ビタミンCは2種類あります

 

P1090290

我が家の近所に生えてたタンポポ♪

 

<スポンサ-ドリンク>

 

体に良いし、ガンに効果があるとか、色々な情報が飛び交うビタミンCです。

 

しかし、その前に!

一口にビタミンC と言っても合成と天然では、全くベツモノだったのです。

サプリメントや合成系のビタミンCは、もはや発がん性を持っていたのです。

恐ろしいですね~

ホンモノの天然のビタミンCの摂取の仕方を、下記に紹介しておきます。

 

以下抜粋

こんなに違う!!天然と合成のビタミンC
同志社大学教授 西岡一著

ビタミン類が体に大切な役割を果たしていることは誰でも知っていますよね。

とくにビタミンCは80年も前から、その重要性が知られていました。

果物や野菜が不足すると出血しやすい壊血病という病気にかかりやすいことからビタミンCの役割がわかったのです。

でも最近になって、ビタミンCはもっと多くの働きをしていることが次々と明らかになってきました。その主なものは次のとおりです。

 

1.活性酸素を消す
2.コレステロ-ルを調整する
3.インタ-フェロンを作る
4.コラ-ゲンを作る
5.ウイルスをやっつける

 

その結果、次のような効能があるとされている。省略 (詳細は下段の但し書きをご参照ください)

なんと多くの役割でしょう。

現代人に特徴的なさまざまな健康不安や病気の心配を解消する重要な働きをしているのです。

それにもう一つ、ビタミンCには他のビタミンやくすりと違う大きな特徴があります。

それは摂り過ぎで害になることが全くないことです。

 

■ビタミンCを摂ることは健康、美容、そして長生きのパスポ-トだから思いっきり多くのビタミンCを摂ることは健康、美容、そして長生きのパスポ-トだといえるでしょう。

しかしここで重大な事実があります。

それは天然と合成のビタミンCの大きな違いです。

「同じビタミンCなら天然も、合成も同じではないの?」と思われる方も多いことでしょう。

しかし、私達の研究によれば、この両者、どうやらだいぶ違うのです。

 

 合成ビタミンCは、怖い病活性酸素を発生させる

 

合成ビタミンCは食品添加物

ビタミンCの化学構造が明らかにされると、直ちに人工的な合成が始まりました。

合成すると安く大量生産ができ、大きな利益が期待できるからです。

合成されたビタミンCは天然のものと化学的には同じです。

しかし果物や野菜の中にいたときとはすっかり違う顔を持っているのです。

ビタミンCは酸化されやすい性質があります。

 

この性質を利用して酸化防止剤として食品添加物に使用れています。

つまり合成ビタミンCは食品添加物なのです。

合成ビタミンCを添加しておけば食品は長持ちするのです。

 

自動販売機などで買える缶入りウ-ロン茶などには、ビタミンCが表示されています。

これをみた人は誰でもビタミンCも一緒に飲んでいると思うに違いありません。

しかしこれはとんでもない間違いです。

 

■ 活性酸素はガンや生活習慣病、それに老化の原因となる悪玉

 

ウ-ロン茶の工場では、たしかに合成ビタミンCを添加しています。

しかし皆さんが飲む時には、もはやビタミンCではなくなっているのです。

酸化されてしまって、もはやビタミンCではなくなっているのです。

 

つまり自分が犠牲になってウ-ロン茶の酸化を防止しているのです。

しかもこの時、重要な問題をひき起こします。

それはこの酸化反応で活性酸素を発生させるのです。

 

活性酸素はガンや生活習慣病、それに老化の原因となる悪玉ですからこれはこまります。

果物や果実をタップリとることが美容や健康につながることは常識です。

このことは私たちの経験からも明らかですが、多くの動物実験でも証明済みです。

私たちの細胞レベルの研究でそのメカニズムもわかっています。

 

■合成ビタミンCは活性酸素を消すどころか、むしろ発生させる。ここで私たちの研究をご紹介しましょう。

 

