市販品はフッ素フライパンばかりですが・・・

 

最近、スーパーなどでフライパンコーナーを見ると、ほとんどフッ素コートのものばかりですね。

<スポンサ-ドリンク>

 

このブログの読者の方は、フッ素製品は極力避けておられると思いますが、食品でなくとも食べてしまうフッ素(テフロン加工)フライパンは、非常に危険です。

 

1~2年で剥がれ、安くても買い替え頻度が高ければ、結局高額出費になり、オマケにフッ素をドンドン食べていることに・・・

ていうか、それは、大企業の戦略でしょう。

 

使い捨てのようにフッ素フライパンを買ってもらって、あげく、病気になってもらう計算です。

嘘みたいな話ですが、以下のフッ素の知られざる情報を読むとそうであるに違いないと感じます。

 

これで、支配層がフッ素普及を狙って、庶民を廃人に追いやりながら、グルになって儲けまくっていることが良く解ると思います。

 

それほど別格の物質なのです。

 

フッ素の有害性は隠蔽されています

 

以下 Thinkerより抜粋

http://www.thinker-japan.com/husso.html

大気汚染物質として知られる数多くの化学物質の中でも、フッ素は最も危険であることがわかっており、さまざまな機関がフッ素の有害性を訴えています。

 

アメリカ農務省は、「フッ素ほど大気中のすべての汚染物質の中で、世界中の動物に害を与えてきたものはない」としています。

またコーネル大学のレナード・ウェインスタイン博士も「あらゆる大気汚染物質の中で、もっとも農業に害を与えている物質として、フッ素ほど疑わしく、これまで多くの訴訟が起こされたものはない」としています。

このようにフッ素の毒性に関する証言はありますが、中でも特筆すべきは、フォーサイス神経毒学研究所で行われた実験結果です。

 

神経毒学者のフィリス・マレニクス博士は、自身が開発したコンピューターによる新しい神経画像解析システムで、様々な環境汚染物質の微量投与による大脳への影響を研究している第一線の科学者でした。

 

あるとき、歯科業界で使用される様々な物質の毒性の解析を依頼され、フッ素もその中に入っていましたが、彼女は当初、「フッ素は子供達にも使用されているほど安全な物質だからやるだけ時間の無駄。私は、やらないわ。」と拒絶していました。

 

しかし、指示通りに検査してみると驚くべき結果が出たのです。

なんと安全とされる適量のフッ素を投与しただけで神経細胞から、他の神経毒が引き起こすような多動性障害、記憶障害、知能障害の典型的な画像パターンが観測されたのです。

これを彼女が学会で発表すると、ある人物が言いました。

「君は自分が何を言っているのかわかっているのかね。われわれが子供達のIQ(知能指数)を下げているとでもいうのか。」

 

それに対して彼女は科学者として、「ええ、基本的にはそうです」と答えました。

その後、即座に彼女は研究所を解雇され、その研究自体も研究資金が絶たれ、打ち切られたのです。

フッ素が引き起こす病気

 

しかもフッ素に於いては、安全圏内とされる適量を投与しただけでも、知能障害や記憶障害、多動性障害の代表的な症例が現れる事実が、既にもう確認されているのです。

この他にも、フッ素の摂取は次のような病気の原因ともなるのです。

  • アルツハイマー
  • 動脈硬化
  • 不妊
  • 奇形
  • 糖尿病

私たちにできることは、フッ素を体の中に入れないことです。

これは、日々の生活の中で、意識するしかありません。

 

買い物をするときに、商品裏面にある成分表示を確認するようにしましょう。

現在、必要以上にフッ素の含有量が高いものは以下のとおりです。

 

フッ素を多く含む商品たち

 

・歯磨き粉(フッ素化合物を含むもの)
・水道水(アメリカなど水道水にフッ素が添加されている国や地域)
・乳幼児の食品(ベビーフードの一部)
・ジュース(農薬などから果実に吸収されているもの)
・炭酸飲料水、お茶、ワイン、ビール
・ファーストフードのフライドチキン(機械で骨をとっているもの)
・缶詰の魚
・魚貝類
・フッ素添加された塩
・添加物たばこ
・麻酔(メチオキシフルレンなどフッ素化合物を含むガス)
・農薬(クリオライト・フッ素化合物をふくむもの)
・フッ素加工(テフロン)のフライパン
・フッ素入りのコーティングスプレー

抜粋以上

 

<スポンサ-ドリンク>

 

フッ素のカラクリとうまみ

 

上記のフィリス・マレニクス博士がフッ素の甚大な有害性を発表した後、すぐさま首を切られた話しから、利権輩(支配層)は、真実の研究データを抹殺してまで、フッ素普及を必要以上に狙っていることが明らかに伺えます。

学会、協会、教授、ジャーナリスト、テレビコメンテーター、公的機関などには、肩書きを持った支配層の一味が潜んでいて、どんなジャンルでも都合の悪いことは汚い手口で排除しています。

 

テレビを見ていると、専門家、あるいは知識人が横に座っていて、ニュースや何でも言葉巧みに解説しますよね、それ、それです!

