還元陶板浴は、ガンをも撃退するマイナスイオン浴♪

還元陶板浴とは?

 

2013年までの9年の間、「還元陶板浴」で全国で8,000人の癌患者が100%治癒した、との記事を紹介します。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

「還元陶板浴」とは、有用微生物や酵素を使って陶板を焼成したもで、“電子を大量に放出する空気環境と特殊陶板の温熱により、副交感神経を正常化し、免疫力をアップさせるリンク」”効用があるとのこと。

ガンの他、様々な難病への効果の報告が多数あるそうです。

本来は、身体が欲する真に健康に良い食べ物や、プラス電子の無い自然な環境下での生活によって、身体がアルカリになり、体内のマイナス電子が豊富になり、それによってミトコンドリアや腸内微生物が理想的に活動して、身体が正常を保っていますが、マイナスイオンを補うものですね。

健康の正体

 

健康の黒幕は、体のアルカリ化、つまりマイナス電子をもらうということになり、ミトコンドリアが喜んで正常に働く、です。

医療界は、体内をアルカリにし、マイナス電子を豊富にするという真の健康論を、完全に無視しています。

医療界とは、クスリを売るための機関だからです。

クスリは、逆に酸性物質ですので、プラス電子を体に放り込むことになり、ミトコンドリアが瀕死状態に陥ります。

これが副作用です。

クスリは、数値の操作や一時的に症状の修正は出来ますが、常飲は、体を酸化させていますので、違う病気があちこち発生してくるのです。

クスリの最後は・・・、痴呆やガンです。

陶板浴は、食からではなく、ダイレクトにマイナス電子を体内に与えたり温熱効果でミトコンドリアなどを活発に働かせますので、結果、病気が治癒していくという方法ですね。

つまりマイナス電子を体に入れる手段が、
直接的か間接的かの違いだけです。

食が壊れてるこの時代、食事改善でなかなか追いつかない場合に、陶板浴は、非常に有効かもしれませんね。。。

しかし、やはり基本は、アルカリに作用する食事を取ることだと思います。

<スポンサ-ドリンク>

 

ガンも治す驚異の陶板浴

 

以下「ガンも治す驚異の陶板浴」リンクより転載

還元陶板浴 虎杖伝説の里社長の話によると、2013年までの9年の間、全国で8,000人の癌患者が100%治癒しているそうです。

この100%に当てはまる人は、抗がん剤&放射線治療を一度も受けていない方達です。

もちろん、薬事法にひっかかるので、それをうたい文句に「治る」とは宣伝してはいないと思いますが、実績として100%ってすごくないですか。(あとで驚異の実例もご紹介します)

陶板を造るときに、善玉菌などの微生物や酵素が入っている溶液を使っているそうで、陶板から還元作用のある電子が放出されてるらしいですが、詳しいことはわかっていないそうです。

飯島さん流に言うと、「吸引サイクルの働きだ」で説明が終わるかもしれませんが、そんな部屋でリラックスして体温をあげていたら、そりゃ元気になるでしょうね。

この陶板の上に野菜や果物を置いていても腐らないようです。

実は、いろんな方がそれぞれ独自に溶液を開発したと言ってるので、元祖がはっきりしませんが、たぶん、抗酸化溶液開発者の会田伸一さんの工法が最初のようで、シックハウス対策から始まったようです。(ASK株式会社)リンク

ガン患者が行列をなしたと言われる竹屋陶板浴の社長が、そのことを書かれています。リンク

ただし、竹屋の陶板は、リバース溶液(株式会社リバースジャパン)を使ってるそうです。
この会社は抗酸化陶板浴を展開しています。リンク

そして、竹屋陶板浴のプロデュースを手がけた方が、それを進化させた(と言ってる)エコパラダイス溶液(エコパラダイス株式会社)を使った還元陶板浴虎杖伝説の里を全国展開しています。リンク