大腸菌などの細胞に活性酸素(過酸化水素など)を作用させて、生存できないようにしておきます。

これに果実のジュ-スなどを与えますと、細胞が生き返ることを見つけています。

 

その理由は、細胞の中で発生した活性酸素がジュ-スのビタミンCで消されるからなのです。

この時、ジュ-スのかわりに合成ビタミンCを作用させます。

 

するとどうでしょう。細胞は生き返らないのです。

それどころかもっと死にやすいのです。

これは合成ビタミンCが活性酸素を消すどころか、むしろ発生させることを意味しています 。

 

<但し書き>

厚生労働省が栄養機能食品としてビタミンCの機能で表示できるのは「ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。」であり、ここに発表されている西岡教授の記事は西岡教授の研究成果であって、現在厚生労働省が 基準を作成した栄養機能食品で、ビタミンCの機能として認めているものではありませんので、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

http://www.ksi-net.com/acerola/top/0205/110219ksi.htm

 

<スポンサ-ドリンク>

 

天然ビタミンCを豊富に含むもの

 

カナダのウィンザー大学の研究チームの研究成果により、セイヨウタンポポの根茎が癌治療に非常に効果的であることが分かりました。

化学療法とは違い、タンポポの根茎を使った治療を始めた結果、数日以内に癌細胞が消滅したのです。

 

タンポポの根茎は、癌細胞を破壊するだけでなく、胆汁分泌を促し、肝臓を浄化し、アレルギーを改善させ、コレステロール値を下げます。

タンポポの根茎には、B6、チアミン、リボフラビン、ビタミンC、鉄、カルシウム、カリウム、葉酸、マグネシウムなど、重要なビタミンやミネラルが含まれています。

タンポポの根茎に含まれるビタミンCの量は1日の摂取量の535%です。

 

また、ビタミンAの量は、1日の摂取量の110%です。ナチュラルニュースによれば、ウィンザー大学の研究チームの研究成果により、癌患者に新たな希望をもたらしました。

タンポポの根茎は副作用もなく、効果的に癌細胞を破壊します。72才の男性(John Di Carloさん)は個人的にタンポポの治癒力を信じていました。

 

彼は3年間、化学療法で癌の治療を受けてきましたが何の効果もなく、癌は進行し、自宅で愛する家族と共に最後の時を迎える準備をしていました。

医師らは彼に効果のない化学療法を続けるだけであり、代替医療を試すこともしませんでした。

 

そのため、彼は最後の手段として自宅でタンポポの根茎のお茶を飲み始めたのです。

そして。。。4か月後に彼は癌を完治させたのです。

http://www.riseearth.com/2015/09/cancer-cells-decompose-after-several.html

抜粋以上

 

凄いですね、タンポポのビタミンC含有量!

タンポポ茶は、私も以前飲んだことがありますが、香ばしくてコーヒーに似ていて非常に美味しいです。

しかし、天然と合成のビタミンCの違いは恐ろしいですね。

 

結局これも体をアルカリ化して、ミトコンドリアを活性化させているのですね。

ここでも、サプリメントの無能さ、無能だけならいいですが、逆に体に悪いことが証明されました。

しかし、上記文献で注目したのは・・・

抗がん剤を投与した人は、普通、素晴らしい民間療法でも抗がん剤の圧倒的な毒性(酸化作用)で、あまり効かないのですが、タンポポは、それをも押しのけ、ガンを克服しているところに、僕は凄みを感じました。

やってみる価値は大いにありますね。

タンポポなんて、ちょいと郊外に出かければ、タダで手に入ります。

またしても、本当に健康に凄いものは、タダでした!(笑)

 

天然ビタミンCを豊富に含むタンポポ茶の作り方

 

以下タンポポ茶に作り方抜粋

家庭でもできるたんぽぽ茶の作り方

 

体に優しく健康にいいとされているたんぽぽ茶を、自宅で作る方法を調べて紹介しているページです。

たんぽぽ茶のためのたんぽぽの採取法たんぽぽ茶に使うたんぽぽは、どんなものでもいいのでしょうか。

せっかく集めたたんぽぽですが、実はお茶にするにはちょっと心配なものもあるのです。

 

