治らないのに、治療費5千万円も提示する医療

 

ミトコンドリアの記事で、reconさんからコメントを頂きました。

ありがとうございます。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

また病中お見舞い申し上げます。

あまりにも酷い医療の実態、これが現実です。

恐ろしいですね~、しかし・・・

治らないのに、治療費5千万円も提示するとは!

こんな数字は適当で、脅し盗り同然です。

この方、キチンと知識があったからこそ、医者の勧めを断ることが出来たのです。

普通の方なら・・・

知らぬは、地獄!です。

reconさんその記事のコメント欄参照してください。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

読者さんからのその体験談です

 

new!勉強になり感動しました!

私はミトコンドリア病_レーベル病で失明してるものです。

間違った治療が原因で、特発性大腿骨頭壊死発症!

3ヶ月ほど寝たきりに!

5年ほど前から一日1食療法で&体力練成・懸垂を50回程度、5回×10回位、背筋、腕立て、スクワットETC・・・

十中八九治らない病気だけど、歩けるようになりました!

5000万の費用がかかる手術を猛烈に勧められてましたが、嫌なDRだったので、知識もあったので治してやりました。

ほとんど奇跡的なのですが。

DR・とても悔しそうでした!

ちなみに手術をすると5年後に再手術率98%!

その後は車椅子生活確定!医者はこのことは言いません!

私はナース国家資格持ちなので完全拒否しました。

ちなみにタバコは無害だと思ってます。

必ずや光を取り戻します。努力は報われる!

ミトコンドリアの活性化&成長ホルモン分泌上昇したのだと確信してます。

長文失礼しました。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

 

コメント一覧

    • 1. チキンガイ
    • 2015年06月06日 09:09
    • 空腹と適度な運動がミトコンドリアを復活させる証明ですね。
      reconさんは必ず光を取り戻すでしょう。
      難病ほど医療に関ってはいけないと確信しています。悪性度の高い脳腫瘍であるグリオーマに対し三大療法と断食の併用が効果的だと一時期騒がれましたが(当然掻き消された)、タダ単に断食が有効なだけで、三バカ療法が無意味なだけです。実は脳腫瘍は断食療法で簡単に治せると思っています。正常脳細胞はブドウ糖が大好きです(もちろんなくても大丈夫)、グリオーマとなるとさらにブドウ糖が大好きどころかなかったら死んでしまいます。
      医療行為で復活できる脳腫瘍はせいぜい髄膜腫などの良性腫瘍だけです。根本的に間違っているバカ医療行為によって悲惨な結果になってしまった脳腫瘍患者は数多く見てきました。
    • 2. マロン
    • 2015年06月06日 10:53
    • チキンガイさんありがとうございます。
      確かに糖類は、人体には不要ですね、プチ断食でわずかな偏頭痛が治りました。糖は、脳にかなりの悪影響があると思います。実に単純な療法ですが、大昔は、医者も何もいないし、それでも人類は生き延びてきたのですからね。灯台下暗しです。
    • 3. recon
    • 2015年06月08日 01:10
    • 私の事例を取り上げてもらい恐縮です。
      タバコについての考察を!ちなみに私は愛煙家です。ただし、値上がりで一日10から12本程度に抑えてます。レーベル病の専門医の真島先生には禁煙はさして必要なしと言われました。いい先生でした。
      私が勉強した限りでは、タバコの効能!アルツハイマー予防・肺癌でも、悪性の腺癌には、ほとんどならない!乳癌にもならない!喫煙者に肺癌ができても、ほとんどが良性腫瘍!医者はこのことを触れません。身近で、現場で、感じるのは、老年期前に悪性腫瘍で亡くなる人のほとんどが非喫煙者であることが多い!喫煙者が30年前と比べて半分になっても肺癌は増加!矛盾!絶対にWHOの陰謀では?冷静に考えたら、タバコは草の煙ですよ。車の排ガス、工場の排煙!タバコなど問題にならないと考えてます。とある検証では、水道水とタバコの発癌成分調べると!水道水200ccで、タバコ1日1箱で25年分以上だと!結果もあります。タバコを敵視する医者は頭が悪いと思います。事実、愛煙家の医者もそこそこ存在してます。肩身は狭いけど!長文失礼しました。
    • 4. マロン
    • 2015年06月08日 04:11
    • reconさんありがとうございます。
      タバコですよね、過去記事 「恐ろしい健康診断とその経緯」あともう一つ、ちょっと書いています。喫煙者は、ケムトレイルやワクチンの毒撒きによる発病者が極端に少ないというデータがあるので、支配者方は、禁煙してもらいたいそうです。癌は、血液が汚れて(酸化)始めて発病しますが、タバコを吸うだけでは、血液は酸化しないと思うのですが・・・自論です。
      また、改めて調べてみたいと思います。
    • 5. μ坊
    • 2015年06月14日 01:47
    • μ坊です。若い時に放水路の水門近辺で合成洗剤の消えない泡に驚嘆しました。身体も弱かったので薬屋と病院が近くに無いと不安の毎日でしたが、書店の精神世界のコーナーで精神は肉体を凌駕すると言う事を知りました。医者と縁を切り薬とも縁を切って以来45年程経過しましたが全く問題なしです。薬を飲まなくなると頭痛や胃痛になりません。細菌やウイルスに因る食中毒にもなりません。私1人だけの人体実験なので論拠には乏しいですけどね。
    • 6. マロン
    • 2015年06月14日 04:33
    • μ坊さんありがとうございます。
      凄いですね、45年も断医療ですか!私は10年ほどで、大先輩です。私も人体実験のデータサンプルに(笑)
      精神は凄いのですね。改めて実感いたします。
    • 7. μ坊
    • 2015年06月14日 06:58
    • 悪乗りでちょっとした屁理屈(μ坊による定義は世間に通用しない勝手な仮説)について、人体には季節風が吹いている(本来ならばですけど)。ところが現代はエアコンの発達でいつも凪状態で十分に風が吹かない。その結果至るところに淀みができてゴミが溜まる一方です。その結果は分かりますよね、はい病気です。一見快適と本当の最適の違いを深く考えて観ると良いかもですね。
    • 8. マロン
    • 2015年06月14日 19:10
    • μ坊さんありがとうございます。
      μ坊さんの仮説は、屁理屈じゃなく正論ですが、世間が狂ってるだけですね。
      現代人は、考えない教育を受けてますので、簡単なことが解らなくなってます・・・
      何もかもおかしな世の中ですね。

