自然塩が持っている6大機能

塩とは、体内で、6つの、それはそれは驚きの仕事をしていたのですね~

 

<スポンサ-ドリンク>

 

①新陳代謝の基本機能を受け持つ

 

新陳代謝のメカニズム

新陳代謝とは生物体に見られる”物質交換”のことで、「必要なものを取り入れて、不要なものを体外に出す」という生命維持の基本機能のことです。

ですから塩は新陳代謝の基本機能を受け持ちますから、塩不足は新陳代謝障害を起こし、全身の細胞が衰弱し、全身的生理機能障害を起こします。

 

 

②筋肉を動かす

 

便秘がちの人はやや濃度の濃い塩水をコップ一杯飲めばたちまち通じが出ます。

塩を摂ると腸の筋肉の動きを活発にさせ、体外に便を押し出すのです。

頑固な便秘には塩と一緒に”繊維質”を摂ってやればよいでしょう。

最も効果があるのは塩と玄米の組み合  せが一番良いようです。

以上のように、塩・・・・つまりナトリウムには「筋肉を締める働き」があるのです。

 

 

③熱を発生させる(石塚左玄理論)

 

私たちの身体は、気温が高かったり、激しい運動などで体温が上がりすぎると汗をかきます。

それは発熱体である塩を体外に出して、体温を下げようとするからです。

反対に気温が低くなると、血液中の水分を取り除いて塩分濃度を高めようとするのです。

これが寒いと、小便が近くなるという理由です。

 

それでも足りないと「震え」を起こし、熱を発生させます。

それほどでもない場合は、手のひら、足の裏、そして腋の下などから水分を出して塩分濃度を高めてくれます。

だから冷や汗には塩分は殆ど含まれていません。

 

減塩によって血中塩分濃度が不足すると、これらの自然治癒力の調節が出来なくなり、寒がりや、冷え性となる。

低体温が続くとさまざまな病気を併発する。

生理不順、肩こり、頭痛、神経痛、リューマチ、腰痛、視力の衰え、などなど、ひどいものでは心不全、心筋梗塞、喘息などである。

ですから充分な塩の摂取が必要なのです。

 

 

④体内電流の導電機能を持つ

 

人間の生理のコントロール中枢は、後頭部の脳幹です。

全身にくまなく張り巡らされた神経から、一年365日瞬時の休みも無く無数の情報が集まり、その情報を処理し、指令を与えています。

 

これらは全て電気信号(電流)によって行なわれ、脳波というのは脳が働いているときに発する電流のことである。

この電流がスムーズに流れるためには体流中に塩分が充分にあることが条件です。

中学校で食塩電池の実験をしたときのことを思い出してください。

塩分はよく電気を通したでしょう。

 

減塩によって体液中の塩分濃度が不足していると電流が旨く流れないために情報伝達がうまくいかず、全身的な体調不良が起こります。

それを無理に働かせようとすると脳幹に無理がかかり、頭痛を起こすのです。

 

これが登校拒否の頭痛であり、むしゃくしゃしたり暴れたりもするのです。

それを不良と決め付けるのは、気が付かないとはいえ誤りなのです。

 


⑤体内の有害物質の解毒

 

塩の人体に対する浄化力は、自然塩浴だとよくわかります。

この風呂に入ると塩の浸透力によって、新鮮な塩分が体内に浸透して人体に活力を与え、その脱水力は汚れた体液を体外に吸出するので風呂の水が汚れます(にごります)。

 

特に慢性病で長年薬を飲み続けているひとは、その毒は身体中に回っており、何ヶ月も風呂水が汚れるくらいです。

身体の中の老廃物は、農薬や老廃物を含んでいる動物食を摂る事によって、又もう一つは生活のために動くことによって生じる老廃物の二つです。

この老廃物こそが、身体の健康を害し老化を早める素なのです。

これらの老廃物の殆どは酸性で、酸性の強いものほど毒性が強いのです。

 

後にも述べますが、毎日の入浴は自然塩風呂をお勧めします。

※ 自然塩(アルカリ性)は、鉄の表面を酸化鉄ではなく二酸化鉄に変えるため、金属を殆ど傷めません。安心してお試し下さい。

 

⑥ナトリウムは原子転換により人体に必要な元素を作り出す(ルイ・ケブラン)

 

サハラ砂漠の石油堀人夫は炎天下の中、日よけもないのに熱も出さず激しい仕事をする。

これは体内のナトリウムをカリウム(身体を冷やす)に変えて
身体を冷やしているからです。

原子転換の世界は栄養学はいうまでも無く、動物、植物、鉱物界にわたる。

 ルイ・ケブランは「生体による原子転換」の中で「ナトリウム(塩のもと)はあまりにも変幻自在で、とらえどころなどまったくない」と所見を述べている。

 

原子転換を探ります

 

それほどナトリウムは底知れない活力を持っているのです。

今回注目したのはです。

原子転換・・・、錬金術と同じ作用?