そこで、たんぽぽ茶を自分で作る際に知っておきたいたんぽぽの集め方や選び方を説明します。

 

たんぽぽの種類

 

たんぽぽには、西洋たんぽぽと日本たんぽぽがあります。

春先に咲くのは主に日本たんぽぽ、温度などの環境が整えば通年を通して咲くのが西洋たんぽぽです。

たんぽぽ茶の材料としては、どちらも変わりありません。

 

 採取する時期

 

たんぽぽ茶は、たんぽぽの根から作ります。

そのため、根に一番栄養が集まっている時期が採取に適しています。

日本たんぽぽは、花が咲く直前の頃一番根が太っていますので、この時期がいいでしょう。

また、西洋たんぽぽは、花が咲く時期がオススメです。

 

 採取する場所

 

たんぽぽはさまざまなところで目にします。

探しようによってはいくらでも見つかりそうですが、口にするものなので安全なもの、清潔なものがいいですよね。

例えば公園や河川敷などは、市や県によって管理されているため農薬が散布されていたり犬や猫の糞尿がかかっていることがあります。

ですから、あまり人の出入りのないところなど採取する場所を選別した方がよさそうです。

 

【たんぽぽ茶の作り方】

 

①乾燥させた根と葉・茎のすべてを使用していきます。
②たんぽぽの根や葉、茎などすべてを細かく刻んでいきます。
③刻んだたんぽぽの材料を、茶色っぽくなるまで土鍋で煎ってください。
④煎り終わったら、ティースプーン2杯分くらいを鍋に入れます。
⑤600ccの水で煮詰めます。
⑥水の量が半分くらいになるまで煮詰めたらOKです!
あとは、たんぽぽのカスを取って、朝・昼・晩3回に分けて、
食後に飲むと効果的です。

 

タンポポが採取できない人は販売もされています

 

<スポンサ-ドリンク>

 

 

