誰も知らない健康アップブログ

肺ガンが増えた驚愕の理由!

 喫煙者は激減しているのに肺がん患者は激増していました!

 

肺がん死亡率

 

<スポンサ-ドリンク>

 

禁煙、何処もかしこも禁煙・・・

電子タバコが大流行・・ですが、表をご覧の通り、喫煙者と肺がんの比率が世間で言われている関係と全く一致しませんね?

喫煙者数は、どんどん減っているのに肺がん死亡者はどんどん増えています。

1950年を見ると、むしろ、男女ともタバコを吸ってるほうが肺がん死亡率が低いとさえいえます。

Smoking lady

つまり、タバコ=肺がん、じゃ無かったのです!!!

実際は、無関係だったと言って良いと思います。

 

95年以降の肺がん死亡者の減少傾向は、医療(巨大企業と政府)が隠蔽している真の健康法や、医療の裏側を、ネットの普及により個人で簡単に調べることが出来るようになったため、真の健康法を実践する人が増えたからかも知れません。

 

しかし、こんな一目瞭然の政府(厚生労働省)が出したデータがあるのに、全く何をもって、未だに医療界は、肺がんの第一の原因を、タバコにしているのでしょうか?

 

じつは、それが医療洗脳の可能性大です。

 

タバコに責任を負わせ、つまり濡れ衣ですね、本当の原因から目をそらすためのビジネス戦略と位置付けすると話が繋がります。

 

医療(政府)の上司は、巨大企業なのです。

本当の病気の原因は、大企業が売りまくる医薬品や抗がん剤、スーパーの99%の添加物食品などの化学物質類の摂取であることが濃厚です。

 

抗がん剤は、最強の発ガン物質です。つまり酸化物です。

ガンの大好きな酸化環境を作っています。

これじゃ、放置よりずっと早く死にます。

 

医療界は、大企業(製薬系企業)の利益のために、治らない薬、癌が成長する抗がん剤を、売らないといけないのです。

 

売るのが第一の目的で、第二、第三は無くて、売るために患者をいかに騙すかが彼らの手腕です。。

 

近年は、医療(政府)や、メディアが禁煙をうるさく言い続け、喫煙者が激減し、喫煙場所さえ、ほとんどなくなりました。

 

これが、実に胡散臭い!

 

庶民にとって本当に良い情報は、今まで完璧に隠蔽してきましたから、禁煙は、騙しで、彼らにとって何かしら都合がいいのでしょう。

 

まだ、調査不足ではっきりといえませんが、つまり、タバコが人体に有効に働くことが大いに考えられるのです。

 

上の表が論より証拠で、この不可解なデータを解明したときが正論ではないでしょうか?

 

ロシアは、タバコの驚くべき能力を発表したそうですが、もちろん、我々には詳細情報は届きません。

 

また、調べると、本当の素晴らしい民間療法や食品があっても、「薬事法」でことごとく抹殺してきた歴史があります。(このブログでかなり記事にしています)

薬事法とは、製薬会社の利権防衛のためのものだったのです。

 

つまり、、、政府もグルで、お役人さんや、グローバルエリートさんは、別荘や超高級車に・・・お金が、とにかくたくさん要るのです。

 

嘘つき政府に騙されないために、表情報に対して裏を読み取る思考スタンスでいることが医療に限らず大事かと思います。

 

ついでに、もう一つの大きな洗脳、減塩の勧めです。

テレビも、医療も減塩、減塩といいます。

つまりも、タバコと同じように、生活習慣病の確信犯にされていますが・・・

実は、減塩は、人体を弱体化させる格好の手段なのです

 

人間の祖先は、海の生き物。。。

人間の身体のベースは、体液、血液、羊水など、ほとんど海水と同じ成分です。

ですので減塩がすすむと、病気に成り最終的には人間は死にます。

減塩は、死のふちまで追い込む行為なのです。

健康になってもらっては、儲からなくなるから、「減塩」をひつように薦めるのです。。。

 

近年の痴呆症激増の原因は、減塩が大きく関与しています。

 

そして重大な要素、塩のクオリティーの隠蔽です。

医療や政府の上司である巨大企業は、、自然塩の効果効能を隠蔽し、日本の海岸全域にあった伝統ある自然塩田を、見事にぶっ潰し、代わりに、塩味の化学物質である精製塩にすり替えました。。。

数十年間、塩は、JTが販売する化学物質塩に・・・

(現在は、解禁されています)

それから、始まったのです、花粉症や、アトピーに、うなぎのぼりの生活習慣病が!