 

つまり、、生体における原子(元素)転換というのは、食べ物の中のミネラルが、体の中で別のミネラルに変化するということです。

って!、何気に言ってますけど、錬金術と同等の、とんでもない驚きの作業です。

 

実は・・・
今から40年ほど前、アメリカのテキサス州でアヒルが金の卵を産んだそうです。

嘘みたいな話ですが本当にあったようです。

もちろん大騒ぎになって、アメリカの原子力委員会の科学者まで出動して調査にあたりました。

 

その卵というのは、表面は炭酸カルシュウムで普通の卵だったのですが、その下に厚さ2ミリの純金の殻がついていたのです。

もちろん、中身には黄身と白身があるちゃんとしたもので、そして、皆の注目している前で、この卵を1ヶ月以上も産み続けたそうです。

 

 

また・・

アフリカの赤道直下にあるガラス工場での調査研究を見ると、この熱帯の工場内というのは当然の事ながら、火を使ってする仕事でもあるので大変な高温です。

そこで働いている工員たちはほとんど裸で作業をしているのですが、博士はその工員たちの一日の食べ物、飲み物、大小便、汗にいたるまでの一切を調べたのです。

 

そうすると、意外な結果が出たのです。

普通に考えると、暑いときは体を冷やすもの、つまり、冷たい物や、カリウムの多い生野菜、果物を食べていると思いがちですが、そうではなくて、 逆に塩分の多いものばかり食べていたのです。

 

つまり、彼らの食べ物にはナトリウムが多いということがわかったのです。

ところが、大小便を調べたら、その中にはカリウムのほうが多かったのです。

 

そこで、食べたナトリウムはどこへ消えたのか、そんなに食べてもいないのに出てくるカリウムはどうしたのだろう、という疑問にぶつかりました。

 

それでも、ケルブラン博士は長年の調査結果を詳細に検討していったところ、食べたナトリウムと、出てきたナトリウムの差が、余分に出てくるカリウムの量とほぼ一致することを突き止めました。

 

ナトリウムが体内でカリウムになったのだという理論を引き出したのです。

ナトリウムがカリウムに原子転換したという訳です。

 

また、ケルブラン博士は鶏卵のカルシウムの研究もしています。

鶏の卵の殻はそのほとんどがカルシウムです。

ですから 卵の殻の重さを計れば、鶏が出すカルシウムの量が分かります。

それで、鶏が食べている餌に含まれているカルシウムの量も計っておけば、カルシウムはカルシウムからしか出来ないのかどうかが分かるのです。

 

ところが、 カルシウムを含んでいない餌をやっても、ちゃんとカルシウムの殻のついた卵を産むのです。

鶏の糞なども計算に入れて分析してみると、 体内に餌として取りいれたものと卵や糞尿として体外に出したものとでは、カルシウムをはじめとするミネラルの成分が違っていることが分かったのです。

 

これはやはり、体内でカルシウムが産生されたとしか考えようがありません。

さらに、カニやエビについても生体内における原子転換を認めない限り説明のつかない問題があります。

 

特に脱皮する時のことを調べて見ると、今までの説では不可解です。

殻を脱いだカニを水槽の中に入れておくと 何も餌をやらなくてもカルシウムで出来た硬い殻が出来ます。

 

このカルシウムはどこから来たのでしょう。

 

水槽の中のカルシウム量も、 殻を脱いだカニがあらかじめ持っていたカルシウム量も計っておけば、 明らかにカルシウムが増えたことが分かり、カルシウムがカルシウム以外のものから作られたとしか言いようがないのです。

 

それから、 貝類においてもあの貝殻はカルシウムですが、彼らの餌である藻はカルシウムに富んでいるかというとそうではなくて、マグネシウムとカリウムが主体なのです。

 

