心臓病は塩不足が大きな原因

 

動悸、めまい、不整脈などの解決策については、私、実際には経験したことがありませんが、 容易に考えられます。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

これも特異な症状でもなんでもなく、 病気の条件である、身体の酸化、電子の欠落が原因の根幹です。

 

つまり、血液が汚れています。

たまたま運悪く、ガンや脳梗塞に・・・じゃなかっただけですね。

つまり原因は同じ、酸化体質をせっせと積み上げ継続した結果です。

これまで、書いてきました通り、酸化した身体をアルカリに戻す方法は、色々ありますが、非常に効果的な一つとして、卵醤です。

卵醤の驚くべき効果効能とパワー!

 

下記の文章は、実際、卵醤で心臓病を自分で治された方のブログ記事です。

想像を絶する威力です。 それなのに西洋医学ときたら、心臓の専門医だとか、心臓の新薬だとか、ペースメーカーだとか・・・ 全く核心に触れない対処法のみです。

 

本当に笑える程、単純な方法で治るのに、医学は、大枚かけて絶対に治らない方法をやります。

卵醤とは、微量ミネラルと塩の急速補給です。

言い換えれば、現代人は、圧倒的にミネラル、塩不足なのです。

 

醤油のような塩分の塊を摂取することに、 抵抗を感じる方がいます。

では、塩を過剰に食べると、 人体はどうなるでしょうか?
答えは、吐いたり、下痢したり・・・その他、 人体は、吸収を避ける防御、排出反応をしますので大したことは起こりませんし、どだい、本当は一日25gという凄い量が必要ですので、食べすぎることはまずありえません。

ただし! 塩は、精製塩、化学塩ではなく、自然海塩であることが絶対条件です。

スーパーに売られる精製塩、化学塩は、化学添加物で全く有害品、この塩の質の天と地の差を意図的に医療は全く言いません。

 

生命の誕生は海からです・・

 

素材に、自然海塩が使われているのだから、 塩のコントロールは、DNAにキチンと刻まれているのです。

ところが、化学調味料や防腐剤、ゼロカロリー甘味料などの化学物質は、全くDNAが知らない未知の物質ですので、身体が理想的に対処できないのです。

つまり、塩の過剰摂取による病気だとか、高血圧は、 なりたくても、なれないのです。。

つまりそれらは、嘘ということです。

 

逆に、大企業が作る化学物質商品が病気の原因なのを、それを塩の責任にして、濡れ衣を着せいているのです。

医学は、庶民に塩の素晴らしいパワーが知れ渡れば、医療商売がお手上げになるからです。

いかに医療界が塩を恐れているかが、垣間見えます。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

動悸、めまい、不整脈の方にも卵醤

以下抜粋

 

動悸、めまい、不整脈、心臓が痛いような、背中が痛いような、 数年、このような症状で悩んでいた。

急激な体調悪化で、救急車を呼びたい衝動にかられる人は多いのではないだろうか。

私も数年で、何度か救急車のお世話になり、あるいは必死の思いで、自力で救急病院にたどり着いたりなど、苦しみました。

 

西洋医学では、この手のたぐいの治療として、 精神安定剤などを処方されて、だんだんと、 ボヤッとした感覚に誘導されてしまうのだが、どうでしょうか、発作はなくならないはず。。 みなさんそうでしょ?

わたくし、これらの恐怖から、ついに脱出しております。

きっかけは、今では絶版になっている書籍です。

 

「正食と人体」 まず、症状が出て、パニック的になったときですが、これは苦しいですよね。

で、そういう時、 有精卵を割って、茶碗にあけ、二つに割った卵の殻の半分の量の、本醸造醤油を茶碗の生卵にかけます。

それをかき混ぜて、飲みます。

生卵飲めねーって方、私も同じでした。

が、醤油の量が半端じゃなく多いので、生臭さは感じないはず。

ってゆーか、そんな余裕はないですから、試して見る価値ありと思います。

わたしの場合は、飲んで、だいたい15分ぐらいで落ち着きます。

そのあと、2時間ぐらい寝ちゃいます。 卵は千葉県産の有精卵が安いので、選んでます。醤油は愛知県産ものに良いのがいっぱいあるので、適当に利用してます。

冷蔵庫の有精卵が切れているときもあるでしょうから、何処のスーパーに売ってるのか、複数リストを作っておくといいと思います。

 

つぎに、日常そういう症状が起こらないようにしたいので、普段から導入する食事法を紹介します。

味噌汁を赤味噌か八丁味噌に変えます。 白味噌と半々に混ぜてもいいです。これを週4回ぐらい飲みます。

 

圧倒的な疲労回復に卵醤

 

私の家族や親戚、友人に卵醤を勧めると飲まない人は飲みませんが、半分ぐらいの人は恐る恐る飲むのですが、暫くすると・・・

「兎に角、疲れなくなった!」

「お腹が空いていてもフラフラしない!」

「休憩を取らないとやってられなかったけど全然平気!」

「今まで飲んでいた高価な疲労回復ドリンクって何だ?」

とまあ、疲労感が無くなり身体が軽い軽い!とみんな嬉しそうに話してくれます。

卵醤の効能を説明するときに「疲労回復がハンパ無いよ!」と言ってるのですけどね。

 