それで、庶民は、イチコロに洗脳されるわけです。

 

テレビにいたっては、100%ですね。

だから、フッ素の極めて怖い有害性を唱えるホンモノの専門家は、最初からふるい落とされ、テレビに登場しないのです。

 

話しがそれましたが、つまりそれだけ支配層にとって、フッ素がもたらす「うまみ」があるのです。

 

まあしかし、フッ素がもたらす病気って、今、流行の病気ばかりじゃないですか!

「うまみ」とは、そんな病気。

  • アルツハイマー
  • 動脈硬化
  • 不妊
  • 奇形
  • 糖尿病

上記のような病気は、医療界が爆発的に儲かります。

世の中・・・フッ素に限らず、何でもこのように庶民のお金や命を上手く騙し取るようにできています。

医療費、うなぎ登り!

なんてのは、病気が増え、医療が治さず、薬漬けにしてさらに、徐々に悪化させているからです。

 

何かの病気でクスリを飲み続けるということは、全く治っていないといこと、誤魔化し続けているということ、病院など行く価値は全く無いということです。

 

しかし、フッ素加工フライパンは、どうしてもあの便利性に魅かれ、ついつい買ってしまいがちです。

クスリも、フッ素フライパンも、安易な便利さと自分の命を引き換えているのです。

 

真綿で首を絞めるように、ジワジワと・・・

フッ素とは、それほど人体に超凶悪な物質なのですが、庶民には、上手い洗脳でジャンジャン使わせています。

 

本当に健康に良いフライパンとは?

 

最近流行の、セラミックフライパンなどもありますが、やっぱり本当に良いものは、昔からある鉄フライパンでしょうね。

しかし、現実、焦げ付きやすく使い難いです。

がしかし、さすが日本ですね、まじめな素晴らしい技術のメーカーがありました。

 

リバーライトの極ROOTSフライパンです。

その実力は、間違いなく本物で普通の鉄の概念を壊した逸品です。

特殊加工で普通の鉄フライパンよりも焦げ付きにくくて、お手入れも簡単というもの。

鉄のフライパンを非常に使いやすくしてあります。

取っ手の木の部分は、交換出来ます。

鉄は、料理を美味しくしますし、これは、使うほど油がなじみ、焦げ付かず、鉄なのに錆びず、いい具合に成ります。

 

確かに少々お高いですが、大切に使えば生涯使えましすし、何より、、、安全であること、それにつきます。

価値ある逸品だと思います。

 

極厚タイプがお値打ち

 

<スポンサ-ドリンク>

 

 

コメント一覧

 

    • 1. μ坊
    • 2015年09月13日 07:49
    • 秘伝の焼き飯(大袈裟ですが)。材料:冷やご飯、刻み葱。調味料:塩、胡椒、植物油。作り方:フライパンに植物油を敷いて(容れるのではなくて敷くです、少し落としてハケ等で延ばす)熱します。十分にフライパンが熱くなったら冷やご飯と葱をいれます。軽く混ぜ合わせた後、木のしゃもじで薄く伸ばし、焦げ目が着くのを待ちます。よく混ぜ合わせて全体が熱々になったところで塩と胡椒で味を整えて完成。
      小学校の頃、お腹すいて作ったのを思い出しました。
    • 2. 大和派
    • 2015年09月13日 10:36
    • ここ3月ほど、毎日梅干しを食い続けて、3Lほどの瓶を食い尽くしました。
      血圧は上がるどころか下がるし、腰痛は霧消。長年のめまいも霧消。
      筋肉にすごく力が入ります。大した運動をしていないのに体が締まってきました。
      たぶん1日30g以上取っています。今のところ何の異常もないです。

塩分控えめは、日本の支配勢力の陰謀だと思います。
マロンさんに感謝します。

    • 3. ねこまんま
    • 2015年09月13日 16:25
    • 母の付き添いで病院に行く事が増えて思う事。
      (みんな本当にいいカモにされてる・・)

 

一生懸命働いてきて年老いて僅かなお金を持って行かれて自身は身体の不調に嘆くしかなく、それでも医者が唯一の救いと信じてる。。。
私はそういう老人になりたくないし周りの人たちにもなって欲しくない。
だからここへ来て貴重な情報を教えて頂いたり話を聞かせていただいて本当に運がいいなと思うしありがとうという気持ちでいっぱいです。

(先日鉄のフライパンを買ったばかりです。
使い始めで手引書片手に奮闘してます。
今回の記事、私にはちょっと遅かったですね笑
何とか頑張ります!!)