コメント一覧

    • 1. μ坊
    • 2015年10月06日 19:14
    • またしても直感なのですが、生命の純正振動は正弦波振動なのではないかと思います。それによって互いに共鳴仕合い強化されます。当然、生命によって造り出される物質にも純正振動が引き継がれます。ところが楕円関数論に由ると乱れた振動も残り続ける事が示されています。化学合成の環境というのはまさにその乱れた振動状態に曝されており、造り出される物質も乱れた振動状態を引き継いでしまう。乱れた振動は周囲を巻き込んで電子を剥ぎ取る、つまり早い話、酸化作用が強く現れるということです。
    • 2. マロン
    • 2015年10月06日 19:54
    • ミュー坊さんありがとうございます。
      振動的観点からも十分理論付けられるということですね。全然ありうると思います。それにしても凄い直感ですね。
    • 3. はる
    • 2015年10月06日 21:37
    • 初めまして・・・
      いつも興味深く有益な情報を有難うございます。最愛のパートナーが癌を患っておりどうにかして治したいと思い溢れる情報を模索しては精査しながら試しています。
      医療の知識がありませんので書籍やこういった情報が頼みの綱です。さてビタミンCのことですが薬局で売られているアスコルビン酸原末やクエン酸(食品添加物と書かれています)もやはり合成という事になるのでしょうか?ビタミンCとの違いも実はよく分かっていません。又、高濃度ビタミンC点滴も合成ビタミンCということになるのでしょうか?無知でお恥ずかしいですが命がかかっています。教えて頂けましたら幸いです。
    • 4. kaz
    • 2015年10月06日 22:38
    • 食養という概念を理解するまで、何年間も高価なサプリメントを購入していました。サプリメント類も実は自然に沢山あるんですね。先日も郊外へ行って気を付けてみるとセイタカアワダチソウが其処らじゅうに群生してましたし、スベリヒユ、スギナも日常の光景で目にも留まりませんでした。あーそう言えばあったなー程度(笑)
      先人の知恵が伝承されていないんだなと反省しきりです。いつもありがとうございます。
    • 5. マロン
    • 2015年10月07日 05:49
    • はるさん初めまして、ありがとうございます。
      心よりお見舞い申し上げます。
      クエン酸とビタミンCは、違うと思います。その点滴は、合成だと思います。
      ガンに良く効くのは、僕の独断ですが解毒の最高峰であるMMSで解毒し、ミネラルと塩分補給の卵醤で必要な栄養素を補う・・かなと思っています。重曹、クエン酸もいいです。
      あと、ブドウ糖は、ガンの唯一の餌ですので、野菜などは食べて結構ですがブドウ用類(穀類、甘いものなど)を具体的に調べて、徹底的に食べないで下さい。粉ミルク健康法は、その実践です。
      このタンポポ茶も凄いと思いますが実情がまだわかりません。併用されて問題ないと思いますが、卵醤などどんなものでも同時に飲まないで下さい。20分ほど空けてからにしてください。空腹時がいいですね。
      「助けてあげてください!拡張型心筋症」の記事で、MMSのHPなど詳細が記載していますので、ご覧下さい。コメント欄にもリンク先が書いています。CDSは、飲み難いMMSを飲みやすくしたもの、MMSを手足に塗るMMS+DMSO法は、飲まなくて良いので楽です。
      このブログの過去記事に、粉ミルク健康法、野菜スープ強健法も載せていますが、それらも消された素晴らしいガン対策法です。
      解らないことがあれば、お気軽にコメントくださいね。。
    • 6. マロン
    • 2015年10月07日 05:57
    • kazさんありがとうございます。
      私も、体の本質がわかるまでは、意味も無く高価なサプリを、ただ購入していました。
      わかったことは、自然に勝るものは無い、ですね。人間がビジネス優先でこしらえたものなんて騙し同然です。
      しかもタダで手に入ります(笑)
    • 7. メロンパン
    • 2015年10月07日 14:56
    • こんにちは。
      タンポポのお茶は、母の友人から咳やぜんそくに効くと言われ
      子どもに飲ませています。
      春先に川べりや野原でとったタンポポをよく洗い乾燥させて刻んだものです。
      効果は確かにあります!
      これに抗ガン効果まであることには驚きました。
    • 8. マロン
    • 2015年10月07日 15:46
    • メロンパンさんありがとうございます。
      既に飲んでおられるとは素晴らしいですね!