また、「よもぎ」や「つくし」においても、カルシウムの問題は説明がつきません。

これらには、カルシウム分が多いのですが、 その土壌を調べて見るとカルシウムは、それほど含んでいないのです。

 

自然界に生きる象なんかも、カルシウムを殆ど取っていないにも関わらず、あの巨大な象牙や骨格を持っているのもしかりです。

 

ついでに、「切干大根・割干大根」や「凍り豆腐・高野豆腐」なども、原材料にはカルシウムが少ないのに、どこからともなくカルシウムがやって来るのです。

まして、こちらは生体外での反応です。

 

現代科学や栄養学は、「原子転換説」から目を背ける限り、目の前で、はっきりと起こっている不思議現象を解明することはできません。

http://ameblo.jp/hoshitukiyoru7/entry-11764701662.html より抜粋

 

 

<スポンサ-ドリンク>

 

日本の伝統食は究極の健康食でした

 

つまりですね、体内は、自然塩が持つナトリウムから、自在に、錬金術の如く他の必要な元素を作り出してるという、なんとも凄い離れ業をしていたのです。

 

逆に言うと、身体の素材と同じ食べ物は、食べなくてもよいとうということです。

 

これが、少食不食でも健康に生きられる基本原理でしょうか。

原子転換する食べ物、「塩のナトリウム」を摂取していれば、たちまち身体に必要な原子が作られるということです。

 

博士は、しかも自由自在に変貌するといってますので、それはもう凄いのでしょうね。

だから卵醤により、ナルさんの彼女さんの心臓が、著しく修復されていったのでしょう。

 

卵醤についてはこちら↓

 

昔の戦前の、小さな日本人が粗食なのに強烈に働くことが出来たのも、かつて大量にあった日本の塩田で作られた自然塩をよく食べていたからです。

 

梅干、塩むすび、醤油、味噌、お漬物などを沢山食べていたと思いますが、どんな現代の最先端医療やサプリよりも、結局それらは、良塩がもたらす究極の健康食だったということです。

 

どの角度から紐解いても、上記日本の伝統食の素晴らしさにたどり着きます。

しかし、現在は、すっかり似非物ばかりになってしまい、健康オタクの方でも、そこはノーマークになっています。

 

化学醤油や化学味噌に何の疑問も抱かず食べ続け、病院やサプリを探しまくってる人が多いと思います。

くれぐれも、塩は、品質の良い自然海塩の話で、精製塩は、ミネラルを剥き取られただけでなく、精製工程で化学毒物と化しています。。

 

精製塩で作った海水と同じ濃度の塩水の中に海の魚を入れると、何と魚は死ぬそうです。これじゃ人間も悪くなるはずです。

人間のルーツは、海です。

海の成分から身体が作られているというのは、全く理に適った自然の摂理だということですね。。

 

つまり、減塩したら、身体が作れなくなり、病気、異変が起こるのは当たり前です。

 

お勧めの塩です

 

<スポンサ-ドリンク>

 

 