2 件のコメント

  • マロンさんはじめまして、mi と申します。
    色々調べるたびにマロンさんのところに行き着き、いつもお勉強させていただいています。

    タバコについてですが、現在のタバコは昔のタバコと違って色々な物質も含まれているようですよ。
    私も以前タバコに挑戦したことがありますが、身体に合わないようで、まったくすえませんでしたので非喫煙者です。記憶では、私が子供のころ父がヘビーでしたが、一緒にいてもそんなにつらくありませんでしたね。今は2回ほどモクモクのパーティーで倒れて、まったく対応できない身体です。
    海外タバコを輸入している会社の方いわく、海外のタバコ会社のトップは身体に悪いのでタバコを吸わないそうです。販売政策は女、子供、貧乏人がターゲットだそうで、男性は妻に言われるとやめやすく、女性はやめにくい。子供のころから中毒にするとやめにくく、貧乏人ほどやめない傾向。
    ちなみに、日本人向けフレーバーは醤油と味の素だといっていました。
    食べ物と同様に、昔ほど良くない素材が使われているのでしょうか?

    • miさん、初めまして、コメントありがとうございます。
      そうですね、タバコのみでしたら昔から愛されてきたものですからそれほど害はないと思いますが、問題は最近のタバコは化学添加物をてんこ盛りにしていることです。
      天然のフレーバーならまだしも、化学物ではダメですよね。化学添加物の液体に葉を浸して乾燥させるとか。
      本来のタバコは、感染症などを防ぐ効果が高く病気に成りにくいとさえ言われていました。
      そんな現代の化学物添加のタバコでさえも、実は肺がん率は喫煙率と反比例していますから、純粋なタバコは相当よいのかもしれません。
      医療や政府がしきりに禁煙指導するのは、禁煙したほうがガンや病気に成りやすいのを知っているのかもしれません。
      難しいですね、最終的な結論はまだ僕も良くわかりません。
      http://maron49.com/798

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。