料理や飲料水に使います。新品は、高価ですので、中古でいいかも。。。
      水は、機器も含め、色々勉強しましたので、お気軽にお問い合わせください。
    • 3. チキンガイ
    • 2014年12月18日 18:47
    • 詳しい返答感謝します。
      マロンさん・・・凄すぎる、やはり只者ではなかったんだ。
      僕の中では健康オタクとはただの検査や薬大好きな人間を指すので、健康マイスターと呼ばせていただきます。
      教えていただきたいことは山ほどあるのですが・・・キリがありませんのでまず3つだけお願いします。
      ①強酸性水と強還元水はお互い副産物として同時に作成できるのですか?
      ②強酸性水否定の意見として配水管腐食がありますが実際どうなのでしょうか?
      ③例えばの話ですが、僕が猫に足を引っ掻かれてマロンさん宅に洗面器一杯分くらいの強酸性水をもらいに言った場合、作成にどれくらいの時間かかるのでしょうか?
      素人感たっぷりの質問で申し訳ありません。
      僕も元放射線技師としての情報はこれからもお届けしたいと考えております(もう出尽くしてしまったかも)ので、健康マイスターことマロンさん、これからもどうぞよろしくお願いします。
    • 4. マロン
    • 2014年12月19日 10:33
    • チキンガイさんありがとうございます。マイスターとは言いすぎです(笑)、そんないいもんじゃありませんよ。
      ①さすがですね、電解時に塩を投入すると、両方同時に出ます。相反する水ということですね。
      只、出る比率が違いまして、強還元:強酸性=3:1ぐらいで、上のフレキシブルパイプと下の排水パイプから出ます。
      ②配水管腐食は、問題ありません。それを作るときは、全部ポリタンクに収めますからジャブ  ジャブ排水することはほとんどありませんし、仮に配管に流しても大丈夫です。
      ③強還元水約6L、強酸性水約2Lを同時に作るとして、5分程度です。そんな掛かりませんよ。
      あとですね、以前、手を蜂に刺されて痛みが走ったので、直ぐに強酸性水に手を漬けたら、、10秒ぐらいで、一切痛みがなくなりました。これには、本当に驚きました。アイデア次第で、使い方は、無限に広がります。強還元水は、無害、残留物なしの洗剤みたいなイメージです。この手のネットワークがありますが、ヤフオクで十二分です。
      知識こそ最高の宝ですね。こちらこそ、色々教えて頂いて・・・よろしくお願いします。
    • 5. チキンガイ
    • 2014年12月19日 15:12
    • どうもです。的確な回答とても勉強になります。でも情報を頂くだけでは申し訳ないので、恒例の医療の闇について書きます。しかし僕も専門外なのであくまでも推測でしかありませんし、むしろ水について詳しいマロンさんにも是非考えてほしい問題です。
      日本医療のタブーとして『なぜ日本人はピロリ菌感染者が多いのか?』という問題があります。一般的にピロリ菌感染は上下水整備されていない発展途上国に多く、先進国は少ないのになぜインフラ整備が進んだ日本は途上国並みに感染者が多いのかという問題です。確かに日本人は生食を好みますが、それは卵や肉、魚の場合であり野菜に限れば他国と違いはありません。じゃあなぜ日本人はピロリ菌保有率が高いのか?1990年代に発表された事実として『胃カメラ(大腸)内視鏡はあらゆる感染症を引き起こす』ことです。通常、複数に触れる医療機器は使い捨てが原則です。使い捨て出来ない高額機器は再使用する際は、洗浄後に高温高圧滅菌しなければいけません。しかし精密機器である内視鏡は洗浄のみです。そして健康な大多数の人間が胃カメラ内視鏡を受ける国は日本だけです。もしかしたら日本人のピロリ菌感染が多いのは健康診断などによる大多数胃カメラ検査が原因ではないのかというのが医療関係者の間ではタブーとなっております。