コメント一覧

    • 前のコメントを読み込む
    • 読み込み中

    • 1. 蛇山
    • 2015年11月04日 00:12
    • こんばんは。私もこちらを拝見するようになって、真剣に塩を選ぶようになりました。今使っているお塩ですが、製法が天日だけだったので面白そう!と思いフランスの天日塩をカルディで購入。
      そして、ブログお勧め海の精も持ち歩いています。先日、塩事業センターのホムペを見たら、化学塩は摂っても身体に影響は出ませんと堂々と書いてあったのでした。いやはや、恐ろしい。そんな化学塩の袋には讃岐の海水を使用していますと書いてありました。かつて、香川の坂出、宇多津は塩田があって、宇多津に至っては今でも塩田跡地の立札があります。そんな、塩の名所の海水を使っているのに、人の身体へ正常に作用しないように作っていることが、大変、残念でなりません。
    • 2. マロン
    • 2015年11月04日 01:29
    • 蛇山さん、ありがとうございます。
      昔は、日本も素晴らしい塩田が沢山ありましたが無くなってしまいました。
      そうですね、ほとんどの塩は、イオン交換膜法という化学製法で作られ、台無しになっています。これがいけないのですね。悲しい限りです。
    • 3. μ坊
    • 2015年11月04日 03:36
    • 朔明社の高下様という人がフリタージュ関係の本を翻訳発行している様です。ネットで取り寄せる事が出来る様ですよ。
      「暗号する星位」で検索すればOKです。
      私は別のところで「日本CI協会」の「生体による原子転換」という本を持っています。
    • 4. りん
    • 2015年11月04日 06:32
    • 卵醤 飲んでいますがラジオ波と関係があるとは ありがとうございます。塩コーヒですが美味しく感じる時とそうでないときがあるので不思議です。よもぎ茶 すぎな茶 パンの替わりによもぎ餅 美味しいです!アーシングは悪いところを蚊に刺されました?
      色々情報感謝です。ナル 志しあるドクターに出合えてよかったですね。退院されたのでお二人でオルゴナイト作り楽しいですよ カラスの鳴き声がしなくなりましたよ!
    • 5. ナル
    • 2015年11月04日 06:59
    • 塩…。岩塩はどうなのでしょうね? 私はいまジャワ海の塩を狙っておりますが…。
    • 6. チキンガイ
    • 2015年11月04日 09:06
    • 日本より暑いはずのアフリカ、東南アジアでは熱中症で倒れる人は少ないそうですね。病院に外国人が熱中症で運ばれたケースは見たこと無いです。
      中東出身の友人とBBQよくしますが、まあとにかく彼らは岩塩これでもかと使用します。
      義務教育で、食塩=塩化ナトリウム と教え込まれる、まさしく洗脳教育ですね。
    • 7. マロン
    • 2015年11月04日 11:20
    • ミュー坊さん、ちょっと検索してみましたが凄いですね「暗号する星位」。原子転換は、輩には、都合が悪いようですね。しかし、ミュー坊さんは、凄く物知りですね。
    • 8. マロン
    • 2015年11月04日 11:25
    • りんさん、塩コーヒーの味は塩の量で結構変わります。塩が多すぎると塩味が勝ち美味しさという点では、イマイチになります。うちもヨモギを収穫しておいて、時々作ります、美味しいですよね!
    • 9. マロン
    • 2015年11月04日 11:38
    • ナルさん、岩塩は悪くは無いですが、やはり海から派生した我々ですので、体液のミネラル配分と近い自然海塩が良いと思います。
      ジャワ海の塩は、安くていいと思います。あと安くていいのは、ブラジルの「天空の塩」もいいですね。ちょっと高いですが天日海塩750g1000円もいいですね。
    • 10. マロン
    • 2015年11月04日 11:55
    • チキンガイさん、ありがとうございます。そうですね、減塩の洗脳は、驚くほど浸透してますし根深いです。卵醤を勧めてもほとんどの人は、引きまくります(笑)
      気付くには程遠い状態ですね。
    • 11. 運時
    • 2015年11月04日 13:25
    • 5 いつも興味深いブログをありがとうございます!
      影響受けて、オルゴナイト作ったり、塩食べてみたり、重曹やクエン酸飲んだりしてます。
      3日程前からスギナ茶飲んでます。
      10年以上の付き合いの円形脱毛症が治ればいいなと思っております。母が多発性骨髄腫とゆう癌で入院してます。
      それが見つかった時は頭蓋骨にまで転移があり、放射線で大元の癌?を焼き、その後抗がん剤治療をしておりましたが先週あたりから再入院し、血小板が少ないとの事で輸血やら抗生物質やらで、今は何も食べれない状態が続いてます。
      卵醤もすすめたいですが、腎臓が良くないから嫌だと言われ、先生にも相談しましたが、マロンさんのブログ等で得た知識をぶつけてみても笑われる始末。