    • 4. マロン
    • 2015年09月13日 18:09
    • μ坊さんありがとうございます。
      シンプル、ヘルシーで美味しそうですね。葱は、最高ですね。
      私も焼き飯は、得意ですよ。普通の焼き飯ですが、パラパラで美味しいです。
    • 5. マロン
    • 2015年09月13日 18:15
    • 大和派さんありがとうございます。
      久しぶりですね、お元気でしたか?
      梅干のクエン酸パワーと塩分補給ですね。想像以上の結果で嬉しいです。
      皆さんの体験で、こうして支配層の暴挙が実証されていくのが、何よりです。
    • 6. マロン
    • 2015年09月13日 18:37
    • ねこまんまさんありがとうございます。
      刃物も、ネットも使いようですね。良くも悪くもどう使うか、その人次第ですね。
      そんな喜んでもらえるほどの情報とは思えませんが、どうもありがとうございます。

 

鉄なら良いと思います、さすがです!

    • 7. μ坊
    • 2015年09月13日 19:10
    • 近くに横浜中華街があります。そこの調理器具専門店で鉄のフライパンを手にいれました。手入れも「ささら」というやつでガシガシやってます。本当に中華のフライパンは使いやすいですよ。「鉄鍋のジャン」漫画だけど、凄く参考になる。
    • 8. みっち
    • 2015年09月13日 23:46
    • マロンさんはじめ、蓄膿症の情報ありがとうございました。鼻うがい、卵醤、グルテンフリー、教えてあげたいと思います。
      鉄の中華鍋、もう数年前に重いということで戸棚の奥にしまっておいたのを思い出し、早速取り出してサビを取り油を伸ばし、チャーハンを作りました。美味しかったです。これからは鉄フライパンを育てるように大事に使っていきます。テフロン加工はもう終わりにします。
    • 9. マロン
    • 2015年09月14日 05:32
    • ミュー坊さんありがとうございます。
      鉄の厚手の鍋やフライパンは、蓄熱量が多いので美味しい料理に仕上がりますね。鉄でいきましょう。
    • 10. マロン
    • 2015年09月14日 05:36
    • みっちさんありがとうございます。
      病気回復は、仕組まれた固定概念を打破することからですね、頑張ってください。
      鉄は、調理中に微量とけだし、料理を美味しくさせるそうです。鉄鍋のチャーハン、美味しいですよね~食べたくなってきました!
    • 11. ねこまんま
    • 2015年09月14日 09:54
    • 大和派さんの梅干しの話、本当にびっくりです!
      そこまで効果があるとは!!
      来年の梅干し作りが待ち遠しいです。
      モンゴルの塩も買ったし無農薬の梅も身近にあったし(友達のとこ)紫蘇は実家の畑に毎年いっぱい生えてるし(^ ^)

 

あと、早くオルゴナイト作りたい

    • 12. マロン
    • 2015年09月14日 10:41
    • ねこまんまさんありがとうございます。
      ほんと凄いですよね。お金を掛けなくても足元に素晴らしい素材がゴロゴロですね!
      オルゴナイト、銀週に作りましょう!
    • 13. ほの
    • 2015年09月14日 21:29
    • フライパンなどの鍋問題は、ずいぶん悩みの種でして、鉄やステンレスはうまく使わないとすぐに焦げ付いてしまって、さっと使いたい時には不向きでした。
      今は耐熱性があり、毒性が低いと言われているセラミックコートのものを使っています。
      オススメのものも大変良さそうですね。次に買う時に試してみます。
      炊飯器はなくて、土鍋でご飯を炊いています。
      電子レンジも数年前に捨てました。
      全く困っていません。
      身の回りは本当に毒だらけですよね…
    • 14. マロン
    • 2015年09月15日 10:33
    • ほのさんありがとうございます。
      記事に書いてますように近年急速に伸びている病気は、フッ素がもたらす病気とほぼ一致していますのでとにかくフッ素製品は避けたほうがいいですね。土鍋とは、素晴らしいです、しかも美味しそうですね。
    • 15. μ坊
    • 2015年09月15日 18:41
    • 鉄のフライパンは、使い始めの時が肝心で、空焼きをする必要があります。やり方は丁寧に解説されているので直ぐに分かると思う。
    • 16. マロン
    • 2015年09月15日 20:31
    • μ坊さんありがおうございます。
      そうですね、シーズニングは大事です、物によってやり方が若干違いますので取り説通りされるほうがいいですね。
    • 17. 三月猫
    • 2015年09月18日 16:07
    • はじめまして。
      スギナ茶の効能を調べていてこちらに辿り着きました。
      スギナ茶だけでなく、セイタカアワダチソウやスベリヒユの記事も面白く、
      今年は今まさに花穂をあげ始めているセイタカアワダチソウを収穫して、お風呂使いしてみようと思いました。