      マロンさんに強酸性水について教えてもらったことをふまえて調べてみました。これを参照してください。http://www.keibi-naisikyou.jp/blog/2012/01/entry-156-835337.html
      もうひとつ
      http://www.kansensho.or.jp/sisetunai/kosyu/pdf/q016.pdf#search=’%E5%86%85%E8%A6%96%E9%8F%A1+%E6%B4%97%E6%B5%84+%E5%BC%B7%E9%85%B8%E6%80%A7′
      ん~なんかあやしいですね。
      ピロリ菌および胃がん検査についてはまだ伝えたいことがありますけど、また次の機会にします。
    • 6. マロン
    • 2014年12月19日 20:34
    • チキンガイさんありがとうございます。
      なるほど!僕もこの日本でなぜピロリ菌が多いのか以前から不思議に思っていましたが、これはおそらく99%核心ですね。さすがです。
      このHPに強酸性水は、洗浄消毒・・・と書いていますが、消毒だけで洗浄力はありません。何か混同してますねこれ。強還元水は、驚きの洗浄力と、強酸性水よりは若干劣りますが消毒効果の2面性を持ち合わせています。強酸性水だけでなく強還元水とのコラボで相乗効果をもたらします。内視鏡は、まず強還元水で洗うのも一理ありかもです?
      確かに酸性なので、金属は、酸化変色されやすいですが、対応が出来ないことは無いと思います。なんかこじ付けみたい?
      有機物に触れると効力を失うのですが、安価ですのでケチらず多めに使用したら問題ありませんし、ほとんど1分も掛からず殺菌しますのでさほど問題ではないと思います。
      やはり殺菌消毒剤も、製薬会社の大きな利権ですので、闇の権力で強酸性水は、隅に追いやっているのだと思います。
    • 7. チキンガイ
    • 2014年12月20日 11:38
    • やはりマロンさんも矛盾に感じますか。
      ピロリ菌が胃病変に大きく関るというのなら、なぜピロリ菌検診を普及させないのかも疑問です。大量X線被ばくの割りに情報が少ない(さらにバリウム、抗コリン剤、発泡剤、消泡剤、そして下剤など薬品だらけ)胃透視検査をなぜがん検診として実施しているのか?これについては医療関係者はみんな厚労省はアホだと認識しています。予防医学協会などの検診業務で成り立っている業界の力です。透視検査で早期胃がん発見するのは至難の業です。がん検診として行うならピロリ菌検診を行えば胃がん、胃潰瘍患者が大きく減少するはずです。ピロリ菌検査なんて呼吸、唾液、血液、尿、便検査などで簡便にできます。苦しまずに低予算で効果絶大なのにおかしいですよね?さらにピロリ菌検査単体では保険適用されません。胃カメラで胃がん、胃潰瘍、最近になってようやく胃炎などが指摘された場合のみ保険適用になるのです。とにかく敢えて余計な検査を普及させ、税金を無駄使いし、患者を増やしているのが現状です。胃がん検診はバリウム胃透視ではなく、胃カメラにすべきという論争が常にあります。それに対する厚労省の答えは胃カメラだと『治療の必要のない病変を見つけてしまう恐れがある』です。つまり胃カメラの発達により治療の必要のないいわゆる早期胃がん疑いがバンバン手術されているのです。厚労省によると、わが国の胃がん患者が減少しているのは胃透視による胃がん検診が有効である、そうです。胃がん検診を胃カメラに変更すると、また胃がん患者および胃がん死亡者が増加してしまい国民に胃がん検診の罠がばれてしまうのです。一般の方なら僕が何言ってるのか理解できないと思いますが、マロンさんならすぐにわかっていただけますよね、過去記事にも似たようなこと書いてありますし、これからもよろしくです。