      僕は筋金入りの病院嫌いなので、ますます嫌いになってしまいました。
      でも諦めずにタンポポ茶だけでも飲んでもらように説得してみたいと思います。
      これからもブログ楽しみにしております!
    • 12. マロン
    • 2015年11月04日 13:58
    • 運時さん、初めまして、ありがとうございます。
      お母様の病中お見舞い申し上げます。抗がん剤などで酷く毒されていますので、卵醤やタンポポ茶では、効き難くなっていると思います。まずは、強い解毒です。それには、MMSが一番良いかと思います。MMS1とMMS2の併用が効果的です。飲みやすくしたCDS、食べられないのでしたら飲まずに手足に擦り込むDMSO法があります。{助けてあげてください!拡張型心筋症}の記事にリンクが貼ってあります。兎に角、病気は全て、体を解毒してアルカリにもっていくことです。めげずに頑張ってください。
    • 13. ナル
    • 2015年11月04日 14:18
    • >運時さん はじめまして。お母様がガンを患ってらっしゃるということで、まずは病中お見舞い申し上げます。医者は基本的に自分の学んだ間違った西洋医学が絶対的に正しいと信じ込んでいるバカなので、こちらがいくら正論をぶつけても話になりません。今後、医者にはそのような話はなされない方が無難かと思います。下手するとお母様の治療の支障になるかもしれませんので。マロンさんの仰るとおり、まずは身体のアルカリ化、そして私もMMSを強くお薦めします。MMSとMMS2を同時接種するのはなかなか大変かと思いますが、CDS、DMSO方式がありますので。頑張ってください。
    • 14. シェーン
    • 2015年11月04日 14:32
    • こちらのブログでいろいろと勉強させてもらっている者ですが、初投稿になります。私は今のところベトナムの『カンホアの塩』という天日塩を使っております。500gで600円ほどなのでお手頃だと思います。
      カンホアの塩で検索されれば、ホームページもありますので、どういった製法で造られているのかも確認できます。
    • 15. ねこまんま
    • 2015年11月04日 15:02
    • こんなに当たり前で重要な真実をずっと知らされる事なく化学塩を押し付けられ結果病人だらけの国になってしまいました。化学塩の害と自然塩を摂取する事の重要性を事ある毎に話しています。戦前の日本人が如何に力持ちだったかとか、囚人の塩抜きの話、更に血圧の嘘と続きますが結構真剣に聞いてくれます。
      梅干しを自然塩で漬けよう運動が展開しそうな予感です♪
      ところで我が家はエコキュートなのですが塩大丈夫ですか
      どなたかご存知でしたら教えてくださいm(_ _)m
    • 16. ナル
    • 2015年11月04日 15:28
    • >運時さん 追記です。お母様は現在入院中なのですね。輸血、抗生物質もかなり危険かと思います。なにも食べられない状態でしたら、ブドウ糖の点滴もされているかと思います。ご存知かと思いますが、ブドウ糖はガン細胞の餌です。MMSを摂取するとなると自主退院、自宅での全て自己責任下における民間療法となります。かなりのご勇気が必要となるかと思います。「MMSで絶対に治る」などど私は保証もできませんし、責任も持てません。全てご家族のご決断による治療となります、何卒ご理解ください。
    • 17. ナル
    • 2015年11月04日 15:43
    • >りんさん ありがとうございます。私は元々プラモデルなどを作るのが大好きなので、オルゴナイト制作にも興味があるのですが、なんせここ1ヶ月以上放置していた音楽活動がありますので、既成品に頼らざるを得ない状態です。テラヘルツ鉱石入りのオルゴナイト、自分で作ってみたいのですが…。
    • 18. ほの
    • 2015年11月04日 17:07
    • 原子転換、面白いですね。
      そういうことがあるなら、太陽凝視によって不食でいられるのも納得できる気がします。
      だから、栄養学のビタミンやらミネラルを1日これだけ摂取しましょうとかは本当にアホらしいと思いますね。塩にしても、減塩して、水をたくさん飲みましょうというのはからだにとって恐ろしいことですね。
    • 19. マロン
    • 2015年11月04日 17:12
    • シェーンさん、初めまして、ありがとうございます。
      カンホアの塩、存じております、いい塩です。窯で炊いていないほうがいいですね。子袋は割高なので、大袋が割安でいいですね♪
    • 20. マロン
    • 2015年11月04日 17:22
    • ねこまんまさん、やはり塩の真実を知らせれば、劇的に病気が減ることを知っているのでしょう。何せ、輩は患者がいないと儲かりませんからね。自然塩の梅干は、最高に美味しいですね!
      エコキュートでも、エプソムソルトならいわゆる塩ではありませんので、大丈夫だと思いますよ。