日本全国民は、減塩洗脳により塩分不足だったのです。

塩分不足が積み重なると、やがて疲労感を超えて甚大な病気に成ります。

 

私が使ってる一倉氏推薦のおすすめ醤油です

更に素晴らしい極上の醤油

近所のお店に有精卵が無い方は

 

 

<スポンサ-ドリンク>

 

コメント一覧

1. チキンガイ
2015年05月19日 23:32
いつもありがとうございます。 マロンさんにはぜひ、PET検査、FDG、ブドウ糖について検索していただきたいと思います。 PET検査は一時期がん早期発見(意味ない)にとてつもないパワーがある(僕も認めます)ので話題になりましたが、一気にブームがさめました。医療界にとって知られたくない事実があるのです。PETは放射性核種にブドウ糖を引っ付けて注射します、がん細胞は一気にそれを集めますので検出できるのです。ん~、PETはすごい、でもブドウ糖はがんの餌になるのがバカ国民に知れ渡るのはいかがなものか・・・・てことでPETは廃れてしまいました。

2. マロン
2015年05月20日 17:21
チキンガイさんありがとうございます。 PET検査ですか、こんな検査があったのですか。今もあることはありますね。医療側も案外墓穴を掘りそうな単純なミスがあるのですね。 がん患者が食欲不振になると、栄養補給としてブドウ糖注射を定期的にしてますが・・・、絶句ですね。しかし、多くの国民は、バカが付くほど医療を絶体的に信頼しているので、気付くことも少ないのかなとも思います。もうちょっと調べてみます。

3. チキンガイ
2015年05月20日 20:21
返信どうもです。 がん細胞やウイルス、細菌の餌は分子量が小さい精製された糖、ブドウ糖や砂糖ですね。 おっしゃるようにがん患者にブドウ糖液を点滴するなんてまさしくがん細胞に餌を与えているのと同じです。病院でのがん治療とは抗がん剤で正常細胞を殺し、点滴治療でがん細胞を増殖しているだけです。ですから皆まったく良くならないのです。 末期がん自然治癒された方は皆、ブドウ糖や砂糖を断っています。PET検査からクソ日本医療を評価してみると、如何に日本の医者がバカか良くわかります。

4. 遊亀
2015年05月21日 00:02
はじめまして。ブログいつも楽しく拝見してます。貴重な情報ありがとうございます。 卵醤で疑問なんですけど、あれって飲まないとだめですか?例えば卵かけご飯とかにするとまた違ってきますか? わかるようであればよろしくお願いします^ ^

5. マロン
2015年05月21日 01:53
遊亀さんありがとうございます。 薬ではありませんので好きなようにしてもらって全然問題ないと思います。ただ卵かけご飯にすると醤油の量が少ないので、やはり効果は薄いですね。私的には、正規の卵醤を一気にグイッと飲んで、食事は適量を美味しく頂いたほうがいいかなと思います。

6. マロン
2015年05月21日 02:05
チキンガイさんありがとうございます。 これだけ先進国になった日本で、これほど医療洗脳に陥っている日本人は、本当に頭がいいのでしょうかね。病院の治療で誰も治ってないのに、いつまでも100%信頼しているところが不思議です。 医療が悪いのは当然ですが、患者サイドもいい加減気付かないといけませんよね。今は、ネット等、便利なものがあるというのに。。。

2 件のコメント

  • マロンさん,コメント欄から初メールです。
    卵醤の素晴らしさを知って,始めています。
    有精卵を探すのに手間取りましたが,
    何とか通販で見つけ,家族の分も購入しました。
    私は心臓の不整脈が時々気になり,感じていた違和感が,卵醤を始めてから全く一度もありません。
    それは1回目を飲んだ直後からです。
    あれ?そう言えばドキドキしない!という具合です。
    主人は,疲れにくくなった感じで,もともと元気な人ですがやはり年々人並みになってきていました。
    忙しくてもあまり昼寝せずに元気に仕事が出来ています。
    子供は花粉症が随分良くなりました。
    飲む前は1時間に何十回も鼻をかんでいましたが,
    途端に激減し,今は時々目のかゆさを訴えますが,
    それはもう随分落ち着いています。
    最初は作った卵醤を卵かけご飯にしていましたが,
    今はそのまま飲んでいます。
    皆,美味しいと感じています。塩分足りてなかったんでしょうね。
    今は週2回コースなんですが,飲みたいときはもう一回増やして週3コースにしたりしてもいいのでしょうか?
    卵の期限のこともあり,また飲みたいと思った時って体には必要なのかなと思ったりもしました。
    またこれはどれくらいの期間続けたらいいのでしょうか?様子の見方,もしくは卒業の仕方などありましたら教えて下さい。

    • ビオラさん、遅くなってすみません。
      はい、まさに卵醤の素晴らしい効果ですね。
      通常の方は、減塩洗脳で塩分不足だと思います。
      週3回でも全然OKです。飲みたいと感じた時に飲んでください。
      塩分は体内で常に消費されますので、水と同じように死ぬまで必要です。
      卒業はしないでくださいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。