一方、昔のように良い自然塩を十分に食べると、痴呆、血圧安定、花粉症、腰痛、アトピー、心臓病、ガン、糖尿・・などなど解消、すこぶる健康になっていくのです。

その証明である「卵醤」という強烈な健康法です↓

卵醤の驚くべき効果効能とパワー!

 

「減塩食で弱体化」「化学物質をてんこ盛り」が普及すれば、、誰だって病気になり、ガンやなんかで早く死にます。

 

政府は、そこを、完全に無視して、「健康診断」ばかり勧めます。

高級人間ドッグを毎日受けようと、健康には一切なりません。

 

病院の三大治療の甲斐も無く、年間37万人という途方もない方が亡くなられるガン患者、いざ、自分がガンになると病院を信頼し、まな板の鯉になる神経が私には良くわかりません。

何故疑問に思わないのでしょうかね~

一流芸能人(お金持ち)の発病者は、超高額の最新自費治療を受けているのに、あっさり亡くなられます、、ということは・・・

大金払っても西洋医学では治らない証明であり、がん保険を掛けて安心する心理もチャンチャラ無意味です。

 

医療(政府)の上司である巨大企業が、庶民の懐と人工削減を狙う洗脳戦略が成功しているのでしょう。

 

上の表の95年以降の、下降する肺がん死亡者数は、ネット情報から民間療法をする人が増えたから、、、

それと、塩の解禁と想像しますが、あくまで想像ですので。。。

 

病気~ガンなんて、味噌、醤油、自然海塩、糠漬けなど軸とした和粗食つまり、ホンモノの伝統を継承していればまずなりませんが、現在はことごとくニセモノになっています。

 

ただ情報には、暴挙(グローバル企業)側、庶民(消費者)側のそれぞれの対極の立場の意見があります。

要するに、真の情報があると必要以上に否定する工作員が雇われてます。

 

最初は、どちらがどうかわかりませんが、それでもめげずに調べていくとだんだん自然に感性が研がれ、辻褄が見えてくると思います。。。

 

この記事で、上の表について肺ガンが増えた理由を書きましたが、読者の方から非常に貴重な生きた情報を頂きました。(下に抜粋しています)

この方は、病院で長らく放射線技師をされていた方で、日々の経験から目の前で起こった事実を述べられています。

外野の妄想ではなく、現場の見たまま!です。これは、非常に意味があると思います。

医療ジャーナリストの船瀬俊介氏などが、「健康診断は、罠、がんもどきが存在する」とおっしゃっていましたがこのコメントからも、本当に恐ろしい罠であることが証明されました。

まさしく、現場の見たままの情報です。

私は、健康診断において、X線やCTの放射線で被爆して、ガンになる可能性が高まるのかな?と思っていましたが、それよりも、恐ろしい実態があったのです。

そんなものじゃなく、ここに、「早期発見、早期治療」とんでもないのカラクリがあったのです。

つまり、ガンでもないのにガンと診断され、抗がん剤治療の作用で初めて発ガンし、抗がん剤の強い発がん性により命を落としていた、ということです。

だから、メディアを使って、健康な人に盛んに健康診断をすすめて、新規さんからお金と命を奪おうとしているのですね。

想像を絶する悪行です。

そうでもしない限り、このグラフに見る異様な増加にならないですね。

 

エイズウイルスは実際には存在せず、検診やワクチンで毒を盛られて免疫不全になるというカラクリが、最近解明されましたが・・・それと似たような信じられない真相です。

医者の少ない国ほど生活習慣病患者はいない、というデータがあります。

医療機関のないモンゴル遊牧民や、エスキモーの地域には、ガンはありません。

この流れに当てはまります。

 