      やはり、自然のものは、計り知れないパワーを秘めていますね。
    • 9. ナル
    • 2015年10月07日 21:10
    • >マロンさん ほー、タンポポですか! しかし、採集しに行く暇がない(涙)。タバコも吸うし、ビタミンC不足なのでなんとかしたいところです。そして我が家にはサプリメントの容器が二つ転がっております。ビタミンB とチロシン…。
    • 10. マロン
    • 2015年10月07日 21:15
    • ナルさんありがとうございます。
      ですね、タダのものは、ちょいと労力と時間が必要です(笑)
      まあ、知識として覚えておいたら、いつか役に立つかもしれませんね。
    • 11. ナル
    • 2015年10月07日 21:56
    • >はるさん はじめまして。私の友人もガンを患っています。もう末期です。なんとか助けようと頑張ってはいますが、私は所詮友人ですので、決断されるのは旦那さんです。直接的に行動できないのでもどかしいです。その点、はるさんがパートナーの方の側にいらっしゃるのでしたら、やはり私もMMS、卵醤をオススメします。MMSは短時間置きに摂取しなければならないので、側におられるのでしたら、非常に効果的ではないかと思います。MMSでのガン治療を記述してあるPDFのアドレスを貼っておきます。http://www.runru.info/mueki/mms/protocol.pdf まずは4,5をご覧になってください。ガンにはMMS、MMS2を同時に摂取するのが効果的のようです。パートナーの方の一日も早いご快方を願っております。
    • 12. μ坊
    • 2015年10月08日 13:39
    • 煎茶の粉末化をすり鉢で試してみましたが、少し時間がかかるけど上手く挽けましたよ。多分タンポポ茶も粉にしてしまえば手軽になるかもですね。
    • 13. マロン
    • 2015年10月08日 19:10
    • ミュー坊さんありがとうございます。
      それはいい考えですね。抽出も早いでしょうし、そのまま粉ごと飲めるかもしれませんね。
    • 14. ほの
    • 2015年10月08日 22:58
    • C1000とかC2000とか、ドラッグストアにはそういったサプリやドリンク、錠剤がたくさんありますね。
      (関係ないですが、私はドラッグストアの前を通っただけであの化学薬品や香料のにおいで気持ち悪くなります。
      商品は密封しているのに、なぜあんなににおうのでしょうか??ドラッグストアなのに、ジャンクなカップ麺やお菓子を売ってるのも気に入らない)ビタミンは量なのではなく質、本物が大切だということなのでしょうね。
      野菜などはどれも微量で、サプリなんて一粒でその何倍も摂れてしまうのは魅力に感じますが、量ではないのですね。
      微量であっても野菜や果物に含まれているビタミンやミネラルはバランスが天然の黄金比なので、僅かでも体にはちゃんと効いてくれるのでしょう。ビタミンCの天然100%(アセロラ)のサプリをたまに飲んでいましたが、天然であってもサプリだと化学成分も入ってますからやはり良くないのでしょうね^^;たんぽぽ茶はかなり気になります。
    • 15. マロン
    • 2015年10月09日 04:28
    • ほのさんありがとうございます。
      そうなんです、サプリを作る会社に勤めていた友人が言ってたのですが、原材料がどんなに素晴らしい天然物でも何度も薬剤にかけて抽出するので、元の効能などまるで無くなり、危険因子の方がよっぽど多いといっていました。サプリは、絶対に飲まないと。
      素晴らしい洞察力ですね。
    • 16. μ坊
    • 2015年10月09日 09:05
    • 番茶の湯気は眼に良い?!
      昔、母方のばあちゃんが眼に良いんだよと言いながら一生懸命急須の湯気を手で煽って眼に当てていました。
      ご飯の湯気や煮物の湯気もとても元気がでます。
      ふーんと思ったりしてましたが、伝承の中には素晴らしいものが在りますよね。
    • 17. μ坊
    • 2015年10月09日 12:13
    • サプリの会社では、サプリを飲む仕事があるそうです。割と給料は高いようですけど、ちゃんと身体も壊れます。最初は喜んで仕事しますが大後悔して辞めてゆきます。貰ったお金は病院で回収されて、はいそれまでよですね。
      知り合いの身内の人が某有名な**ケルの会社に勤めていて身体を壊して辞めたそうです。
    • 18. ねこまんま
    • 2015年10月10日 13:54
    • タンポポ茶!!!
      早速作って飲みたいです^ ^サプリに関しては疑ってたので今回の記事は本当にありがたいです。