    • 21. マロン
    • 2015年11月04日 17:39
    • ほのさん、そうですね、カロリー計算だとか、何でも食べましょうとか、意味がありませんね。本当に恐ろしいことばかりが常識になっていて、無茶苦茶ですよね。
    • 22. マロン
    • 2015年11月04日 18:42
    • 運時さん、追記です。
      抗がん剤を医者の勧めるとおりに投与して助かった方は、ゼロです。一人もいないのです。その事実を踏まえてお考え下さい。
    • 23. みっち
    • 2015年11月04日 18:54
    • お塩の話ですね〜。この間もコメントさせてもらいましたが、お塩で体を洗うようになって本当に乾燥知らずです。やはり引き締め効果があるんですね、顔のたるみがなくなったんです。更に肌が柔らかくなります。良いお塩を食べると暴走的な食欲がなくなります。ミネラルがいいんだと思います。マロンさんオススメの天日海塩食べてます。美味しいですよね。お風呂や茹でものをする時はモティアの塩を使ってます。1kg400円弱でお安いです。とにかくちゃんとしたお塩を食べると体が満たされてる感じなのです。
    • 24. ナル
    • 2015年11月04日 19:03
    • >運時さん さらに追記です。マロンさんに追随するわけではありませんが、西洋医学にお母様が殺されることのないよう、熟考なさってください。心臓疾患を患う私の彼女もなにもしなければスタチン剤を投与され、殺される寸前でした。ただ、私たちの場合は幾多の奇跡が重なって病院での卵醤、MMS2摂取が可能となりましたが、普通なら絶対に無理です。卵醤、MMS2摂取で彼女は無事退院、元気になりました。お母様の病が進行すればするほど、自主退院も難しくなるかと思います。私ごときの若輩者が申し上げるのも失礼ですが、どうかなるべく早くご決断なさってください。
    • 25. マロン
    • 2015年11月04日 19:35
    • みっちさん、ミネラルたっぷりの自然塩を食べると、ミトコンドリアが満たされますので、食べなくても全然動けます。食も細くなりますね。逆にファーストフードや高カロリー食は、肝心のミネラルが無いため、疲れやすくなり、食べろ(ミネラル)のサインが出るのですが、また高カロリー食を食べて悪循環になります。
    • 26. リィやん
    • 2015年11月04日 20:22
    • 私は普段本を余り読まず、手にした時点で「何か違う…」と感じたら取り敢えず2ページ位見て終わりです。マロンさんに勧めて頂いた本は1日で読み切りました。ありがとうございます。
      余り目にする事のない父親が何年も糖尿で高圧剤と共に減塩食を頑張っているようです。数ヵ月前に行った実家には減塩食の表が台所に貼ってありました。塩についてはずっと言っていたのですが、医療の洗脳、栄養学の洗脳は“偉い”人達には壁ですね。そんな中、母親が卵醤を始めてくれたようです。もう歳だから、車の運転を長く出来ない、遠出できない、って言っていたのですが、今日電話があって、何だか疲れないんよ!リィやんも体が楽になったろ!って、豪語してました(~_~;)私自身は、ある程度の期間を考え只今実験中です♪持病のある子供も今月から始めました。楽しみです。
    • 27. マロン
    • 2015年11月04日 20:35
    • りぃやんさんありがとうございます。病気になるものを食べさせ、健康になるものを食べさせない医療は、悪魔ですね。家族の誰かが上手くいけば気付かれると思います。
      本当に疲れないです。1週間に2回卵醤をやってみてください。シャキッとしてきます。
      すみませんね、お高い本を無理やり押し付けたようで。その本をお父様に読んでもらえたらいいと思うのですが?
    • 28. リィやん
    • 2015年11月04日 20:51
    • マロンさん、ありがとうございます。躊躇していた本なので、後押しされたと思って本当に感謝しています。
      父親は歳と共に益々頑固になり、元は内閣府の人間ですので、話はマジで出来ません。この本はまず明日親戚に届く予定で、じわじわ攻める予定です(笑)
      今コメントが大変でしょうが、リィやんのコメはスルーして下さって構いません♪
    • 29. nekoneko
    • 2015年11月04日 22:49
    • 今日でMMS1摂取3日めです。
      「mms12 フォーラム」に記載のあった、下記の方法で摂取しております。「https://mms12-jp.ssl-xserver.jp/sub/forum/post_view.php?id=41」
      「元々水分を有している活性化MMSに小麦粉を加えて素早く練り、練り消しゴム程度の固さの「お団子」を作ってぬるま湯や水で飲む」