<スポンサ-ドリンク>

 

患者は、巧妙に生産されています

 

~以下、元診療放射線技師さんの貴重なコメント抜粋です~

 

肺がんが増えた大きな原因のひとつはX線CTの発達です。

このクソ医療のなかで唯一確実に進化したといえるのは医療機器、特に検査機器です。

 

CT、MRI、超音波、PETなどですね。特に日本はそれらの保有台数が飛びぬけて多いです。

CTは体全体をスキャンできますが特に肺には力を発揮します。

昔は発見できなかった腫瘍がいとも簡単に見つかります。

肺の場合0.5mmの腫瘍でも造影剤なしで見つかります。

 

しかし小さい腫瘍の場合、画像診断では悪性なのか良性なのか見分けがつきません。

したがって医者は患者に「がんの疑いがある」と説明します。

一昔前では「異常なし」なのが今では「がん疑い」になるわけです。

 

早期発見早期治療をうたい文句(私的にはカルトな呪文)にしているバカ日本医療では、手術および生死をかけたギャンブルである抗がん剤治療となり、命を落としていく人が増えてるのです。

 

あ、ちなみに私は元診療放射線技師です。

 

多くの患者の検査に携わった結果ようやく確信したのはこの国の医療は、無駄な検査、無駄な薬、無駄な手術、無駄なリハビリによって多くの患者が生産されそして若い世代が保険料の支払いに苦しんでいるということです。

 

これからもブログ参考にします。

以上稚文拙文ながながと失礼しました。

 

大変貴重な情報をありがとうございました。

 

奇跡の自然海塩

 

塩の選び方、身体に良い塩を厳選!

 

<スポンサ-ドリンク>

 

 

コメント一覧

    • 1. チキンガイ
    • 2014年10月31日 13:31
    • 紹介ありがとうございました。
      本日は甲状腺がんについてです。
      福島の子供達の甲状腺を検査したらとんでもない数の甲状腺がんが発見されたというのはご存知ですよね。もちろん被曝の影響は絶対に除外してはいけません。しかし甲状腺がんについてこの事実はぜひお伝えしたいのです。
      甲状腺は超音波装置で簡単に検査できます。薬品もいりませんし放射線被曝もない、侵襲のない検査です。さらに甲状腺は超音波にて実に鮮明に観察することができます(もちろん装置の発達もありますが、体内ガスなど邪魔をするものが無いからです)。
      しかし不思議なことに甲状腺がん検診は存在しません。なぜでしょうか?
      検診を行うと甲状腺がん患者だらけになるからです。ですから甲状腺がんのスクリーニング検査は世界中で廃止されました。がん検診大好きなバカ日本医療もさすがに甲状腺がん検診だけはしてません。さすがにがん検診のからくりがバレちゃいますからね。
      実は小さい子どもでも甲状腺がんは多いのです。幸か不幸か検査で見つかった子だけが甲状腺がん患者となり早期発見早期治療の呪文を唱えているおかげで手術されちゃうのです。多くの人が甲状腺がんとともに寿命を全うするか、あるいはがんが消えたりしているのです。自覚症状が無い限り甲状腺は検査してはいけないのです。頸部の動脈の検査をするときについでに甲状腺も見えちゃうのですが実に多くの割合で怪しい腫瘍が見つかりました。あ、僕のくびにもありますよ、無視していますが。
    • 2. マロン
    • 2014年10月31日 17:35
    • チキンガイさんコメントありがとうございます。ということは、甲状腺がんとは、それほど問題は無く、共存しながら生きていくのが普通なのでしょうか? 実際の現場の情報は、実に興味深いですし、色々裏があるのですね。しかし、この実態は、もしもの時の正確な選択ガイドとなり、頭に入れておくべき重要な情報だと思います。本当にありがとうございます。
    • 3. チキンガイ
    • 2014年10月31日 20:06
    • マロンさんどうもです。もちろん甲状腺がんで命を落とす方はいます。そのような方はもしかしたら早期発見早期治療で命を救えるのかどうかは解りませんが、もしかしたら救えるのかもしれません(変な日本語ですみません)。しかし早期発見早期治療を前提としたならば、それこそ見つける必要の無いがんを無理やり見つけ出し無理やり治療しなければいけません。それで救える命は確かにあったとしても、それ以上の命が犠牲になるのです。ですからがん検診はたった一人の命を救うために大勢が犠牲になっているというのが現実です。がんもどき理論についてはすべてのがんは放置すべきだとは思いません。ただ放置していいがんがほとんどで、ごくまれに何らかの処置をしたほうがいいがんも結果的に見て存在するのかなと思います。しかし現代医療ではその判断は初期の時点ではできませんので、とにかく全部手術、抗がん剤、放射線治療をして責任逃れ医療した結果、がん死亡者が激増しています。
      中途半端な回答ですみません。これからもブログ期待しています。
    • 4. マロン
    • 2014年11月02日 11:29
    • チキンガイさんコメントありがとうございます。なるほど、抗がん治療もそうですがワクチンもしかりです。たった0.すう%の確率のために、多大な犠牲を払っていて、それが常識になっているのですね。しかも、確率から外れたといえば、上手く責任逃れが出来ますし。しかし、患者自身が、そういうスパイラルに気付かない限り繰り返されます。ほんと、困った社会です。

