唾液、胃液は、コレラをも殺菌します

 

以前、岡山大学病院小児歯科の岡崎好秀先生の「食育」というタイトルの講演会に行ってきました~

 

<スポンサ-ドリンク>

 

この先生は、世界の発展途上地域の食事事情を、現地に行って徹底的に調査し、我々先進国のそれと比較され、先進国の歪んだ食事事情、食育を、見事に解析されていました。

世界の発展途上地域の食事や生活の知恵は、理に適う見事なものでした。

西洋医学の先生らしからぬ、実に珍しく、素晴らしい先生です。

 

食中毒に掛か理にくくする予防法として、唾液の利用です。

唾液とは、コレラをも消してしう素晴らしい殺菌剤なのです。

しかし、普通に食べていては食べ物と唾液との混合が出来ていないため、とにかく混ぜるために良く噛む事なのです。

その内容があまりにも素晴らしすぎたので、一部先生のHPから転載させていただきます。

ご近所で講演会があれば是非参加されてください。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

飲み水がコレラ菌の水しかない場合の驚くべき対処法

 

転載開始

 

現在世界各地で大地震が頻発している。

昨年の,ジャワ・スマトラ沖大地震では,一瞬のうちに津波で多くの方が犠牲になられた。

地震の後も津波により道路は寸断され,取り残された人々に対して,食料品・医薬品を届けようがなかった。

 

おびただしい爪痕が一息ついた後に問題となったのは,衛生状態の悪化によるコレラであった。

 

ところであなたは,この現場に居合わせたとしよう。

喉が渇きしかたがない。

水を飲まなければ脱水になり生命の危機に陥ってしまう。

 

しかし目の前には泥水しかなく,中にはコレラ菌がうごめいている。

この水を飲んだら間違いなくコレラに感染してしまう。

さてあなたは,どのようにしたら生き延びることができるだろうか?

 

この状況に対して,生き残るすべを書いてある本がある。
その名前は,「かかる軍人ありき」 伊藤桂一著である。
示唆に富んだ内容なので一部を紹介する。

昭和21年、敗戦後の中国での話。

当時,上海から故国日本へ帰るための船が出ていた。
中国全土から兵隊たちは、飢えと戦いながらも上海にたどり着いた。
しかしそこには,兵隊を収容する建物もなく、屋外でテント生活を余儀なくされていた。

 

おまけに衛生状態も悪く、便所は穴を掘って板で囲っただけのもの。
水道は,揚子江の水をそのまま吸い上げた消毒不完全なものであった。

伝染病を媒介するハエや蚊,ノミ,シラミの類も年中いる。
しかも上海は、コレラの多発地帯であったと言う。
食料不足で抵抗力のない状況では,ひとたびコレラが発生すればたいへんなことになる。
二次感染のため,人々はパニックとなり壊滅的な打撃を受けるに違いない。

復員船が止まれば、二度と故郷の土を踏めないかもしれない。

▲もしこの現場に居合わせたら,
どうすれば生き残れるだろう?

 

▲大惨事の原因となったO-157

 

ある日、2000人の部隊がたどり着いた。

うち一人がコレラで死亡したことがわかった。

 

全員の検便をしたところ,コレラの感染者が24人もいた。

 

これでは数日のうちにたいへんなことになる。

ただちに緊急対策会議が開かれた。

 

しかし敗戦直後の時期,物資は困窮し何ら案は浮かばなかった。
そこである軍医が,最後の手段を提案した。

 

それは単純な内容である。

食事中は,一切水分を口にしない」ただそれだけであった。

唯一残されたコレラの予防法は、胃液による殺菌しかない。

 

誰もが,故国に帰りたい一心でそれを守ったのだ。

おかげで一人の二次感染者も出さなかった。

 

 

そもそも食中毒の菌は、食物を通じて口から入る。

ところが胃で分泌される胃酸は、pH1~2の強酸だ。

 

コップ一杯のコレラ菌に胃液を一滴落とせば,瞬時に菌は死滅すると言う。

 

食物に付着する菌は,胃では生きておれないのだ。

 

ところが何かの理由で菌は,小腸に達し増殖して食中毒を起こす。

 

その理由の一つとして考えられること,それは食事時に水分を多量にとることだ。

 

水分のために胃液が薄まり,殺菌されない可能性がある。

ペレット
▲コップ一杯のコレラ菌に
胃液を一滴落とせば,瞬時に菌は死滅する。
しかし胃液が薄まれば・・・。

 

O-157の事件の時,同じものを食べて食中毒を起こした児童と起こさなかった児童がいる。
この差は何だろう?

 

先日小学校で,子ども達と一緒に給食を食べた。

驚くような食べ方をしていた。

 

パンを細かくちぎって,ス-プにつけて食べる。

牛乳で流し込みながら食べる。

先に牛乳を飲む児は,まず噛んで食べていない。

水分の流し込み食べが、現代の食文化の一つとなっているのだ。

その様な児童の口の中を診るとむし歯も多い。

なるほど,噛めない歯も流し込みの原因となるのだ。

 

よく噛んで食べること。

それは食物の表面積を増加させ,胃液に触れ易い環境を作る。

 

そう言えばO-157の最初の発症例は,ハンバーグで感染したとのこと。

このような軟らかい食べ物であっても,噛むことが重要なのだ。

食中毒の予防は,よく噛むことと深く関係することがわかる。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

 

コメント一覧

 

    • 1. チキンガイ
    • 2015年02月23日 19:59
    • いやこれマロンさんホントに素晴らしい記事です。いつもですけど!
      僕の実家で飼っている(勝手に住み着いた)猫も絶対に水と餌同時に食べません。
      野生動物もそうみたいですね。当たり前のことを忘れた(洗脳された)現代人だけが病気になるわけです。なんで人間ってこんなに馬鹿なんだって今日も叫びまくりました。
      坂東三津五郎さんがお亡くなりになりました。冥福をお祈りします。しかし勘三郎さんもそうですが彼らはがんで死んでいるのではありません。抗がん剤副作用による肺炎で死んでいるのです、苦しみながら。抗がん剤の判定は、CTで行います。CT検査上100人中10人から20人のがん細胞が2/3以下に一時的になれば抗がん剤は有効となります。例え患者が死んでしまっても寝たきりになってもかまいません。だから日本では効果がないのに副作用がひどいだけの抗がん剤が有効なのです。元医療従事者の僕が知る限り、がん手術をして抗がん剤投与(この時点で狂っているのですけど、日本以外の国ではがん手術と抗がん剤は併用しません)された人で、元気に生存している人はみんな抗がん剤を拒否しているか、途中で中断しているのです。抗がん剤全過程を終了して元気に暮らしている人は誰もほんのたったのひとりもいません。悪性リンパ腫や白血病などのいわゆるリンパ、血液による手術できない全身がんには抗がん剤は有効な場合もあります(もちろん副作用はとんでもない)が、固形がんには効くはずもないのです。それでも日本のバカ医者達は抗がん剤を使います、なぜなのか?保険適用されるからです。この国の医療は患者を見ません、とにかく全て数値だけです、保険適用されるものは全てするのです。患者ではなく、検査の数値、画像情報、そして患者数、手術数、薬の売り上げ、まさしくコンビニやパチンコと同じです。
    • 2. マロン
    • 2015年02月24日 09:11
    • チキンガイさんありがとうございます。
      チキンガイさんこそ、いつもリアルな医療情報を提供していただいてありがとうございます。
      正しい知識を得ていれば、三津五郎さんもこんなに早く亡くならずに済んだと思います。
      世の中、本当に狂ってますね。
      記事にさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。