    • 8. マロン
    • 2014年12月21日 17:49
    • チキンガイさんありがとうございます。
      非常にリアルな情報をありがとうございます。実情は、おっしゃるとおりだと思います。医療ジャーナリストの鮒瀬俊介氏なども盛んにそのような医療の裏の実態を暴露されていますね。昨日、忘年会にて、私も健康診断の罠のカラクリを周りの人に話しましたが、全く信用されず、白い目で見られました(笑)。ほんと一般のひとは、そんなモンですね。僕は、こういう方に、はたと目覚めてもらう的確な手段が無いものかと、模索中です。チキンガイさんもそんな経験は、ございませんか?このような現場情報を、もっと目線を降ろして解りやすく説明してはどうかとか・・・。とにかく何か一つきっかけがあれば、目覚めるのかな?なんて。。。
      一番難解な所ですが、医療のカラクリが理解できれば、政治経済のカラクリも理解が早いと思います。また力を貸してください。こちらこそよろしくお願いします。
    • 9. チキンガイ
    • 2014年12月22日 20:33
    • どうもです。船瀬氏がすごいのは医療関係者ではないのに、医療の闇に鋭く切り込んでいるからです。船瀬氏は世間からトンデモ扱いですが、僕は元医療従事者としてかなり評価しております。ですから医療以外の部分でも船瀬氏の主張は鵜呑みにはしませんが、参考にしております。今日も図書館で船瀬氏の『健康茶の薬効図鑑』を借りてきました。マロンさんお勧めのスギナ茶は最大級の評価でした。やはり真実を見る目がある人はみんな同じ意見であると確信しました。
      マロンさんでも白い目で見られますか・・・当然僕もそうです。
      しかし最近解ったのですが、例えばジムなどで地道にストレッチや軽い筋トレを継続しておられる方は比較的カラクリの話に興味を持ってくれます。そして僕は必ず、人間はほとんどのの病気を発熱や断食で治すことできる、医療に関って余計に体を悪くしているというと結構解ってくれます。只残念なことに少人数です。僕の信念は『嘘は必ずバレる、本物は必ず理解してもらえる』です。地道に努力するしかありません。現状としては『嘘ほど騙しやすい、本物ほどわかってもらえない』のは痛いほど実感しました。騙されやすい人は、自分がすでに騙されている真実を認めようとしないのです。マロンさんとのやりとりが必ず今後の僕の活動に大きく生かされます。よろしくです。本物の知識こそ最高の宝、素晴らしい言葉です。
    • 10. マロン
    • 2014年12月23日 11:44
    • チキンガイさんありがとうございます。
      そうですか!鮒瀬さんも評価されてましたか。うれしいですね。でも・・・ある素晴らしいと感じた理論や情報が、後で得た情報により間違いであることに気付くことも多々あります。しかし理論やそれを発する人物に惚れ込んでしまうと、冷静な判断が出来なくなりますので、出来る限り情報は、客観的に見るように心がけています。これって、以外に難しいです。しかし、更に調べ続ければ、真実は見えてきます。結局、B層さんは、調べないのです、何も調べず、自分の頭で直ぐに判断を下すのです。それでは、永久に井の中の蛙から抜けられませんね。
      断食で病気をほとんど治されては、医療は要りませんからね。一日3食の勧めも栄養学も、病気になりやすいからすすめるのですよね。
      上手く出来ています、B層さんは、やはり肩書きは一番大事な部分になっているのです。専門家の意見以外は、聞きませんね。それには、やはり、それを覆す証拠を突きつけることが大事かななんて思います。言葉のやり取りでは、無理と痛感しています。
      僕はそんないいもんじゃありませんが、無い答えを見つけるのは楽しいですし、お互い肩肘張らず楽しくやっていきましょう♪ 楽しく♪は、大事ですよ~^^)