他にもEM菌使用のものやアップワンという会社などありますが、どれも有用微生物を使って陶板を焼成しています。

(岩盤浴と異なり)
陶板浴は、汗をかくことは目的にしていませんから湿度10~30%です。

汗はかかなくてもいいそうです。

もし、陶板浴でたくさん汗をかいていても、外に出て風に当たると、首から上は汗が出ますが体からは汗が出なくなるそうです。

頭寒足熱で体温保とうとするんですね。

しかも汗が臭くないそうです。

浴室内は室温42℃前後です。陶板の床は49℃ですが、バスタオルを敷いて浴衣で寝ますので、42℃くらいで暖まることになります。

岩盤では熱くて寝ることはなかった方が、陶板浴では気持ち良くて寝たりすることもあるとか。

暖かくなってリラックスして気持ちよくなってきたら10分くらいで出るのがお勧めで、無理して頑張っては逆にいけないので、実質20分~30分くらいだそうです。

それで副交感神経が活発化してリラックスします。

部屋自体が、善玉菌を活性化する環境に整えられている素材で造られていて、シックハウス症候群の方も安心だそうです。

ですから、ガンだけでなく、あらゆる難病、アレルギーにも効果があるようです。

多種多様の病気や怪我に対する報告があります。

還元陶板浴の報告例リンク

 

上記記事から一つだけ要約を書きます。

山口県の施設に通う、子宮頚癌の女性は、末期で手術の日程が10日後に迫っていたが、自己免疫力を上げる事に集中し、10日間で毎日朝夕2回の陶板浴を続けた。

自分で体調がかなり良くなっている自覚があったので、入院する前日に、主治医に再度検査の依頼をしたら、とりあってもらえず、娘からも哀願され、仕方なく予定通り手術を受けたが、癌は消えてた。

別の方の記事には、70歳の方の骨密度が前年までは年齢相応だったのが、
20歳代と診断された話もありました。

ガンの方の報告(竹屋陶板浴)リンク
みんなの体験報告(アップワン)リンク
体験レポ(抗酸化溶液)リンク

微生物や酵素の力、温熱療法に抗酸化作用とリラックス効果などの相乗効果でしょうか。

凄いですね。

 

陶板浴ではありませんがマイナスイオンを出す似た効果があります↓

 

 

<スポンサ-ドリンク>

 