コメント一覧

    • 1. チキンガイ
    • 2014年10月29日 18:26
    • かみふたまたさんが医療従事者だと解り納得しました。やはり内部を知る人の情報は確かですね。ただこの記事についてはちょっと私的な意見を述べたいと思います。決して反論ではございません。肺がんが増えた大きな原因のひとつはX線CTの発達です。このクソ医療のなかで唯一確実に進化したといえるのは医療機器、特に検査機器です。CT、MRI、超音波、PETなどですね。特に日本はそれらの保有台数が飛びぬけて多いです。CTは体全体をスキャンできますが特に肺には力を発揮します。昔は発見できなかった腫瘍がいとも簡単に見つかります。肺の場合0.5mmの腫瘍でも造影剤なしで見つかります。しかし小さい腫瘍の場合、画像診断では悪性なのか良性なのか見分けがつきません。したがって医者は患者に「がんの疑いがある」と説明します。一昔前では「異常なし」なのが今では「がん疑い」になるわけです。早期発見早期治療をうたい文句(私的にはカルトな呪文)にしているバカ日本医療では手術および生死をかけたギャンブルである抗がん剤治療となり、命を落としていく人が増えてるのです。
      あ、ちなみに私は元診療放射線技師です。多くの患者の検査に携わった結果ようやく確信したのはこの国の医療は、無駄な検査、無駄な薬、無駄な手術、無駄なリハビリによって多くの患者が生産されそして若い世代が保険料の支払いに苦しんでいるということです。
      これからもブログ参考にします。
      以上稚文拙文ながながと失礼しました。
    • 2. マロン
    • 2014年10月29日 19:20
    • チキンガイさん、素晴らしい生の情報をありがとうございます。鳥肌が立ちました。ちなみに私は、歯科関係ですので、医療現場のことはほとんど知りませんので、大変参考になりました。 歯科も、表面上は、歯の治療をしているようですが、フッ素、インプラント、各種金属、根治など、生体的には毒の植え込みでしかありません。しかしドクターすら全く気付いていなくて、利益の追求ばかりが現状です。CTが危険とは聞いていましたが、こういうカラクリだったのですね。いわゆる「がんもどき」が、本当に存在するのですね。ほんとうに恐ろしいです。下手なブログですが、どうぞよろしくお願いします。
    • 3. nekoneko
    • 2015年10月26日 21:10
    • マロンさん、歯科医療関係の方だったのですね。ジルコニアの事で大変失礼致しました。お恥ずかしいです。何も情報もなく取り柄のない私ですが、主人の生活習慣からわかった事をお話させて頂きます。主人は完全なBの人です。毎日のようにオロナ○ンCを飲み、コカ○ーラを飲み、昼は完全外食(コンビニ、マクド○ルドの時もあるようで車にそれらのゴミがあります。)夜も仕事柄外食が週に1回以上あります。家では添加物のないものを私が用意して食べるのですが、そんな食生活なのでメタボです。でもあまり風邪をひきません。私と子供はよく風邪をひきます。子供は給食も食べているので納得ですが、私はほぼ家で食事をし、外食を殆どしません。なのに私が一番風邪をひきます。以前私と子供がノロウィルスに感染しました。でも主人は感染しませんでした。これらの事がとてもとても不思議でした。でもマロンさんのブログで分かりました。主人は「塩」が好きです。ゆで卵に添えた塩が残れば舐めていますし、天ぷら、フライには醤油です。卵かけご飯にも醤油と塩です。肉や魚も塩焼きが好きです。何年か前に主人が「この塩は摂れば摂るほど健康になるらしい。