10 件のコメント

  • マロンさん こんばんは
    MMS2を飲み忘れた時に限って、病気にかかってしまう私です。
    昨日の夜中に猫がもどしたのを、寝不足の中、片付けしたり洗ったりしていました

    今日の2~5時の1時間置きに私は嘔吐と下痢でトイレからでられませんでした。
    サルモネラかノロウィルスかなと思いました。たぶんサルモネラ菌

    猫のトイレ掃除や吐いたものの処理で手洗いがたりなかったのだと思います。
    今は熱があり37度7分です。麦茶と枇杷の葉茶を飲んでいます。

    MMS2飲んで寝ます。

    まるさんの流れからなのですが、アロマやバッチレメデイを勉強していたときがありました。
    何年か前にオステオパシー?ホメオパシー?だかは効果がないと、ニュースになりましたよね。あれも使われたら病院が商売あがったりだからなんでしょうね!
    ショーンK氏の学歴詐称が話題になりましたが、白衣を着た医師、バッチを着けた弁護士、そういう肩書きや見た目で人は安心するとブラック心理学の本に書いてありました。
    ラボの読者さんのフツウは、世の中ではオカシイと誤解されますが、自分の人生ですから、死ぬときは病院にかからずコロコロポックリが理想ですね。

    • ポッケさん、それは病中お見舞い申し上げます。
      そうですね、テレビはとても分かりやすいです、本物は、バッシング、違法扱いしますので、そういうものをちょいと調べれば真相が分かりますよね。 
      コロコロポックリは、最期まで健康でないと出来ませんからね、病院に関わらず自然生活をしていれば出来ると思います。それが一番難しい社会になりましたけどね。
      とにかく、早く回復されることを願ってます。

    • ナルさん、いえいえバカではございませんが、確かに最強ですし、安いですね(笑)もし医薬認可されたら10倍以上の値段になるでしょうね。

  • マロンさんおはようございます♪ 今日も鼻の回り、目の周りを優しくゴシゴシ?してます。
    強酸性水、以前の職場に精製機械がありました。褥瘡を洗うとか白癬等に使用する様に指示されていました。効果は、覚えていません?!>_<
    昨日、スギナを発見して思わずスギナ狩りをしました。
    昨日の内に干しています。よもぎも干しました。早く乾かないかな!楽しみです。

    • のりピーさん、おはようございます。
      強酸性水は、ほんと効果ありますし、無害なのがいいですね。
      いいですね、スギナの収穫時期になってきましたね。ヨゴミもですか、採り立てなら草もちにするしかないですね(笑)ヤバイほど美味しいですよね。

  • マロンさん おはようございます
    お陰様で熱が下がりました!
    朝4時ぐらいに6粒ほどMMS2を飲んでまた寝たら
    平熱になりました。

    時間差で枇杷の葉茶を飲んだのも良かったのかも

    やっぱりMMS2最強ですね!

    • ポッケさん、おはようございます。早く治って良かったですね!困ったらMMS2ですね。ビワ茶も最高です♪

  • マロンさん、遅くなりましたが、今年も宜しくお願いします。
    今年も、悪い物は入れず、良い物を取る、心掛けたいと思います。
    それにしても、こちらのマロンさんの記事を紹介し、読まれて理解した人は、断薬もでき、元気になっていきますが、医療、薬信者の人は、理解しようともせず、病気も治らず、それが身内や友人だと残念でなりません。二度と口には出しませんが。

    また犬のことで申し訳ないのですが、いつの頃からか、口の横に1cmほどのハゲが出来、時々、掻いています。(どこか皮膚が赤いわけでもなく、ハゲの部分も肌色です)水の飲み方もピチャピチャとハゲが出来た左の口びる?の所がいつも、濡れているので、雑菌でも わいたのかなあと、乳酸菌をスプレーしているのですが、治る様子がなく、この記事を見つけました。
    乳酸菌は殺菌力がないので、ダメなのかなあと。
    MMSをスプレーと書かれていたので、これだと、口に入ってもいいですよね。どうでしょうか? 他に試していいことがあれば教えて下さい。
    また、MMSはどれを購入すれば良いでしょう?
    MMS……自分には、飲む勇気がなかったのに、犬で試すことになるとは…です(汗)  これを機に私も飲んでみようかなあ。
    なんせ、睡眠導入剤のみ断薬出来ないので(泣)

    • みきはしさん、犬にハゲができるということは体内が良い状態ではなく、ストレスがあったり酸化状態にあると思いますので、表面のスプレーで治ることもあると思いますが体内を健康にもっていくことが大事かと思います。
      皮膚の場合は、エム2と水を飲みますと効果があると思いますが犬ですので難しいですね。
      エム1も全てこちらのサイトでお安く購入できます。
      http://www.mms12.jp/index.php?%E5%95%86%E5%93%81%E7%B4%B9%E4%BB%8B
      近親者ほど真実であろうと変わった話を信用されないのは、みきはしさんに限ったことではなく人間の心理パターンとして当たり前なのです。
      逆にこちらがキチガイ系になりますからね。
      確かに難しいです(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。