コメント一覧

    • 1. チキンガイ
    • 2015年07月14日 20:16
    • またもや素晴らしい情報どうもです。
      ますます自分の情弱ぶりが再確認できまったくうれしい限りですね。
      陶板浴についてはこれからどんどん勉強します。
      7月中には安保徹氏も薦める書籍が発行されるそうです。
      これは日本クソ医療の化けの皮が剥れる決定打にも成り得るのではと期待しています、後はどっぷり洗脳されまくったBサン達ですね。
    • 2. マロン
    • 2015年07月14日 21:22
    • 陶板浴を家に設置しようかと以前企みましたが、高価すぎて速攻、却下です(笑)。
      そうですね、覚醒者が増えると良いですね。こういう書籍は、何故かあまり注目されず売れませんので、Bさんパワーとは、想像以上に強いってことですかね。でも期待したいですね。
    • 3. recon
    • 2015年07月15日 02:10
    • すごい!だけど、回復した人たちは、かなり前向きな強さを持ってたのかも?
      状況報告を少し。 卵御飯!丸島醤油!始めて1クール!そして、いりこ御飯!ししゃも食べまくり!平均・1日1本。
      きずいたこと!とても水道水がうまくなりました。とある田舎で、源流は四万十川と同じです。ものすごい昔に火山でできたらしい?なのか、水が観音水らしいです。今ではみずを飲むと甘くてびっくりする日々です。あと、少し困ったことが!一時的に入眠困難!睡眠時間が3・4時間が3週間ほど継続!今は改善。
      あと、お酒がうまくてやや飲みすぎ傾向に!そのせいか、体重が54Kに!でも、身長が165くらいだから、ちびだけど!適正体重・・本格的に体力練成して8ヶ月で58kから49kなってしまったので!それに比べればですが?多分、今は胸囲が95くらいあると!脚がまだまだ回復段階!本来なら2キロは減で考えないと!わくわく!楽しい!るんるん!うれしい!思える様にがんばり中です。愚痴的で失礼しました。 ちなみに、両親もいない一人暮らしの男!ネコがお嫁さんで子供です!失礼しました。
    • 4. マロン
    • 2015年07月15日 10:57
    • reconさんありがとうございます。素晴らしいですね!
      健体になると、味覚や嗅覚なども鋭くなりますね。一時的な不眠は、身体が正常になっていく時の好転反応かも知れませんね。私もお酒の味が長い間解らない人でしたが、最近は、とても美味しいです。
      水道水は、どんなに源泉が良くても消毒されていますので、塩素、トリハロメタンなどを除去する浄水器を付けたほうが良いですよ。これだけで肌が綺麗になります。
    • 5. μ坊
    • 2015年07月15日 17:29
    • 世の中は嘘だらけです。昔は虫歯を放って置くと敗血症になって死ぬと言われていました。でも50年くらい放っぽってますけど何ともないです。虫歯菌は消化を助けてくれるとさえ思っています。よく他人の事を心配して忠告したがる人がいますが、何も分かって無いことが分からないだけです。真実は多くを語らなくても伝わります。多くの事例に触れる事で凡てが融合し突然理解に至ります。
    • 6. マロン
    • 2015年07月16日 11:19
    • μ坊産ありがとうございます。
      歯科医へ向かわせる洗脳論ですね。モンゴル遊牧民の人は、歯科医なんて当然ありませんが、虫歯、膿漏がありません。自然サイクルの中では、そんなことすら起こらないのですね。
      先進国は、お金洗脳大国ですね。
    • 7. ラブラブ
    • 2015年08月09日 12:17
    • 5 こんにちは。初めてコメします。いつもプログを見て、なる程と思う事が多いです。近くにある陶板浴を探して、通い始めました。半信半疑に行きましたが、入った後身体が軽くなるのと、汗がサラサラしているのは、驚きました。難病を抱えているのですが、これからも通いたいと思っています。有り難うございました。
    • 8. マロン
    • 2015年08月09日 13:22
    • ラブラブさん、初コメありがとうございます。
      それは、いい傾向ですね。陶板浴とそれと食べ物ですね、内と外から攻めるとなお効果的です。お大事に♪
    • 9. たら
    • 2015年11月18日 12:10
    • はじめまして。
      陶板浴に興味があっておじゃましました。
      ken2さんの、「ガンも治す驚異の陶板浴」記事へのリンク、
      間違っています。
    • 10. マロン
    • 2015年11月18日 13:52
    • たらさん、ご指摘ありがとうございます。
    • 11. のりピー
    • 2015年12月15日 18:42
    • マロンさん今晩は、先日夫を連れて陶板浴に行きました。
      夫が両腎臓に石があり今クエン酸を飲んでます。他にも慢性副鼻腔炎、最近元歌い手さんがCMに出ていらっしゃる神経性疼痛、、、、、
      お試しで往復4時間近くかけて行きました。効果の程はわかりませんが暖かかったです。私は2回目の五十肩で哀しいです、また行けたらいいと思います。
      デトックス浴もしてます。治るのに一年もかかるのは辛いです。
    • 12. マロン
    • 2015年12月16日 09:46
    • のりピーさん、そうですね、陶板浴そのものは素晴らしいのですが、通うのに時間がかかったり、頻繁に行かないと意味がありませんし、やはり基本は、身体の中身をアルカリに代える事が肝要だと思います。卵醤やスギナ茶など優秀なミネラル食材と、MMSなどの解毒で急速にアルカリに向かいます。良かったらそういう方向で検討してみてください。
    • 13. のりピー
    • 2015年12月16日 11:02
    • マロンさん、私は12月に入って卵醤を始めました。有精卵ではありませんが平飼いとゆったり鶏舎だそうです。くちばしも切ってないと聞いてます。醤油は一年醸造されているものです、これは無理なく手に入ります。スギナ茶、MMSはネットで手に入れるのですか?
    • 14. マロン
    • 2015年12月16日 13:48
    • のりピーさん、スギナ茶は、初夏に自分で摘み取って干せばタダで手に入りますが、ネットでも検索すれば直ぐ買えます。
      MMSは、MMS2というものなら、簡単に飲めますので数粒を空カプセルなどに入れて飲んでます。次亜塩素酸カルシウム君が パック入りでいいです。「助けてください・・・」の記事に書いてあります。
      http://koukin.com/index.php?main_page=product_info&products_id=32
    • 15. コウケントー
    • 2016年01月02日 19:17
    • こんばんは、いや~やはりあのエコパラ袋は凄いですね、
      俺の場合関東なのでアマゾンで送料無料で手に入るいきいきパックですが大根の葉がシャキシャキすると言って母が少しビックリしてました。
      この調子でその袋を開発した人が陶板浴も作ったんだと説得させて陶板浴に入ってくれるようになれば良いんですが
      mmsは少し敬遠されてしまったのでw犬の方はDMSOとCDSを混ぜた液を塗ってます。本当にこのサイトに出会えてよかったです^^ありがとうございます。
    • 16. マロン
    • 2016年01月02日 20:28
    • コウケントーさん、エコパラ袋は凄いですね。あれは多分、特殊な高額の機器にてテラヘルツ照射を行なった袋だと思います。どんなものでも照射できますし、テラヘルツの波動効果が出るのだと思います。。
      ワンちゃん、元気になればいいですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。