本当はいらんのやけど付き合いで買わされた」と言い、かなりの量の塩を数千円で買ってきました。私は減塩が良いと洗脳されていたので、そんな筈はない、高いお金出して・・・と思っていました。で、ずっとその塩を使っていました。自然塩だったんですね。知らず知らずに病気にならない体にしていたのですね。でも今使っている醤油の色が濃い為、その醤油を使った料理の色が濃いので「濃い!もっと薄くせな!」と言っています。塩を舐める人が何を言っているのか・・と思います。それから主人はタバコを1日1箱以上吸います。タバコにも良い効能があるみたいです。でも食生活は変えて欲しいです。毎日のオロナ○ンCだけは本当にやめてほしいです。
    • 4. マロン
    • 2015年10月27日 04:51
    • nekonekoさん、ありがとうございます。
      インフルなどに掛からないのは、塩も原因かと思いますが、タバコだと思います。記事にもしていますが、喫煙者と肺ガン率が見事に反比例しているグラフを載せています。風邪にもかかりにくいので、だから、、、政府や医療は、禁煙を勧めるのです。医療が儲かりませんからね。タバコは昔から愛されてきた天然の葉です。吸いすぎはいけませんが病気予防に大きな効果があるみたいです。ですのでタバコにも化学添加剤が入ってますがそれでも効果があります。
      オロナ○ンCは、いけませんね。
    • 5. ねこまんま
    • 2015年10月27日 09:45
    • 大体、本来口にしてはいけない毒物を「食塩」と表示している時点でクソ国家である事が証明されますね。職場の同僚で健康に気を使ってる人がいるのですがBそのままなので見ていてかわいそうと思いますがどうしようも出来ません。先日はブドウ球菌肺炎?の予防注射を打って2日間休みました。因果関係はわかりませんが。 本当は○○円なんだけど補助金で○○円だったと言って嬉しそうにしている彼女にかける言葉を持っていません。
      毎年父母にインフルの予防注射を打ってました。本当にごめんなさいという気持ち。父は3月に亡くなったのでとにかく母には元気な年寄りになって欲しい、それが今一番の私の願いでもあり目標です。
      皆さんも感謝のコメントを寄せていらっしゃいますが私も感謝の気持ちでいっぱいです。正しい情報をどんどん周りに広めて行きたいです。
    • 6. マロン
    • 2015年10月27日 11:06
    • ねこまんまさんありがとうございます。
      このブログの情報は、マイナーすぎてヒットさせる人は世の中に大きく疑問を抱いている方で、話が早く進みますが、予防注射を喜んで受けてる人には、思考のギャップが大きすぎますね。
      人生の晩年は介護生活が当たり前のようになりつつある流れですが、医療に関わらず生活習慣を本当の意味で正しく行なえば、介護、痴呆などは、何歳になっても起こらないはずです。
    • 7. ナル
    • 2015年10月27日 13:25
    • 私は喫煙者ですが、来年タバコ1箱1000円の法案が提出されますね。可決されたらさすがに止めるしかないですね。まあ、与党内でも揉めてるようですし、ポシャってくれればいいのですが。
    • 8. マロン
    • 2015年10月27日 16:33
    • ナルさん、これも喫煙者を減らすのが大きな目的かもしれません。どうやらタバコは、病気にかかりにくいようです。没になって欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。