 

そしてそのまま気になる記事を読んでおりましたところ、フライパン!
私もさんざん悩んでいたフライパンをつい先月買い替えたところなので楽しく読ませていただきました。
私が購入したフライパンですが、南部鉄器のフライパンです。
ご紹介されている極ROOTSフライパンも候補にあがり、ギリギリまで悩んだのですが、我が家は南部鉄器にしました。
大変重いのですが、焦げ付きもなく、手入れも簡単で気に入っています。
本当に重いのだけがネックですが、、良い買い物をしたと思っていますので、ご紹介したい気持ちがむくむくと(笑)。
余計なことでしたらすみません。

それでは他の記事も読ませていただきます。
またこれからも記事を楽しみにしています。

    • 18. マロン
    • 2015年09月18日 16:45
    • 三月猫さん、初めまして、初コメントありがとうございます。
      野草に興味をお持ちで、目の付け所が素晴らしいですね。ホンと素晴らしい効果効能を持っていますので色々ジャンジャン収穫されてください。
      南部鉄器は、ダッジオーブンと同じく高温で溶解した鉄を鋳型に流し込む鋳造で作られていますが、極Rootなどの一般のフライパンは、鉄板のプレス形成で作られているのが大きな違いですね。料理の味わいは、鉄器の方が蓄熱量が優れるため素晴らしく美味しいです。鋳造鉄は急冷やショックに弱いので気をつけてください。我が家は、普段料理をする奥様から重過ぎてブーイング対象になるのでやむなく辞めました(笑)。ほんと重さだけがネックですね。
      何かとくだらない記事を書いてますが、お気軽におたち寄りください。
    • 19. 大場
    • 2015年10月01日 09:13
    • ネットサーフィンしていて偶然たどり着きました。フムフムと読ませて頂き、リバーライトのホームページで製品を見ていたらんん?!と思い当たる節がありキッチンに行くと、やはり!偶然にもこちらの中華鍋を使っていました!手入れを怠っていたので、あまり使いやすさは感じていなかったのですが…その他の鍋やフライパンはフッ素コートのばかり。そろそろ禿げかけていたから新しいものを買おうかな…と思っていたのですが、迷わずリバーライトのものにしようと思いました!
    • 20. マロン
    • 2015年10月01日 09:25
    • 大場さんありがとうございます。
      先見の目をお持ちのようで。実は、アルミ鍋はフッ素鍋の濡れ衣で、安全のようです。
      ほんとリバーライトはいいですよ。長持ちしますしね♪
    • 21. μ坊
    • 2015年10月02日 17:10
    • ルイ・ケルブランの研究によると、アルミニウムとシリコンは水素の増減によって互いに移り変わるそうです。
      最近ではシリコンが大変重要なミネラルであると認識される様になりましたが、何分可溶性が低いので、アルミニウムがシリコンの代用として役立っている可能性が十分考えられます。
    • 22. マロン
    • 2015年10月02日 19:02
    • μ坊さんありがとうございます。
      凄い情報ですね、そうなんですか。だからアルミを悪者扱いに仕立ててるのかもしれませんね。
    • 23. るちあ
    • 2015年10月11日 09:38
    • 毎朝目玉焼きを作るので、リバーライトのちっちゃなフライパンを即購入しました。
      そんなお手入れが楽な鉄のフライパンがあるなんで、知りませんでした。
      こちらの情報に感謝です。
      そして、出来上がった目玉焼きを食べたら、いつもより美味しい!!!
      熱伝導がイイからでしょうか、それまでのフッ素加工のフライパンで作った時より格段にも美味しかったです。
      リバーライトで焼いて、味付けに海の精をパラパラ…で、ただの目玉焼きが最高に美味しくなりました。もう、やめられませんね!
      フライパンを洗う時のササラも、フライパンをすぐに綺麗に出来て驚きました。こんなにシンプルなもので綺麗に出来るなんて、考えた人すごいなーとまず感心。
      プロの道具だから自分には縁が無いと思っていましたが、鉄のフライパン同様、使ってみて初めて良さが分かりました。
      使い捨てでなく、一生使えるところも素晴らしいですね!
    • 24. マロン
    • 2015年10月11日 10:15
    • るちあさんありがとうございます。
      素晴らしい行動力ですね。鉄のフライパンは、食材を焼いているときに、僅かに鉄が溶け出してそれが絶品の旨みになるそうで、遠赤効果とはまた違いますね。鉄分補給もバッチリです。大切にお使いください。
    • 25. しゅんママ
    • 2015年11月08日 22:27
    • はじめまして。
      重曹について調べておりましたらこちらにたどり着きました。
      我が家に2歳になる子供がおり、自分の健康のためにも良い鍋を購入しようと検討中でしたので、こちらの記事も合わせて大変参考になりました!
      使われている方の評判もよく、さっそく購入しようと思います。
      それと質問ですが、ステンレスのお鍋でおすすめはありますでしょうか。
      ステンレスも一生ものと聞きますが・・・。
      我が家はガスですが多重高層で良いものがあればと思っております。
    • 26. マロン
    • 2015年11月09日 13:43
    • しゅんママさん、初めまして、ありがとうございます。
      ステンレスですね、僕は、アウトドア用のSOTO ステンレスダッチオーブンを野外でもキッチンでもガンガン使ってます。http://www.shinfuji.co.jp/soto/products/st-9xx/
      物凄く分厚く重いため、豆の煮炊き、カレー、シチューなど抜群においしく仕上がります。サイズが3つあり選べます。しかし、とんでもなく重いです(笑) よしければどうぞ♪
    • 27. しゅんママ
    • 2015年11月10日 22:52
    • さっそく今日購入してきました!薄いタイプと迷いましたが厚底タイプの重いフライパン26cmにしました。夫もこれで作る料理が楽しみといっております。
      ステンレスのお鍋ありがとうございます!夫がアウトドア好きなのでこのメーカー知っておりました。重いので・・・検討してみます!笑
      また胆石の記事、参考になりました!義妹が20代前半でなり入院してましたので・・