      友人でも結構飲んでたりしてどうなんだろうと思ってました。
      月1万円くらいサプリや健康食品に費やしている人が多いです。
      その割にはいつもゼイゼイ言ってる・・・ここんところ週2、3回アーシングやってます。
      サンジングと片足立ちと長い息を併用しながら1時間前後、お日様の温かさに包まれて( ´ ▽ ` )ミトコンドリアも喜んでくれてる・・ハズ♪
    • 19. 大場
    • 2015年10月10日 21:06
    • 妊娠中にたんぽぽコーヒーを飲んでいました。
      コーヒーの代用、と思って飲んでいたので、やはり長続きしなくて今ではすっかり飲まなくなってしまいました。質問です。
      正直…自分でたんぽぽ茶を作れる自信も環境でもありません。
      オススメのたんぽぽ茶が販売していたら、と思うのですが、ありますか?
    • 20. マロン
    • 2015年10月10日 22:36
    • ミュー坊さんありがとうございます。
      それは、十分に効果があると考えられます。ミネラルのダイレクト補給ですね。自然海塩の9%食塩水を目に点眼すると、ドライアイが一発解消するらしいです。
      本当に自然の威力には驚かされますが、全く埋まっている情報ですね。
    • 21. マロン
    • 2015年10月10日 22:48
    • ミュー坊さんありがとうございます。
      やっぱり、みんな身体を壊して辞めてるんですね。クスリならなおさらですね。自然に勝るものはありませんね。
    • 22. マロン
    • 2015年10月10日 23:22
    • ねこまんまさんありがとうございます。
      もうね、サプリなんて、飲まないほうが全然いいですね。薬と同じで治ったらダメなんですからね。アーシングの方がよっぽどいいですね♪
    • 23. マロン
    • 2015年10月10日 23:42
    • 大場さんありがとうございます。
      どの商品もちょっと高価ですが質は、素晴らしいお店です。
      漢方生薬の中屋彦十郎薬局|石川県金沢市
      でも、まあ、生薬店なら、そこまで気を使わなくても、どの店も全然問題ないと思います。
    • 24. はる
    • 2015年10月25日 20:42
    • マロンさん、有難うございます。
      現在障害等級1級、要介護5(これも手術と放射線治療をしてしまったからですね・・・)のパートナーである夫があれから直ぐ退院しましてかなり私の負担が大きくコメント遅くなってしまいました。天然のビタミンCを大量にしかも全て食べ物から摂取するのも大変ですね。
      クエン酸は大丈夫ですか?
      主人は人参のジュースを飲んでますがそれにクエン酸を混ぜて飲ませています。お水では酸っぱすぎて飲めないみたいでしたので。
      夫の癌は脳腫瘍なのですが脳腫瘍の情報が他の部位の癌に比べて少ないのと、【どの癌にも効く】とありましてもその中に脳腫瘍って書かれていないことが多く脳腫瘍も同じように考えていいのかしらと思ってしまいます。MMSお勧めなのですね。
      MSMなら試したことがあるのですが・・・σ(^_^;)マロンさん、これからも読ませて下さいね(o^^o)
    • 25. はる
    • 2015年10月25日 21:25
    • ナルさんもコメント有難うございますm(uu)mマロンさん、載せて頂ければ幸です。ご友人も癌を患っておられるのですね。
      夫の場合は脳腫瘍で経過として判断力が落ちていますので途中からは私が色々と決断をしてきました。もう主人とは一心同体です。
      主人も去年の7月に何もしなければあと数ヶ月か半年、手術か放射線で1年と言われました。腫瘍が発見され入院の前日まで歯科医師として仕事をしていた夫が最初の標準治療で麻痺などが出てきましたので再び開頭するのはもう嫌だと私が決断してお断りしました。
      その後自分なりに色々と調べて試してきましたが、ずっと寝たきりでかろうじて使えるのは右手のみ、ほとんどの事が自分では出来ないですし思考も喋ることもかなり落ちていますので夫はこのまま生きていて幸せなのか?と私自身問う事も正直あります。在宅になると24時間観なくてはいけませんし介助にはとても手がかかりますので病院関係の方はどこか老健施設などを探されては?と言われますが夫もまだ若いですし(44歳)夫であり父であるという意識は充分にありますのでとても病院任せに出来ずまだまだ望みを持ってい取組んでいますし、毎日とても穏やかで今とっても幸せで夫の事が愛しくてたまりません。自分にとって大切な人ならたとえ他人でも何とかして助けたい
      思うものですよね。