      これは味も殆ど感じられずとても飲みやすいです。私はほうじ茶で飲んでます。吐き気も起きにくいです。1回に3滴までしか試しておりませんが、全然吐き気はありません。もっと増やしても大丈夫な様です。まだ劇的な変化はありませんが、顔の肌が綺麗になったように思います。MMS2(今は休憩中)と卵醤、自然塩を摂るようにしていますので相乗効果もあると思います。頭痛も起こらずだんだん体力がついてきた様です。エプソムソルトを入れて入浴をしたかったのですが、湯船に5分も浸かるとフラフラしてしまい、実行できずにいましたが、土曜日には20分湯船に入ることが出来ました。卵醤のお陰です。
      マロンさん、「春ウコン(無農薬春ウコン100%」はどうでしょうか?色々な効果があるとの記載がたくさんネットでみられます。
    • 30. マヤ
    • 2015年11月05日 01:15
    • マロンさんこんばんは
      ゆっこさんのご退院本当に嬉しいですね
      私のμ坊さんへの読み方の質問から,μさんをミューさんと表わして頂きありがとうございますマロンさんのこういったお心遣い本当に素敵ですこちらに集う皆々様のご健康とご多幸を
      そしてこの国が本当の意味で栄えますよう心より願っています皆々様に溢れんばかりの幸が訪れますように長文失礼致しました
    • 31. 運時
    • 2015年11月05日 01:34
    • マロンさん!
      ありがとうございます!
      僕も抗がん剤は全く信用していません。
      母には幾度となく抗がん剤やめて、民間療法への移行を促しましたが、全く聞き入れて貰えず終いです(汗)
      完全に先生を信じてます(汗)
      抗がん剤を止めた瞬間に自分は死ぬと思っております。
      今は渡したオルゴナイトを仕方無くポケットに入れてくれてるくらいが精一杯のようです。
    • 32. 運時
    • 2015年11月05日 04:39
    • ナルさん!
      ありがとうございます!
      本当にこのままだと殺されてしまいそうです。
      母は病気はお医者さんでないと絶対治らないと豪語しております。
      今は生理食塩水の点滴もしています。
      とにかく血小板の数値が安定しないと次の抗がん剤を試せないそうです。
      母は絶対抗がん剤は止めないと言ってます。
      僕はもう、また退院出来ることを祈るだけです。
      MM Sは抗がん剤と併用しても大丈夫なんでしょうか?
      僕は抗がん剤をやめて欲しいです(汗)
    • 33. さざ
    • 2015年11月05日 04:51
    • 塩、大好きです。昔から塩好きでよく食べていましたが減塩が気になっていました‥しかしそんなの嘘っぱちだと知り嬉しかったです。自分の身体の声を聞くのが何よりですね!ちなみに髪を塩で洗っているのですが、先日美容院で何度もシャンプーされてから頭が痒いです。脂が落とされまくり痒くなっているのか、やはり塩だけで十分だなと思いました。しっかりシャンプーして乾燥して痒くなる⇒しかしそれに気付かず洗いの残しかと思いさらによく洗う⇒シャンプーを買う。恐ろしいです!
    • 34. μ坊
    • 2015年11月05日 04:56
    • もしかすると大豆と小豆の組み合わせ発酵物は理想的な感じがします。
      保存食です。
      非常食です。
      常備食です。
      塩分補給食です。
      武装もしてます(たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、食物繊維)文句言わせない。
      美味しいです。
      誰でも作れます。
      籠城出来ます。
    • 35. マロン
    • 2015年11月05日 05:21
    • りぃやんさん、いいですね!じわじわでいいと思います!
    • 36. マロン
    • 2015年11月05日 05:29
    • nekonekoさん、色々チャレンジされてますね。素晴らしいです。
      確かに肌がつるっとしてきますよ。
      春ウコンですか、良いと思います。ただ結構なお値段がしますので激安好きにはちょっとネックですね(笑)
    • 37. マロン
    • 2015年11月05日 05:30
    • マヤさん、丁寧にありがとうございます。
    • 38. マロン
    • 2015年11月05日 05:34
    • 運時さん、一番大きな壁ですね、抗がん剤の無能さや発ガン物質であるというニュースがチラホラ出てますので、探して見せてあげてはいかがでしょうか?特に海外は進展しています。
    • 39. マロン
    • 2015年11月05日 05:38
    • さざさんありがとうございます。
      やはりシャンプーの化学毒がかゆくさせているのだと思います。本当に恐ろしいルーティンですね、僕は、散発屋では、シャンプーを断ります(笑)
  1. コメントは、次の記事へ続きます・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。