 

マロンさん色んな知識があり、全然話が違って恐縮なのですが・・お聞きしたいことがあります。
ノニジュースをご存知ですか?
福島の南相馬市出身なのですが(原発から21㌔)体調を良くするためにニノジュースやキッズカーボンを進められたのですがどちらも子供にも安全みたいなのですが・・。

    • 28. マロン
    • 2015年11月10日 23:05
    • しゅんママさん、8インチなら小さいですが許容範囲ですよ。
      相馬市御出身ですか、大変な事故に合われ、心からお見舞い申し上げます。
      事故後、やむなく移住されたということですか?汚染の実態は、いかがなものなのでしょうか?
      ノニジュース、知っています。記事、「家庭菜園を安全に豊作にする方法」で使ってます。
      確かに良いと思いますが、やはり高価です。家族全員分となるとかなり高額になります。
      記事、「90%以上のガンは・・」を読まれてください。僕は、ノニにこだわらなくても賢くやれば、それ以上の効果が安くて可能だと思っていますが、どうでしょうね。
    • 29. しゅんママ
    • 2015年11月12日 16:48
    • 私自身は関東にいましたが妹や友人たちはやむなく移住しました。
      しかし両親や親戚、一部の友人は家族を持ちながらも残ってます。
      20㌔圏内が移住できない地域なので実家はギリギリ21㌔で可能なんですよね。そんなギリギリに住んでていいのかと疑問は残りますが・・。
      福島原発で正社員として勤務している友人がいますが、汚染については長くなりますが・・一言いうと4年たった今でもあり、変わらずです。除染作業も人数が半端く市内がすごい人です。

 

タヒチアンノニジュース、今日都内のお店で飲んできました。子供も飲めてましたが高価でためらってます。飲むからにはずっと飲み続けたいので・・。
記事、拝見しました。本当にマロンさんの情報は勉強になります。
ありがとうございます。

    • 30. マロン
    • 2015年11月12日 18:24
    • しゅんママさん。実は、事故や放射能汚染は計算された計画的なもので、で汚染は実際にはほとんど無いという情報が出回っていまして、除染も利権絡みのようなのですが。本当の現場は、どのような状態なのか実際が知りたくて質問させていただきました。いずれにせよ、心からお見舞い申し上げます。
      そうですね、ノニは、高価ですからね~、僕自身は、出来る限り身の回りにあるものですましています(笑) ちなみに、うちは野菜を自給していますので、このブログで紹介している「野菜スープ/立石和」 をいつも作っていますが、素晴らしいですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。