      もどかしい気持ちもあるでしょうがどうぞこれからも情報提供はしてあげて下さい。
      ただご本人の体調や状況(経済的も含)によっても試せる試せないもありますからね。。。
      でもあくまでも選ぶのはお友達と受け入れた上で。
      ナルさん自身の為にも。長くなってしまいましたごめんなさい;^_^A
    • 26. マロン
    • 2015年10月26日 12:04
    • はるさん、ありがとうございます。
      心よりお見舞い申し上げます。
      旦那さんは、歯科医師さんですか、、ちなみに僕は実は、歯科技工士です。
      天然ビタミンCは、たんぽぽ茶から簡単に摂取出来ますよ。
      クエン酸、いいと思います。
      勝手な言い分ですが、解毒と体内アルカリ化で回復する可能性は、僕は全然有ると思います。記事「90%以上のガンは・・・」を読まれてみてください。決してあきらめないで下さい。
      MMS系と卵醤など優秀な材料で、キチンと理解された上で対応していくことが肝要だと思います。
    • 27. ナル
    • 2015年10月26日 13:44
    • >はるさん ありがとうございます。別のブログで報告しましたが、私の友人は弱り切っており、旦那さんも疲れてらっしゃるのでわかりやすいところから小出しに情報をお伝えするようにアドレスを貼りましたが、結局聞き入れてもらえず、音信不通となり、残念ですが私にこれ以上できることはありませんので諦めました。もしかしたらもうこの世にいないかもしれません。悲しいです。パートナーの方は旦那様でしたか。まずは病中お見舞い申し上げます。
      また、ご心中もお察しします。ガンよりも厄介な心臓の病気を患っている私の彼女は余命3年と宣告され、3年目に突入し1年間有名な病院に入院しておりましたが全く回復しないので、私が仲のいい看護師さんに頼んで卵醤その他を隠れて摂取させたところ、たった3日で効果を発揮し、胸の苦しみがなくなりました。検査での心拍数なども正常です。心臓内のウイルスも短期間のMMS2摂取で大半が死滅しており、ずっと続いていた高熱も平熱に戻り、退院も時間の問題となりました。放っておいたら病院に殺されるところでした。マロンさんをはじめ、ここでアドバイスをしていただいたみなさんのおかげです。ただ私の彼女の場合、隠れてですが病院内で卵醤、MMS2を摂取できるという恵まれた環境にあります。旦那様の場合、卵醤は栄養補給にも最適なのですが、病院では栄養管理されておりますので、毎日摂取するのは可能でしょうか。脳腫瘍ですとMMS2が効果的かと思いますが、西洋医学を切って自宅での自己責任下における民間療法となりますので、相当な覚悟とご決断、ご家庭の環境などが問題となってきます。若輩者の私がこれ以上申し上げると逆に不安を煽るかもしれませんので、マロンさん、その他の詳しいみなさんのアドバイスをご参考になさってください。役立たずで本当に申し訳ないです。はるさんの愛は必ず伝わります。旦那様のご快方を願っております。
    • 28. ナル
    • 2015年10月26日 14:00
    • >はるさん 私の彼女のことは、「助けてあげてください!拡張型心筋症」でマロンさんが記事にしていただいたので詳細はそこに書かれてありますが、全て読まれるのは大変かと思い、あまり参考にならないかとも思いましたが、簡単にまとめてご報告させていただきました。私も最初はMMSを理解するのに大変でしたが、勉強してなんとかなりました。彼女だけでなく、私も現在MMS2を摂取しております。マロンさんも仰っておられるように、決して諦めないでくださいね。私の彼女も、医者が驚愕するくらい回復しましたので。

4 件のコメント

  • こんばんは、マロンさん!
    ビタミンCというと健康に良さそうなイメージですが、
    天然と合成の違いがあるんですね。
    知らなかったです、勉強になります。
    ペットボトルのお茶の原材料に表示されてるビタミンCも合成されたものらしいですね。どうりで変な違和感があったわけだ…
    売られている食品ってほどんどが添加物まみれなんですね。
    ショックです。まさかお茶までこうなっているとは…

    • あつシゲさん、そうなんです、口にするものはとにかく原形に近いほど、身近なほど信頼があります。
      うかうかとお茶も飲めない時代ですね。

        • あつシゲさん、いつもありがとうございます。
          うわべだけの知識というのは、実はホント恐ろしいものがありますよね。
          ちょっとしたことですが、知っていれば対処できますのでその差は大きいですね。
          いつもリンクありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。